ほしい も 専門 店 大丸 屋。 ほしいも専門店「大丸屋」6代目主人 大曽根一毅~伝統ある家業を継ぐということ

茨城県ひたちなか市 ほしいも専門店大丸屋 アクセス

ほしい も 専門 店 大丸 屋

ニッポン放送「あさナビ」 黒木)今週のゲストは老舗ほしいも専門店「大丸屋」の6代目ご主人、大曽根一毅さんです。 大丸屋さんは明治30年から続く老舗のほしいも専門店ですが、ほしいも以外にもさつまいもを使った商品をつくられているということです。 お持ちいただいたこれは何ですか? 大曽根)こちらは芋蜜ですね。 黒木)蜂蜜ならぬ、いもでつくった蜜。 どういったものなのですか? 大曽根)こちらは、おいもを熱すると水分が出て来ます。 その水分には糖分が入っているので、それを集めて煮詰めたものになります。 おいもの香りがします。 黒木)しますね。 黒蜜みたいな、蜂蜜ほど粘りはないけれども、美味しいです。 これはどのように利用するのですか? 大曽根)蜂蜜と同じような使い方です。 パンケーキやヨーグルトなどにかけていただいて、召し上がっていただく。 黒木)ほんのりおいもの香りがして。 パンケーキ、アイスクリーム、ヨーグルトの他には、どんなものにかけるといいのでしょうか? 大曽根)店では、ほしいものジェラートを販売しているのですが、そちらに直接かけて召し上がる方もいらっしゃいます。 黒木)ジェラートがあるということですが、あとはどんなものがありますか? 大曽根)羊羹やスイートポテト、ほしいもの焼酎もあります。 黒木)芋焼酎とは違うのですか? 大曽根)芋焼酎より芋臭くはなく、さわやかなほしいもの香りがするイメージで好評です。 黒木)特に人気のある商品は何ですか? 大曽根)ほしいものジェラートは食べやすく、小さいお子さまから年配の方まで召し上がれる商品になっています。 黒木)この芋蜜、気に入りました。 不思議な出会いでした。 大曽根)ありがとうございます。 これだけで50本以上、およそ100本近くのおいもを使っています。 黒木)すごく手間暇がかかるのでしょうね。 大曽根)本当に手間がかかります。 黒木)でも、これはヒット商品になるのではないかと、私は予感しております。 大曽根さんは、さつまいもの可能性をどのように考えていらっしゃいますか? 大曽根)アイデア次第では無限に広がると思いますので、さまざまなことに挑戦して行きたいと思っています。

