キングダム ネタバレ 617。 キングダム「馬南慈は蒙恬に討たれる?」

最新ネタバレ『キングダム』616

キングダム ネタバレ 617

-------------------------------------------------- 余裕がない 蒙恬の一撃が馬南慈の右目を切りつけます! 馬南慈が体を反らし、なんとか直撃は避けるものの、 右目の下から上にかけて血が噴き出します。 そんな蒙恬の攻撃に対して、矛を振り回す馬南慈。 落馬しそうになるほどの体勢だった蒙恬は、馬南慈の矛を交わすために、馬の手綱を引っ張り体勢を立て直しながら交わします。 そして、王翦将軍の前に引き返す蒙恬。 そんな蒙恬の一連の動きに、王翦軍も馬南慈軍も驚きの表情を浮かべます。 すると蒙恬は、 王翦の近衛兵達には馬南慈を討ち取るように、そして他の王翦軍には命を捨ててでも王翦将軍を左に逃がすように指示を出します。 そして、李牧本陣も危ういから、 大将を守り抜いた方が勝ちだ!と周囲を鼓舞します。 それを聞いた傅抵は、だからここで王翦を討ち取るから邪魔をするな!と蒙恬に言います。 李牧本陣から、王翦本陣の様子を窺う李牧。 王翦将軍を討ち取るのに、予定よりも時間がかかっているため、まだ討ち取れないのか!?と厳しい表情を浮かべます。 そして、馬南慈と傅抵に対して、 早く王翦を討ち取らないと、李牧本陣ももう余裕がない!と考えます。 軍師河了貂 李牧本陣めがけて突き進む倉央と糸凌。 次々と敵をなぎ倒していく糸凌に対して、 共伯が止めようと対峙します。 ただ、それでも止まらず糸凌が共伯を押していきます。 そんな糸凌に対して、本当に女か!?と共伯が言います。 すると、 共伯を斬り倒す糸凌。 共伯が討たれたことに、李牧本陣の兵士達が驚愕します。 それを見ていた倉央が、最高の女だよ!と言いながら笑みを浮かべます。 共伯が討たれたのを見ていたカイネは、 自分が刺し違えても止める!と糸凌の元に向かいます! 李牧様には指一本触れさせるものか!と。 李牧の元に共伯が討たれたと報せが届きます。 それを聞いた李牧は、倉央と糸凌の元に雷伯を向かわせるように指示を出します。 それよりも、 問題は左側の飛信隊だ!と考える李牧。 今はなんとか金毛が対応しているが・・・。 飛信隊の攻撃に対して、次々と防衛の対策を指示する金毛。 援軍を送ろうとしますが、すぐに河了貂が対応してくるため、思ったように効果が出ません! 飛信隊で目立っているの間違いなく信であり、バカげた武力が飛信隊を強力部隊にしていると金毛が考えます。 ただ、 それを引き出しているのは信ではなく、軍師の河了貂だと。 河了貂が現場で指揮を取っているため、対応も早いのだ!と考える金毛。 すると、何かに気付いたという表情を浮かべます。 そして、現場に・・・と呟く金毛。 -------------------------------------------------- 窮地に陥る河了貂 趙国のためにムダ死にはするな!と竹進の言葉を思い出します。 そして、覚悟を決めたように拳を握り締める金毛。 すると、 呂森小隊を呼ぶように指示を出し、自ら率いて出陣する!と金毛が言います。 そんな金毛を止める側近達。 ここで諦めては、竹進の死がムダになる!と。 すると、竹進の死をムダにするわけじゃない!と金毛が言います。 俯瞰で全体を見ることが出来るため、自分なら辿り着くことができる!と。 今さらだが、飛信隊の止め方がわかった!と金毛が話します。 離れた所から弓矢を放つ仁。 