鬼滅の刃面白い画像イラスト。 鬼滅の刃 (きめつのやいば)とは【ピクシブ百科事典】

『鬼滅の刃』は絵が下手でもストーリーが抜群なら超絶面白いことを証明した奇跡の作品である

鬼滅の刃面白い画像イラスト

(鬼滅の刃1巻 吾峠呼世晴/集英社) そこで今回ドル漫では『鬼滅の刃』が面白いのかおすすめなのか考察してみました。 先に結論から個人的な感想を書くと「鬼滅の刃は面白い」と評価してます。 是非当ブログの感想をもとに鬼滅の刃を購入するときの参考にしてください。 あらすじ内容ストーリー解説 まずは『鬼滅の刃』の内容あらすじを解説。 時は大正。 人食い鬼が跋扈する時代。 主人公はそんな時代に生きる 竈門炭治郎(かまど・たんじろう)。 山中で母親や兄弟たちとひっそりと暮らす少年。 生活は貧しく、いつも炭治郎が町で炭を売ったお金で家族を養っていた。 しかし家族とはいつも仲が良く、温かい団らんの光景がそこにはあった。 ただある日、炭売りの仕事から家に戻ると、家族は血まみれ状態で殺されてる光景を目にする。 唯一生き残った妹・禰豆子(ねずこ)を助けようと試みるも、炭治郎は逆に禰豆子に襲われる。 何故なら、 禰豆子は既に「鬼化」していたから。 しかも、そこへ謎の鬼殺隊・冨岡義勇が参上。 本来であれば炭治郎の家族を救おうとしたものの、冨岡義勇がやって来たときには手遅れ状態だった。 しかし鬼を放置する訳にはいかない。 そこで禰豆子の首をはねようとするものの、炭治郎が冨岡義勇を静止。 禰豆子は鬼化しても、以前と同じく大好きな妹に変わりなかったから。 冨岡義勇はそれでも「笑止千万」と炭治郎を捻りつぶす。 でも、そこでとんでもない光景を目にする。 画像は「柱(はしら)」と呼ばれるメンバーの面々。 どれ一つとして同じキャラデザは存在せず、キャラの身長を細かく描き分けてるのも良い。 つまらない漫画はキャラの身長がどれも同じってのが特徴だったりします。 それぞれ良い感じにクセがあって、しっかりキャラのカラーが見えるのもいい。 キャラの役割が明確でわかりやすい。 多すぎず少なすぎずという人数も絶妙。 ムダにゴチャゴチャせず覚えやすい。 そして、しっかり「強い」のがミソ。 やっぱりバトル漫画においてキャラを好きになれるかなれないかは強さ。 強ければ強い分だけカッコイイ見せ場が多くなる。 でも『鬼滅の刃』は味方キャラだけじゃない。 例えば「上弦の鬼」といった敵キャラも魅力的。 そして、やっぱり強い。 読んでて倒しがいがある敵はマンガそのものを面白くしてくれる。 強者と弱者が戦ったところでつまらないですからね。 鬼化したことで小さくなったり大きくなったり、身体のサイズを変えることが可能。 そして禰豆子は戦闘にも参加してくる。 これがまた強いんだ。 禰豆子は守られるだけのヒロインキャラかと思いきや、しっかり主人公・炭治郎の片腕として活躍する。 この兄妹性を超えた「相棒感」みたいなんも面白い。 それだけ鬼滅の刃のキャラ設定に幅が広い証拠ではないか。 あと『鬼滅の刃』はキャラ同士の さり気ないセリフの掛け合いなんかも面白い。 キャラ同士のしょうもないノリなんかも鬼滅の刃では楽しめます。 個人的におすすめキャラは我妻善逸。 ついつい読んじゃう魅力がある。 鬼滅の刃は王道バトル漫画すぎて面白い! 続いての面白いポイントは「ストーリー」。 決して複雑に伏線が仕込まれた物語ではないんですが、だからこそ中身は至ってシンプルで読みやすい。 つまり鬼滅の刃は 「これぞ王道バトル漫画」と呼べるような内容だから面白い。 