アンドロイド から iphone に 機種 変更。 AndroidからiPhoneに機種変更して後悔!乗り換えのメリットデメリットは?

iPhoneからAndroidスマホへ機種変更! バックアップからデータ移行の方法まで解説|TIME&SPACE by KDDI

アンドロイド から iphone に 機種 変更

格安SIM(Androidスマホ)を利用中だけど、やっぱりiPhoneがいい!という人は多い ドコモやau、ソフトバンクを使っていた時はiPhoneだったけど、格安スマホに乗り換えるのをきっかけにAndroidスマホに機種変更する人は多いです。 ただ、 iPhoneは「使いやすい」「デザイン性が高い」「Mac book等との互換性がある」などの理由から人気が高く、「やっぱりiPhoneに戻したい…」と思う人もけっこういるようです。 MacやiPad、iPod(Apple社の製品)を使っている人• Androidを使っているから、iTunesにたくさん保存してある曲をスマホで聞けていない人• iPhotoにたくさん写真を保存してある人• iCloudメールなどのiCloudサービスを使っている人 SIMフリー版iPhoneがあるなら iPhoneのSIMフリー版を持っている人、(または)買う予定の人は本ページ後半のから読んでもらえばOKです。 そこまでは飛ばして頂いてOKです。 みなさんご存知の通りiPhoneにはたくさんの 「機種」があり、現役の機種はだいたい• iPhone 5s• iPhone 6・iPhone 6 Plus• iPhone 6s・iPhone 6s Plus• iPhone SE• iPhone 7・iPhone 7 Plus• iPhone 8・iPhone 8 Plus• iPhone X といったところでしょう。 さらにそれぞれの機種に、 ドコモ版・au版・ソフトバンク版・SIMフリー版といった 「どこの携帯会社で買ったか」の違いもあります。 それらをまとめると、iPhoneはものすごいパターン数ができあがってしまい、かつパターンによって使える格安SIMが異なったり、SIMロック解除が必要だったり不要だったりします。 大手携帯会社のiPhoneなら 大手携帯会社のiPhoneを持っている場合については、で詳しく解説しています。 いま自分が使いっているプランはどちらかを確認しましょう。 自分がmineoのDプラン・Aプランのどちらを使っているわからない場合は、mineoのマイページへログインすれば確認できます。 キャリア iPhoneの機種 プラン ドコモのiPhoneの場合 iPhone 5c以上ならすべて使える。 SIMロック解除は 不要。 mineoの 「Aプラン au VoLTE SIM 」 + 「nano SIM」で使える。 「Aプラン(au VoLTE SIM)」で使うならSIMロック解除が 必要。 ソフトバンクのiPhoneの場合 iPhone SE、6s以上ならすべて使える SIMロック解除が 必要。 この項は読み飛ばして に進んで頂いてOKです。 先ほど紹介した表を見てもらうとわかりますが、例えば 「手元にドコモのiPhoneがあるが、mineoのAプランを使っている」場合などは そのままでは使えないです(相性が悪い)。 その場合は• ドコモのiPhoneをSIMロック解除して、 SIMフリー化する または• なお、手元にあるiPhoneが「iPhone 6以下」だったり、ドコモをすでに解約して3ヶ月以上経過していたりすると、SIMロック解除が行えません。 するとマイページへのログイン画面がでてくるので、eoIDとパスワードを入力してログインしましょう。 eoIDとパスワードがわからない人は、ログインボタン下のをクリックして、パスワードの再発行などを行いましょう。 