仁の手は皮もめくれすでにボロボロになっています。 そんな仁の手を心配する弟の淡。 代わりに弓矢を撃つから、少し休むように淡が言います。 そんな淡に、まだ大丈夫だし、 お前は馬しか撃てないだろうと仁が言います。 すると、遠くで動く小隊を見つける仁と淡。 あんな数で上手くすり抜けていくと仁が言います。 河了貂が次の作戦を他の兵士達と話していると、その兵士の頭に突然矢が刺さります! 敵襲!?と驚く河了貂。 飛んできた矢の方向を見てみると、 金毛率いる小隊が河了貂を狙っています。 河了貂を守るため、河了貂の前に立つ兵士達。 そして、河了貂に逃げるように言います。 あたふたする河了貂ですが、指示に従い馬で後方に逃げようとします。 逃げたことで、あれが河了貂だと確信する金毛。 そして、 慶舎と岳嬰のことを思い出し、二人を殺した飛信隊の軍師か!と怒りの表情を浮かべます。 貴様のような小娘が!と。 河了貂に向けて、数本の弓矢が放たれます。 両手を広げ河了貂に当たらないように守ろうとする兵士達。 ただ、一本だけ兵士達の間を弓矢が抜けていき、それが 河了貂の左肩に刺さります。 弓矢が刺さったことで、落馬する河了貂。 そんな河了貂をさらに追い込み、弓矢を放つ金毛達。 まだだ、頭を狙え!と指示を出す金毛。 右手で顔を隠すように河了貂が覆うと、右手の手のひらに弓矢が刺さり弾かれます。 左肩と右手を撃たれた河了貂は、その場から動くことができなくなります。 そんな河了貂に、トドメをさすように金毛が指示を出します。 そして、 金毛の部下が河了貂に近づき槍を突き立てます! 大量の血が空に舞うその結末は…!? -------------------------------------------------- キングダム617話感想考察 今回の最新話は、 予想外の展開も含め大きく状況が動いた回でしたね。 馬南慈に一撃を浴びせた蒙恬が、深追いすることなく王翦の元に戻り、すぐさま全体に指示を出したのには驚きました! それだけ、蒙恬は馬南慈を警戒し力を認めているため、ここで一騎討ちしても厳しいと感じたのでしょうね。 ただ、その後に王翦の目の前で指示を出す姿は、 信や王賁とはまた違ったタイプの武将だと思いました。 逆に李牧本陣では 糸凌が共伯を討ち取るものの、 金毛が河了貂に狙いを定め、自ら小隊を率いてこれを仕留めようと飛信隊は最大の危機を迎えました。 ここにおいて秦軍は王翦の守りに蒙恬・王賁が集い馬南慈・ 傅抵に対峙し、李牧本陣への攻めには 糸凌・信が優位に立つ中、河了貂が金毛に狙われるという構図が出来上がりました。 いずれの軍も総大将の本陣が攻められながら、先に敵の本陣を落とした方が勝ちという流れになりそうです。 武将の個々の力を考えると、王賁が手負いの分だけ秦軍側が不利なようにも感じます。 加えて河了貂が負傷したことで、飛信隊の進撃にも影響が出そうな雰囲気です。 しかし結果としてはこの戦さ、秦軍の勝利で決着する筈ですので、 何をもって李牧が兵を引く決断を行うのかが焦点となりそうだと感じました。 今すぐお得に漫画やアニメ を楽しみたいなら U-NEXTがオススメ!• お得に漫画やアニメを楽しみたい…• 過去の漫画やアニメを一気に見たい…• 仕事や部活、サークル活動などでテレビをタイムリーに見れないので、時間を気にせず好きな番組を見たい… このような悩みを あなたは持っていませんか? かつては私もこのような悩みを持っていて、どうしたら解決できるだろう、どうしたらもっと好きな漫画やアニメを楽しめるだろうと色々思考錯誤していました。

