ベッド シモンズ おすすめ。 シモンズベッドマットレスの口コミ・評判【ゴールデンバリューを実際に購入してみた】

ベッド おすすめ メーカー世界のトップブランドと有名日本家具メーカー

ベッド シモンズ おすすめ

ベッドメーカーに勤めていた筆者がシモンズを徹底解説 この記事では世界的に有名な老舗マットレスメーカー「シモンズ(SIMMONS)」の社員の方から聞いた話や、実際にマットレスに寝てみた体験をご紹介します。 筆者は過去ベッドメーカーに勤めていました。 ベッドの専門家の視点からシモンズの特徴やマットレスの選び方などを徹底解説するので、ご参考頂けますと幸いです。 今回はシモンズの東京ショールーム(シモンズギャラリー東京)にお邪魔し、シモンズ株式会社マーケティング部のご担当者様に詳しいお話を伺ってきました。 「シモンズのおすすめマットレスを早く知りたい」 とお考えの方は以下のボタンを押すとジャンプします。 当サイトの管理人。 ベッドメーカーに7年ほど勤めた後、ベッド専門情報サイト(当サイト)を運営。 国内・海外メーカーへの取材を重ね、レビューしたベッド&マットレスは100商品を超える。 シモンズとは シモンズ(SIMMONS)は1870年創業の世界の中でも最も老舗マットレスメーカーです。 アメリカで誕生し、日本では1964年に米国本社の子会社として「シモンズ株式会社」が設立。 現在では工業部品大手の株式会社ニフコの傘下に入り、シモンズとのライセンス契約のもとマットレス関連の製品を製造・販売しています。 ポケットコイルへのこだわり シモンズは世界で初めてポケットコイルマットレスの商業化に成功したメーカーとしても有名です。 1925年にポケットコイルマットレスの商業化に成功して以降、絶え間ない研究・改良を重ね、高品質なマットレスを作り続けてきました。 なお、シモンズのポケットコイルマットレスは「Beautyrest(ビューティレスト)」と言います。 米国では「シモンズ」より「Beautyrest(ビューティレスト)」という名称の方が有名とのことです。 日本国内で製造 日本市場におけるシモンズのマットレスは国内生産品で、静岡県の富士小山工場で製造されています。 さらに、富士小山工場で作られたマットレスはアジア諸国にも輸出しています。 最大規模のポケットコイルマットレス工場です。 なお、日本向けのマットレスは欧米向けとは仕様が異なり、日本人の寝姿勢に合った硬さや寝心地になっています(日本市場向けのマットレスは欧米向けよりも硬めです)。 ホテルの納入実績 シモンズのマットレスはホテルへの導入実績が豊富です。 ウエスティンホテルやザ・ペニンシュラ東京などのハイランクなホテルから、シティホテルまで数えきれないほどのホテルからシモンズは選ばれています。 ホテルにとって、マットレスの質は顧客満足度につながるため、慎重に選びます。 寝心地が良く耐久性が高いシモンズのマットレスはホテルにとって理想的な寝具であるという評価の結果でしょう。 なお、ホテルに導入されているマットレスは一般向けの製品とは仕様が異なります(ホテル向けの方がシンプルに作られている傾向があります)。 シモンズのこだわりは「ポケットコイル」 上記でも触れましたが、シモンズは創業初期よりずっとポケットコイルへのこだわりを貫いてきました。 ポケットコイルとは、コイルがひとつひとつ袋(ポケット)に入った構造で、独立した動きによって体の荷重にフィットし、自然で快適な寝姿勢を保てる特徴があります。 振動が伝わりにくく、静かな寝心地のため二人で眠るのにも最適です。 以前はポケットコイルの製造・販売自体、シモンズに特許があり、シモンズでしか作れませんでしたが、現在では特許が切れ、他のメーカーでも作れるようになりました。 