mineoのマイページ下部にある「契約サービスの変更」をタップして手続きを進めます。 続いて、プランを選びます。 これは、今使っているプランとは逆のプランしか表示されません。 私の場合はmineoで「Aプラン」を利用中なので、変更したいプランは「Dプラン」しか選べないようになっています。 次に、SIMのタイプを選びます。 「シングルタイプ」と 「デュアルタイプ」があり、 090・080などの電話番号を使えるSIMは「デュアルタイプ」となります。 「シングルタイプ」はネットだけできるSIMです。 続いて、コース(データ容量)を選ぶ項目がありますが、こちらは現在利用中のコース(データ容量)しか選択できないようになっています。 続いて、通話サービスを選びます。 mineoの「10分通話かけ放題」のオプションに入っている人は「mineoでんわ 10分かけ放題」を選択します。 「通話定額30・60」に入っている人は同様に「通話定額30・60」を選択しましょう。 何も入ってない人は「mineo でんわ(無料)」を選択すればOKです。 これは「mineoでんわ」という無料アプリから電話をすれば通話料が半額になるサービスでmineo利用者なら誰でも使えるサービスです。 タダなので使わないと損です。 mineoではSIMを改めて発行(購入)する場合、スマホをセットで買うことができるルールになっています。 mineoで売っているiPhoneは海外版なので安く手に入ります(使い勝手はほぼ変わりません)。 SIMカードには、 標準SIM・micro SIM(マイクロSIM)・nano SIM(ナノSIM)の3つのサイズがあります。 スマホがでたての頃は標準SIMが主流でしたが、ここ数年のスマホはほぼ 「micro SIM」か 「nano SIM」で、最新機種に関してはほぼ 「nano SIM」です。 現にiPhoneも、 iPhone 4s以降はすべて nano SIMになっています。 補足 ちなみに日本で人気の「Zen Fone」シリーズだと、 「ZenFone 2シリーズ」まではmicro SIMのみ対応、 「ZenFone 3シリーズ」からはnano SIMとmicro SIM両方対応になっています。 使用中のmineoのSIMのサイズが「nano SIM(ナノSIM)」だった場合 現在お使いのスマホに挿さっているSIMがnano SIMだった場合は、 iPhoneに合ったサイズなのでそのままでOKです。 mineoでは、「SIMのサイズ変更」というサービスを「mineoのマイページ」から行えるようになっています。 するとマイページへのログイン画面がでてくるので、eoIDとパスワードを入力してログインしましょう。 eoIDとパスワードがわからない人は、ログインボタン下のをクリックして、パスワードの再発行などを行いましょう。 すると、色々な手続き項目がでてきます。 今回は、SIMカードのサイズ変更をしたいため、 「SIMカード変更・再発行」をタップします。 iPhone 5以降はすべて「nano SIM」なので、nano SIMを選択します。 「au VoLTE SIM」を使いたい人は、サイズを選択せず「au VoLTE SIM」という名前を選択します(au VoLTE SIMは、全サイズに対応したSIMなのでサイズ選択はしません)。 最後に、SIMのサイズ変更の「申し込み確認ページ」が表示されますので、問題なければ「申し込む」ボタンを押しましょう。 数日すると、サイズ変更をしたSIMがmineoから自宅へ届きます。 ちなみに、SIMのサイズ変更には手数料として2,598円かかります。 これは月額料金のように毎月でなく、SIMのサイズ変更を行なう時だけ発生するものです。