次の

最新ネタバレ『キングダム』616

キングダム ネタバレ 617

大人気春秋戦国時代漫画キングダム616話は冒頭から大ピンチです。 馬南慈 ばなんじ の軍勢に追い立てられた 王翦 おうせん は丘から降りて退路を探すものの退路は馬南慈軍に遮断されていました。 僅か数十騎の手勢で駆け付けた 王賁 おうほん ですが、父王翦からは「理解に苦しむ」と冷たい一言。 そこに 傅抵 ふてい と馬南慈が追い付き、もはや逃げ道もない絶体絶命に追い込まれます。 ところが、そのピンチに左翼の戦場から 蒙恬 もうてん が出撃、馬南慈と傅抵に対抗します。 さて、ここからどうなるのか、キングダム616話を早速考察してみましょう。 キングダムファン向け:キングダムに関する 関連記事: 関連記事: この記事の目次• 1ページ目• 2ページ目• キングダム616話最新ネタバレ「逃げ道なし袋小路の王翦」 王翦の周囲を守る護衛兵は身を挺して退路をつくろうとしますが、すでに馬南慈は完璧に退路を断っていました。 馬ごと体当たりして馬南慈軍の勢いを殺そうと努めますが、その程度では馬南慈軍はビクともしません。 完全に進退窮まり孤立した王翦ですが、そこに必死に駆け付けてきた王賁や 関常 かんじょう 、 番陽 ばんよう が間に合います。 父親の危機に到着した形の王賁ですが、王翦の一言は 「理解に苦しむ、お前がその数で入っても死地は変わらない」という冷たいものでした。 それに対し、王賁のジイの番陽が涙して抗議します。 それをいっちゃあオシマイよ王翦さんよ、若様は自らの心臓が止まりそうなのを推して、ここまでと浪速節を展開しますが確かに王翦の言う通りでしょう。 王賁の援軍が少ないのは、すでに関常が言っていた事で王翦が改めて言うものではありません。 援軍というのは助けるべき対象を救えてこその援軍であり、その算段もつかないようなら、あたら犠牲を増やすばかりと言えます。 今は戦争の総指揮官である王翦はそれを言ったまでで、冷たい対応とは言えないでしょう。 ここでは、番陽の対応の方が非常識であると言っておきます。 キングダム616話最新ネタバレ「傅抵と馬南慈が登場」 王翦と王賁、番陽、関常のいる場所に、傅抵が登場します。 多少数が増えたくらいでは何も変わるものではないと踏んでいるのでしょう。 そして、それに少し遅れて馬南慈も登場してきました。 これは大ピンチです、現在の王翦の部隊に、傅抵と馬南慈の二人を相手できる武将は残っていません。 もっとも、王翦の戦闘力は未知数ですが、彼が無双できるくらいに強いなら本陣から逃げる必要はないので見込み薄でしょう。 馬南慈はしてやったりの表情で「幕だ」と宣言します。 こうなってしまうと、馬南慈を全力でスルーした 段茶 だんさ 将軍の愛すべきトンマさが悔しくてなりません。 でも、段茶を大将代理にしたのも、これまた王翦なので自業自得という事にしかなりませんが・・ キングダム616話最新ネタバレ「地獄で仏、蒙恬登場」 王翦を討とうとする馬南慈に 瀕死 ひんし の体で王賁が立ち向かいますが、そこで傅抵は遠くから聞こえる馬蹄の音を聞きます。 それは、左翼の戦場から馬呈を追いかけてやってきた蒙恬と楽華隊でした。 本来なら李牧の本陣を衝く予定でしたが、王翦の本陣が崩壊しているのを見て、即座にターゲットを変えていたのです。 傅抵は蒙恬の騎兵を見て、さすがに焦り、即座に馬を飛ばして王翦を狙っていきます。 蒙恬は、それを見て間に合わないかも知れないと絶望しますが、賁がそれを目線で制止しました。 (傅抵は俺に任せろ、お前は馬南慈を頼む) これぞアイコンタクトです、翼君と岬君のゴールデンコンビです。 キングダム616話最新ネタバレ「100分の1のチャンス」 王賁に馬南慈を頼むと託された蒙恬ですが、これがかなりのむちゃぶりだとは分かっています。 現在の王賁と馬南慈の力量では、100回やって1回勝てるかどうかというシビアな状況です。 しかし、チャンスはあります、馬南慈は尊大で大雑把な男であり、しかも蒙恬の事を知りません。 優男 やさおとこ が自分に斬り殺されるためにやってくると無意識に手を抜く可能性があります。 (最初の一撃に全てを賭ける、それが失敗すれば負ける) 蒙恬は覚悟して馬南慈に立ち向かいます、そこへ馬南慈の矛の強力な一撃、、これを蒙恬は受け流し落馬しつつ隙の出来た馬南慈の顔に向けて剣を振り下ろしました。 やったかと思いきや、蒙恬の剣は馬南慈の右目を切り裂いただけでした。 うーん、ここで、馬南慈を殺せなかったのは痛い・・ だって怒り狂った馬南慈の逆襲が目に見えるじゃあないですか? 煽り:傅抵と馬南慈によって、完全に追い詰められたかに見えた王翦に対し、救いの神になった形の蒙恬。 しかし、馬南慈と蒙恬の力量差は歴然、捨て身の一撃で馬南慈の右目を切り裂いたものの、殺す事は出来なかった。 傅抵だけならなんとかなりそうだが、馬南慈が生きている間は王翦のピンチは去らない。 来週はどうなるのだろうか?以下、617話に続く・・ 【次のページに続きます】.

