卵 料理 お 弁当。 【お弁当の卵おかず5選】レンジやトースターでパパッと簡単に

卵を使った人気レシピ50選!毎日使っても飽きないアイデア料理を作ろう♪

卵 料理 お 弁当

ケチャップライスと合わせればオムライス弁当にも早変わり。 レンジであっという間に出来上がります。 【材料】(1人分) 卵 1個 牛乳 大さじ1 サラダ油 適量 ケチャップ 適量 【作り方】 1. 卵を溶きほぐし、牛乳を加えてよく混ぜ合わせる。 底が深めの耐熱皿にラップを広げ、薄く油を塗り(1)を流し入れる。 このまま500Wのレンジで1分〜1分半加熱する。 レンジから取り出し、熱いうちにラップの端を中央に集めてぎゅっと丸める。 このまま1分〜2分放置し、丸い形に固まったら、おかずカップなどに盛り付ける。 お好みでケチャップをかけて出来上がり。 一口でぱくり!レンジで簡単キッシュのレシピ 本来「キッシュ」とは、パイ生地などを使い、オーブンで焼き上げて作るお料理。 ですがこのレシピは、レンジでチンするだけでとっても簡単!キッシュ風のオシャレなおかずがあっという間に出来上がります。 ほうれん草や小松菜、トマトや玉ねぎなど、具材をたっぷり入れても美味しいですよ。 【材料】(1~2人分) 卵 1個 ハーフベーコン 2枚 塩こしょう 少々 サラダ油 適量 【作り方】 1. ハーフベーコンを1cm幅に切る。 卵を溶きほぐし、(1)と塩こしょうを加えて混ぜる。 耐熱皿の内側に薄くサラダ油を塗り、(2)を流し入れる。 ラップはせずに、500Wのレンジで約1分加熱する。 触れる程度に冷めたらお皿から取り出し、食べやすいサイズに切る。 卵を溶きほぐす。 (1)に細く割いたカニカマ、砂糖、和風顆粒だしを加えて混ぜる。 フライパンに油をひき、中火で温める。 数回に分けて(2)をフライパンに流し入れ、くるくると巻きながら焼く。 全て焼きあがったら、食べやすいサイズに切る。 レンジで簡単!華やかベーコンエッグカップのレシピ お弁当に入れると、まるでお花が咲いたように華やかに!ベーコンと卵の相性もばっちり!カップの大きさにもよりますが、卵1つで2つ分作れます。 【材料】(2人分) 卵 1個 ハーフベーコン 4枚 ミニトマト 2個 【作り方】 1. 卵を溶きほぐす。 おかずカップのフチに添わせるように、ハーフベーコンを置く。 (1)をカップの中に流し入れる。 500Wのレンジで約2分加熱する。 中央にミニトマトを乗せて、出来上がり。 マヨネーズで味付けをすることで、ホワイトソースも必要ありません!トースターで焼くだけの簡単レシピです。 【材料】(2人分) ゆでたまご 1個 ハーフベーコン 2枚 マヨネーズ 大さじ1 細切りチーズ 2つまみ パセリ 少々 【作り方】 1. ゆでたまごを5mm程度の大きさに、ハーフベーコンを1cm幅に切る。 (1)とマヨネーズを混ぜ合わせる。 アルミホイルの上に2等分にこんもり乗せ、細切りチーズをかける。 トースターで6〜7分程度、表面がこんがりするまで焼く。 おかずカップに入れ、パセリをかけて出来上がり。 『卵のおかず』でお弁当を華やかに彩って 忙しい朝はもちろん、あともう1品お弁当のおかずが欲しい時にオススメの『卵のおかず』。 気になるレシピはありましたか? お弁当に入れる時は、必ずしっかり火を通した状態でお弁当箱に入れてくださいね。

次の

卵のレシピ

卵 料理 お 弁当

お弁当に重宝する卵料理は前日に作り置きしても大丈夫? お弁当に入れるの華やかになる黄色の卵料理! でも、毎日作るのは大変だし 作り置きできたら楽になりますよね? でも作り置きできるのか不安になります。 でも、 卵は加熱調理するとその時点から細菌の繁殖が始まります!! お弁当に入れるとなると、食中毒が心配になってきますよね? そうすると冷蔵庫に保存するのは絶対に安全とは言えません。 そしたらどうすればいいの?と思われるでしょう? 冷凍庫で保存する方がより安心できます。 でも、冷凍庫だと味が美味しくなくなるのでは? そんな心配はちょっとした工夫で解決されます。 そのポイントを紹介していきます。 ・卵焼きは良く火を通して焼き上げること(出汁巻たまごは水分が多いでNG) ・焼きあがった卵はお弁当に入れるサイズに切って、冷めたらひとつひとつラップをして冷凍庫で保存 ・お弁当に入れる時は解凍しないでそのまま入れる 私自身、冷凍した卵焼きはレンジで解凍してから入れるイメージがありました。 でもそれだと固くなってしまい味も落ちてしまって美味しくなかったです。 自然解凍の方が味が落ちないで済むのですが その日に作った物よりはやはり味が落ちてしまいます。 でも、 冷凍をするにしても ひと手間加えれば柔らかくフワッとした食感を出す事が出来ます。 それは 卵液の時にマヨネーズと砂糖を混ぜ込む事! ただし、 卵に混ぜる前に調味料をきちんと混ぜてから卵と合わせましょう。 そして 半熟ではなく、きちんと火を通しましょう。 ここで紹介した方法は凍ったまま入れるので保冷剤代わりにもなります。 でも、夏の暑い時期は食べ物も悪くなりやすいので、これで安心とはいかないです。 やはり保冷剤や保冷バックに入れてあげましょう! お弁当に最適な卵料理!アレンジいろいろ 毎回同じ卵焼きばかりだと飽きてしまいます。 そうゆう時にちょっと変えてみて、こんな卵料理はいかがでしょうか? 2色卵焼き 卵焼きなのですが、これは見た目がちょっと変わっているのです! 白と黄色の2色になった卵焼きなのです。 作り方は簡単!最初に黄身を焼いて卵焼きの形を作り、今度は白身を焼いて卵焼きにしていきます。 そうすることで2色になります。 ミンチ入りオムレツ 卵1つで2つのオムレツが作れるレシピです。 材料(6個分) ひき肉 100g ミックスベジタブル 30g 塩コショウ 少々 コンソメ 小さじ1/2 酒 小さじ2 醤油、砂糖 小さじ1 水溶き片栗粉 水小さじ2に対し片栗粉小さじ1/2 卵 3個 牛乳 小さじ3 作り方 1フライパンにミンチを入れて炒めて塩コショウします。 2ミックスベジタブルを加えて、調味料を全部入れます。 3水溶き片栗粉を入れてさらに炒めてとろみを出します。 4卵1つに対して牛乳小さじ1入れてよく混ぜて、熱したフライパンに楕円な2ます。 5半熟のうちに炒めたミンチを1/6ずつ半分側に入れて折りたたみます。 6残りの卵も同様にしてオムレツを作ります。 7熱いうちにラップに乗せて形を整えて完成! 完全に冷めたら冷凍庫で保存も出来ます。 お弁当に入れる時は600w20〜30秒温めて入れてください。 まとめ 毎日のお弁当作りを時短する為に作り置きは便利です。 今回紹介させてもらった方法で保存することが可能です! ぜひ活用してお弁当作りを楽してみましょう。