しかし、これだけ長い期間、ポケットコイルの研究・改良を進めてきたメーカーは他にありません。 現在のシモンズのポケットコイルのこだわりについて詳しくご紹介します。 大手国内製鉄メーカー製の超硬鋼線を使用 高品質なバネを使用 日本で製造するシモンズ製マットレスのポケットコイルで使われているバネの素材は国産大手製鉄メーカー製です。 国産のバネの素材(鋼線)は海外産に比べて不純物が少ないと言われ、耐久性に優れています。 さらに、ポケットコイルで使われているバネの素材は一般的には「硬鋼線(こうこうせん)」ですが、シモンズはより高品質なピアノ線と同等の「超硬鋼線」を使用しています。 頑丈な袋(ポケット) 耐久性が高い袋(ポケット) ポケットコイルマットレスのバネは圧縮されて袋(ポケット)につつまれます。 よって、反発性があるバネが飛び出ないためにも袋には強度が必要です。 シモンズは袋の強度にもこだわりがあり、材料や縫い方、コイル同士を繋げる接着剤(ホットメルト)などが優れています。 頑丈なバネと、それをしっかりつつむ袋があるということが、シモンズのマットレスは耐久性が高いと評価される理由です。 配列の工夫 並行配列のポケットコイル ポケットコイルは配列の仕方で寝心地が変わります。 主な配列方法は「並行配列」か「交互配列」のいずれかです。 それぞれの配列の特徴は以下の通りです。 高密度で作れるため、きめ細かくしなやかな動き• コイルひとつあたりにかかる荷重が少ないため、耐久性が高い シモンズのマットレスは「並行配列」です。 シモンズはポケットコイル(バネ)に圧倒的な自信があるため、あえてひとつひとつのコイルの動きを活かす並行配列にしています。 並行配列は高密度で作れないため、コイルひとつにかかる負荷が高く、耐久性が劣るという解釈もありますが、シモンズの高品質なポケットコイルであれば、耐久性は問題ありません。 (やや高めではあります) 参考までに各社のスタンダードモデルとの価格比較をご紹介します。 メーカー シモンズ サータ シーリー フランスベッド 日本ベッド モデル ゴールデンバリュー i series エッセンシャルズPT ライフトリートメント (エクセレント) シルキーポケット 価格(税別) 155,000円 155,000円 105,000円 115,000円 150,000円 シモンズのマットレスで使われているバネの品質や仕様を考えると妥当な価格であり、むしろコストパフォーマンスが良いとも言えるでしょう。 シモンズの選び方 シモンズのマットレスは大きく以下の3つのシリーズに分かれています。 リュクス• プレミアム• ビューティレストセレクション そして、シリーズの中で詰め物などやコイルによっていくつかのモデルがあります。 リュクス アルティメイト ピロートップ シモンズの最上級シリーズ。 コイルが2段になっている「コイルオンコイル」モデルもラインアップされていて、最も高価なモデルで80万円以上します。 寝心地はかなりソフトで、ふんわりと体を預けることができます。 しかし、平坦な体つきの人や、仰向きで寝るには沈み込みすぎるので、一般的な日本人体型には合いにくいでしょう。 欧米人や横向き寝の人におすすめ。 プレミアム ゴールデンバリュー シモンズで最も人気があるシリーズ。 硬め~ふつうレベルの寝心地のモデルが豊富にラインアップされています。 特にシモンズ永遠のスタンダードモデルと言われている「ゴールデンバリュー」が人気。 迷ったらまずはゴールデンバリューから試してみることをおすすめします。 