次の

キングダム617話確定ネタバレと618話 共伯死亡!河了貂も死亡直前!糸凌が李牧に迫る!?

キングダム ネタバレ 617

【 キングダム 617話 あらすじ・ネタバレ 】 疾風の如く現れた蒙恬と楽華隊。 王翦を守らんと馬南慈に勝負を挑んだ蒙恬決死の一撃は!? 【 朱海平原十五日目・中央の戦い 】 王翦のピンチに駆けつけた蒙恬は馬南慈と激突。 馬南慈の一撃をいなし、渾身の突きを繰り出した蒙恬。 その刃は馬南慈の顔面を鋭くなぞり上げ右目を破壊! それでもなお動きを止めない馬南慈は返す刀で矛を振り下ろす! 蒙恬はその動きすら捕捉し、馬を巧みに操って馬南慈の一撃を回避! そのまま王翦の前に! この一連の素早い動きに敵も味方も呆気にとられ、開いた口がふさがりません。 蒙恬は王翦の近衛兵に馬南慈軍を迎撃し弱体化を命じ、他の兵には傅抵隊を抑えつつ王翦を左へ逃がすように指示。 「李牧本陣も危うい、大将を守りきった方が勝つぞ!」 オオオオオ! 蒙恬の登場により士気の上がる秦兵たち。 一方、李牧は未だ王翦を討ち取った気配が敵本陣に無いことに焦りを感じていました。 早く王翦を討たねばこちらの被害が大きくなるばかり… その李牧がいるすぐ近くでは趙の共伯と秦の糸凌が一騎打ちを展開。 糸凌の二刀を防ぐのが精一杯の共伯は思わず呟きます。 「きっ 貴様、本当に女かっ」 笑みを浮かべる糸凌。 ドン 先ほどの呟きが今際の言葉となった共伯。 横の戦場で共伯が討たれたことを知ったカイネは糸凌隊を止めるべく移動を開始。 「私が刺し違えてでも あの大女を止める!」 カイネ隊は糸凌隊に突撃! 李牧本陣にも共伯討たれるの報せが入ります。 さらに左翼で飛信隊を相手に粘りを見せていた金毛軍も限界が近いとの報せ。 李牧の顔に焦りが見えます。 本陣左側で飛信隊を相手に指揮を執る金毛。 自分の繰り出す戦術をことごとく潰されていました。 金毛はそれが軍師・河了貂による現場指揮能力の高さによるものであることを今更ながら痛感。 ! ここで金毛は気が付きます。 だったら河了貂を討てばいいじゃん! 現場(戦場)に出て来てるじゃん!と。 金毛は弓騎兵の呂森小隊を呼び寄せ、部下に自らが小隊を率いて出る事を告げます。 部下は金毛がやけになって突撃を敢行するものと勘違い。 「竹進殿の死がムダになってしまうからおやめ下さい!」 金毛はムダになどせぬと言い切ります。 「俺も李牧様も絶対に死なぬ!趙国の柱として死ぬわけにはいかぬ」 金毛は軍師・河了貂さえ討てればと考えました。 しかし河了貂は飛信隊の後方で指示を出しているはず。 普通ならばそこまでたどり着くには前線を突破しなければなりません。 しかし、金毛は戦場の動きを俯瞰でとらえることができたのです。 小隊で乱戦の合間をすり抜け、河了貂まで辿り着きこれをを討つ。 金毛は小隊を率い戦場に出ます。 飛信隊弓矢隊の弓矢兄弟が遠目に金毛の小隊に気が付きます。 「あんな数でうまくすり抜けていく…」 その頃 河了貂は数騎の護衛兼伝令の兵に囲まれ状況判断に追われていました。 ドン 突然 河了貂の横にいた護衛が頭を射抜かれてしまいます。 撃ったのは金毛の弓騎兵小隊! 河了貂たちの右横から猛烈な勢いで迫って来ます。 