探索 する 獣。 MTGの調べ: 環境に忍び寄る《探索する獣》の影

探索(基礎情報)

探索 する 獣

礼装で被ダメージをカットすれば、通常攻撃のダメージを極小にできるため、回復が間に合う。 攻略のポイント 玉藻の前(キャラスター)を単騎で戦わせる場合は、宝具と第3スキルの回復量が被ダメージや呪いダメージを上回ればクリアーできる。 ただし、玉藻の前+ルームガーダーだけでは敵の行動パターンによっては呪いダメージによってジリ貧になってしまうため、コマンドコードで勝率を底上げしてやるとよい。 2nd:アスクレピオス 宝石剣ゼルレッチ• 3rd:マーリン フレンド 愛玩の獣に対して防御等倍のアステリオス(さらに攻撃有利)、アスクレピオス、フレンドマーリンの3騎であれば、危なげなく勝利可能。 上記の画像では、3ゲージ目でパーティが瓦解してしまった時のために、念のためアンデルセン(回復+スター供給)、パリス(3ゲージ目の12万ガッツ解除+急所特攻)、マシュ(新スキルによるバスター攻撃)を編成している。 なお、新宿のアヴェンジャーを持っているならば、アステリオスと交換することで簡単にクリアーできる。 ONILANDに参加したマスターの場合は、配布サーヴァントの中で最適解となる酒呑童子(キャスター)をパーティに入れよう。 アステリオスのスキルとマーリンの英雄作成を組み合わせれば、一撃で10万以上のダメージを出せる。 愛玩の獣戦の基本情報 クラス相性が特殊 愛玩の獣戦では、いつものクラス相性が存在しない。 ヒト科か、魔獣型サーヴァントかで相性が変化する。 愛玩の獣を相手に攻撃有利となるサーヴァントは以下の通り。 玉藻の前(ランサー) オススメ• 玉藻の前(キャスター)• タマモキャット• ゴルゴーン• 新宿のアヴェンジャー オススメ• 赤兎馬• アステリオス 攻撃有利で単体宝具を持っているのは玉藻の前(ランサー)と新宿のアヴェンジャーだけなので、基本的にはこの2騎をアタッカーとして採用すると楽に戦える。 また、魔獣型サーヴァント以外にもキャスタークラスは防御等倍となる。 防御等倍であれば被ダメージは大きくないので、回復役のキャスターを編成すると比較的安定する。 特攻も有効 愛玩の獣は弱点が多く存在する。 玉藻の前(ランサー)や新宿のアヴェンジャーを持っていない場合は、特攻などで攻めるとよい。 【有効な特攻】• 超巨大• 女性 女性特攻宝具を持つジャック・ザ・リッパーは強化解除スキルを所持しているため、HP最終ゲージで一騎打ちになれば問題なく勝てるだろう。 また、神性特性持ちを確実にスタンでき、耐久力も高いエルキドゥは今回のアタッカーとして優秀。 パーティ編成例(2)のアタッカーとして採用するのも有効だ。 愛玩の獣のステータスや行動 【HP】• 1ゲージ目:166382• 2ゲージ目:193218• 3ゲージ目:214686• 4ゲージ目:236155 【戦闘開始時スキル】• 〔ヒト科のサーヴァント〕に対して攻撃相性有利 永続・解除不可)• 〔魔獣型のサーヴァント〕に対して防御不利 永続・解除不可)• 宝具攻撃耐性 3T・解除不可• クリティカル攻撃耐性 3T・解除不可• 毎ターンチャージ1増加 3T・解除可能• クリティカル発生率アップ 3T・解除可能• 無敵 1T・解除可能• プレイヤー側全体の攻撃力ダウン 3T・解除可能 戦闘開始から3ターンは宝具攻撃に対して耐性を持っているので、通常攻撃で攻めるとよい。 【攻撃方法】• 通常攻撃:全体• クリティカル攻撃:単体• チャージ攻撃:全体&厄災付与 3T・解除可能 【使用スキル】• プレイヤー側全体に恐怖状態 毎ターン確率で1度だけスタン 付与 3T・解除可能 +死亡時に愛玩の獣の攻撃力をアップ 3T &HPを5万回復する状態を付与 3T・解除不可• プレイヤー側全体に呪い付与 10T・400ダメージ・解除可能• 自身に確率で回避状態 5回・2T・解除可能 付与&クリティカル発生率アップ 1T 【1ゲージ目ブレイク時の行動】• 自身のクリティカル威力をアップ 3T・解除可能• &チャージを最大まで増加• +プレイヤー側全体の防御力をダウン 3T・解除可能• &プレイヤー側全体のスター発生率をダウン 3T・解除可能 【2ゲージ目ブレイク時の行動】• 自身のチャージを1減少• &防御力ダウン 3T• &スタン付与 1T• +プレイヤー側全体の攻撃力をアップ 3T• &プレイヤー側全体の弱体を1つ解除• &プレイヤー側全体のHPを2000回復 【3ゲージ目ブレイク時の行動】• 自身の攻撃力をアップ 3T・解除可能• &弱体状態への攻撃威力をアップ 3T・解除可能• &チャージ1増加&ガッツ付与 1回・回復量12万・解除可能• &毎ターンHP5000回復 5T・解除可能.

