回線速度目安。 回線速度の目安はどれくらい!?ネットを快適に使える回線速度を解説!

快適に利用できる回線速度の目安とは?計測方法と遅い場合の改善策を紹介

回線速度目安

ネットショッピングや動画配信サービス、さらにはテレワークの普及など、自宅でインターネットを使わない日はありません。 では自宅で快適にインターネットを活用するには、 どのくらいの通信速度が目安になるのでしょうか。 今回は 一般的な光回線の回線速度と、そして 快適なネット環境に必要な速度の目安について紹介します。 光回線の回線速度の目安はどれくらい? 最初に光回線の回線速度の目安はどれくらいかを確認していきます。 回線速度の計測方法などもお伝えするので参考にしてください。 回線速度の上り・下りとは まずは回線速度の上り・下りについて解説します。 通信速度には「 上り(送信/アップロード)」と「 下り(受信/ダウンロード)」があります。 メールの受信や Webサイトの閲覧、動画の視聴をする上で重要なのは「下り」です。 ブラウザを使ってウェブサイトを閲覧することや、画像や動画を見る、メッセージを受信するなどが該当します。 ネットで提供される コンテンツを快適に楽しむには、下り速度が速いことが重要なポイントです。 上りはアップロードの速度のことです。 メールやSNSのメッセージの送信、作成した画像や動画のアップロードなどがこれに該当します。 インターネットに画像や動画をアップロードする機会が多い方は、上りの速度も重要です。 通信速度単位はbps インターネットの通信速度は「bps(ビーピーエス)」という単位で表されます。 「bps」は「Bit per second」の略で、 1秒間に何bit(ビット)のデータを転送できるかを表したものです。 値が大きいほど通信速度は速くなり、• 1,000bps = 1Kbps(キロビーピーエス)• 1,000Kbps = 1Mbps(メガビーピーエス) となります。 またスマートフォンの容量などで頻繁に耳にする「バイト」は「8bit=1Byte(バイト)」。 つまり 「8Mbps」なら1秒間に約1MB(メガバイト)の通信が可能です。 最大通信速度が出るわけではない 光回線の契約時に、ホームページやパンフレットに記載されている「 最大通信速度」を確認する方も多いはずです。 しかしこれは「 ベストエフォート方式」という回線事業者が提示する 最大数値で、あくまで理論上の数値です。 つまり、常にこの速度での通信が保証されているわけではなく、 実的には最大速度が出ることはあり得ません。 回線は複数のユーザーで共有されているほか、通信機器を介することで速度低下などが起きるからです。 ベストエフォート方式の注意点 ベストエフォート方式とは「 回線仕様上の最大速度になるべく近づける努力をする」という方式です。 例えば最大速度が1Gbpsだとして、 光回線の場合は実際の通信速度はその3~6割程度と言われています。 実際の利用時の速度は「最大通信速度」から3~6割程度という認識を持って光回線を選ぶことも大切です。 利用時間帯による変動も大きい 光回線に限ったことではありませんが、 インターネットの通信速度は利用時間帯によって大きく変動します。 仕事の休み時間に当たる正午前後や夜間、週末などは 利用者が多く通信速度が低下してしまうのです。 回線速度が安定しないときは、サイトへ繋がりにくくなったり、 動画や画像のダウンロードに時間がかかることもあります。 快適に利用できる回線速度の目安 ここからは、 実際に快適に利用できる回線速度の目安を紹介していきます。 コンテンツを楽しむために重要なことや、 用途別の速度目安もお伝えするので参考にしてください。 コンテンツを楽しむには下り速度が重要 先ほどもお伝えしたように、 サイトの閲覧や動画視聴などを快適に楽しむには下り速度が重要です。 主要な固定回線の速度は下記のようになっています。 ADSL(電話回線を使用) 下り:最大通信速度が50Mbps 上り:最大通信速度が5Mbps• 光回線(光ケーブルを使用) 上下とも最大通信速度が1Gbps 光回線は上下とも最大速度が同じですが、ADSLは下りの速度に力を入れていることが分かります。 速度だけでなく安定性も重要 インターネットを快適に利用するには、 速度だけでなく安定性も重要です。 回線が安定していないと、動画がフリーズしたり、ゲームが中断されるなどが起こってしまいます。 早朝や真夜中は回線速度が速いのに、その他の時間は繋がりにくいという場合は回線が不安定だと考えられます。 