全く予期していなかった河了貂たちは驚愕! 護衛たちは河了貂を守るため金毛軍を迎撃に出ます。 「とにかく河了貂は逃げろ!行け河了貂!」 後ろ髪を引かれる思いで逃げる河了貂。 金毛はその目に河了貂を捕らえ恨みつらみが爆発! 「貴様が慶舎様と岳嬰を!貴様のような小娘がっ!!] 護衛の囲みから出て逃げる河了貂! しかし囲みから出たことで逆に狙いやすくなってしまいます。 ドン 弓騎兵の放った矢が河了貂の左肩を貫通! 河了貂は落馬! 金毛が怒鳴ります。 「まだだ!頭を狙え!」 そのでかい声を聞いた河了貂は咄嗟に右手を顔の前に! ドン 射抜かれる右手! 間髪入れず動けない河了貂に今度は騎兵が襲い掛かる! ドン キングダム 第617話 END 【 キングダム 617話感想と618話考察 】 蒙恬非力だけどカッコイイ~! やることなす事いちいちスマートぉ~! 無骨なジジイや力押しが好きな方にはもの足りなく思えるでしょうけれど、非力には非力の戦い方があるってもんです。 どうやら次の相手は厄介な主要脇キャラのカイネっぽいです。 「李牧様すごい…」 って李牧の起こすアクションにいちいちコメントを残す役目がカイネ。 となると糸凌の本当の敵は原先生です。 なんせカイネの数万倍以上は李牧のことが大好き。 李牧を称える無垢キャラのカイネをここで死なすわけがありません。 糸凌には雷伯の相手でもしてもらって、倉央が代わりにカイネと戦って欲しいですね。 そうなったら…もちろんカイネを応援します。 糸凌ファンの方ならこの気持ちわかって頂けるでしょう。 しかも声に出して部下に言っちゃうんですから。 さらに李牧同様に自分は趙の柱とかのたまっちゃいますからね。 もぉ可愛いったらありゃしない。 今回あのオデコと髪型が意図的にカットされて描かれています。 それはオデコと髪型を描くと完全に面白場面になってしまうからでしょう。 ただでさえアホっぽい場面ですからね。 原先生の苦悩が窺えますw 【 河了貂が! 】 驚きました。 河了貂を本格的に追い詰めないというのはキングダムの裏ルールだと思っていました。 この朱海平原でも趙峩龍が別動隊で河了貂のいる本陣を云々て話がありましたけど何も波風たちませんでしたし… それが今回、肩と手を射抜かれてしまいましたからね。 騎兵が襲い掛かるところで今回終わりましたけど、どうなるんでしょう。 弓矢兄弟の仁が助けるのか、淡が助けるのか… いずれにせよ驚異的な弓矢の腕で河了貂を救うのでしょう。 そして面白キャラである金毛も撃たれるのかもしれません。 なんせ絶対に死なんとか言っていましたから… おびき出され出て来た慶舎を思い出します。 【 まさかの亜光は? 】 このままでは亜光の出番はおろか玉鳳が来るまでもなく王翦は避難してしまいそうです。 馬南慈は片目を潰された以上、適切な遠近感を掴むのに手こずるはずですし、傅抵と蒙恬はタイプが似ていますので打ち合いは長引いてしまうでしょう。 となると、とりあえず王翦の危機は去ったともいえます。 あれ? 亜光将軍は? 個人的には亜光に馬南慈を討ってもらいたかったのですが… 世代交代戦でもある戦いですからそれは無理のようですね。 さすがに諦めがはいってきました。

次の