石井ゆかり 筋トレ。 おとめ座

石井ゆかり「星読み」の口コミ 当たると評判?

石井ゆかり 筋トレ

6月29日生まれの蟹座さん。 2000年から星占いサイト『筋トレ』を立ち上げ、インターネットを通じ無料で個人鑑定を開始(現在、個人鑑定は休止中)。 『筋トレ』は述べ1億アクセス、ほぼ毎日「今日の占い」をつぶやいているTwitterのフォロワー数は22万人を越えるという、大人気のライターさんです。 個性的で独創的な高い文章表現力と、独特な比喩表現や語り口調の文体がとても魅力的で、占いというよりも、石井さんご本人にハマる読者も多くいます。 著書に『12星座シリーズ』、『星読み ホロスコープなしでわかるあなたの運勢』など数多くあり、2006年からは下半期の星占い『星栞』や、『星ダイアリー』を毎年刊行、星占い関連以外の分野でも多くの著書を出版していらっしゃいます。 特に『12星座シリーズ』は、子供に読ませたいとの多くの声から生まれたジュニア版や、海外でも出版されており、120万部を突破する大ベストセラーとなっています。 その他、様々な雑誌の星占いコーナーやWebコンテンツ、星占い関連のトークライブなどをなさっています。 子供の頃から占いに特別な興味をもっていた…というわけではなく、始めたのは大人になってから。 そのきっかけというのが、23歳のとき、長くお付き合いをしていた彼氏さんから「他に好きな人ができた」とフラレた事。 その元カレが好きになった相手の女性が、星占いができるらしいと聞き、「星占いができるってなに? その人にできるのなら自分にもできるはず! 」という、ある種の対抗心から興味を持ち、調べてみたところ、『星占い』にはルールがあり、勉強さえすれば誰でもできるのだということを知ったのです。 そこから、星占いの本を買い、やってみたら面白くてハマってしまったのが始まりなので、とくに占いの師匠がいるわけではなく、全てお独りで学ばれたそうです。 本を読んで遊びながら学ぶという感覚は、言ってしまえば石井さんの星占いを楽しみにしている私たちと、同じだったのかもしれません。 占星術師というと、ちょっと神秘的なイメージを持ちがちですが、良い意味でとても庶民的というか、身近に感じさせてくれるエピソードですね。 『筋トレ』というのは先にもお伝え致しましたとおり、石井さんの星占いサイトです。 そしてこのサイトに初めて辿り着いた誰もが「星占いで『筋トレ』?」と思うことでしょう。 検索で見つけたら、「星占いと筋トレを融合するなんて、ステキで画期的なエクササイズ! 」と思ってしまいがちですが、実はそうではありません。 占星術ライターとしてご活躍以前は、IT関連の会社でWebプログラマーをなさっていた石井さん。 いろいろなご都合により退社した後に、空いた時間で「ホームページでも作ろうかな」と思い立ち、人が見に来てくれるコンテンツを幾つか考えた中の1つとして『星占い』を思いつきました。 また、「本当に筋トレしたい人が間違って来てくれないかなー」という気持ちも少しはあったのだそう。 実際に「ダイエットしようと思って『筋トレ』で検索したら、いつの間にか星占いを読んでいた」という読者さんも多いようです。 石井さんならではのお茶目なネーミングセンスですね。 石井さんの占いを読むと、その文体がとても独特だということに、誰しもが気づくはずです。 そしてそれを見た占い好きな読者は、「ステキな出会いがあるかもしれない」と、その日1日、少なからず出会いのアンテナを立ててしまうことでしょう。 