用途別の速度目安 快適に利用できる通信速度の目安は用途によって異なります。 ここからは、 利用目的と通信速度の目安についてお伝えしていきます。 メールやSNS利用 メールやSNS利用の場合、下りが128kbps~1Mbpsあれば十分です。 スマホなどで通信容量を超えて制限をかけられたときの通信速度の目安が128kbps。 つまり、メールやSNSの利用は通信速度がかなり遅くても問題ありません。 ただし画像や動画など、容量の大きいファイルが添付されている場合は、 送信やダウンロードに時間がかかることがあります。 Webサイト閲覧 Webサイト閲覧に必要な通信速度の目安は下り1Mbps~10Mbpsです。 テキストが中心のサイトなら1Mbps程度でも支障なく閲覧できますが、画像や写真が豊富なサイト(イラストサイトや通販サイトなど)の場合は、最低3Mbps程度が必要だと考えられます。 動画視聴 動画視聴に必要な通信速度の目安は5~20Mbps。 先ほど伝えた、メールやSNS、サイトの閲覧よりも速度が必要なことがわかります。 この目安以下の速度になると、 動画の解像度が悪くなったり、カクカク止まってしまいます。 また 高画質動画を快適に視聴したい場合は25Mbpsが目安です。 オンラインゲーム もっとも通信速度が必要とされるのがオンラインゲームです。 快適にゲームを行うには100Mbps以上の通信速度が目安とされています。 オンラインゲーム用のPCもあることからも、大容量のデータ送信が必要なことがわかるはずです。 またオンラインゲームするときには、 「回線速度」だけでなく「Ping値」も気にかける必要があります。 Ping値とはインターネットの反応速度のことです。 数値が低ければ低いほど反応速度が良くなります。 オンラインゲームを快適にプレイする Ping値の目安は30ms以下(格闘ゲームでは15ms以下)です。 それ以上の数値ではプレイ中に遅延が発生する可能性もあります。 回線速度の計測方法 光回線の通信速度は、 サイトやアプリを利用すれば測定が可能です。 ここでは、回線速度の測定ができるサイトやアプリを紹介します。 ブラウザ用計測ツール 回線速度の計測には、ブラウザ用計測ツールが便利です。 ここでは、 ブラウザ用計測ツールを3種類紹介します。 FAST. com Netflixが提供している回線速度計測サービスが「Fast. com」です。 無料で利用が可能で、広告などが一切ないシンプルな作りでとても使いやすくなっています。 アプリなどは必要なく、 専用Webサイトにアクセスするだけで計測できる手軽さも魅力です。 アクセスすると自動的に回線速度 ダウンロードスピード の計測がスタートします。 またPCブラウザだけでなく、スマートフォンからもアクセス可能。 スマートフォンのネット環境の確認にも便利です。 Windows版はもちろん、Mac版もラインナップされています。 Speedtest by Ooklaの特徴はなんと言っても、 ワンタップするだけで30秒以内に計測処理が完了する手軽さ。 計測中にメーターの針が振れるアニメーションもスタイリッシュです。 RBB SPEED TEST 「 RBB SPEED TEST」は、パソコンの通信速度を測定するWebサービスとして 1998年にスタートした「老舗」の回線速度チェッカーです。 専用の計測サーバをIX直下に置き、 同時計測できる人数を制限するなどして高い精度を誇っています。 2012年には、長年蓄積したノウハウをもとにスマートフォンアプリの提供も開始しました。 アプリは 累計125万ダウンロードを突破、計測数は月に150万回前後に上っています。 ブラウザでうまく計測できない場合はアプリ計測を試してみてください。 ドコモスピードテストアプリ 最初に紹介するアプリは、「 ドコモスピードテスト」です。 名前からもわかるように ドコモが提供しているスピードテストアプリで、今いる場所の通信速度を教えてくれます。 また、ドコモWiFiスポットやドコモショップの検索などができ、 周辺のドコモLTE速度平均値の測定も可能です。 もちろんドコモユーザーでなくても利用でき、親切な利用ガイドもあるので初めての方でも迷うことはありません。 Wi-Fiミレル 「 Wi-Fiミレル」は、ヒートマップでWiFiの電波強度を見られる「電波が見えるアプリ」です。 自宅や測定したい場所の間取り図を取り込み、測定したい場所に移動して画面をタップ。 