ブロッコリー カニカマ ごま油。 簡単に時短で作れるものだけ!「おひたしレシピ」人気5選

簡単に時短で作れるものだけ!「おひたしレシピ」人気5選

ブロッコリー カニカマ ごま油

茹でないので水っぽくならず甘くておいしいです。 (ぽめ)• 美味しいです。 (ピンクのらっこ/66歳)• 耐熱皿で軽くチンしてからフライパンでベーコンと一緒に炒める。 塩コショウ 香りづけにバター醤油で完成。 (まかろまにあ/52歳)• 冷たいフライパンにオリーブオイル入れ、小房のブロッコリー入れ、火を点ける。 下に焼き色が付き始めたら、水を大さじ2くらい入れ、すぐにふたして1分から2分加熱。 おすすめは1分の固め。 ガーリックパウダー、塩して出来上がり。 ほんとにおいしい。 (しなもん/46歳)• (さらみ/43歳)• スムージーによく入れてます。 (あおい/29歳)• か、めんつゆとかつお節とであえる。 (カドもん/60歳)• 塩、抹茶塩、カレー粉でバリエーションもほうふ。 (戸部のかぐやちゃん/42歳)• 残ったらチャーハンに。 (ミドラー)• 耐熱容器に入れ3分くらいレンチン。 ザルで冷ましている間に耐熱容器に「めんつゆ大匙2、水大匙2(濃いめのつゆ)」を入れてレンチン30秒。 そこに白すり胡麻大匙3~4を混ぜて、よく水を切った茹ブロッコリーと人参も加えて和えます。 和風であっさりと食べられます。 つゆは好みで濃くも薄くも!(satoto/63歳)• 刻んでホットケーキミックスに混ぜて焼いたらケークサレ風。 料理の活用度は無限、栄養価を下げずに美味しく食べましょう(MEGUさん/62歳)• ツナやハムなどを入れてもおいしいですよ!(ぱんごろう/43歳)• ブロッコリーは油と相性がよくゆでるより栄養化高く美味しい。 (ゆみ/37歳)• (雪猫助/46歳)• 茎・大根・人参も同じ形で薄く切って合わせてマヨネーズであえてサラダに。 (紫陽花/60歳)• (ようこ/40歳)• 中華の素を濃いめにふりかけて、多い目の水溶き片栗粉でとろみをつける(えこっこ/42歳)• 香りがしてきたら、蒸しあがり。 ゆでる、レンジで料理するよりも断然おいしい!!(かよこ)• ブロッコリーとカニカマの餡掛けが定番です。 凍ったままのブロッコリーを鶏がらスープで少し煮て、カニカマを加え、水溶き片栗粉でとろみをつけると、美味しくなります。 ご飯にあんかけとしても美味しいし、きつめにとろみをつけて、お弁当にも入れています。 (まめすけ/42歳)• (アポリ/32歳)• (ブロ子)• 旨いですよ。 (ポンちゃん/36歳)• タバスコをかけて食べます。 (shinzo)• (うさぎちゃん/54歳)• ブロッコリーを軽くレンジでチンしてから、マヨネーズを編み掛けしてレンジやトースター、オーブンで焼き目が付くまで焼きます。 ブロッコリーだけでも良いし、ソーセージなどと一緒に焼いても美味しいです。 お弁当のおかずにもなりますよ!(紅葉/33歳)• コーンやカニカマなどが冷蔵庫にあれば一緒に混ぜると彩もgood! お弁当にもあと一品という時に簡単でおすすめです。 (ちえりん/51歳)• トマトケチャップにはリコピンも豊富なので、栄養価もさらにアップ。 それだけでも充分美味しいですが、そこにウズラの卵をハーフカットして混ぜ込むともっと美味しいです!(神田の玉子)• (くみ/49歳)• 和風のナムルといった感じです。 お弁当にもおすすめ!(はたまま/51歳)• (さち/38歳)• (おくさまん/48歳)• ブロッコリーの芯とニンジンを細切りにしてきんぴら。 (おくさまん/48歳)• 削り節をふらりかけて、醤油を軽く1周かけて冷蔵庫で冷やす。 保育園の給食で出てた子ども達もパクパクたべるブロッコリーのおかか和えです。 (あさりんこ/40歳)• レンジで温めてポタージュとして食べるのも、ほっこりして好き。 (匿名さん)• 和風の一品になります。 (くもさん/45歳)• それだけ。 もしくは食べるときにパルメジャーノの粉チーズをたっぷりかける(じゅ/36歳)• 下茹でして、具の中に混ぜないで、お皿の縁に置いて粉チーズを振って焼きます。 粉チーズがコンガリ焼けて美味しいですよ(みるきい/58歳)• 我家の定番です。 (ユズヒコ大好き/57歳)•