バトルで話が展開して、バトルでしっかり話の最後を締める。 まさにスポーツ漫画で例えるならまさに「試合」の構図を作れてる。 鬼滅の刃は「ボスを倒す」という目的がストーリーのゴールになってるからこそ、 毎回「勝って終わる」というオチの読後感はスッキリと気持ちいい。 非常に重要な要素ではあるものの、意外とつまらない漫画ほどコレができておらずモヤモヤ感だけが残る。 だから『鬼滅の刃』はバトル漫画としてしっかり面白い。 (鬼滅の刃8巻 吾峠呼世晴/集英社) 『鬼滅の刃』はバトル描写そのものもそつなく上手く、これ自体にしっかり引き込まれる。 またストーリーのムダなクダリはサクッと処理されており、一つ一つの展開も小気味良い。 絵柄こそクセはあるものの、中身はクセがなく一つ一つのバランスは非常に優れており面白い。 さながら鬼滅の刃は『ジョジョシリーズ』に漂うような面白さがあるのではないかとドルジ露瓶尊は考察してみる。 主人公・炭治郎に好感が持てるから面白い ただ『鬼滅の刃』はこれまでの王道バトル漫画では、あまり見られないような「おすすめポイント」もあります。 それが 主人公・竈門炭治郎の「好感度」の高さ。 とにかくめっちゃイイ奴。 『』でも言えますが、主人公が好かれるっていうのは漫画では重要なポイント。 (鬼滅の刃96話 吾峠呼世晴/集英社) そのことが分かるのが自ら倒した鬼に対する対応。 実は、鬼の多くはもともと哀れな人間。 それ故に性格が歪んでおり最期の最期まで醜く生きる鬼が多い中、それに対して炭治郎は慈悲で送り出す。 画像は上弦の鬼の妓夫太郎と堕姫。 人間時代、2人は仲が良かった兄妹。 でも死を前にして醜くいがみ合う。 それに対して炭治郎は「本当は嘘だよ。 そんなこと思ってないよ」と口元に優しくそっと手をやって言葉を遮る。 そして「 君たちのしたことは誰も許してくれない。 味方してくれる人なんていない。 だからせめて二人だけはお互いを罵りあったらだめだ」とさとす。 思わず胸にグッと迫るもんがあると思います。 他にも炭治郎は消え行く鬼に対して、その手を握りながら「神様どうか。 この人が今度生まれてくる時は鬼になんてなりませんように」と天国に送り出す。 消え行く鬼の目には涙がこぼれる。 鬼滅の刃は割と血なまぐさいバトル漫画ではあるものの、この炭治郎というキャラが一服の爽やかな清涼剤として中和してくれてる。 ややもすると女々しいと捉える読者もいそうですが、炭治郎のキャラは良い感じに熱いんだけど暑苦しい程ではない。 だから炭治郎は鼻に付くことはなく、スッと受け止められるキャラに仕上がってる。 お涙頂戴の展開もウザったくならない。 『鬼滅の刃』はバトル漫画でありながら、こういった 「感動できる胸熱感」も筆者はおすすめしてみる。 マンガ「鬼滅の刃」総合評価・口コミ評判レビューまとめ 以上、ドル漫による漫画『鬼滅の刃』のおすすめ考察レビューでした。 一言でまとめるなら、「とりあえず読んでみろ」というバトル漫画。 『鬼滅の刃』は無難に面白いと思います。 パット見の絵柄こそクセはあるものの、痛快なバトル描写、テンポの良い展開、独特の余韻が残る読後感、没入しやすいキャラ設定など、どれをとっても高いレベルで表現されてる。 『鬼滅の刃』はマンガを読み慣れてない初心者でも読みやすく、また大人読者でも割としっかり満足できる面白い内容だとドルジ露瓶尊は評価してみる。 いずれ鬼滅の刃はアニメ化されることでしょう…という筆者ドルジの予感は見事に的中。 やはり予想通り、『鬼滅の刃』は人気漫画に成長しました。