そしてメニューの「強度」を選択すると、 その場所での電波強度をリアルタイムの数値で表示される仕組みです。 電波強度は色で表示され、 緑が最も強く、黄色が普通、赤が最も弱くなっています。 Android版のみのサービスですが、チャンネルごとの混雑状況をグラフ化する機能も便利です。 Speedtest 最後に紹介する「 SPEEDCHECK Speed Test」は、もっともシンプルで分かりやすいアプリになります。 細かな情報がいらない方や、シンプルな測定結果を求める人にぴったりです。 使い方は アプリを開いて「テスト」ボタンを押すだけと本当に簡単。 前回のログは残せるため、場所を変えてテストし、どこが一番良いか比較したいときにも便利です。 回線速度の確認方法は次の記事でさらに詳しく解説しています。 回線速度が遅くなる原因 ここでは、インターネットの通信速度が遅くなる原因について紹介します。 原因によって対処方法が異なるので、確認しておいてください。 利用者が多くアクセスが集中している インターネット利用者が集中すると、回線に大きな負担がかかります。 そして回線速度が低下し、繋がりにくくなるのです。 これを 輻輳(ふくそう)と呼びます。 回線に大きな問題が起こっているわけではないので、 時間帯を変えれば快適に利用ができるはずです。 また回線の 接続方式がPPPoE方式の場合は、IPoE方式に変更すれば改善できることもあります。 プロバイダに問題が発生している 通信障害などのトラブルが発生している可能性もあります。 契約先のプロバイダのホームページを確認してください。 もし何らかの障害が発生していれば、情報がわかりやすいところに書かれています。 通信障害なども起こっておらず、その 他の原因に心当たりがない場合は契約しているプロバイダに直接問い合わせてください。 自宅の接続機器や端末に問題がある 自宅の接続機器や端末に問題により、 回線速度が低下しているケースも少なくありません。 インターネット接続機器はなかなか買い換える機会がないため、 老朽化や故障、型番が古くてスペックが足りない場合があるからです。 また、 HUBの規格に合わないLANケーブルを使っていて遅くなることもあります。 高速通信に対応していない場合もあるので、定期的な買い替えが必要です。 回線速度の低下については次の記事でさらに詳しく紹介しています。 回線速度が遅い場合の対処法 上記で紹介したことが原因で 回線速度が遅い場合の対処法についてお伝えします。 回線速度が遅いと感じている方は、ぜひ試してみてください。 障害情報を確認する 利用している インターネット回線やプロバイダが原因で、通信速度が遅くなっていることがあります。 まずは通信障害が起きていないかを確認してください。 もしインターネット 回線業者側の問題であれば、復旧を待つしか方法はありません。 接続機器を再起動する 回線速度が低下しているときは、 接続機器を再起動するのもひとつの対処法です。 長年使っている接続機器の場合、接触不良を起こしている可能性があります。 モデム(ONU)の電源コンセントを抜き差しするなど、機器の再起動をしてください。 ルーターの位置を変える ルーターの位置を変えることで、回線速度が改善されることもあります。 無線LANのルーターから使いたいデバイス(パソコンやゲーム機)までが遠いと、ネットの通信速度が遅くなることもあるからです。 無線LANの電波は水やコンクリートの壁、他の電波を発する機器などに弱く、かんたんに届かなくなってしまいます。 ルーターの近くでは高速通信なのに他の場所では遅い場合は、 デバイスまで電波が届いていないことが原因です。 ルーターの置き場所か、 スマホやパソコンを使う場所を変えてみると回線速度が改善されるかもしれません。 特定の場所でつながらない場合は中継機の取り付けを検討 ルーターの位置を動かせない場合や自宅でどうしても繋がらない場所があるときは、 中継機の取り付けを検討してください。 中継器は 弱くなった電波をキャッチして端末まで通信を届けてくれます。 快適にインターネットが利用できる範囲を広げてくれるので非常に便利です。 接続方式をIPv6に変更する 接続方式をIPv6に変更することで、回線速度を改善する方法もあります。 IPv6とはインターネット接続する時に使う通信プロトコルの最新バージョンのことです。 これまではIPv4接続方式が主流でしたが、 インターネット利用者の急増で回線速度が低下が発生しやすくなりました。 そこで、登場したのがIPv6接続方式です。 IPv6にすれば光回線の速度向上を図れます。 IPv6については下記で詳しく紹介しています。 まとめ インターネットを快適に利用できる 通信速度の目安はネットでどんなサービスを利用するかなど目的によって異なります。 普段か高画質な動画の視聴やネットゲームをする方は、通信速度が早く安定した環境が必要です。 通信速度が遅く感じる、今の速度について知りたいという方は、 ここで紹介した計測方法や対処法を試してみてください。

