テーピング おすすめ。 テーピングが苦手な人はコンプレッションウェアを活用しよう!

テーピングが苦手な人はコンプレッションウェアを活用しよう!

テーピング おすすめ

テーピングの目的 テーピングと聞いて、ケガをした部位を固定するようなイメージを持っている人も少なくないでしょう。 しかし、ケガの予防や患部のサポートだけでなく、ランニングフォームの補整にもテーピングは役立ちます。 テーピングの目的は下記のとおりです。 ケガの予防• ケガの再発防止• 応急処置• ランニング中の除痛 この他にも、心理的安心感をテーピング効果に挙げる方もいます。 ケガの心配なく、心おきなく走れる安心感を得られるのは大きいですよね。 おススメの巻き方は? では、ランナーにおススメの巻き方は何か? 下記おすすめリンク先をご覧ください。 基本的な巻き方を紹介しています。 ピップ簡単テーピング• ニチバン• Dメディカルネット 意外な使い方 私がおススメするテーピングの使用方法は、 足裏と乳首 です。 足裏 足裏に関しては、42. 195km走ると皮がめくれて、出血してきます。 そうすると、一歩踏み出すたびに、足裏に激痛が走り、歩くのもままなりません。 それを解消するのがテーピングです。 貼る位置は、親指の付け根から小指の付け根にかけての部分です。 土踏まずのアーチ部分に貼ってもあまり意味がありません。 こちらはバンドエイドでも代替できますが、テーピングの方が安上がりです。 こんな時にも使えます RICE処置 テーピングの効果が最も絶大に発揮されるのがこの場面だと思います。 RICE(ライス)とは、応急処置の基本であるRest(安静)、Ice(冷却)、Compression(圧迫)、Elevation(挙上)の頭文字をとったもので、 打撲や捻挫(ねんざ)など、スポーツでよく起こるケガの多くに対応できる応急処置です。 処置が早ければ早いほどケガの回復は早くなるので、このRICE(ライス)処置はとても有効な応急処置法といえます。 RICE(ライス)処置は、内出血や腫れ、痛みを抑えるのに効果があります。 Iceの場面では氷に直接触れると凍傷になるので、テーピングで患部を保護し、その上からアイシングします。 私も捻挫の時はこれをしました。 Compressionでは、患部をグルグル巻きにして、圧迫します。 患部の出血をコントロールすることで、腫れを軽減させることが可能です。 捻挫や打撲などでは、腫れがひどくなると痛みが強くなったり、治癒まで時間が掛かったりします。 また内出血を起こすことで、筋肉系のケガでは患部に「しこり」が残り、再発する可能性も高くなります。 ふくらはぎの肉離れの時は毎日テーピングをして、ひたすら痛みが引くのを待ちました。 注意点 捻挫、脱臼などは、その部位が正常な可動範囲を超えてしまった結果、起こるケガです。 このようなケガを防止するには、テーピングによる可動範囲の制限が効果的ですが、 誤ったテーピングをしてしまうと、可動しなければいけない部位が可動しないという事態も招きかねません。 当然ですがテーピングを全身に行うと、ミイラみたいになってしまいますので、 サポートが必要な部分だけにするようにしてください。 関連記事 こちらの記事も併せてご覧ください。

次の

TFCC損傷ならテーピングの巻き方は?サポーターは必要?