次の

探索(基礎情報)

探索 する 獣

2 緑 緑 伝説のクリーチャー — ビースト Beast 警戒、接死、速攻 探索する獣は、パワーが2以下のクリーチャーによってはブロックされない。 あなたがコントロールしているクリーチャーが与える戦闘ダメージは軽減できない。 探索する獣が対戦相手1人に戦闘ダメージを与えるたび、そのプレイヤーがコントロールしているプレインズウォーカー1体を対象とする。 これはそれに、その点数に等しい点数のダメージを与える。 、、、、無視、のにもダメージを与えると、6つものメリット能力を兼ね備えたすさまじいスペックを持つ。 標準以上のと速攻・威圧・プレインズウォーカーへの「同時攻撃」能力により、ダメージレースを大きく傾ける力を持つ。 能力によりや系にも止められず、警戒と接死により守りに回っても盤石である。 を持たない事は弱点だが、出たターンに速攻を活かしたを行う事さえできれば最低限による相打ちは狙えるため、何もせずに退場ということにはなりにくい。 ラインのも、低マナ接死持ちや軽量に止められないため上記の戦闘能力を盤石にしている。 があるため4枚積みを躊躇うプレイヤーもいるが、「に残っているなら速やかに勝ちに近づくし、除去された時もすぐ二枚目を出して4点を重ねたい」という考えから4枚フル搭載も見られる。 はもとより、系デッキが相手ののライフを削りきる打撃力を得たい時の要員としてや、が主力で本来4マナ以上のクリーチャーと相性が悪いにおいても4枚搭載されるほど。 総合すると、入りでクリーチャー戦やを勝ち筋の主体とするデッキであれば関係なしにほぼ噛み合う存在。 同時にこのカードの接死に仕事をさせずに処理できるもを中心に評価を上げる事になった。 しかし後は食物デッキのが増え、意地悪な狼や、への相性が悪いこのカードはやや採用枚数を落とすことになった。 王冠泥棒、オーコの禁止後はそのカードパワーを発揮できるようになり、のやのに採用される。 でも強力無比で、低の接死持ちによる相打ちやによる時間稼ぎを許さず確実に相手を追い込んでくれる。 プレインズウォーカーだけにダメージを与えるを持つ初のカード。 「」効果を自軍クリーチャーにのみ適用するという珍しいカード。 などと併用することで、的な運用も可能。 3つの頭を持ち、1つは怒り、1つは厳かで、1つは笑っているとされる。 モチーフは、に登場するだろう。 元ネタではアーサー王が自分の姉と知らずに子を成した凶兆として夢の中に表れた獣であるが、エルドレインでの探索する獣は実在し人間を導く存在であるようだ。 についても、元ネタは古英語から訳されるにあたり「猟犬が獲物を追って唸る」の意味から「唸る」と訳されたが、ではそれを捻って探索を与える存在として登場させている(日本以外の各言語でも探索の意味で訳されている)。