次の

ネット回線速度の目安や平均は?快適な下り上りの通信速度をチェック

回線速度目安

まずはサクッと結論を記載しておくと、 オンラインゲームをするのに必要な通信速度の目安は約30Mbpsです。 もちろん測定する環境やサイト、機器などによって数値のブレは出てしまいますので、ある程度の目安として考えてもらえると良いと思います。 参考程度にゲームダウンロードプラットフォームとして有名な「Steam」を利用している日本人ユーザーの平均ダウンロード速度は約60Mbpsです。 平均速度の半分出ていれば良いので、30Mbpsのハードルはそれほど高くはありません。 それにも関わらず、オンラインゲームをプレイする上でラグに苦しめられてる人はかなり多くいます。 これには「Ping値」という別の要素が絡んでくるのですが、それは一旦置いておいて、まずは通信速度について詳しくみていきましょう。 通信速度という名前だけに勘違いされやすいですが、 「送受信にかかる速度」ではなく 「送受信できる容量」を指します。 「……?」という方向けに分かりやすくバケツリレーで例えると、通信速度が指すのはバケツが一周するスピードではなく、1秒間に回せることができる水の総量のことです。 ここが一番勘違いされやすいポイントなので間違えないようにしましょう。 そして、通信速度は「bps bit per second =1秒間に送ることができる容量 bit 」という単位で表されます。 ちなみに余談にはなりますが、回線速度と通信速度も別物です。 同じくバケツリレーで例えると、1秒間に回せる水の最大量が回線速度のことで、実際に回せた水の容量が通信速度のことになります。 参考程度に知っておくと良いかもしれません。 さて、通信速度について確認した上で、オンラインゲームの話に入っていきます。 基本的にオンラインゲームは、 プレイヤー間またはプレイヤーとゲームサーバー間でデータの送受信を行うことで成り立っています。 まずは、現在どれくらいの通信速度が出ているかをチェックしてみてください。 普段メインでプレイするゲーム機器で測定するのが良いと思いますので、それぞれ自分の機器に合った測定方法を試してみるとOKです。 【パソコン・スマホでゲームをしている人】 パソコンやスマホでゲームをしている人は『』がオススメです。 サイトにアクセスしてGOボタンを押すだけで測定できます。 【PS4でゲームをしている人】 PS4でゲームをしている人は、PS4に備え付けられている速度測定を利用しましょう。 【Switchでゲームをしている人】 Switchでゲームをしている人も同じく、備え付けの速度測定を利用しましょう。 【xbox oneでゲームをしている人】 xboxでゲームをしている人も、備え付けの速度測定を利用しましょう。 速度を測り終えたら、次の項目を確認していきましょう。 2種類の速度 ダウンロードとアップロード はどちらが重要? 通信速度を測定すると、下り速度 ダウンロード とアップロード 上り速度 という2種類の速度が出てきます。 この2つの通信速度はそれぞれ利用されるシーンが異なります。 イメージとしては、以下の画像のような感じです。 そのため、 オンラインゲームでより重要になるのはダウンロード速度 下り速度 です。 逆に、アップロード速度 上り速度 はほとんど必要がないものになりますので、ここから先はダウンロード速度をメインに解説を進めていきます。 ゲームをするなら通信速度30Mbpsが目安!速ければ速いほど良い 上の項目で、ゲームが成り立つためにはプレイヤー間もしくはサーバー間でのデータの送受信が必要と説明しました。 そして、特に重要なのが受信する速度 ダウンロード速度 です。 「じゃあ結局どれくらいのダウンロード速度が必要なの?」という点についてですが、それは プレイするゲームが1秒間にどれくらいのデータ容量を受信するかによって異なります。 ここまで解説してきた通り、オンラインゲームは10Mbpsもあれば十分にプレイ可能です。 