しかし、占いに頼る形で読者の行動を制限することに疑問を持っていらっしゃる石井さんは、そういうった具体的に予言をするような書き方はしません。 結果として抽象的な文章になり、読者から「逃げないでハッキリ言ってください」や「無責任じゃないですか?」と言われることもあるそうですが、逆に言えば責任感があるからこそ抽象的で断言しない文章になるのではないでしょうか。 ただ占うだけでなく、文章にして不特定多数の人に読んでもらうという発信者である限り、その言葉(文章)には責任が生まれます。 ですから、発信者として責任が取れる範囲での占いを書いていらっしゃるのですね。 前出のとおり、石井さんの星占いは予言のようなことはせず、語りかけるような口調で書かれており、女性が読んでも、男性が読んでも違和感のない、占いではこんな感じに出ているけど、それに依存することなく「考えるべき部分は自分でしっかり考えなさい」と、身近な人にアドバイスを受けているような気分になります。 そして、その内容は常にポジティブにとらえられる言葉です。 以前、星占いを料理にたとえていらしたのがとても解かり易かったので、簡単にご紹介します。 料理本には「美味しいレシピ」だけが書かれています。 わざわざ「まずいレシピ」を紹介することはありません。 星の時間は私たちのための「材料」のようなものなので、「いい日か悪い日か」ではなく、「今日という素材を、どう料理して食べたらおいしいか」と考えています。 なるほど! 人によって好き嫌いはあるにしろ、どんな食材も基本的には調理すれば美味しく食べることができるように、星占いも一見悪いと思われることであったとしても、捉え方ひとつでポジティブに受け止められるということなんですね。 実際、石井さんがお書きになっている、それぞれの星のこと、星座のことを一通り読んでみると、一般的に語られているそれぞれの星座の持つ特徴…特にあまりよくない部分なども、「そうだったのか」と愛おしく感じることができます。 もしかすると、そういった部分も石井さんが『占星術師』ではなく『ライター』であるという、こだわりなのかもしれません。 「占いというものは、本来人間が生きていく上で、あってはならないものだと思っています。 」これは石井さんがよくおっしゃる言葉です。 人は本来、自分に起こった出来事や人を、自身の目で見て、頭で考えて、行動しなければなりませんし、それができる生き物です。 ですから、実際に体験したり経験するべき出来事を、『占い』で先に知ってしまうということは、事前に予防線を張ってしまい、人としての学びが減る…というよりは、たとえ学んでも、あまり身につかない可能性があるということになります。 石井さんご自身、当たるという立証も検証もされていない『占い』を語ることに対して、いつも恥ずかしさと、情けなさと、申し訳なさを感じていらっしゃるそうです。 また、「占いはタバコやアルコールと同じようなもの」ともおっしゃっており、そのパッケージにあるように、占いにも「あなたの健康を害する恐れがあります」と貼り、「占いなんて使うと、自分で考える力が弱くなりますよ」と言わないといけないと思っているそうです。 ただ、人は弱い生き物でもありますから、自分や将来への不安から、少しでも未来を事前に知ることができたら、幸せになれるのではないか?と考えてしまうもの。 占いも、中毒症状を起こしたり、依存したり、自分の未来を決めつけない程度に、楽しむことができたら良いのかもしれませんね。

