もずく 丼 沖縄。 すき家「沖縄もずく牛丼」メガを賞味~

水産加工品の紹介

もずく 丼 沖縄

水産会社や物流センターが立ち並ぶ工業地帯の一角に、琉球石灰岩を外壁一面に張り付けたオシャレな外観の「糸満漁民食堂」があります。 琉球石灰岩は、グスク(お城)建設の際にも用いられた海中のサンゴや貝殻などが堆積してできた岩。 クラシカルとモダンが調和したこちらの建物は「GOOD DESIGN AWARD 」や「JDCデザインアワード(社団法人日本商環境設計家協会)」 などを受賞しています! オーナー玉城弘康さんの祖父は漁師、そしてご実家は糸満市内で鮮魚店を営んでいるとのことで、昔から魚に興味があった玉城さん。 「糸満の食文化である魚料理を多くの方に伝えていけたら」という思いから2013年に糸満漁民食堂をオープンさせました。 沖縄の伝統料理を現代風にアレンジしたメニューはどれも美味しそうですが、中でも人気があるのは「土鍋で食べる魚汁(さかなじる)定食」。 魚を贅沢に使った魚汁は地元の野菜も入って栄養満点! 土鍋で提供しているのは「お客さんが食べ終わるまで温かい状態を保ちたい」という理由からだそう。 そしてもう1つ、こちらの「本日イマイユ(沖縄方言で新鮮な魚)のバター焼き」はサッと素揚げした白身の魚をバターソテーにし、アーサ(沖縄の海藻)ソースをかけたもの。 地元の人だけでなく観光客からも喜ばれているメニューです。 近くの市場で毎朝仕入れる新鮮な県産魚をその日のうちに調理するため、メニューは日によっても変わります。 店員さんにお薦めを聞いてから決めるのも良さそうですね。 糸満公設市場内にお店を構える「まちぐゎーcafe naminami」はオープンしてから9年が経ち、すっかり市場の雰囲気に溶け込んでいます。 そして近所のおじぃやおばぁ、小さな子連れのママ、そして市場の人にとっても大切な場所となっています。 毎日市場に届けられる新鮮食材で作った日替わりランチは「沖縄県産お肉」「近海お魚」「生マグロ」、そして全部盛りの 「naminami」の4種類から選ぶことができます。 そのすべてに野菜たっぷりの5種類の副菜とスープ、玄米、ドリンク、食後には自家製ジェラートがつくというなんとも贅沢な内容です! 体も心も満足するランチ。 お昼になるとお客さんがひっきりなしに来店する理由が分かりますね。 神々が住むといわれているこの島は、昔から漁師町としても知られています。 そんな島の一角に、多くの漁師や釣り人たちが利用する「丸吉食品」があります。 地元の海産物を使った魚定食は鮮度抜群、そしてボリュームがあり人気です。 そしてもう1つ、忘れてはいけないのが……浜比嘉島の特産品である「もずく」を使った「もずくコロッケ」。 食感が残るようあえて粒を残したままのじゃがいもと、豊かな磯の香りが広がるもずくの絶妙なバランスは、一度食べると忘れられない美味しさです。 注文してから揚げてくれるのも嬉しいポイント!テイクアウトも可能なので、ドライブのお供にいかがですか?.