もちろん「通信速度が常に10Mbpsを切っている…。 」というような人は通信速度に問題がありますが、大抵の人はクリアしていると思われます。 「じゃ何が原因でラグが起きるの?!」という話になりますが、 オンラインゲームで起きるラグの原因のほとんどは「Ping値」という数値に問題があります。 そこでここからは、ラグに直結してくるPing値について簡単にみていきましょう。 001秒 」という単位で表される数値です。 通信速度が「1秒間に送受信できる総容量」であったのに対して、Ping値は 「1回送受信するのにかかる時間」を意味します。 最初に紹介したバケツリレーの例で言うところの、バケツが1周するのにかかる時間がPing値です。 Ping値とラグの関係については、実際のゲームシーンを考えてみると分かりやすいです。 例えば、「ポーションで回復する」という行動を細かく分けると、• ゲーム内でポーションのボタンを押す• 『ポーションのボタンが押された』という情報が自分からゲームサーバーに送られる• ゲームサーバー側で情報に対する正しい動作『ポーションを飲む』を見つける• 『ポーションを飲む』という情報がゲームサーバーから自分に送られる• ゲーム内の画面でポーションを飲む動作が行われる という流れになっています。 そしてPing値は、「1回のデータの送受信にかかる時間」を指す数値なので、この一連の流れにかかる時間そのものです。 つまり、 Ping値が良い 数値が小さい と入力から反映までの時間が速くなり、Ping値が悪い 数値が大きい と入力から反映までのラグがひどくなるということになります。 そのため、仮に通信速度が十分に出ていたとしても、Ping値が悪いとゲーム内でのラグは避けられなくなるのです。 なお、Ping値の目安となる数値や測定方法など、より詳しいことは別記事「」で解説していますので、ラグで困っている人は合わせてチェックしてみても良いかもしれません。 ここからは、 「通信速度をもっと速くしたい!」「通信速度が30Mbpsを下回ってた…」という人向けに、通信速度の改善法を紹介していきます。 「ラグの原因がPing値ならPing値を改善したい!」と思う人もいるかもしれませんが、 基本的にPing値の改善方法と通信速度の改善方法に大きな違いはありません。 そのため、Ping値を改善したい人にもここで紹介する改善法は有効ですので、気になる方法があれば試してみると良いでしょう。 それでは、具体的な方法を見ていきます。 改善法(1)オンラインゲーム向きのネット回線を利用する 現在、速度やPing値で悩んでいる人に最も効果的なのはネット回線の切り替えです。 もちろんこの後に紹介する周辺機器の見直しなどでも、速度改善は期待できますが、結局のところ 大元のネット回線がダメな場合はどうしようもありません。 若干の手間はかかってしまいますが、ゲーム向きの回線に切り替えるのがベストでしょう。 ゲーム向きの回線と言うと少し特別に感じるかもしれませんが、実際は ネット回線の中でオンラインゲームの口コミが良いものを使えばオッケーです。 ちなみに、当サイト管理人が実際に利用した上でオススメする回線は以下の3つです。 しかしここ最近は、ほとんどの回線が数万円以上のキャッシュバックを用意していたり、ネットで簡単に申し込みができるようになったりしている影響で、 気楽にネット回線の乗り換えをする人も増えてきています。 実際、Twitterなどを見てみても乗り換えている人はかなり多いです。 通信速度やPing値を改善するには最も効果的な方法になりますので、気になる人は別記事「」も参考にしつつ、乗り換えを検討してみるといいかもしれません。 改善法(3)ルーターのスペックをチェック LANケーブルに合わせてチェックしたいのがルーターです。 一度購入すると放置してしまいがちなルーターですが、長期間同じものを利用していると処理能力や処理速度が低下してしまい、 ラグや回線落ちを引き起こす原因になってしまいます。 一般的に言われるルーターの機器的寿命は5年ですが、起動しっぱなしにすると寿命も変わってきますので、 「そういえばずっと替えてないな」と思ったら替え時でしょう。 なお、ゲーム用で購入するとは言え、UFOのようなカッコいいゲーミングルーターを購入する必要はありません。 5,000円~10,000円前後の一般的なルーターでスペック的には十分ですので、そういったものを探して購入するようにしましょう。 