テーピング おすすめ

もくじ• コンプレッションウェアはテーピングの代わりになる コンプレッションウェアは 着ることで体が引き締まるように作られた衣類であり、着圧効果を得られることから運動のサポートとして着ている方も少なくありません。 コンプレッションウェアをテーピング感覚で使用することもできます。 テーピングとは怪我をしたときにその部分を固定したり、予め怪我をしないように止めておいたりすることを言います。 プロスポーツ選手などもよく行っていて、試合中の応急処置としても有効です。 テーピングには様々な効果があるため、やってみたいという方も多い一方で体が硬い方やストッキングの形状などによってはテーピングを行えないケースもあります。 そのような場合にコンプレッションウェアを使うことが有効となります。 コンプレッションウェアの中には上半身に身に着けるものだけでなく、下半身に身に着けるものや足に着けるものもあります。 複数のウェアを組み合わせることにより、 関節を固定して怪我防止につなげることができます。 コンプレッションウェアを使って関節を固定する際には サイズを間違えないようにすることが大切です。 サイズが大きいと上手く固定することができなくなってしまうので、本来の効果を得られなくなります。 逆にサイズが小さすぎた場合には足がきつく固定されすぎてしまい、怪我などに繋がってしまう恐れがあります。 サイズが合うものを探すことが第一に重要といえるでしょう。 たくさんのメリットが得られるアイテム コンプレッションウェアを着用するとテーピングと同様の効果以外にも様々な効果が現れます。 その1つが 運動効率のアップです。 どんな運動であっても開始すると血流量がアップします。 これは運動をすることによって必要となる酸素の量が増えて、その酸素を届けるために心臓が血行を促進することによるものです。 この血流量のアップは運動効率において非常に重要となりますが、運動の内容によってはそれほど血行が促進されないこともあります。 そこでコンプレッションウェアが有効となります。 このウェアを着ることによって筋肉が引き締められると血行が促進され 通常よりも効率よく運動をすることができます。 筋力トレーニングを行える時間が限られている方やハードなトレーニングをすることが苦手という方には、特にうってつけといえます。 コンプレッションウェアを着ることで疲労の回復を実現することも可能です。 人は普通に運動していても筋肉が無駄な動きをしてしまうことがあります。 その無駄が何度も重なることによって疲労が溜まっていきます。 このウェアを着ると 筋肉が無駄な動きをしなくなるので疲労が溜まりにくくなり、もし溜まったとしてもすぐに回復することが期待できます。 この疲労回復の効果はテーピングでも得ることができますが、このウェアの場合には全身に効果を及ぼすことができるのがメリットです。 速乾性が付加されているので着心地が抜群 テーピングが苦手という方の中には巻いている感触が苦手という方も多いのではないでしょうか。 コンプレッションウェアではそういった問題を解消しています。 このウェアは非常に速乾性が高く、着ていて不快な感触がありません。 激しい運動をしても、こすれたりすることがないので非常に快適といえるでしょう。 夏用と冬用でそれぞれ性能が異なっていることも特徴です。 夏用として販売されているものは速乾性や通気性が重視されており、暑い環境で走り回っても問題がありません。 冬用のものは温かさが重視されており、外でランニングする時も安心です。 このように 季節ごとに使い分けることが可能なのが、このウェアのメリットと言えます。 姿勢の矯正ができる こと もこのウェアの特徴です。 まっすぐに立っているつもりでも骨盤や体幹などがずれてしまっているケースは少なくありません。 それが血流などに影響を及ぼし、様々なマイナスの影響をもたらすことがあります。 コンプレッションウェアを着ることによって姿勢を矯正することで様々な体勢を整えることができます。 通勤の際に着るだけでもこの効果は期待できるので着用するメリットが非常に大きいといえるでしょう。 昨今ではデザイン性の高い製品も販売されるようになっており、ますます人気が高まっています。 慢性的な猫背で悩んでいる方にもおすすめと言えるでしょう。 コンプレッションウェアはテーピングに似た効果に加えて、様々な追加効果を得られるアイテムです。 サイズさえ間違えなければ 誰でもメリットを得られる点が魅力といえるでしょう。 運動の効果を非常に大きく高めることができます。 おすすめ関連記事• 健康志向が強い現代では、日常生活で使用する様々な物に付加価値を付けるこ […]• コンプレッションウェアの特徴である身体全体を引き締める効果を利用したス […]• コンプレッションウェアは、適切な物を選べば故障個所のカバーから、疲労回 […]• 女性にとってスタイルの問題は重要ですが、美尻を追求したい場合はコンプレ […]• コンプレッションウェアは、姿勢矯正や筋肉疲労の回復に使われるアスリート […]• コンプレッションウェアというと密着圧が強く夏は暑いのではないかと思う方 […]• コンプレッションウェアは、姿勢の矯正やパフォーマンスの向上等、多くの目 […]• 釣りに行くときは怪我をしないような服装で行くことが大事ですが、それに加 […].