次の

海人自慢のもずく丼 180g×5袋 朝だ!生です旅サラダで紹介 沖縄県読谷村 ご当地グルメ 沖縄 人気 定番 ご飯 土産 送料無料 :OKHM

もずく 丼 沖縄

水産会社や物流センターが立ち並ぶ工業地帯の一角に、琉球石灰岩を外壁一面に張り付けたオシャレな外観の「糸満漁民食堂」があります。 琉球石灰岩は、グスク(お城)建設の際にも用いられた海中のサンゴや貝殻などが堆積してできた岩。 クラシカルとモダンが調和したこちらの建物は「GOOD DESIGN AWARD 」や「JDCデザインアワード(社団法人日本商環境設計家協会)」 などを受賞しています! オーナー玉城弘康さんの祖父は漁師、そしてご実家は糸満市内で鮮魚店を営んでいるとのことで、昔から魚に興味があった玉城さん。 「糸満の食文化である魚料理を多くの方に伝えていけたら」という思いから2013年に糸満漁民食堂をオープンさせました。 沖縄の伝統料理を現代風にアレンジしたメニューはどれも美味しそうですが、中でも人気があるのは「土鍋で食べる魚汁(さかなじる)定食」。 魚を贅沢に使った魚汁は地元の野菜も入って栄養満点! 土鍋で提供しているのは「お客さんが食べ終わるまで温かい状態を保ちたい」という理由からだそう。 そしてもう1つ、こちらの「本日イマイユ(沖縄方言で新鮮な魚)のバター焼き」はサッと素揚げした白身の魚をバターソテーにし、アーサ(沖縄の海藻)ソースをかけたもの。 地元の人だけでなく観光客からも喜ばれているメニューです。 近くの市場で毎朝仕入れる新鮮な県産魚をその日のうちに調理するため、メニューは日によっても変わります。 店員さんにお薦めを聞いてから決めるのも良さそうですね。 糸満公設市場内にお店を構える「まちぐゎーcafe naminami」はオープンしてから9年が経ち、すっかり市場の雰囲気に溶け込んでいます。 そして近所のおじぃやおばぁ、小さな子連れのママ、そして市場の人にとっても大切な場所となっています。 毎日市場に届けられる新鮮食材で作った日替わりランチは「沖縄県産お肉」「近海お魚」「生マグロ」、そして全部盛りの 「naminami」の4種類から選ぶことができます。 そのすべてに野菜たっぷりの5種類の副菜とスープ、玄米、ドリンク、食後には自家製ジェラートがつくというなんとも贅沢な内容です! 体も心も満足するランチ。 お昼になるとお客さんがひっきりなしに来店する理由が分かりますね。 神々が住むといわれているこの島は、昔から漁師町としても知られています。 そんな島の一角に、多くの漁師や釣り人たちが利用する「丸吉食品」があります。 地元の海産物を使った魚定食は鮮度抜群、そしてボリュームがあり人気です。 そしてもう1つ、忘れてはいけないのが……浜比嘉島の特産品である「もずく」を使った「もずくコロッケ」。 食感が残るようあえて粒を残したままのじゃがいもと、豊かな磯の香りが広がるもずくの絶妙なバランスは、一度食べると忘れられない美味しさです。 注文してから揚げてくれるのも嬉しいポイント!テイクアウトも可能なので、ドライブのお供にいかがですか?.

次の

沖縄の学校給食で人気のもずく丼を旅サラダ・小西陸斗が絶賛!

もずく 丼 沖縄

海人食堂(うみんちゅしょくどう) 海人食堂の場所 読谷村都屋の都屋漁港内にある海人食堂。 近くには「トリイステーション」という米軍施設があり、都屋漁港周辺は外国人住宅を改装したカフェや地元の人たちに愛される昔ながらの商店などが並んでいます。 周辺道路は非常に狭いので、ゆっくり安全運転で通ってくださいね。 都屋漁港 読谷沖の海に定置網を設置しており、美ら海水族館のジンベイザメもここの定置網で捕獲されたものです。 また、都屋漁港沖ではジンベイザメを見学できる体験ダイビングや一緒に泳げるファンダイビング(ライセンスお持ちの方のみ)などのツアーも開催されています。 (2018年台風24号の影響で網が破れジンベイザメは現在いないので、ツアーは休止中です。 再開されたら改めて書き直します。 ) 漁協のセリは平日午前10時から行われており、仲買人(セリに参加する人の意)は県内各地から来ています。 魚の流通先として一番多いのは県内の大手スーパーです。 スーパーを覘くと都屋漁港でセリにかけられた魚が売られているかもしれませんね。 いゆの店(漁港内の鮮魚直売店)・海人食堂(1階のテラス席) セリが終わってからオープンする いゆの店では、その日上がった新鮮な魚の刺身や煮付けなどの調理済みのものや、調理前の美味しそうな魚介類などを販売しています。 そして、その新鮮な魚介類を調理してくれてすぐに食べられるのが 海人食堂です。 海人食堂では、いゆの店の2階のレストランコーナーや1階のテラス席で食事を楽しむことができます。 お持ち帰りにも対応してくれますので、持ち帰って景色のいい場所やホテル・自宅でゆっくりいただくこともできます。 山盛りのイカ! イカの量が半端なかったのです! 食べても食べてもなくならないイカの量ならば安いくらいだと思いました。 イカスミ汁を食べた後、人によってはお腹が緩くなることがあります。 翌日のお手洗いで驚くことになるかも知れませんが、それはイカスミが原因の場合がほとんどです。 まとめ• 海人食堂は都屋漁港内にあります。 周辺は道路が狭いのでより安全に注意してくださいね。 平日午前10時からセリが行われており、漁港内のいゆの店で刺身などを購入することができます。 海人食堂は2階のレストランでも食べることができますが、僕は1階のテラス席が好きです。 (2階にもテラス席ありました)• もずくのてんぷらはぜひ一度食べてみてください。 海人食堂にはイカスミ汁だけでなく、その日とれた新鮮な魚を使ったメニューがたくさんあります。 マグロはやっぱり美味しい!!•

次の