オススメのルーターはいくつかありますので、2つピックアップしておきます。 改善法(4)ゲーム機器のスペックをチェックする あまり必要ないかもしれませんが、ゲーム機器のスペックも確認しておいた方が良いでしょう。 PS4・Switch・xboxには型番が変わっても大きな性能差はありません proはナシで が、パソコンに関してはピンからキリまであるため、 最低でもゲームに合ったモノを選ぶ必要があります。 ルーターと同じくパソコンの寿命はおおよそ5年前後です。 使い方にもよりますが、ゲームにフルで活用しているような場合はもっと短くなることも考えられますので、ある程度月日が経っているものは買い替えるといいかもしれません。 ここで紹介した方法の中では一番優先度が低いものになりますので、気になる人だけチェックしてみると言いでしょう。 おまけ:DNS設定を変更して通信速度を改善する 有名な方法ではありますが、DNS設定の変更についても紹介しておきます。 ゲーム機器を問わずDNS設定の変更をすることは可能ですが、ここでは中でも多いPS4とSwitchでの設定方法について見ていきましょう。 【PS4での設定方法】• 『LAN設定』のいずれかを選択 有線か無線か• 『カスタム』を選択• 『IPアドレス設定』を自動• 『DHCPホスト名』を指定しない• 8』 セカンダリ『8. 『MTU設定』を自動• 『プロキシサーバー』を使わない• インターネット診断をする 【Switchでの設定方法】• 『有線or無線名』を選択• 『設定の変更』を選択• 『DNS設定』を選択し手動にする• 『優先』を【008. 008. 008. 008】• 『代替』を【008. 008. 004. 004】• 保存するを選択して終了 このDNS番号はGoogleが一般に公開している『PublicDNS』で、このDNSを利用することで 信号処理が速くなり通信速度が改善されるケースがあります。 確実に速くなる方法ではありませんが、試してみる価値はあるでしょう。 仮に通信速度が遅くなってしまった場合は、『DNS設定を自動にする』もしくは『接続方法をかんたんにして保存する』といった手順で元に戻しておくとオッケーです。 中でもGoogleに合わせて人気なのが、Cloudfare社のDNS「プライマリ:1. 1、セカンダリ:1. 1」です。 DNS設定を変更する際は、Cloudfare社のDNSも試してみると良いでしょう。 おまけ2:フレッツ光・光コラボ利用者はIPv6 IPoE を利用する 現在、フレッツ光もしくは光コラボ回線を利用している人のみではありますが、 IPv6 IPoE 接続を利用することで改善することがあります。 利用する方法は、各プロバイダに申し込みをするだけです。 IPv6 IPoE 接続サービスについては、各プロバイダ毎にサービス名が異なりますので、自分がどれになるかをしっかりと確認しておくようにしましょう。 プロバイダ毎のサービス名の一例は以下の通りです。 ここまで5つの速度改善法を紹介してきましたが、 基本的には自分がやりやすいものから試していくのでOKです。 しかし、現在CATV回線 jcomなど やポケットWi-Fi WiMAXやホームルーターなど 、その他のマイナーな光回線を利用している人は、先にネット回線を切り替えることをオススメします。 や 、 といった主要な光回線は、ある程度のスペックを持った無線LANルーターを無料でレンタルしてくれますので、ルーター問題も解決することが可能です。 ルーターとネット回線は、通信速度にかなり大きな影響を与えます。 そのため、確実に通信速度問題を解決したいという人は、まずはこの2点から修正をしていくと良いでしょう。 まとめ:オンラインゲームで必要な通信速度の目安について 今回は、オンラインゲームに必要な通信速度の目安について解説しました。 オンラインゲームにおいて必要な通信速度は下り速度 ダウンロード で最低30Mbpsと決して高いものではありません。 また、 通信速度よりも重要になるのがラグに直結するPingです。 Pingの数値が悪くなるとどんな通信速度でもラグが発生してしまうため、ラグを治したいのであればPingを改善するのが効果的な方法になります。 このページでは、改善方法も合わせて紹介していますので、気になる方はそちらも合わせて確認していただくといいかもしれません。 しっかりとした環境を作って快適にゲームをプレイできるようにしましょう。

次の

PS4の速度に悩んでいる方へ…必要速度の目安や改善方法を紹介!