次の

【mineoでiPhone!】mineo利用者がAndroidからiPhoneへ機種変更する時の方法まとめ

アンドロイド から iphone に 機種 変更

iPhoneの魅力・メリット~Androidから機種変更した理由 私はAndroidを7年近く使っていましたが、ある時から急にiPhoneに魅力を感じて機種変更しました。 そして今に至るのですが、Androidに戻りたいと思うことはありません。 ここではその iPhoneの魅力、メリットについて詳しく見ていきます。 Androidにはない魅力、Androidにとってのデメリットと言える項目になります。 これは 最新のiPhoneXSの画像です。 iPhoneに感じる最初の魅力は、見た目の美しさ、持った時の質感などの高級感です。 Androidでもエクスペリアなど高級感がある機種はありますが、お店で端末に触ると、どうしてもiPhoneが欲しくなってしまいます(笑) スマホは一日中身につけていることも多いので、 「ずっと触っていたい」と感じさせるiPhoneの質感は大きな魅力だと思います。 それらは全てAppleが制作し同じ「iOS」が採用されているため、データの同期や連携が完璧なのです。 Apple Pencilの書き心地が、まるで紙に書いているような iPad。 Appleの審査を突破した高水準の「ノートアプリ」は使いやすいものが多く、iPadは最強のデジタルノートとして使えます。 そしてiPadで書いたメモなどはiCloudにすぐ保存されて、iPhoneの方でも見える状態になります。 iPadは手書きメモがすぐにパソコンと連携して活用できるので、仕事で使うのには最強のノートです。 また 授業でノートを取る学生さんにもオススメできます。 そして Apple Watchは、iPhoneなしでもジョギングしたコースや運動中のカロリー、心拍数を保存できるスポーツウォッチです。 iPadと同様にiPhoneとの連携は気持ちがいいくらいスムーズ。 iPhoneに保存された音楽や、再生中のYoutubeの音量なども操作できます。 さらにワイヤレスイヤホンである AirPods。 この小さい 充電ケースから出して耳に差し込むだけで、簡単にiPhoneと接続されてすぐに使えます。 そして使い終わったらケースにしまえば充電される仕組みです。 iPhoneを中心としたApple製品には、このように魅力的な機器が揃っています。 同じiOSが使われているので、ここまで連携がスムーズなのです。 Androidの場合も似たような組み合わせはできますが、機器を作っているメーカーが違うのでこれほどスムーズには動きません。 iPadをはじめとした他の魅力的なApple製品が、私をiPhoneに機種変更させた一番大きな理由でした。 iPhoneはアップルがハードウェアとソフトウェアを一体開発しています。 だからこそ 「サクサク動く気持ちの良さ」や「安定感」が生まれてくるのだと思います。 サファリでWEBサイトを見る時や、写真が保存されたアルバムを見る時など。 指でなぞって画面をスクロールさせると、とにかくスムーズに動きます。 これを 「ヌルサク感」と、iPhone好きの多くの人が表現しています。 対してAndroidの方は「ガクガク感」。 最近の Androidはスムーズになってきましたが、やっぱり何かiPhoneとは違うのです。 この「ヌルサク感」は、iPhoneに変える前から何となく感じていました。 友人がiPhoneをいじっているのを見て 「何だかAndroidよりも、スルスル動いているな~」という感じです。 で、実際に使ってみるとその感覚は想像以上でした。 一回この感覚を味わうとAndroidに戻れる気がしません。 「この感覚を手放したくない!」と思わせる魅力がiPhoneにはあるのです。 だからこそ 『Apple信者』なんて言葉が出てくるのだと思います。 これはスペックなど数字では比べられない、iPhoneならではの魅力です。 同じ値段だったら、こっちのAndroidのディスプレイがきれいだよ!• カメラの性能がAndroidの方が上だ• 同じ機能はAndroidにもあって、もっと高機能だよ! などと言われても、全く刺さらなくなりました(笑) iPhoneを使った人しかわからないで、 「ぜひ一度使ってみてくれ!」としか言いようがありません。 むかし、会社のパートで年配のおばさんが初めてスマホを購入しました。 それがiPhoneだったので 「なんでiPhoneにしたの」と聞いたのです。 その答えが 「簡単そうだから」。 これが真実だと思いますww まずAndroidのように上のステータスバーなどがごちゃごちゃしていません。 iPhoneはそんなことはありません。 適当にいじっていれば、2、3手でやりたいことがわかります。 またアプリの操作を、簡単に覚えられるのもiPhoneのメリットです。 iPhone専門のアプリはたくさんありますが、難しそうなものでも使っているうちに全機能を覚えます。 AndroidのアプリってWindowsに近いというか、わかりずらい部分がありますね。 iPhoneのアプリは「使いこなしてる!」と思えて、いい気分で使えるのです。 どれもiPhoneの厳正な審査を通ったものなので、 動作はとても安定しています。 特にiPhoneには、iPadと連動・同期するノート系などのコアなアプリが充実。 作業を効率化するアプリや勉強に役立つアプリ、思考を整理するアプリなどが多いので、 仕事で使う人や学生さんにはとても役立つと思います。 アプリに関しては「iPhone専門アプリ特集」のような形で、別の記事で掘り下げる予定です。 それだけでかなりの情報量になってしまうので・・・ iPhoneの安定した使いやすいアプリに対して、Androidのアプリは審査がゆるいので、安心して使えないアプリもあります。 そこでAndroidの場合はセキュリティソフトが必須になっています。 