次の

卵&レンジで簡単に作れるお弁当レシピ19選!子どもが喜ぶごはん、おかず、デザートを厳選

卵 料理 お 弁当

卵焼きは冷凍できる?冷凍できるものとその保存方法 お弁当のおかずに人気の卵焼きですが、実は冷凍保存することも出来るんですよ!ただし、水分の多いだし巻き卵だと、解凍した時に水っぽくなってしまうのでやめておきましょう。 また、冷凍するために卵焼きを作るのでしたら、しっかりと中まで火を通してくださいね。 半熟だと食中毒を発生させることもあるので注意が必要です。 基本的に、卵焼きをはじめ、錦糸卵、オムレツなどは冷凍保存できますよ。 ゆで卵も、丸のままではなく、カットしてあったりほぐしてあればOKです。 ただ、目玉焼きは冷凍すると白身の部分がゴムみたいになってしまうのであまりおすすめは出来ません。 そして、肝心な卵料理の冷凍方法ですが、出来上がったらまず熱を冷ましておき小分けにしてラップで包み、フリーザーバッグに入れて凍らせます。 卵焼きもカットしてからラップして、フリーザーバッグに入れて冷凍すると良いですね。 錦糸卵も1食分ずつに小分けしておきましょう。 これで卵料理の冷凍はOKですよ!卵料理はその都度作ってお弁当に入れないといけないと思ってましたが、これなら作り置きも出来てラク!お弁当に卵料理を入れてほしいというリクエストにも応えられるので、ぜひやってみてください。 超簡単!冷凍した卵料理をお弁当に入れるときは凍ったままでいい!? 冷凍した卵料理は、自然解凍するのがベスト!お弁当に入れるなら、前日に冷蔵庫に移しておいてゆっくり解凍しておくようにしましょう。 もしくは、凍ったままお弁当に入れておけば食べる時には解凍されていますよ。 もちろん、すぐに食べたい時は電子レンジで加熱しても良いでしょう。 ただ、あまり電子レンジで加熱し過ぎると硬くなってボソボソになってしまうこともあるので、様子を見ながら少しずつ温めてくださいね。 そして、1度解凍した卵料理は再度凍らせると味がガクンと落ちます。 また、解凍したらなるべく早め、その日中には食べ切ってしまいましょう。 ちなみに、卵料理は冷凍させると2週間程は保存できますよ。 だいたい卵料理って、冷蔵保存だと2~3日しか持ちませんが、2週間も保存できるならかなり助かります。 これなら週末に1週間分を作り置きして、冷凍しておくというのも出来ますね。 レンジで解凍も出来るから、お弁当だけじゃなく、夕飯のおかずにもう1品欲しい時もすぐに使えて超便利!主婦の強い味方なんじゃないでしょうか? 卵って割と日にち切れになるのが早いけれど、ちゃんと火を通しておけば冷凍しても食中毒になる危険性もないので安心して食べられます。 ただし、夏場のお弁当に卵料理を入れるのでしたら、絶対に保冷バッグ+保冷剤は忘れずに。 お子さんも喜ぶ卵料理は、ぜひ作り置きして冷凍で保存しておきましょう! 卵料理は冷凍できる!お弁当にも最適な冷凍レシピと保存方法まとめ 卵料理の中でも、卵焼き、オムレツ、錦糸卵、ほぐしたりカットしたゆで卵は冷凍保存することが可能。 保存方法は、小分けにしてラップに包みフリーザーバッグに入れて冷凍室へ。 ただし、水分の多いだし巻き卵や目玉焼きなどは冷凍すると美味しさが損なわれるのであまり向いていません。 また、冷凍する卵料理はよく中まで火を通しましょう。 食べる時は自然解凍でOKなので簡単ですね。 しかも冷凍させると2週間は保存できるので、お弁当や副菜に最適!お弁当の準備もかなり時短になるでしょう。

次の