ビューティレスト セレクション Beautyrest Selection 高価なマットレスの印象が強いシモンズが、「 もっと気軽にシモンズの寝心地を体験してほしい」という思いのもと立ち上げたのが「Beautyrest Selection(ビューティレスト セレクション)」です。 シモンズ自慢のポケットコイルの仕様はそのままに、通常モデルから詰め物やカバーをややグレードダウンさせ、価格を4~5万円ほど安くなっています。 例えば、人気モデルのゴールデンバリュー(シングルサイズ)の場合、• 通常モデル:155,000円• BSモデル:113,000円 と、税別価格で 42,000円ほど安いです。 グレードダウンと聞くとマイナスに捉えてしまうかもしれませんが、逆に通常モデルがかなり豪華に作られているので、「シンプルになったモデル」と言った方が適切でしょう。 なお、Beautyrest Selectionは、どちらかというとホテルに納入しているマットレスに近い作りをしているため、「ホテルで寝たシモンズの寝心地が好き!」と言う人はむしろBeautyrest Selectionから選んだ方がイメージとのギャップが生まれにくいと思います。 個人的にはおすすめです。 ショールームの歩き方 シモンズギャラリー東京 近くにショールームがある場合、ぜひ寝心地を試してみてください。 特に東京(有楽町)と、大阪のギャラリーでは「寝姿勢測定システム」が用意されています。 寝姿勢測定システムとは 寝姿勢測定システム「シモンズアジャスタブルメジャーベッド」 寝姿勢測定器とは、自分の寝姿勢(荷重や体圧分布)に基づいて、最適なマットレスを選ぶことが出来る測定器のことです。 「シモンズアジャスタブルメジャーベッド」と呼ばれています。 シモンズはこのシステムを信州大学と共同開発し、2018年10月のシモンズギャラリー東京オープン時に初めて導入され、今では他にシモンズギャラリー大阪や新宿高島屋、島忠ホームズ新山下店の売り場にも設置されています。 測定結果に基づいて、シモンズの代表的な4モデルのうちのいずれかに適しているか判断されます。 そしてそこから寝心地の好みなどを加味し、最適なモデルを決めていくという流れです。 シモンズギャラリー東京で筆者が試してきましたので、ご参考ください。 寝姿勢測定システムを体験中 このようにマットレスの上に寝てテスト開始。 計測が始まるとマットレスの硬さが変わります。 人によるかもしれませんが、筆者の場合は硬い寝心地からやわらかい寝心地にの4つのパターンの寝姿勢を計測しました。 こちらが寝姿勢の計測画面。 ある硬さにおける自分の寝姿勢のラインを横から見た図です。 向かって左が頭で、右が脚です。 青いラインがテストしたマットレスの硬さにおける自分の寝姿勢です。 赤いラインが信州大学が導き出した理想的な寝姿勢です。 この場合、もっと沈み込んだほうが良い寝心地が得られるという診断になります。 (つまり今テストしている硬さでは筆者の体型にしては硬すぎるという診断です) こうした診断を4回行い、最終的に自分の寝姿勢に合ったシモンズのマットレスをご案内いただきます。 計測器による診断は10~15分くらいで終わります。 診断によって導き出されたマットレスで試し寝 こちらが今回筆者の寝姿勢に最も適合した「ゴールデンバリュー ピロートップ」です。 ゴールデンバリュー ピロートップは中間くらいの硬さで、たしかに自分にとって無理のない寝心地と感じました。 こうした具体的な分析によってマットレスを選べると失敗は少ないので安心ですね。 記事公開時では下記店舗で寝姿勢測定システムが導入されているので、お近くにある場合はぜひお試しいただくと良いと思います。 寝姿勢測定システムが置いてある店舗• なお、寝姿勢測定器の体験をギャラリーでご希望の方は、(東京のみ)をご活用ください。 