iPhoneの場合は普通に使っていればセキュリティソフトは必要ありません。 安心して使えるのもiPhoneの魅力の一つです。 Androidの場合、機種を変えるたびに画面の様子や操作感がガラッと変わることがあります。 「何か前と違うアプリがいっぱいある!」 なんてことは、違うメーカーの機種に変えるとよくあるのです。 iPhoneの場合はこうしたことが起こりません。 機種変更しても、前の画面の様子やアプリをそのまま引き継ぐことができます。 これは最新の機種に変わっても、ずっと同じiPhoneを使い続けている感覚です。 スマホはただの電話ではありません。 道具として長く触れるほど使いこなせるので、 「同じものを使える感」は大きいメリットだと思います。 新しいiPhoneに移行するには、 iCloud(アイクラウド)やiTunes(アイチューンズ)を使います。 iCloudはすでに紹介しましたが、Appleが提供するネット上にデータを保存するサービス。 iTunesは無料のPCソフトで、iPhoneに入れる音楽データなども管理・整理することができます。 iPhone4つのデメリット《7年間Androidを変えなかった理由》 ここまでズラズラとiPhoneのメリットについて紹介してきましたので、今度は デメリットについて触れておきます。 これは私が7年間Androidを変えなかった理由、Androidのメリットとも言える項目です。 データを保存できる容量の問題です。 Androidは本体容量の他にSDカードを挿して容量を追加できます。 今はアマゾンなどで安いSDカードが販売されていて、64GBカードが2,000円ぐらいで手に入ります。 対して iPhoneの方は、SDカードが使えません。 容量を増やすことができないのです。 最初購入する時に容量を選ぶ必要があります。 例えば最新のiPhoneXSでは、最小の64GBと256GBの価格差は17,000円。 容量の差は192GBなので、さっきのアマゾンの64GBのカードだと3枚分です。 3枚だと6,000円程度ですね。 容量を増やそうとすると価格がバカ高くなるし、後から追加でも増やせない。 これはiPhoneのデメリットで、私がAndroidを離れなかった一つの理由になります。 Androidと言えばOSはグーグルが作っています。 なので当然ですがグーグル関係のアプリと相性がいいです。 そしてWindowsではGoogle ChromeやGメール、Google フォトなどを使っていました。 なので Androidでないと、Windowsと連動するのは面倒だと感じていたのです。 さらにグーグルアカウントには、連絡先なども登録されています。 新しいAndroidに移行してもグーグルアカウントでログインすると、簡単に連絡先を引き継ぐことができます。 メインのPCはWindowsを使用していることと、グーグル依存の問題から、私は何となくiPhoneを使うのに難しさを感じていたのです。 iPhone=マック のイメージもあったのかもしれません。 ですがこれは調べるのが面倒だっただけ。 iPhoneへの移行を決心して調べてみると問題は全て解決しました。 「AndroidからiPhoneへの移行方法」と調べればいくらでも情報が出てきますよ。 LINEの移行も出来たし、連絡先を同期させることも簡単にできました。 iPhoneでも簡単にグーグルアカウントを使うと情報を引き継ぐことは出来るのです。 Androidには「戻るボタン」があります。 ブラウザでウェブサイトを見ている時に前のページに戻ったり、アルバムで前の画面に戻ったり、Androidユーザーなら常に使うボタンです。 この「戻るボタン」がiPhoneにはありません。 Androidユーザーは 「iPhoneは戻るボタンがないから使いにくい!」と主張するのです。 でもですよ、AndroidからiPhoneに移行してしばらく使ってから、Androidに触れて思ったのが 「Androidって、いちいち戻るボタンを押す必要があってめんどくさい!」ということ。 iPhoneではAndroidで戻るボタンを使っていた操作が、指をスッとスワイプ(滑らせる)だけでスマートに出来ます。 この操作感の簡単さが、やっぱりiPhoneの魅力なのです。 ただ私は大手キャリアに入っていて、機種代のサポートがあったので「値段が高いからiPhoneを選びたくない」とは思いませんでした。 思っている人もいるようなので、デメリットとして記載しておきます。 たしかにiPhoneはコスパがそんなによくありませんが、ブランド感があります。 それはここまで紹介してきた通りです。 そしてブランド感があるので、機種変更する時に下取りに出すと、販売時期と価格が近かったAndroid機種よりも高く売れます。 そういうメリットもiPhoneにはあるのです。 私がAndroidからiPhoneに移行できなかった本当の理由は? 一つ一つの項目を書きながら思ったのですが、どの項目もiPhoneにとって大きなデメリットとは感じません。 iPhoneに変えなかった理由はぶっちゃけると 「最初に買ったのがアンドロイドだったから」 ということかもしれません。 使い慣れたアンドロイドからiPhoneに移行するのが面倒、新しい操作を覚えるのが面倒と思っていたのでしょう。 だからこそiPhoneより先にiPadを購入して、それを使っているうちに 「スマホもサクサク気持ちよく動くiPhoneにしたい!」と思うようになったのです。 そして実際に使ってみたら、想像していた通り触るのが気持ちよかった。 SDカードの問題やWindowsとの相性なんて、もうどうでもいい。 そんな理由でAndroidに戻る気はしない。 となったのです。 ここまで紹介したのが、私がAndroidからiPhoneに変えた理由です。 もしあなたも興味があるなら、ぜひ使ってみてくださいね。 iPadだけでも最高の道具だと思います。