回線速度目安

同じ光回線でもその通信速度は回線事業者やプロバイダーによって異なります。 では目安となる平均通信速度はどれくらいなのでしょうか。 今回はとくに光回線における下り回線について、快適にインターネットが利用できるスピードの目安をケース別にご紹介していきます。 光回線における上り、下りとは? 光回線の速度について説明するには、まず上りと下りの違いについて理解しておいてもらわなくてはなりません。 上りと下りの違いは以下のとおりです。 上り インターネット回線における上りとはデータをアップロード(送信)することを意味します。 上り速度と表現するときは、アップロード時の速度のことを言っています。 例えばメールの送信、SNSなどへの書き込み、Webサイトの更新、YouTubeなどへの動画の投稿などがアップロードです。 下り これに対し、下りはデータをダウンロード(受信)することを意味します。 下り速度とはダウンロード時の速度のことです。 例えばYouTubeやNetflixなどの動画を見る、メールを受信する、あるいは普通にブラウザでWebサイトを閲覧するのもダウンロードという行為です。 ここまで説明すればおわかりのように、多くのユーザーにとって重要なのは上り速度よりも下り速度です。 下り速度が速いほど、快適に動画を見たり、Webページを次々に素早く開いたりできます。 FPSやMMORPGなどのオンラインゲームも、やはり上り速度よりも下り速度の方が重要です(プレイ動画の配信をするなら上り速度も重要になります)。 光回線の通信速度の単位「bps」とは? インターネット回線の通信速度を示す単位として使われるのが「bps」という単位です。 bpsは1秒間に転送できるデータが何ビットかを表します。 「1kbps(キロビーピーエス)」なら毎秒1,000ビット、「1Mbps(メガビーピーエス)」なら毎秒100万ビット、「1Gbps(ギガビーピーエス)」なら毎秒10億ビットのデータを転送できます。 光回線の最大通信速度は1Gbpsが基本ですが、実測値はMbpsの単位になります。 光回線の下りの回線速度の平均 光回線の下りの回線速度は回線事業者やプロバイダー、光回線1本あたりのユーザー収容数や、機器の通信規格によって実測値にはかなりバラツキがあります。 また、最近の光回線は休日や夜になると速度が遅くなるケースが増えています。 そのため平均速度を求めることは非常に難しいといえるでしょう。 快適な下りの回線速度をケース別に解説 インターネットをどのような目的で利用するかによって、快適な回線速度は異なるといえます。 以下、ケース別に、目安となる速度を見てみましょう。 サイト閲覧 ブラウザでWebサイトを閲覧するだけなら、10~30Mbpsの下り速度があれば快適です。 表示に時間のかかる大きいサイズの画像が多数使用されている場合などは遅く感じるかもしれませんが、通常は問題なくサクサクとページを開いて閲覧できるはずです。 動画視聴 YouTubeやNetflixなどで動画を見る場合は、SD(標準画質)であれば10Mbps程度でも十分だと言えるでしょう。 ただ、HD(高画質)やさらに上の画質であるUHDや4Kの動画を視聴する場合は、30Mbps以上が目安となるでしょう。 速度が遅いと途中で動画が止まることが多くなります。 オンラインゲーム オンラインゲームの場合は、ゲームデータのダウンロードやメンテナンス後の更新データのダウンロードにかかる時間を考えると、下り速度は速ければ速いほど快適にプレイできます。 目安は100Mbps以上で、これくらいの速度が出ていればゲームに限らずどんな用途であってもインターネットを快適に楽しめます。 ただし、ゲームの場合は速度だけではなく、PING値も重要です。 数値が小さいほどラグが抑えられ、レスポンス性能が高いということになります。 通常、PING値が30ms以内ならオンラインゲームに適していると言えますが、FPSやTPS、格闘などの応答速度の速さがキモとなるゲームでは15ms以下が目安とも言われています。 