目 埋没。 目の二重プチ整形や埋没切開など7回手術した私の写真口コミ

埋没法3回目

目 埋没

過去に埋没法の手術をしたけれど、段々と二重が狭くなってきたり、日によって二重のラインが変わってしまったりして、お困り方は多いのではないでしょうか。 おそらく、2回目の埋没法を検討されている方もいるでしょう。 しかし、2回目の埋没法をすることはできるのか、次はどれくらいもつのか、腫れは出やすいのかなど、気になることも多いですよね。 このページでは、2回目の埋没法を検討する際に知っておくべき知識をお伝えしていきます。 実際に、当院にも2回目の埋没法を検討中の方がカウンセリングを受けに来院されます。 そのときに、説明する内容や注意点を詳しく解説していきます。 2回目の埋没法を受けるべきかお悩みの方や、2回目の埋没法を受ける際の方法や注意点を知りたい方は、ぜひこのページをご覧ください。 1.2回目の埋没法を受けるべきかどうか 2回目の埋没法を受けるべきかどうかは、医師によって意見が違う事も多いと思います。 1回埋没法を行って取れたら切開法を勧める医師もいますし、意見が分かれるところです。 以下に私が考える一応の目安を解説します。 なぜなら次回も3年以上持続すると考えられるから。 再度埋没法を行ってもすぐに取れてしまう可能性が大きい。 どうしても埋没法がいいと言う場合は、2回目の埋没法を行う場合には取れにくい方法を勧める。 3年未満で取れたという事は平均以下の持続であり、通常の方法では再び持続期間が短い可能性が高いから。 2-2.1回目の糸を抜糸した方がいいか? 必ず抜糸しなければいけないという事はありません。 抜糸せずに2回目の埋没法を行う事の方が多いです。 また、手術から数年たっている糸は抜糸しにくく、抜けない場合もあります。 しかし、糸がまぶたに残っていても基本的には問題ありません。 糸自体によって何かトラブルが起こるケースは稀です。 ただし、以下のような場合は抜糸した方が将来的にも見た目的にもいいでしょう。 抜糸した方が良い場合• ゴロゴロ感がある• 1回目の埋没法のラインが邪魔して2回目のラインがうまく出ない、三重になる• 1回目の糸が見た目に皮膚から透けて目立つ 繰り返す埋没法で糸が増えるリスク(抜糸しない場合)• まれに糸が出てくる場合がある 1%以下ですが、1回目にしろ2回目の糸にしろ出てくる場合があります。 1回目の糸を抜糸しておくことで確率は低くなります。 目の開きが悪くなることがある 糸がたくさん入る事により、目の開きを邪魔して将来的に目の開きが悪くなると考えている医師もいます。 私もそのように考えています。 個人的な意見:2回目の埋没法の時の抜糸は、簡単に出来るようであれば抜いた方が良いと思います。 糸が見当たらずに抜けそうにない時はそのまま放っておいてもいいと考えています。