次の

AndroidからiPhoneに変える!違いを比較。メリットやデメリットは何?

アンドロイド から iphone に 機種 変更

今回の新デバイスに新機能を加えて、カメラも3つあります。 iPhoneの愛用者が多くの日本でAndroidからiPhoneに乗り換える予定がある人が多いと思います。 しかし、毎年機種変更する前に準備不足のせいで、データが紛失したり、Facebook、LINEにログインできなくて使えなくなった事件はよく聞きます。 AndroidとiOSの間、データを移行するのもとても面倒くさいで、失敗したこともよく発生します。 ですから、本記事はAndroidからiPhoneに乗り換える前に準備すべきことやデータ移行方法も案内します。 ぜひご参考ください。 Part1:AndroidからiPhoneに機種変更する前の準備 準備一. データのバックアップを取る Androidのバックアップを作るのは当たり前の作業ですね。 準備二. Twitter、Facebook等、一切のアプリのアカウントとパスウードを忘れられないように確認する 準備三. この方法はとても面倒くさい、大変時間と手間がかかるので、少ない内容を移行したい方に勧めします。 方法 2:アップル公式パプリ-「Move to iOS」を利用します。 「Move to iOS」はAndroidからiPhoneへ変更する時、専用のデータ移行アプリです。 その場合に、AndroidからiPhoneへデータを移行するには、を利用してください。 このアプリを使えば、連絡先、メッセージ、撮った写真とビデオ、ブックマーク、メールのアカウント、カレンダー、インストールした無料アプリを無料でアンドロイドからiPhoneへデータ移行できます。 Step 1:Androidで「Move to iOS」をインストール > iPhoneの電源をオンにする > 画面の指示に従って設定を進んで、「Appとデータ」画面で「Androidからデータを移行」をタップします。 Step 2:Androidで「Move to iOS」を開く > 画面の指示に従って操作して、「コードを検索」画面の右上の「次へ」をタップします。 するとAndroidのデータがiPhone に移行されます。 「Move to iOS」は音楽やビデオ、着信音などのデータは移行出来ません。 そしてデータを選択的に移行もできません。 もっと多くのデータを移行するには、次の方法 3を参考にしてください。 まずはを簡単に紹介します。 AnyTrans for iOSは以下のような特徴があります:• 音楽、動画、写真、連絡先、メッセージ、通話履歴、カレンダー、ドキュメント、着信音などの重要なデータの移行を支持する• ワンクリックだけで必要なデータを移行でき、時間と手間を節約できる• 通信キャリアを問わず、異なるキャリアのAndroidからiPhoneへのデータ移行が可能• SONY・SAMSUNGを含め、多くの機種に対応する• iPhoneを初期化する必要がなく、既存のデータを上書きしない• 0以上のスマホを支持する なら、今すぐしてAndroidからiPhoneにデータを移行しましょう。 いかがでしたか? そしてここで推薦したツール-AnyTrans for iOSは簡単に異なるOSの間でデータを移行出来ます。 有料ソフトですけど、無料体験版をダウンロードに値すると思います。 今すぐして体験しましょうか? この記事が役に立てば幸いです。 そしてもしこの記事が気に入っていただけたら、FacebookやTwitterにシェアしてくれると幸いです。

次の