次の

探索する獣/Questing Beast 【日本語版】 [ELD

探索 する 獣

礼装で被ダメージをカットすれば、通常攻撃のダメージを極小にできるため、回復が間に合う。 攻略のポイント 玉藻の前(キャラスター)を単騎で戦わせる場合は、宝具と第3スキルの回復量が被ダメージや呪いダメージを上回ればクリアーできる。 ただし、玉藻の前+ルームガーダーだけでは敵の行動パターンによっては呪いダメージによってジリ貧になってしまうため、コマンドコードで勝率を底上げしてやるとよい。 2nd:アスクレピオス 宝石剣ゼルレッチ• 3rd:マーリン フレンド 愛玩の獣に対して防御等倍のアステリオス(さらに攻撃有利)、アスクレピオス、フレンドマーリンの3騎であれば、危なげなく勝利可能。 上記の画像では、3ゲージ目でパーティが瓦解してしまった時のために、念のためアンデルセン(回復+スター供給)、パリス(3ゲージ目の12万ガッツ解除+急所特攻)、マシュ(新スキルによるバスター攻撃)を編成している。 なお、新宿のアヴェンジャーを持っているならば、アステリオスと交換することで簡単にクリアーできる。 ONILANDに参加したマスターの場合は、配布サーヴァントの中で最適解となる酒呑童子(キャスター)をパーティに入れよう。 アステリオスのスキルとマーリンの英雄作成を組み合わせれば、一撃で10万以上のダメージを出せる。 愛玩の獣戦の基本情報 クラス相性が特殊 愛玩の獣戦では、いつものクラス相性が存在しない。 ヒト科か、魔獣型サーヴァントかで相性が変化する。 愛玩の獣を相手に攻撃有利となるサーヴァントは以下の通り。 玉藻の前(ランサー) オススメ• 玉藻の前(キャスター)• タマモキャット• ゴルゴーン• 新宿のアヴェンジャー オススメ• 赤兎馬• アステリオス 攻撃有利で単体宝具を持っているのは玉藻の前(ランサー)と新宿のアヴェンジャーだけなので、基本的にはこの2騎をアタッカーとして採用すると楽に戦える。 また、魔獣型サーヴァント以外にもキャスタークラスは防御等倍となる。 防御等倍であれば被ダメージは大きくないので、回復役のキャスターを編成すると比較的安定する。 特攻も有効 愛玩の獣は弱点が多く存在する。 玉藻の前(ランサー)や新宿のアヴェンジャーを持っていない場合は、特攻などで攻めるとよい。 【有効な特攻】• 超巨大• 女性 女性特攻宝具を持つジャック・ザ・リッパーは強化解除スキルを所持しているため、HP最終ゲージで一騎打ちになれば問題なく勝てるだろう。 また、神性特性持ちを確実にスタンでき、耐久力も高いエルキドゥは今回のアタッカーとして優秀。 パーティ編成例(2)のアタッカーとして採用するのも有効だ。 愛玩の獣のステータスや行動 【HP】• 1ゲージ目:166382• 2ゲージ目:193218• 3ゲージ目:214686• 4ゲージ目:236155 【戦闘開始時スキル】• 〔ヒト科のサーヴァント〕に対して攻撃相性有利 永続・解除不可)• 〔魔獣型のサーヴァント〕に対して防御不利 永続・解除不可)• 宝具攻撃耐性 3T・解除不可• クリティカル攻撃耐性 3T・解除不可• 毎ターンチャージ1増加 3T・解除可能• クリティカル発生率アップ 3T・解除可能• 無敵 1T・解除可能• プレイヤー側全体の攻撃力ダウン 3T・解除可能 戦闘開始から3ターンは宝具攻撃に対して耐性を持っているので、通常攻撃で攻めるとよい。 【攻撃方法】• 通常攻撃:全体• クリティカル攻撃:単体• チャージ攻撃:全体&厄災付与 3T・解除可能 【使用スキル】• プレイヤー側全体に恐怖状態 毎ターン確率で1度だけスタン 付与 3T・解除可能 +死亡時に愛玩の獣の攻撃力をアップ 3T &HPを5万回復する状態を付与 3T・解除不可• プレイヤー側全体に呪い付与 10T・400ダメージ・解除可能• 自身に確率で回避状態 5回・2T・解除可能 付与&クリティカル発生率アップ 1T 【1ゲージ目ブレイク時の行動】• 自身のクリティカル威力をアップ 3T・解除可能• &チャージを最大まで増加• +プレイヤー側全体の防御力をダウン 3T・解除可能• &プレイヤー側全体のスター発生率をダウン 3T・解除可能 【2ゲージ目ブレイク時の行動】• 自身のチャージを1減少• &防御力ダウン 3T• &スタン付与 1T• +プレイヤー側全体の攻撃力をアップ 3T• &プレイヤー側全体の弱体を1つ解除• &プレイヤー側全体のHPを2000回復 【3ゲージ目ブレイク時の行動】• 自身の攻撃力をアップ 3T・解除可能• &弱体状態への攻撃威力をアップ 3T・解除可能• &チャージ1増加&ガッツ付与 1回・回復量12万・解除可能• &毎ターンHP5000回復 5T・解除可能.

次の