次の

簡単に時短で作れるものだけ!「おひたしレシピ」人気5選

ブロッコリー カニカマ ごま油

茹でないので水っぽくならず甘くておいしいです。 (ぽめ)• 美味しいです。 (ピンクのらっこ/66歳)• 耐熱皿で軽くチンしてからフライパンでベーコンと一緒に炒める。 塩コショウ 香りづけにバター醤油で完成。 (まかろまにあ/52歳)• 冷たいフライパンにオリーブオイル入れ、小房のブロッコリー入れ、火を点ける。 下に焼き色が付き始めたら、水を大さじ2くらい入れ、すぐにふたして1分から2分加熱。 おすすめは1分の固め。 ガーリックパウダー、塩して出来上がり。 ほんとにおいしい。 (しなもん/46歳)• (さらみ/43歳)• スムージーによく入れてます。 (あおい/29歳)• か、めんつゆとかつお節とであえる。 (カドもん/60歳)• 塩、抹茶塩、カレー粉でバリエーションもほうふ。 (戸部のかぐやちゃん/42歳)• 残ったらチャーハンに。 (ミドラー)• 耐熱容器に入れ3分くらいレンチン。 ザルで冷ましている間に耐熱容器に「めんつゆ大匙2、水大匙2(濃いめのつゆ)」を入れてレンチン30秒。 そこに白すり胡麻大匙3~4を混ぜて、よく水を切った茹ブロッコリーと人参も加えて和えます。 和風であっさりと食べられます。 つゆは好みで濃くも薄くも!(satoto/63歳)• 刻んでホットケーキミックスに混ぜて焼いたらケークサレ風。 料理の活用度は無限、栄養価を下げずに美味しく食べましょう(MEGUさん/62歳)• ツナやハムなどを入れてもおいしいですよ!(ぱんごろう/43歳)• ブロッコリーは油と相性がよくゆでるより栄養化高く美味しい。 (ゆみ/37歳)• (雪猫助/46歳)• 茎・大根・人参も同じ形で薄く切って合わせてマヨネーズであえてサラダに。 (紫陽花/60歳)• (ようこ/40歳)• 中華の素を濃いめにふりかけて、多い目の水溶き片栗粉でとろみをつける(えこっこ/42歳)• 香りがしてきたら、蒸しあがり。 ゆでる、レンジで料理するよりも断然おいしい!!(かよこ)• ブロッコリーとカニカマの餡掛けが定番です。 凍ったままのブロッコリーを鶏がらスープで少し煮て、カニカマを加え、水溶き片栗粉でとろみをつけると、美味しくなります。 ご飯にあんかけとしても美味しいし、きつめにとろみをつけて、お弁当にも入れています。 (まめすけ/42歳)• (アポリ/32歳)• (ブロ子)• 旨いですよ。 (ポンちゃん/36歳)• タバスコをかけて食べます。 (shinzo)• (うさぎちゃん/54歳)• ブロッコリーを軽くレンジでチンしてから、マヨネーズを編み掛けしてレンジやトースター、オーブンで焼き目が付くまで焼きます。 ブロッコリーだけでも良いし、ソーセージなどと一緒に焼いても美味しいです。 お弁当のおかずにもなりますよ!(紅葉/33歳)• コーンやカニカマなどが冷蔵庫にあれば一緒に混ぜると彩もgood! お弁当にもあと一品という時に簡単でおすすめです。 (ちえりん/51歳)• トマトケチャップにはリコピンも豊富なので、栄養価もさらにアップ。 それだけでも充分美味しいですが、そこにウズラの卵をハーフカットして混ぜ込むともっと美味しいです!(神田の玉子)• (くみ/49歳)• 和風のナムルといった感じです。 お弁当にもおすすめ!(はたまま/51歳)• (さち/38歳)• (おくさまん/48歳)• ブロッコリーの芯とニンジンを細切りにしてきんぴら。 (おくさまん/48歳)• 削り節をふらりかけて、醤油を軽く1周かけて冷蔵庫で冷やす。 保育園の給食で出てた子ども達もパクパクたべるブロッコリーのおかか和えです。 (あさりんこ/40歳)• レンジで温めてポタージュとして食べるのも、ほっこりして好き。 (匿名さん)• 和風の一品になります。 (くもさん/45歳)• それだけ。 もしくは食べるときにパルメジャーノの粉チーズをたっぷりかける(じゅ/36歳)• 下茹でして、具の中に混ぜないで、お皿の縁に置いて粉チーズを振って焼きます。 粉チーズがコンガリ焼けて美味しいですよ(みるきい/58歳)• 我家の定番です。 (ユズヒコ大好き/57歳)•