満席になることも多いので事前に予約を取ることおすすめします。 迷ったらコレ!シモンズの人気・おすすめマットレス3選 シモンズの中で特に人気でおすすめのマットレスを3つご紹介します。 迷ったらこのモデルを参考に選んでみてください。 ゴールデンバリュー シモンズ永遠のスタンダードモデル すでに何回も名前が出てきましたが、「シモンズ永遠のスタンダードモデル」と言われ、最も人気があるマットレスです。 平均的な日本人体型によく合い、幅広い人に受け入れられる「やや硬め」の寝心地。 シモンズのマットレスの入門編としてもおすすめです。 ゴールデンバリュー ピロートップ(Beautyrest Selection) コスパで選ぶならコレ ピロートップとは、マットレスの上にクッションがついてる仕様のこと。 体圧分散性が優れ、やや柔らかい寝心地になります。 ホテルに納入されているマットレスはピロートップタイプが多いです。 Beautyrest Selectionのゴールデンバリュー ピロートップは、特にホテルに納入されているシモンズ製マットレスの寝心地に近い傾向があるので、「ホテルで寝たシモンズが気に入った!」と言う人におすすめです。 カスタムロイヤル よりリッチ(ソフト)な寝心地 ゴールデンバリューよりもコイルの高さがあるモデル。 よりクッション性に優れ、ソフトながらしっかりと体をサポートしてくれます。 価格はやや高めですが、ゴールデンバリューのプレミアム仕様といった位置づけの贅沢な寝心地が特徴です。 シモンズのベッドフレーム シモンズはマットレスのほかにベッドフレームも自社開発しています。 特徴としては「ダブルクッション」に力を入れていることです。 ダブルクッションとは ダブルクッションのベッドフレームとは、ベッドフレームというよりもマットレスに近い構造で、ボックスの中にスプリング(バネ)が入った台のことです。 「ボックススプリング」と呼ばれています。 マットレスをクッション性のあるボックススプリングの上に乗せることで、更に体圧分散性や荷重分散性を高め、寝心地やマットレスの耐久性を向上する効果があります。 木製ベッドフレームよりも少し柔らかい寝心地になります。 ホテルのベッドはボックススプリングを使用して、ダブルクッションになっていることがほとんどです。 高級ホテルの寝心地を実現したい人は、ぜひボックススプリングをご検討ください。 ・ ・ ・ いかがでしたでしょうか。 世界的に有名なマットレスメーカー「シモンズ」の特徴やおすすめ商品をご紹介させていただきました。 シモンズはポケットコイルのパイオニアとして絶え間ない研究と改良を重ねて現在に至ります。 耐久性が高く、たくさんの高級ホテルにも選ばれています。 一般的なマットレスよりは高価ですが、快適な眠りは快適な人生につながります。 ぜひギャラリーで寝心地を確かめてみてはいかがでしょうか。 最後までお読みいただき誠にありがとうございました。 私はインテリア製品メーカーで約7年勤めていました。 今まで100を超える数のベッドの企画に携わり、実際に製造現場を見たり、組立をし使ってみた経験があります。 基本的に通販で販売するベッドを取り扱っていたので、一般の人は手に取って確かめられない商品ばかりです。 ベッドは実店舗で買うより通販で買うほうが安い傾向があり、品質も良くなってきています。 しかし、選び方を間違えると満足いく寝心地や使用感が得られません。 ベッドを買い慣れている人は少ないので勢いで買ってしまって失敗したということも良く聞きます。 「コストパフォーマンス良く失敗しないベッドを選んでほしい」という思いで当サイトを立ち上げました。 あなたのベッド選びに少しでも参考になれば幸いです。