次の

星占いで筋トレ?占星術師『石井ゆかり』さんとは?

石井ゆかり 筋トレ

5月半ば頃から 熱い「対決」を経験してきた人は、 今週、そこから抜け出せます。 ケンカしたり、 議論したり、 「勝負」したりしてきた状態が、 今週にはいるとほぼ同時に、 すうっとクールダウンし、 ホッと胸をなで下ろす人も少なくないでしょう。 「敵」の退場、 諍いの理由の消滅、 決着。 そんな山場を経て、 今週は落ち着いた、 あるいは「自由」な気持ちを満喫できそうです。 とはいえ 「戦いが終わって、 一気に次にむかう!」 といった「吹っ切れる」感覚は 今はまだ、持てないかもしれません。 過去を振り返ったり、 関係者に色々話を聴いたりして、 心を整理する人も多そうです。 この、仲間との対話による 「整理」のプロセスの中で、 新しい未来への方向性も見えてきます。 もともと責任感の強い乙女座の人々ですが、 3月からこのかた、 その「責任」の意味を、 いつもより重く感じてきたのではないかと思います。 その重みが今週を境に、 一旦、軽減するはずです。 ひとつの責任から少しだけ距離を置くことで、 本当に担わなければならないことは何なのか、 その「核」のようなものが見えてくるでしょう。 責任は、わりと簡単に「隷属」とすり替わります。 「責任を果たしたい」という気持ちはあっても 「隷属したい」などとは思えないはずなのに、 両者は道徳や正義といったまぶしい光のもとで、 簡単にごちゃまぜになり、 入れ替わってしまうのです。 今週以降、 本当の「責任」と「隷属」の違いを、 あなたは勇敢に切り分けていくことができるでしょう。 この作業は、 2021年以降のあなたの人生を左右するほどの、 非常に大きな意味を持つようです。

次の

『石井ゆかりの星読み』って当たるの?口コミとサービス内容を徹底解説!