次の

【漫画紹介】鬼滅の刃はどこが面白い?内容あらすじネタバレ感想まとめ【おすすめレビュー】【口コミ評価評判】

鬼滅の刃面白い画像イラスト

吾峠 呼世晴による漫画作品。 「週刊少年ジャンプ」2016年11号より連載中。 既刊5巻。 第70回(2013年4月期)JUMPトレジャー新人漫画賞(審査員:篠原健太)の佳作を受賞した投稿読切『過狩り狩り』が前身となっている。 【ストーリー】 時は大正。 竈門炭治郎は炭を売って生活していたが、ある日家族を襲われてしまう。 さらに唯一生き残った妹・禰豆子も凶悪な鬼と化してしまった。 禰豆子を人間に戻すため2人は旅立った。 「鬼」、それは噂にとどまらず、確かに存在していた。 そしてそのような鬼を狩るべく、人知れず剣を振るって戦う組織「鬼殺隊」もあった。 育手の元で剣術を身につけた炭治郎は、鬼殺隊入隊への最終関門である選別を経て、「鬼殺隊」に入隊する。 宿敵である「鬼舞辻無惨」に辿り着くが取り逃がしてしまうも、医師である鬼「珠世」と知己を得た。 彼女は「鬼を人間に戻す」医療を確立させたいと考えており、炭治郎は鬼の血液を採取することで協力関係を結ぶ。 仲間に我妻善逸、嘴平伊之助も加わり、鬼退治の旅は続く。 産屋敷きりや君がコミケで新刊を落とすコラ ラップする甘露寺 盾効かないガンダム メンタル弱々な冨岡義勇が言いそうな台詞コラ 冨岡義勇、違和感がなさすぎるコラ 冨岡の訃報 義勇「俺…聞いてないよ?」 おはぎをあげる 猗窩座の冷や汗 高級メロン 上弦の壱・黒死牟さん、カラオケコラ 「マスオが柱になってみた」 クソ動画upします。 鬼滅の刃ファンの皆様、大変に申し訳ありません。