次の

テーピング用テープのおすすめ人気ランキング15選【足首・膝・指の固定・補強に!】

テーピング おすすめ

運動に早く復帰したい場合、なかなか調子を取り戻すのが難しいですよね。 一度肉離れを起こすと、なかなか完治しないのも困った所です。 私もなった時誰かに思いっきり蹴られたかと思うほど痛かったです。 例を挙げると、バスケットボール、バレーボール、陸上競技などですね。 太ももの前側が肉離れを起こした場合、膝を曲げる、屈む事がかなり制限され、跳躍力もかなり衰えてしまいます。 ジャンプが重要な競技ではかなり致命的ですよね。 では、どうすればいいのか?早く復帰して肉離れを治したいと思いますよね? 一番は保存療法と言って、痛みが引くのを1週間か2週間かけて動かさずにしておくのですが、早く治したい場合はテーピングの力を借りるのも手です。 ・太もも肉離れの時に出来る基本のテーピング まず椅子に座って、痛むほうの足を椅子や台などに乗せます。 つま先は上にピンと向け、足首を90度にします。 太ももの膝の上ぐらいから外側へ向けて、引っ張りながら巻き始めて、二周目からは下のテーピングが半分ぐらい隠れるように、足の付け根辺りまで巻きます。 特に巻き付ける回数に制限はありませんが、大体3周程が目安ですね。 pip-taping. 準備としては、太ももを横半分ぐらい覆う長さのテープを8本切っておきます。 立った状態から、痛むほうの足を一歩前へ出し、少し膝を曲げ、膝の少し上の内側から外側斜め上へ向けて引っ張りながら貼り付けます。 反対側も同じぐらいの位置から貼り始め、内側斜め上に引っ張りながら貼り付けます。 下のテーピングの半分ぐらいを覆うように貼りましょう。 これをあと3回繰り返します。 さらに固定する場合は、包帯のように伸縮性があり、マジックテープのように剥がす事が出来るバンデージを使って上から巻き付けることも有効ですよ。 太ももの前側はジャンプなどで肉離れになりやすいのですが、裏側は早い膝の曲げ伸ばしや強く蹴りだす力によって筋線維を傷め、肉離れを起こします。 スポーツでは、サッカー、フットボール、陸上競技の中でも走ることが長時間になる種目が多いと言われているんですよ。 かなりハードなイメージがありますよね。 ここでもテーピングは早く治す為の手段として使われています。 傷ついた筋肉をテーピングによって固定することで、動かしやすく、筋肉の早い修復を助けます。 痛みをかばう変なクセが付かないように動作させることも、テーピングをして肉離れを早く治す目的の一つなんですよ。 ももの裏側なので、基本的に誰かに貼ってもらう方法になります。 ・基本の太ももの裏側へのセルフテーピング 太もも前側の肉離れの時と同様に、足の付け根まで巻き上げる方法ですが、ももの裏側が痛む場合は、巻き付ける時に前に引っ張り、裏側に圧がかかるようにしてください。 参照:バトルウィン 太もものセルフテーピング ・ももの裏側へのXテーピング うつ伏せに寝た状態で、他の人に貼ってもらいます。 痛む部分を中心に20センチほどの長さのテープを足の付け根から膝裏にかけて、縦に1本貼ります。 さらに痛む部分が中心になるように内側から外側に斜めに貼ります。 クロスするように外側から内側に斜めになるように貼ります。 痛みが強いようなら、さらにクロス部分を横にクロスして貼るとより固定度が増します。  参照:バンテリンコーワテーピングテープ「ハムストリング 腿の裏 の痛めた部分をサポート」 ・ももの裏へのYテーピング 1本の長いテーピングに切れ目を入れ貼る方法です。 うつ伏せになり、足の付け根から膝の裏までの長さに切ります。 テープの一方には10センチほどの切れ目を入れます。 痛むほうの足の付け根に切れ目のない方のテープを貼り、膝裏へ向かって引っ張りながら貼ります。 二股に分かれたテープは引っ張りながら膝裏の下まで左右とも貼ります。 e-taping. 筋肉を作るのに需要なのはたんぱく質で、お肉や魚、卵などです。 また、筋肉を滑らかに動かす為に必要な良質なコラーゲンもたんぱく質を摂取することで生成されます。 そして、もう一つ必要な栄養はビタミンCです。 野菜やフルーツなどで摂取できますよね。 ビタミンCには、肉離れでボロボロになった筋線維をまとめる力があります。 最後に重要なのが、マグネシウム。 マグネシウムを多く含むのは、海藻やゴマやアーモンドなどです。 マグネシウムは、筋肉をしなやかに動かし、柔らかくさせる力があります。 筋肉だけでなく骨も強くするので、スポーツのケガには欠かせない栄養素ですよね。 何せお肉は全く食べないんです。 筋肉が付かない、貧血が心配で食べさせようとしますが、余計食事が嫌いになって、悪循環でした。 しかし、納豆だけは違って、自分から進んで食べていたので、お肉を食べなくても筋肉がガッチリついて、運動キッズになりました。 たんぱく質、ビタミンC、マグネシウムを摂取しやすいイメージのある食材だけにとらわれず、食べられるものを楽しく食べることが一番ですよ。 また、ひき肉を砂糖や味噌を使って甘辛く味付けをして、アーモンド等ナッツを加えて混ぜ合わしてもボリューム満点で、意外と食が進みますよ。

次の