次の

シモンズの口コミ評判|おすすめベッドマットレスの種類と選び方

ベッド シモンズ おすすめ

シモンズは、サータ、シーリーと並んで3大マットレスブランドのひとつです。 ここでは、 シモンズの評判・口コミや実際に編集スタッフが体験した感想などを詳しく解説していきます。 項目 詳細 商品ランク Aランク コスパ 3. 0 寝心地 5. 0 腰痛対策 5. 0 耐久性 5. 0 価格帯 シングル:約80,000円〜 セミダブル:約100,000円〜 ダブル:約120,000円〜 素材 ポケットコイル 厚み 約20cm〜 重さ シングル:25. 0kg〜 セミダブル:35. 0kg〜 ダブル:40. 0kg〜 折りたたみ なし 製造国 アメリカ 3大ベッドマットレスブランド• シモンズ(SIMMONS)• サータ(Serta)• シーリー(Sealy) その中でも、 シモンズは特に日本ではナンバーワンの知名度と高級感を持っていると言っても過言ではありません。 寝心地の良さはもちろんですが、シモンズで眠るということにステータスを感じる方もとても多いです。 ポケットコイルというのは、コイルがひとつひとつ独立していて、体を点で支えることで優れた体圧分散を実現したコイルのことです。 具体的には、次の画像を見てもらうとわかるのですが、コイルが一本ずつ敷き詰められているイメージです。 その上に、ウレタンやカバーが付いているのが、一般的にポケットコイルマットレスと言われるものですね。 このシモンズ発のポケットコイルは現在では全世界のマットレスブランドで採用されています。 超一流ホテルに置いても違和感のないほどの寝心地を提供している証拠とも言えますね。 シモンズのゴールデンバリューピロートップを実際に購入してみました シモンズのゴールデンバリューピロートップ(クイーンサイズ)を実際に購入し、使用した感触をレビューしていきます。 シモンズのクイーンサイズは、 横幅が152cmなので一般的なクイーンサイズよりも小さめです。 「夫婦+小さな子ども(3才以下)1人」で寝るには問題ないですが、子どもがもう少し大きくなってくると少し狭く感じるかもしれません。 ゴールデンバリューピロートップは、上部にウレタンの詰め物が入っており子供の体重でも画像のようにかなり沈み込むくらい柔らかいです。 正直なところ、寝る前までは 「柔らかすぎて腰痛への影響って大丈夫かな?」と思っていたのですが、実際に寝てみるとしっかり体を支えてくれます。 沈み込みすぎないのですが、上のピロートップが効いており、とろけるような寝心地を実感できます。 今まで様々なマットレスを使ってきましたが、やはり寝心地のレベルが一段階違うと感じました。 お値段はクイーンサイズで約30万円ほどですが、10年持つと考えると寝心地を突き詰めたい方や睡眠の質を最大限まで上げたい方は検討しても良いのではないでしょうか。 8万円台から買えるものから中には60万円以上するものがあります。 地方 場所 10万円代 ニューフィット(普通) ゴールデンバリュー (やや硬め) エクストラハード(硬め) 20万円代 エグゼクティブニューフィット(柔らかめ) ニューフィットピロートップ (やや柔らかめ) ゴールデンバリューピロートップ(普通) エグゼクティブ(やや硬め) 30万円代 カスタムロイヤルニューフィット(柔らかめ) カスタムロイヤル(やや柔らかめ) プラッシュピロートップ (やや硬め) 50万円代 グランピロートップ(柔らかめ) 60万円代 アルティメイトピロートップ(柔らかめ) 特徴としては、 ハードよりもソフトの方が価格が高くランクも高くなる傾向にあるということです。 シモンズでいうソフトは、低反発というわけではなく、 「反発力もあるけれど柔らかい寝心地」というイメージです。 とろけるような寝心地を提供しつつ、反発力があるので、腰痛にも良いという高級マットレスの名に恥じない機能を提供してくれます。 シモンズのショールーム・取り扱い店舗 シモンズのショールーム、取り扱い店舗を詳しくまとめました。 シモンズのショールームは全国に14箇所 シモンズのショールームは全国14箇所にあります。 地方 場所 北海道・東北地方 仙台ショールーム 札幌ショールーム 関東地方 東京ショールーム 北関東(群馬)ショールーム 長野ショールーム 東海地方 静岡ショールーム 愛知(名古屋)ショールーム 近畿地方 大阪ショールーム 京都ショールーム 中国地方 広島ショールーム 岡山ショールーム 北陸 新潟ショールーム 石川ショールーム 九州 福岡ショールーム 詳しい住所などを知りたい場合は、シモンズのショールーム一覧を参照してください。 シモンズの取り扱い店舗 シモンズの取り扱い店舗は全国北海道〜沖縄まであります。 具体的な取り扱い店舗の例を挙げると・・• アウトレット・セール• 楽天でポイント付きで安く購入 詳しく紹介します。 アウトレット・セールで安く購入 シモンズは、臨時店舗などで、稀にアウトレットや緊急セールを行う場合があります。 Seilooというサイトで、シモンズのアウトレット・セール情報を発信しているので、参考にしてみてください。 楽天でポイント付きで安く購入 シモンズが買える楽天のショップ次第では、ポイントが10倍UPを実施しているところもあります。 そういった店舗では、10万円分購入すると、1万円分以上のポイントが付いてきますのでかなりお得に購入できます。 楽天で買い物をすることが多いという人は、シモンズを楽天で購入するのも賢い買い方ですね。 シモンズのダブルクッションが超贅沢! シモンズには、ダブルクッションが採用されいてるベッドマットレスがあります。 ダブルクッションとは、マットレスの下のフレーム部分もスプリング(ボックススプリング)になっており、 マットレスだけではなく、フレーム(ボックススプリング)からも相乗効果で体圧分散効果を得られるマットレスのことです。 ダブルクッションのメリット シモンズのダブルクッションは次のメリットがあります。 夏は断熱効果があり、冬には寒さを防ぐ効果もあります。