次の

【鬼滅の刃】黒死牟の面白いコラ画像まとめ これが上弦の壱の鬼…

鬼滅の刃面白い画像イラスト

これは、。 概要 2016年11号から2020年24号まで連載された。 作者は。 単行本は2020年6月時点で21巻まで刊行されている。 一部海外では『 Demon Slayer: Kimetsu no Yaiba』の題で刊行されている。 大正時代の日本を舞台に、鬼に家族を惨殺された主人公・ が、古より鬼退治を生業とする組織「 」の隊士となり、家族の仇である鬼を討ち、鬼に変えられた妹を人に戻すため、鬼にされながらも人の心を保つ妹・ や仲間と共に、鬼の脅威から人々を守る戦いに身を投じていく。 累計150万部突破記念公式PV 作風 ジャンルとしてはに分類され、ゴシックホラーでは定番の「退治モノ」のフィクション構造をの世界観に落とし込んだものである。 全体を通し流血や部位欠損などハードな描写が多いが、一方でそうした面が敵として登場する鬼の不死性を利用して、のように面白おかしく描かれることもある。 鬼気迫るような場面にも所々に笑いどころが散りばめられており、特にな笑いには定評があり、このギャグセンスは読者によって好き嫌いが分かれる一方で本作の人気の要因にもなっている。 時代設定は物語開始当初より とされ、正確な年代などは明記されていないが、炭治郎が新人隊士の選抜試験である最終選別に参加した際にの台詞から、物語開始時は 大正元年~4年(1912年~1915年)、最終選別以降は 大正3年~6年(1914年~1917年)と推測できる。 当時の世間の情勢として、はにあり、海外では欧州戦争(後の)が開戦していた。 そうした時代背景故、古き良き日本のやが色濃く描かれている側面があり、ファンの一人であるからは「 日本的美学を描いている」と称された。 評価と売上 ストーリーの骨格自体は少年漫画としてオーソドックスなものだが、その絵柄・雰囲気・笑い所などはあらゆる面で独特。 初期のころは重く暗い雰囲気が目立ち、人気は著しくはなくどちらかと言えば「知る人ぞ知る」といった立ち位置だった。 とはいえ、一部同業者には早いうちから注目されていたようで、 などの著名な作家の称賛コメントが単行本の帯に度々載せられていた。 一般読者にも少しずつ人気が出てきたのはとの登場(3巻)ころからである。 国内の累計発行部数は、2019年3月時点で450万部を突破していたが、後述のアニメ放映が話題となり人気・単行本売上が爆発的に急上昇し、完売する書店が続出した。 2020年6月24日に シリーズ累計発行部数が8000万部を突破している。 また、初版発行部数は21巻で コミック歴史2作目となる初版300万部を達成。 さらに2019年11月にオリコン年間コミックランキング 2019の「作品別」では、期間内売上 1205. 8万部を記録してシリーズ初TOP10入りを果たしたうえ、 11年間不動の首位であった「」を抑えて初の1位を獲得する等の様々な記録を成し遂げている。 他にも 2020年1月27日から2月16日までのオリコン週間コミックランキングにおいて史上初となる1位から19位までの全巻独占 通算2回 や、 3週間連続でのTOP10独占を達成 通算5週 し、この期間中に19巻の初週販売部数も 137. 8万部を記録し「ONEPIECE」、「」以来の3作目となる週間売上での100万部突破を達成している。 複数の漫画評論家からも高い評価を得ている。 現代の読者が感情移入しやすく描かれ、独特な言葉選び・台詞回しが絶妙なバランスで、読者に強い読後感と早く続きが読みたいという渇望を与えているとしており、文化が花開いた幻想的で美しい近代日本の設定は、の幻想文学のような空気が漂い華麗で女性ファンも多い理由の一つとされている。 主人公である炭治郎の敵であるはずの鬼に対しても向けられる滅私の優しさは、社会の摩擦を表したような今までの批評には収まらず、イデオロギー 政治・社会思想 を超えたものが感じられるなど、人気の秘訣とされる面が多くの面から語られている。 2020年5月18日発売の週刊少年ジャンプ24号にて4年3ヶ月の連載に幕を降ろす。 同時にの1人であるの外伝が始まる事が決定した。 ストーリー 時は大正。 山中にて炭売りを営む少年・は、母や幼い弟妹達を養いつつ、貧しいながらも平穏な暮らしを送っていた。 だがある日、帰宅した炭治郎が見たものは、無残にも殺された母や弟妹達の姿だった。 かろうじて息のあった妹・を医者に運ぼうとする炭治郎だったが、禰豆子は凶暴な鬼と化して炭治郎に襲い掛かる。 危機をという男に救われた炭治郎は、家族を皆殺しにし、禰豆子をこのような姿に変えたのは「鬼」の仕業だと知らされる。 