次の

二重まぶた・埋没法 : 二重瞼・目もと(目元): 美容整形の高須クリニック

目 埋没

二重埋没法の二回目手術を受ける前に知っておきたいリスク 目(まぶた) 共立美容外科 札幌の穴口です。 二重埋没法は手軽に二重にできる人気の施術法ですが、ほとんどの人の場合、いつの日にか二重ラインが消えて元に戻ってしまうことをご存じでしょうか? 美容外科クリニックのウェブサイトを見ても、元に戻ることについては控えめな表示しかありません。 今回は二回目の二重手術埋没法の注意点についてご説明いたします。 なぜ埋没法後に二重が一重に戻ってしまうのか そもそも、なぜ埋没法は元に戻ってしまうことがほとんどなのでしょうか。 埋没法は、目を開ける筋肉やその周囲の組織とまぶたを細い糸で結びつけ、目を開けたときにまぶたに溝を作る施術法です。 この溝が二重ラインです。 しかし月日が経つとこの筋肉や組織とまぶたの結びつきが徐々に弱くなり、ついには二重ラインが消えてしまいます。 糸がほどけたり、筋肉・組織やまぶたと糸との結合が緩んだりして取れてしまうのです。 一般的に細い糸を使うほど、緩く結ぶほど、取れやすいものです。 二重埋没法には無数の施術法がありますが、腫れの少ない方法は一般的に細い糸で緩く結ぶことがほとんどですので、腫れの少ない方法ではすぐに取れて元に戻ってしまうことになります。 埋没法の二重ラインが取れやすい状況とは 二重ラインが消えやすいかどうかは、施術法、まぶたの状態、希望する二重の形などによって大体決まります。 取れやすい状況としては、 ・腫れの少ない方法で手術を受けられた方 ・脂肪や組織でまぶたが厚い方 ・眼球が前に出ている方 ・アイプチやメイクでまぶたの皮膚がたるんでしまっている方 ・アイプチやコンタクトの使用で眼瞼下垂がある方 ・大人になっても目頭の蒙古ヒダが強い方 ・幅広二重を希望の方 ・コンタクトを使用している方 ・メイクを落とすとき強くこする方 などの方が取れやすい方です。 二回目の二重埋没法は可能なのか 二重ラインが消えてしまった場合、すぐ再手術が可能です。 ラインが薄くなった時点での再手術も可能です。 施術後の腫れがどうしても気になる方は、腫れの少ない方法での再手術も可能ですが、再びラインが消える可能性は高いでしょう。 それでも5回、6回と何度も腫れの少ない方法で手術を繰り返す方も実際いらっしゃいます。 毎回麻酔注射の痛みや、腫れを我慢する必要があります。 また、そのたびに費用がかかり、ダウンタイムがあります。 腫れの少ない方法での再手術の場合、前回までの糸を抜糸する必要がある場合がほとんどですので、初回の手術よりは腫れが大きくなるのが一般的です。 何回も手術を受けるのは、医学的にも好ましくありません。 共立美容外科 札幌の「永久二重埋没法」 当院(共立美容外科 札幌)の「永久二重埋没法」をご紹介いたします。 永久二重埋没法は特殊な糸を使用し、特殊な位置に特殊な結び方をする特殊な線留めの埋没法です。 まぶたの厚い人、まぶたのたるみが多い人、幅広い二重を希望の人、一度埋没法で二重にしたのにラインが消えてしまった人、他のクリニックで切開法が必要と言われた人にも可能な、特殊な埋没法です。 永久二重埋没法なら前回までの糸を抜糸する必要はありません。 ラインが消えることがほとんどありませんので、永久無料再手術保証が付いています。 デメリットは手術後の腫れが普通の埋没法より大きいことですが、翌日よりメイクやつけまつ毛も使用できますので、腫れをごまかすことも可能です。 永久二重埋没法とは、永久的に無料で再手術が受けられる埋没法という意味です。 実際、永久二重埋没法で二重にされ、その後二重ラインが消えて、再手術を受けられる方は100人中1人くらいの割合です。 普通の二重埋没法では、ほとんどの方がいつの日にか二重ラインが消えてしまうのに比べ、永久二重埋没法はほとんど取れないと言ってもいいくらいの割合です。 詳しくはをご覧ください。 二回目の二重埋没法は可能ですがリスクもあります 二重の埋没法は二回目手術も可能です。 しかし再び取れてしまう可能性が高いこと、繰り返すごとに費用がかかり腫れも大きくなってしまうこと等を考えると、医学的にも繰り返し手術をすることはお勧めできません。 共立美容外科 札幌では「永久二重埋没法」という特殊な埋没法が可能です。 普通の埋没法よりは腫れが大きいですが、再手術を受ける人は100人中1人くらい。 他のクリニックで切開法が必要と言われた人でも可能な施術法です。 興味がある方、二回目の二重埋没法に不安がある方はお気軽にください。