次の

ごま油を使ったそうめんの人気アレンジレシピ!にんにくやポン酢もおすすめ!

ブロッコリー カニカマ ごま油

【材料】• Aかどや純正ごま油濃口:15cc• A水:50cc• A醤油:25cc• A酢:25cc• A鶏ガラスープの素:2. A砂糖:15g• そうめん:100g• カニカマ:50g• ネギ:10cm• 生姜:薄切り2枚分• ザーサイ あれば :15g• いりごま:適量• かどや純正ごま油濃口:適量(仕上げ用) 【作り方】• Aを混ぜ合わせてタレを作ります。 対流を作るようにするとうまく混ざります。 ネギ、生姜、ザーサイはみじん切りにします。 トマトときゅうりはさいの目切りにします。 具材をタレに入れて混ぜます。 カニカマはほぐしておきます。 具材の準備ができたら時間通りにそうめんを茹でます。 茹で上がったそうめんを冷水でしめて、しっかりと水を絞ります。 そうめんを皿に盛り付けて、カニカマを乗せ、タレをかけます。 仕上げにいりごま、ごま油をかけて完成です。 【材料】• そうめん:2束(100g)• 卵:1個• にんにく:1片• 酒:小さじ2• みりん:小さじ2• ごま油:大さじ• 小ねぎ:少々• ラー油:お好みで• ブラックペッパー:お好みで• レモン汁:お好みで 【作り方】• どんぶりの中に刻んだにんにく、酒、みりん、白だし、ごま油を入れます。 ラップせずにどんぶりのままレンジで加熱します。 600Wで1分30秒、500Wで1分50秒が目安です。 2に固めに茹でたそうめんを投入します。 茹で時間は約1分半が目安です。 3をよく混ぜて、卵を中央に乗せます。 小ねぎを散らして完成です。 お好みでラー油やブラックペッパー、レモン汁をかけながら食べてもよいでしょう。 【材料】• ニラ:1束• そうめん:1束• にんにく:小さじ1• A水:400cc• Aコチュジャン:大さじ2• A鶏がらスープの素:大さじ1• Aだしの素:6g• Aしょうゆ:小さじ1• A酒:大さじ1• Aみりん:大さじ1• ごま油:適量 【作り方】• ニラは1cm幅に刻みます。 鍋に油をひいて温め、にんにくとしょうがを入れて軽く炒めます。 2にAを加え、中火で約10分煮込みます。 煮込んでいる間にそうめんを茹でます。 3を煮込んだら卵を落とし、ニラを加えます。 そうめんを盛り付け、上から5をかけます。 仕上げにごま油をかけて完成です。

次の