駅 ポスト。 駅ビルにも「減築」の波 倉敷駅は8階建てから3階建てへ|NEWSポストセブン

国内唯一、駅ホームのポスト 秘められた100年の歴史|社会|地域のニュース|京都新聞

駅 ポスト

travel. rakuten. rakuten. travel. rakuten. travel. rakuten. main? rakuten. r10s. jpg.

次の

東京駅赤レンガ駅舎型ポスト

駅 ポスト

概要 [ ] 白ポストは地域により「やぎの箱 」、「ひつじの箱 」、「有害図書回収箱 」、「悪書ポスト 」、「有害図書ポスト 」、「グリーンポスト 」など様々な名前で呼ばれている。 形状も様々で箱型以外に、やぎ・ひつじ型(紙を食べる動物であるため) 、ナナホシテントウ型(益虫であるため) 、円筒型 、埴輪型 などがある。 色も白色に塗装されているもの だけでなく、緑に塗装されているもの もある。 設置主体も地域によって異なる。 地域の「少年センター」「青少年センター」などの条例設置組織が設置しているもの 、教育委員会が設置しているもの 、任意団体が設置しているもの 、などがある。 歴史 [ ] 白ポストが登場したのは、(38年)ににおいて、を白く塗り、有害図書を入れるように設置されたのが最初と見られている。 1950年(昭和25年)頃から日本の業界では『や・』を扱うものが登場するようになり、教育者・青少年の保護者(特にやなどの団体)は「性と暴力の商品化」が顕著になっている事に危機感を覚えて「」を展開、その流れであるとされる。 江戸時代の艶本や、明治時代の錦絵、戦後のなど、悪書と呼ばれる図書は以前からもあったが、大人と子供には明確な境界があり児童に性欲があるとは考えられていなかった。 しかし、1960年代に入ると少年向けマンガ雑誌が次々創刊され、マンガを真似たごっこ遊びが教師や母親の間で懸念されるようになる (1970年頃にはの『』 の影響で「モーレツごっこ」と呼ばれるが小学校で流行し社会問題となった )。 また同時期に、戦後の少子化と3DK以上の住宅の普及から、家庭にが確保されるようになった。 子供部屋は豊かさの象徴でありに備える環境作りでもあったが、子供の遊び場所が外から室内に変化することになり、有害図書が子供部屋に持ち込まれる危険が高まった。 こうして、1960年代中に有害図書を家庭に持ち込まない趣旨で、主に白く塗られた箱型の物が全国的に広まり現在にいたる。 白ポストの設置が始まった時期の有害図書は紙媒体が主流であったが、1980年代のや1990年代のアダルトDVDが登場するとそれらも回収の対象とした。 しかし、大人のマナーの悪さからゴミ箱代わりにゴミを投げ入れられたり、鍵を壊して中の雑誌を盗まれたり等、管理が難しくなっている上、の普及によって、の画像や動画へ容易にアクセスできるようになったため、白ポストは数を減らしている。 一方、内においては2010年代に入り回収数が1万6千から1万7千点ほどに増加するなど、利用件数の増加が見られる地域もある。 脚注 [ ] 注釈 [ ]• 朝日新聞 1966年5月25日 「悪書、家へ持ち込まないで」で、山手線巣鴨駅における「白いポスト」の設置が報じられており、この頃には「目新しく、歓迎すべきもの」であったことがわかる。 出典 [ ]• 町田忍「駅前・森羅万象」『現代風俗 駅前観測 数えてみればこんなに分かる』新宿書房、2009年12月24日、106-108頁。 2006年1月24日• 2009年10月11日• 朝日新聞 東京地方版 : p. 1966年10月1日• 朝日新聞 大分全県版 : p. 2008年4月12日• 毎日新聞 福島地方版. 2006年8月28日• 2015年1月10日時点のよりアーカイブ。 2015年1月10日閲覧。 2013年1月25日時点のよりアーカイブ。 2015年1月10日閲覧。 2015年1月10日時点のよりアーカイブ。 2015年1月10日閲覧。 毎日新聞 東京本社-群馬地方版 : p. 2008年2月3日• withnews編集部. withnews. 2020年6月22日閲覧。 関連項目 [ ]• - 1989年10月21日放送「悪書追放の白ポスト!? 」にて、白ポストが取り上げられた。 ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。

次の

施設概要|横浜市山内図書館

駅 ポスト

JR米原駅西口の白ポスト 、本日は滋賀県米原市、JR米原駅西口の白ポストをご紹介したい。 米原駅は、JR東海の東海道新幹線、JR西日本の東海道本線、琵琶湖線(北陸本線)、そして近江鉄道が発着する滋賀県有数のターミナル駅である。 こちらが、JR米原駅西口の白ポストである。 撮影は2008年。 東口設置タイプと同様で、方形のコンクリート製台座を持ち、支柱は円柱型、ポスト本体はややこぶりの直方体構造となっている。 米原駅西口の白ポスト 左からみるとこんな感じ。 天板部分は前方に向かって緩やかに傾斜している。 庇部分が数センチほど突き出ており、雨水を下方に流してしまう設計なのであろう。 左から見た図 こちらは投函口部分の拡大図。 南京錠による外部施錠タイプである。 投函口部分拡大 後ろから見るとこんな感じ。 背面は至ってシンプルである。 背面図 少し引いた位置からもう一枚。 郵政赤ポストと並んで置かれているのが微笑ましい。 白ポストは放置自転車に囲まれ気味である。 赤ポストと一緒に ストリートビューで見てみるとこんな感じ。 米原駅は2009年に大規模な改築工事を行っており、周辺の様子がかなり変わってしまっているが、白ポストは健在であるようだ。 米原市の白ポスト設置状況 さて、せっかくなので、米原市の白ポスト設置状況を確認してみよう。 米原市内の白ポスト設置状況は、米原市HPの少年センターのページに、以下の記載があった。 白ポストの点検回収(市内駅前6か所に設置) 米原市の鉄道駅は米原駅、醒ケ井駅、近江長岡駅、柏原駅、坂田駅の5つ。 そのうち、米原駅には東西の出口にそれぞれあるので、これで計算は合う。 ということで、お手軽記事で恐縮だが、米原駅以外の4基については、Googleストリートビューでの位置同定を試みた。 マップ化してみるとこのような具合である。 マップ内の番号は、以下の見出しの番号と一致させてある。 1)米原駅東口の白ポスト 在来線や、近江鉄道側の出口である。 駅出口の向かって右側に配置。 米原駅東口の白ポスト 2)米原駅西口の白ポスト 本日ご紹介した案件。 新幹線側の出口にあたる。 高架から降りてきた階段の脇に設置。 米原駅西口の白ポスト 3)醒ヶ井駅の白ポスト 東海道本線、醒ヶ井(さめがい)駅の白ポスト。 駅舎向かって左側。 郵政赤ポストと直角配置になっている。 4)醒ヶ井駅の白ポスト 東海道本線、近江長岡駅の白ポスト。 駅出口向かって右側。 郵政赤ポストとの微妙な距離感が堪らない。 5)柏原駅 東海道本線、柏原駅の白ポスト。 駅出口向かって右側。 電話ボックスを挟んで並び立つ、郵政赤ポストとのコントラストがいい感じである。 6)坂田駅 琵琶湖線(北陸本線)、坂田駅の白ポスト。 立派な駅舎(というか、近江母の郷コミュニティハウス)の向かって左端に設置されているようである。 以上、滋賀県米原市の白ポスト設置状況をお届けした。 コロナ禍で、なかなか外出もままならない昨今だが、いつかはこの目で実物を確認したいものである。 nununi.

次の