快適にネットを楽しむためには下り回線の安定性も重要 インターネットを快適に使うためには、下りの回線速度が安定していなければなりません。 回線が安定しないと、時間帯によって著しく速度が落ちたり、サイトに繋がりにくくなることがあります。 回線速度の速さと安定性が重要となるオンラインゲームなどは、休日や夜の8時以降などゲームをプレイしたいと思う時間帯に限って速度が遅くなるといったケースがあり、快適にプレイができず、悩まれている方もいるようです。 また、4Kなどの高画質動画を視聴する際にも、同様のケースで、動画がスムーズに再生されないなどのトラブルが生じることがあります。 そこでインターネット回線の速度と安定性の両方を求めるなら、現在は接続方式がIPoEの「光回線」がおすすめです。 新しい接続方式である「IPv6 IPoE 接続サービス」を利用すれば、快適さを享受できるでしょう。 IPoEで快適にネットを楽しむならIPoE接続対応のDTI with ドコモ光 快適にネットを楽しめるIPv6 IPoE 接続サービスの利用を検討されている方に朗報です。 をご存知でしょうか? 国内で550万回線を突破している光ファイバー回線対応のインターネット接続サービスで、以下のようにさまざまなメリットがあります。 IPoE接続対応の高性能ルーターがずっと無料 ドコモ光の回線スピードとそれを活かすIPoE接続対応の高性能ルーターがずっと無料で使えます。 また、通常の光回線サービスですとルーターが付属していない、もしくは付いていたとしても光回線が開通した後に送られてきます。 しかし、光回線の開通前にIPoE接続対応の高性能ルーターが用意されます。 もちろん、IPv4にしか対応していないWebサイトにも接続できます。 ドコモユーザーなら毎月最大2,251円も通信費がお得に また、ドコモのスマホ回線を契約している方は毎月最大2,251円も通信費用を抑えることが可能です。 最大15,000円のキャッシュバック特典+新規お申し込みでdポイントを10,000pt贈呈 さらに、最大15,000円のキャッシュバック特典があり、新規でお申し込みの方には10,000pt、転用でお申し込みの方には5,000ptのdポイント(期間・用途限定)を進呈いたします。 新規工事料も無料 そして、新規工事料が無料になる特典もあります。 この機会にぜひ一度、特典内容をご確認ください。 ドコモユーザーではない方はauセット割があるDTI光もおすすめです ドコモユーザーではない方には、auセット割も利用できる もおすすめです。 ルーターは有料レンタルとなりますが、さまざまな特典があります。 auユーザー、DTI SIMユーザー、東京ガスユーザーだけの割引あり ほかサービスとのセットで、各種割引が受けられます。 DTI光とauのスマートフォンなどを同時利用する場合は毎月最大で1,200円の割引(auセット割)、DTI光と格安SIMカードサービス「DTI SIM」をまとめて契約して同時利用する場合は毎月150円割引(SIMセット割)、DTI光と東京ガスのガス・電気セット割を同時利用する場合は毎月最大250円割引(東京ガストリプル割)となります。 従来の接続方式による光回線を使っていて、速度が遅い、繋がりにくい時間帯があると感じている人でも、DTI光に切り替えることで安定性と速度が向上することが期待できます。 最低利用期間なし&違約金なし また、DTI光には「2年以上利用すること」などといった契約期間の制限はありません。 そのため、いわゆる「2年縛り」と呼ばれるような、特定の期間中に契約解除しないと違約金がかかるといったこともありませんし、自動更新されることもありません。 いつでも違約金なしで解約できます。 キャッシュバック特典、工事費無料特典、DTI 会員様限定特典など特典も満載 さらには、特典として、工事費実質無料となる最大19,000円のキャッシュバックが受けられます。 また、現在ADSL回線をご利用中の方なら工事費&開通月の月額料金無料、さらにDTI会員限定の国内のホテル・旅館の宿泊代、レジャー施設、飲食店、映画チケットなどが割引になるサービスも受けられます。

次の