わずかながら理性を残す禰豆子を元に戻すために、そして家族の仇を討つために、炭治郎の果てなき旅が始まった。 本作は名前が奇抜な人物が多いが、その多くは 実際に存在する苗字であり、本作の特徴の一つとなっている。 主な人物 (ゆしろう) 声: 珠世によって鬼に変えられた少年。 同じく人を喰らうことなく生活している。 珠世のことが大好き。 番外編・スピンオフ 『中高一貫!! キメツ学園物語』 コミックス巻末などに掲載されている、作者自身による。 本編においては、血と涙に濡れた手で刃を振るい合う人と鬼が、割と明るく暢気に日常を過ごしている。 を除いて。 言うなれば、 これは、日本一(善逸に)厳しいである。 因みに本編の最終回は pixivでは 『』でタグ付けされている。 作画担当は。 本編では描かれていなかったエピソードを描いている。 アニメ版の放送開始に合わせ、2019年18号及び19号にて連載された。 詳細はリンク先を参照。 鬼滅の刃本編終了後に掲載を発表されたスピンオフ。 詳細はリンク先を参照。 『きめつのあいま!』 アプリ・Webサイト『』にて連載されたフルカラー4コマ。 全26話。 作画担当はこちらも平野稜二。 アニメ放送後に更新され、該当話の合間? を描く。 公式小説 詳細は「」を参照。 メディアミックス アニメ 2018年6月4日発売の週刊少年ジャンプ27号にてすることが発表された。 アニメーション制作は これに合わせ、公式ウェブサイトではキービジュアル第一弾として、アニメ絵の炭治郎と禰豆子が公開されている。 また、TVアニメ化決定に即して、原作とアニメの情報を一挙に得ることが出来る公式ポータルサイトとTwitterも開設された。 詳細はを参照。 ラジオ アニメ放送に先駆けて始まった公式ラジオチャンネル『鬼滅ラヂヲ』が配信されている。 ラジオは動画としての公式アカウントでも配信している。 舞台 2019年9月30日に舞台「鬼滅の刃」公式Twitterが開設され、2020年1月舞台化することが発表された。 脚本・演出は、で有名な末満健一が、音楽はで有名な和田俊輔が担当する。 詳細はを参照。 ゲーム 2020年3月16日発売の週刊少年ジャンプ2020年16号の誌面にて、 TVアニメ『鬼滅の刃』を原作とする二大ゲーム化プロジェクトが進行中であることが発表された。 『鬼滅の刃 血風剣戟ロワイアル』が向けとして、 『鬼滅の刃 ヒノカミ血風譚』がとして、 前者が2020年に、後者が2021年に両タイトルともより、配信・発売予定である。 発表と同時にゲーム版の公式ポータルサイトと公式Twitterが開設され、作品全体の公式ポータルサイトにはゲームの項目が追加された。 鬼滅の刃 血風剣戟ロワイアル 略称及び公式Twitterのハッシュタグは「キメロワ」。 ジャンルは非対称対戦型サバイバルアクションで、プレイヤーが鬼殺隊と鬼の陣営に分かれて戦う非対称型のマルチプレイゲーム。 鬼殺隊は味方の隊士と協力しながら、鬼の滅殺を目指す。 『血風剣戟ロワイアル』に関しては公式サイト及び公式SNSが開設済みで、ufotable描き下ろしのキービジュアルも公開されている。 鬼滅の刃 ヒノカミ血風譚 プラットフォームは。 ジャンルは鬼殺対戦アクション。 ソシャゲコラボ また、とでコラボイベントが行われ、プレイアブルキャラクターとして炭治郎たちが登場している。 問題点 上記の通り、秀逸なストーリーやアニメのクオリティの高さから爆発的な人気を誇り、社会現象までなった鬼滅の刃だが、その一方でこの 「」と呼ばれる悪質ユーザーが問題になっている。 かなり批判的な内容を扱っている為、詳細はリンク先参照。 『()』 と、 人食い鬼と吸血鬼の設定。 時代設定も近く、吾峠も影響を受けた作品に挙げている• 『』優れた 五感を持つ主人公たち。 食べることで強くなる存在との戦い• 『』・『』 黒い隊服に身を包み 特殊な刀で化け物と戦う• 『』 吸血鬼と鬼の設定。 『(漫画版)』敵のがかつて 転向して寝返った味方の剣士であった事など、基本的なストーリーラインに共通点が多い(ただし原作映画からあったものでコミカライズ版のオリジナル要素ではない)• 『』 人を主食とする喰種、 喰種を狩るCCGと、設定が似ている。 ただ、こちらは が人喰い側になり苦悩することなど本作とは逆な部分が見られる。 『』同時期にアニメ化もされた鬼と戦うジャンプ作品。 こちらの登場人物は鬼滅よりも幼く鬼は 元人間ではなく亜人設定と微妙な違いはあるが、作品同士は比較的相性がよくpixivでコラボした二次創作も多い。

次の