次の

埋没後左目だけ目の開きが悪くなったように感じます。

目 埋没

ダウンタイム中はまぶたの腫れ方自体に左右差が出るため、二重幅も左右差が出てしまうのです。 また、施術を施してから数日間は「寝起きはむくんで二重の幅が広くなるが、数時間経つとむくみが引いて幅が狭くなる」というように、 一日の中でも腫れの具合が変化します。 再手術をしてから「元の二重の方がよかった」と後悔しないためにも、2回目以降の二重整形のタイミングや方法は詳しくチェックしておきましょう。 二重整形の再手術について 埋没法の再手術について 埋没法はやり直しできる? 💡 注意 医師によって考え方が異なりますが、 埋没法のやり直しの回数は通常2~3回までが限度です。 埋没法でも回数を重ねるとまぶたに負担がかかってしまうため、永遠に二重の修正ができる万能な施術というわけではではありません。 また、何度も二重が取れてしまうようであれば、まぶたへの負担や金銭的な視点から見ても切開法での手術を選ぶ方が望ましいでしょう。 埋没法の抜糸について 基本的に埋没法は、二重幅を変更する場合 抜糸を行わずに施術をすることがほとんどです。 しかし、2回目の埋没法を行った際に三重になってしまうケースや、そもそも埋没法を取りたい場合などは、抜糸を行うこともできます。 ただし、埋没法の糸は 時間が経つと抜糸が難しくなるので、早めにクリニックに相談しましょう。 二重整形の抜糸については以下の記事で詳しく掲載していますので、気になる方はこちらの記事も参考にしてみてください。 📌 3回目以降の再手術は注意 実は、 3回目の埋没法はまぶたの状態が悪いと受けられない可能性があります。 なぜなら、何度も繰り返し埋没法を行うことで、まぶたの中には糸が溜まってしまうからです。 もちろん埋没法はアレルギーなどの異物反応が起きないナイロンの糸を使用していますが、何度も施術を受けることで人体に悪影響を及ぼす可能性もあります。 また、たとえ毎回抜糸をしていたとしても、まぶたに施術を受けたダメージは蓄積されるものです。 そのため、 3回目の二重整形は切開法も視野に入れてみましょう。 特に、埋没法がすぐに取れてしまう方は、まぶたが厚いなどの理由で体にあっていない可能性があります。 再び失敗を繰り返さないためにも、自分のまぶたの状態に合った施術法を選びましょう。 切開法の再手術について 切開法はやり直しできる? 💡 注意 切開法の再手術内容は、• 前回の切開線を切開する。 癒着(ゆちゃく)を外す。 新しく内部処理をし、新たに二重を作る という大掛かりな手術になります。 そのため、 切開法の再手術は難しいと診断される可能性が高いです。 また、仮に2回目の切開法を受けられたとしても、もう一度切開することで、まぶたにかなりの負担がかかってしまいます。 1回目の整形が気に入らなかった場合、 2回目をするべき? 二重整形の完成までに埋没法なら3か月、切開法だと6か月かかると言われています。 整形をしてからしばらくの間は、まだ腫れが残っていて本当の二重幅になっていないのです。 ですので、二重整形をしたばかりの方は 二重に違和感を感じてもすぐに再手術をせずに、しばらく様子を見てください。 もし上記の期間が経過しても二重に違和感を感じるようであれば、再手術を受けることも一つの手です。 その際に保証が付いたプランであれば費用もかからずに受けることもできます。 二重整形の保証について 埋没法は極細の糸で二重にしているため糸が取れてしまったりゆるんでしまい、二重のラインが消失してしまうこともあります。 そのため 二重のラインが消えたときの対策として保証制度を設けているクリニックが多いです。 保証期間も1年保証から永久保証まで様々あります。 また、埋没法にはベーシックな埋没法から糸が取れにくい埋没法など種類も豊富なので、手術内容によっても保証内容が異なります。 さらにクリニックによっては、抜糸や幅の変更などが保証内容に入っている場合もあります。 何かあったときの為にも、 二重整形の保証は事前に確認しておくことをおすすめします! 📌 2回目の二重整形の費用は? 2回目の二重整形は保証が付いている場合、期間内であれば無料で施術を受けることが出来ます。 しかし、そもそも保証の無いプランや保証期間を過ぎている場合は、施術料金がかかってしまいます。 修正の費用はまぶたの状態やクリニックによっても異なりますが、 1回目に埋没法をした場合には留めた糸を抜糸する場合は、二重の施術費用とは別に抜糸の費用が必要です。 「予算を一回目の施術料金の金額で考えていたのに抜糸の金額もかかって予算より多くなってしまった」ということも少なくはありません。 2回目の二重整形の費用は、事前にクリニックに問い合わせて確認しておいてくださいね。 【まとめ】2回目の二重整形の注意点• 2回目の二重整形からは 抜糸などの追加料金がかかる場合アリ• 3回目以降の二重整形は 切開法がおすすめ 二重整形のやり直しは、 最初の二重整形の時よりもっと医師との話し合いが大切になります。 1回目に感じた点や気になることはすべてカウンセリングで伝えるようにしましょう。 それが2回目の 二重整形を成功させるコツです。 また、再手術でもう一度失敗してしまうことが心配な方は、 1回目とは別のクリニックで診察を受けることも選択肢に加えてみてください。

次の