石井ゆかり 筋トレ

6月29日生まれの蟹座さん。 2000年から星占いサイト『筋トレ』を立ち上げ、インターネットを通じ無料で個人鑑定を開始(現在、個人鑑定は休止中)。 『筋トレ』は述べ1億アクセス、ほぼ毎日「今日の占い」をつぶやいているTwitterのフォロワー数は22万人を越えるという、大人気のライターさんです。 個性的で独創的な高い文章表現力と、独特な比喩表現や語り口調の文体がとても魅力的で、占いというよりも、石井さんご本人にハマる読者も多くいます。 著書に『12星座シリーズ』、『星読み ホロスコープなしでわかるあなたの運勢』など数多くあり、2006年からは下半期の星占い『星栞』や、『星ダイアリー』を毎年刊行、星占い関連以外の分野でも多くの著書を出版していらっしゃいます。 特に『12星座シリーズ』は、子供に読ませたいとの多くの声から生まれたジュニア版や、海外でも出版されており、120万部を突破する大ベストセラーとなっています。 その他、様々な雑誌の星占いコーナーやWebコンテンツ、星占い関連のトークライブなどをなさっています。 子供の頃から占いに特別な興味をもっていた…というわけではなく、始めたのは大人になってから。 そのきっかけというのが、23歳のとき、長くお付き合いをしていた彼氏さんから「他に好きな人ができた」とフラレた事。 その元カレが好きになった相手の女性が、星占いができるらしいと聞き、「星占いができるってなに? その人にできるのなら自分にもできるはず! 」という、ある種の対抗心から興味を持ち、調べてみたところ、『星占い』にはルールがあり、勉強さえすれば誰でもできるのだということを知ったのです。 そこから、星占いの本を買い、やってみたら面白くてハマってしまったのが始まりなので、とくに占いの師匠がいるわけではなく、全てお独りで学ばれたそうです。 本を読んで遊びながら学ぶという感覚は、言ってしまえば石井さんの星占いを楽しみにしている私たちと、同じだったのかもしれません。 占星術師というと、ちょっと神秘的なイメージを持ちがちですが、良い意味でとても庶民的というか、身近に感じさせてくれるエピソードですね。 『筋トレ』というのは先にもお伝え致しましたとおり、石井さんの星占いサイトです。 そしてこのサイトに初めて辿り着いた誰もが「星占いで『筋トレ』?」と思うことでしょう。 検索で見つけたら、「星占いと筋トレを融合するなんて、ステキで画期的なエクササイズ! 」と思ってしまいがちですが、実はそうではありません。 占星術ライターとしてご活躍以前は、IT関連の会社でWebプログラマーをなさっていた石井さん。 いろいろなご都合により退社した後に、空いた時間で「ホームページでも作ろうかな」と思い立ち、人が見に来てくれるコンテンツを幾つか考えた中の1つとして『星占い』を思いつきました。 また、「本当に筋トレしたい人が間違って来てくれないかなー」という気持ちも少しはあったのだそう。 実際に「ダイエットしようと思って『筋トレ』で検索したら、いつの間にか星占いを読んでいた」という読者さんも多いようです。 石井さんならではのお茶目なネーミングセンスですね。 石井さんの占いを読むと、その文体がとても独特だということに、誰しもが気づくはずです。 そしてそれを見た占い好きな読者は、「ステキな出会いがあるかもしれない」と、その日1日、少なからず出会いのアンテナを立ててしまうことでしょう。 しかし、占いに頼る形で読者の行動を制限することに疑問を持っていらっしゃる石井さんは、そういうった具体的に予言をするような書き方はしません。 結果として抽象的な文章になり、読者から「逃げないでハッキリ言ってください」や「無責任じゃないですか?」と言われることもあるそうですが、逆に言えば責任感があるからこそ抽象的で断言しない文章になるのではないでしょうか。 ただ占うだけでなく、文章にして不特定多数の人に読んでもらうという発信者である限り、その言葉(文章)には責任が生まれます。 ですから、発信者として責任が取れる範囲での占いを書いていらっしゃるのですね。 前出のとおり、石井さんの星占いは予言のようなことはせず、語りかけるような口調で書かれており、女性が読んでも、男性が読んでも違和感のない、占いではこんな感じに出ているけど、それに依存することなく「考えるべき部分は自分でしっかり考えなさい」と、身近な人にアドバイスを受けているような気分になります。 そして、その内容は常にポジティブにとらえられる言葉です。 以前、星占いを料理にたとえていらしたのがとても解かり易かったので、簡単にご紹介します。 料理本には「美味しいレシピ」だけが書かれています。 わざわざ「まずいレシピ」を紹介することはありません。 星の時間は私たちのための「材料」のようなものなので、「いい日か悪い日か」ではなく、「今日という素材を、どう料理して食べたらおいしいか」と考えています。 なるほど! 人によって好き嫌いはあるにしろ、どんな食材も基本的には調理すれば美味しく食べることができるように、星占いも一見悪いと思われることであったとしても、捉え方ひとつでポジティブに受け止められるということなんですね。 実際、石井さんがお書きになっている、それぞれの星のこと、星座のことを一通り読んでみると、一般的に語られているそれぞれの星座の持つ特徴…特にあまりよくない部分なども、「そうだったのか」と愛おしく感じることができます。 もしかすると、そういった部分も石井さんが『占星術師』ではなく『ライター』であるという、こだわりなのかもしれません。 「占いというものは、本来人間が生きていく上で、あってはならないものだと思っています。 」これは石井さんがよくおっしゃる言葉です。 人は本来、自分に起こった出来事や人を、自身の目で見て、頭で考えて、行動しなければなりませんし、それができる生き物です。 ですから、実際に体験したり経験するべき出来事を、『占い』で先に知ってしまうということは、事前に予防線を張ってしまい、人としての学びが減る…というよりは、たとえ学んでも、あまり身につかない可能性があるということになります。 石井さんご自身、当たるという立証も検証もされていない『占い』を語ることに対して、いつも恥ずかしさと、情けなさと、申し訳なさを感じていらっしゃるそうです。 また、「占いはタバコやアルコールと同じようなもの」ともおっしゃっており、そのパッケージにあるように、占いにも「あなたの健康を害する恐れがあります」と貼り、「占いなんて使うと、自分で考える力が弱くなりますよ」と言わないといけないと思っているそうです。 ただ、人は弱い生き物でもありますから、自分や将来への不安から、少しでも未来を事前に知ることができたら、幸せになれるのではないか?と考えてしまうもの。 占いも、中毒症状を起こしたり、依存したり、自分の未来を決めつけない程度に、楽しむことができたら良いのかもしれませんね。

次の