次の

シモンズベッドマットレスの口コミ・評判【ゴールデンバリューを実際に購入してみた】

ベッド シモンズ おすすめ

このページでわかること• シモンズのベッドマットレスの口コミ評判 シモンズのベッドマットレスは、国内のホテルや寝具店に設置されているので、実際に購入した人以外にも、1度寝てみた体験の口コミが数多く投稿されています。 多くの評判は好評で「シモンズは高いだけはあるな」という感想が多く寄せられています。 実際に寝てみた方たちは、「腰痛が改善した」「肩こりが解消した」という感想をツイッター上に投稿しています。 — October kugitan あと腰が最近ヤバイので、ベッドのマットレスを買おうかなって本気で思ってる。 いつも泊まってるホテルがシモンズのマットレスで、あそこで寝ると朝の腰痛がないんだよね~。 ってことでシモンズのマット調べたら高いけど欲しい。 にしても、シモンズのベッドはすばらしい。 朝起きて、腰痛がほぼない。 椎間板にやさしい。 睡眠の重要さに気づけている方は、シモンズのベッドマットレスを購入している印象です。 実家のベッドがシモンズなんだけど、5月に引っ越す時に安いソファーベッドとか小さめのものにしようと思ってたんですけど、両親に寝てる時間が重要だから絶対シモンズのマットレスにしろと言われて従ったので、最近その言葉聞いてよかったと思ってる。 寝心地が最高すぎる。 でもショールームに行っていろんなベッドを体験してみたら、これまでのベッドに対する考えを覆されてしまった。 腰痛持ちでトレーニングもするので、ベッドはかなり選ぶ体質だったけどシモンズは本当にオススメです。 今までのは快眠じゃなかった。 コイル独自の寝心地• 通気性・放湿性• ポケットコイルマットレスの寝心地はほぼ、コイルの材質や加工によって決まります。 コイルの数が多くなったことで、より細かい点で体を支えるので、寝心地をさらに向上しています。 コイルの素材や配列、数など、140年の睡眠への研究から設計されたシモンズのポケットコイルマットレスで横になることで、体の重い部分や出っ張ったところが適度に沈み、頭から背中、足先まで一直線な綺麗な寝姿勢をサポートします。 シモンズは詰め物に頼らずに、ポケットコイルの弾性で硬さを生み出しているので、耐久性に優れています。 コイルの線材も、最も耐久性の高いピアノ線に近い素材を使用して、耐久性を高めています。 寿命は10年以上と考えてよいです。 ビューティレスト ブレスフォームは、通気性に優れ、環境に合わせて湿気や温度の吸収・放出する機能を持ち、掛ふとんとマットレスの間の湿度を適度に保ちます。 つまり、蒸れにくいということです。 従来のマットレスと大きく異なるのが、上下の2層構造。 上の層で体全体を包み込み、下の層で体をしっかり支える役割分担がされています。 価格は50万円、60万円するので、マットレスとしてはトップクラスになります。 しているほど、お財布に余裕のある方が購入しています。 縦の長さ 横幅 シングル 195cm 97cm セミダブル 195cm 120cm ダブル 195cm 140cm クイーン 195cm 152cm キング 195cm 180cm 厚さ ベッドマットレスとして利用する厚さは20cm。 耐久性 シモンズのマットレスは、一番耐久性の高いピアノ線に近づけた強度のSWRH82A 硬鋼線(C種)を使用しています。 10年以上は使用できるマットレスです。 硬さや反発力 シモンズのマットレスは硬さが種類ごとに異なるので、ハード系かソフト系かを確認しましょう。 ポケットコイルなので反発力は高いです。 素材 中の詰め物にはウレタン、外側の生地はポリエステルの素材でできています。 保証 シモンズのマットレスの保証は2年間です。 ただし、販売店舗や通販サイトによって保証がついていたり、保証期間の長さが異なるので、購入時にしっかり確認しておきましょう。

次の