次の

『ほしいも専門店大丸屋(茨城県 ひたちなか市)』by 静香 : 大丸屋

ほしい も 専門 店 大丸 屋

ニッポン放送「あさナビ」 黒木)今週のゲストは老舗ほしいも専門店「大丸屋」の6代目ご主人、大曽根一毅さんです。 現在、一毅さんが6代目ということですが、ご自分が「お父さんの跡を継ぐ」という思いだったのですか? 大曽根)それが当たり前のように育って来ましたので、他に思うところはかき消したという感じですかね。 黒木)弟さんもやっていらっしゃるということですが、「家族みんなで力を合わせて大丸屋」という感じですか? 大曽根)それぞれ分業して、「農業部門」「販売部門」という形に分けてやっています。 黒木)創業120年という老舗のお店を継ぐことは、相当な覚悟が必要だったと思います。 大曽根)それが当たり前のように育って来ましたので、ライフワークとして考えています。 黒木)子供のころからお父さんの背中を見て来たので、すんなり入れたのでしょうか? 大曽根)父から教えてもらうところはできるだけ教えてもらいながら、生かせて行ければなと思います。 黒木)お父さんがつくるほしいもと、ご自分がつくるほしいもでは、違いがあるのでしょうか? 大曽根)私は流行を取り入れて行かないと今後は難しいと思っているので、そこで対立することはあります。 でも、基本的には父がつくったものを継承しつつと思っています。 黒木)120年続いている、老舗のお店の暖簾というものがありますからね。 多くの方にほしいもを食べ続けていただきたいという思いもあるから、お父様との対立は致し方ないところでしょうね。 大曽根)そうですね、必然だと思って受け入れています。 黒木)お父さんからのアドバイスは多くあったのですか? 大曽根)特別これというものはなかったのですけれども、日ごろの会話がすべてアドバイスだと思っています。 黒木)一緒に暮らしているのですか? 大曽根)一緒に住んでいます。 黒木)仕事をされる上で、「これだけはお父さんにも譲れない」ということは何ですか? 大曽根)難しいのですけれども、いい意味でのエゴを育てることが大事だと思っています。 自分自身のこだわりを育てて、それを仕事に生かして行きたいですね。 黒木)ご自分のエゴというのは? 大曽根)自分の信念ですかね。 会社を自分の代でつぶすわけにもいかないですし。 ほしいもは他の食品と違って、特産品という意味もあるので、農家さんとの連携が欠かせない品物です。 うちが利益を出すということではなく、地域全体として他の農家さんも利益が出せるようになって、初めて特産として育って行くのだと思います。 そういうところを育てて行くのが、自分の役割だと思います。 黒木)地域があって、農家さんがいて、初めて美味しいほしいもができる、ということですね。 大曽根)そうなるようにして行きたいなと思います。 本部長・マンボウやしろと秘書・浜崎美保が、リスナーのみなさんと「社会人の働き方・生き方」を一緒に考えていくTOKYO FMの番組「Skyrocket Company」。 6月29日(月)の「社会人意識調査」のテーマは「サラリーマン川柳に応募したことはありますか?」。 はたして、その結果は……? 番組パーソナリティを務める本部長・マンボウやしろ(左)と秘書・浜崎美保(右) Q. サラリーマン川柳に応募したことはありますか? はい 0. 9% いいえ 99. ちなみ読んだ川柳は、『大丈夫 その一言で がんばれる』です。 次は、サラリーマン川柳にも応募したいと思います」(神奈川県 50歳 男性 会社員) 番組リスナーの投票による結果は「はい」が0. 9%、「いいえ」が99. 1%となりました。 保険会社が、毎年開催している「サラリーマン川柳」ですが、例年通りであれば、今年の秋に第34回の募集が始まります。 興味のある方は応募してみては? 【「はい」と回答したのは40代以上しかいない】 男女別で見てみると、「はい」と答えた人の割合が、男性では1. 2%、女性では0. 7%となりました。 また、世代別で「はい」と答えた人の割合を見てみると、20代と30代は0%でしたが、40代では0. 9%、50代では2. 1%、60代以上では3. 4%となっています。 投票はから受け付けていますので、ぜひご参加ください。 結果は番組内で発表しますのでお聴き逃しなく!.

次の

【ほしいも専門店 大丸屋】大洗・ひたちなか・スイーツ・ケーキ

ほしい も 専門 店 大丸 屋

ニッポン放送「あさナビ」 黒木)今週のゲストは老舗ほしいも専門店「大丸屋」の6代目ご主人、大曽根一毅さんです。 ほしいものことをいろいろ伺って来ましたけれども、これからどういったお店にして行きたいと考えていらっしゃいますか? 大曽根)地域に必要とされて、愛されるような店にして行きたいと思っています。 黒木)大丸屋さんでは、工場見学やほしいもづくり体験などもできるのですよね? 大曽根)はい。 少しでも楽しめるように、工夫しながらやっています。 黒木)大変ではないですか? 大曽根)つくり方も簡単な工程なので、時間がかかるような体験ではないですね。 黒木)でも、家ではつくれないでしょう? 大曽根)やってやれないことはないのでしょうけれども、やはり設備が整っていないと難しいとは思います。 黒木)これからやってみたい夢や目標はありますか? 大曽根)私は縁を大切にしたいと思っています。 地元の特産として、長く愛される商品にすることが私の目標ですので、そこに会社が携わって行きたいと思っています。 黒木)地元の方々もお求めになると思いますが、お土産として買って行かれる方も多いのですか? 大曽根)どうしても冬になると食べたいという、地元の方もいらっしゃいます。 黒木)たくさんはつくれないから、スーパーでもすぐになくなってしまうという話ですけれども。 大曽根)スーパーなどでは、2ヵ月くらいの賞味期限を持たせて販売しているのですけれども、お店では1週間しか賞味期限がないものも売っています。 無添加でやっていますので、どうしても賞味期限との戦いになりますね。 黒木)大変ですね。 大曽根)せっかくつくったものが無駄にならないように、芋蜜などを開発しながら興味を持ってもらえるように努めています。 黒木)プライベートはあるのですか? 大曽根)基本的には休みがつくれないので、なしでやっています。 黒木)そうなのですね。 大曽根)父もそうだったので、それが当たり前に育っています。 黒木)1年間を通して、ほしいもづくりに邁進していらっしゃるということですか? 大曽根)冬の時期は、ほしいもを干してしまうと、何が起こるかわからないので。 黒木)夏の間は? 大曽根)夏は畑に出ます。 店は年中無休なので、店にも顔を出します。 黒木)大丸屋さんの情報は「あさナビ」ホームページでもご紹介していますので、ぜひご覧になってください。

次の