絆2 設定5 特徴。 絆設定2

バジリスク絆2 設定示唆演出と設定推測/設定差

絆2 設定5 特徴

設定5はAT当選率は設定4・6に劣りますが、ATが伸びやすい仕様になっています。 天膳BCのループ率示唆で設定判別 天膳BC中のベルでの告知はループ率を示唆しています。 このループ率の示唆で設定の奇数偶数や高設定の判別が出来ます。 この告知タイミングで偶数・奇数を判別できます。 なんて思ってるとあっさり終了したところで終了しました。 ノリ打ちでしたが一人当たり3000枚以上プラスの大満足の結果で終了でした。 感想・まとめ 初めてまともに設定5を打ちましたがやはりAT性能が高いですね。 さらに初期ストック当選時の複数当選にもかなり期待できます。 BT当選時の開幕ワイルドアイズがこの日2回もありました。 絆高確は点灯しやすいしかなり単発率が低いのが印象的ですね。 途中から弦之介BCに切り替えてましたが結局6ベルは出ませんでしね。 以上、バジリスク絆 設定5の特徴と設定5稼働実践でした!.

次の

【バジリスク絆2】設定4以上の456撃破した挙動見せます!スルー回数に設定差?!

絆2 設定5 特徴

6 97. 3 98. 7 102. 4 106. 9 110. 7 112. MIZUHO(ミズホ)から『SLOTバジリスク~甲賀忍法帖~絆2』が登場。 本機は5号機で一時代を築いたマシン 「バジリスク~甲賀忍法帖~絆」の正統後継機。 通常時は バジリスクチャンス(BC)から バジリスクタイム(BT)突入を目指すお馴染みのゲームフローを完全継承。 豊富な推測要素や、状態・モード・BCスルーなどの概念も前作に近い形で踏襲している。 バジリスクタイムは1Gあたり純増約2. ステージ履歴から継続シナリオを看破するといった楽しみが追加された。 そして新たに加わった「絆高確」を自力で掴み取る 「朧チャンス」が出玉の鍵となる。 その他、絆高確確定となる「エピソードBC」や、本機のための描き下ろし演出も多数搭載。

次の

設定4は捨てても良し?!バジリスク絆の設定4は追うか追わないか?!

絆2 設定5 特徴

また、全大当たりの履歴と当選フラグも全て掲載します。 アプリの結果からスランプグラフを作成し、データとして大当たり履歴やそこから見える数字や挙動を細かく分析して行きます。 歌も流れるし、設定6〜設定1まで選べる、高速オートプレイもある、真瞳術チャンスも選べる、無限回回せる等など、出来は完璧に近いので バジリスク絆の、朝一の挙動を確認したい方や、高設定の挙動、低設定の挙動を身に着けたい方、心ゆくまで設定6をぶん回したい方には必須なアプリ バジリスク絆で勝つ為には必須だとは個人的に思います。 もちろん負けてもいいなら必要は無いです。 設定6の挙動が身に沁みついている人とは勝負にすらならないかと思います。 ホール実機、2日間据え置き設定6も追加しました! グランドオープンのホールで、2日間続けて3ベルを出したバジリスク絆設定6実機のスランプグラフを、2日分紹介しています。 バジリスク絆設定2のはまりゲーム数やスルー回数、大当たり確率等の分析 高挙動は朝一挙動も良く、運も良い。 真瞳術チャンスを2回引き当てます。 はーツキ続けるなぁ。 一撃2000枚オーバーが終わった後も続けてみると、最後は勢いも失速してしまいます。 ちなみに実はもう1台回していたのですが、途中でフリーズ引きやがって流石に参考にならないなぁと泣く泣くリセットしてやり直しました。 フリーズは2000枚ちょい出てましたよ。 運の発散も意識していかないと厳しいかもしれませんね。 高挙動のバジリスク絆設定2• スルー回数:7スルー5スルー4スルーが1回• 最大ハマりゲーム数:天井が2回• スルー回数:10スルー、8スルー、6スルーが1回• 最大ハマりゲーム数:天井が2回• 試行回数が少ないのでなんとも言えませんが 弱チェリー、スルー回数やモード移行、や高確移行の感じ、など外からは見えにくい要素を複合して判断を下すしかやはりないのでしょうか。 バジリスク絆の設定2は右下一直線!? そんなことはないんですね。 設定4設定5設定6確定のベルを願いながら低設定の高挙動を回す、なんてこともありえそうですね。 ただこれは別にバジリスク絆に限った話ではありません。 バジリスク絆の現在と今後 大人気機種、かつ今後もホールの華形であろうバジリスク絆。 設定5や設定6も良い挙動は分かりやすく、さらには設定4設定5設定6確定演出まである。 スルー回数や、ゲーム数でのハイエナ。 さらにはテーブルを狙っての半ハイエナ。 それらがバジリスク絆を触る人たちほぼ全員に知れ渡っているような状態ですよね。 もう出尽くされていて、期待値があるバジリスク絆を後ヅモできる可能性は、 「高設定の低挙動を見極める」 くらいしか無いのではないでしょうか? そして大事なことは 「低設定の高挙動と勘違いしないこと」 両者には微妙な差しかありませんが、それでも見抜ける力があれば強いですね。 今さらバジリスク絆のデータを載せた理由は、その視点に立ってデータを紹介できたらな、という思いで載せました。 関連:攻めと守り。 Aタイプの設定判別 ここではAタイプ、ノーマルタイプでの設定判別の話になりますが、基本は同じです。 設定判別には設定差の強い要素である、• ボーナス確率• 子役確率• モード移行や細かな設定差• ホール情況 等を複数見ることが大切です。 そしてカウントした複数の要素で判別します。 ですが、ホールの実践中にこんな面倒なことをいちいちやっていられません。 ARTタイプだと要素がもっと多くなり、大変過ぎます。 そんな問題に、カウントもしながら複数の条件を自動で設定判別が出来る、Aメソッド製の設定判別アプリを使って下さい。 ただ、ここまではみんな当たり前のようにやっていると思います。 こういったツール類はいわば「盾」です。 打つ前に複数の条件が分かることはないですし、確認できるまでに数千回転は回さないといけません。 自分の座った判断が正しかったのかを確認できる、転ばぬ先の杖となるものです。 打ちながら挙動が思わしくない時に、設定判別ツールを見てヤメるか続行するかを判断出来るのですね。 ですから盾もとても重要です。 が、私達には先に攻撃を仕掛ける武器が必要でもあるのです。 パチンコパチスロは自分の攻撃(台に座ること)が絶対に先になるからです。 Aメソッドでは、武器を開発しています。 あらかじめそれらの複数の条件が起こった時を一つずつ計算し、表にまとめ、すぐに使える期待値として表しました。 ホールをざっと見渡して、どの台が高設定なのかを即時に判断し、座ることが出来る武器です。 それがAメソッドです。

次の