野良猫 と 仲良く なる 方法。 [猫の日記念]エサに頼らずに野良猫と仲良くなる5つの方法

野良猫と仲良くなる方法は? 獣医師が解説

野良猫 と 仲良く なる 方法

今回は誰でもポイントさえ押さえれば、猫がなつく方法をご紹介します。 スポンサーリンク 小柄な女性が一番有利 猫は優しい雰囲気を持った女性に一番なつく傾向にあります。 優しい女性が好きなのは、猫も人間も同じですね。 自分は大柄だから・・・男性だから・・・と、諦める必要はありません。 女性らしい雰囲気を真似して接すれば、誰でも猫と仲良くなることができます。 40代女性の声を出す 同じ部屋に猫と男性、女性がいる場合では、猫はまず女性になつく可能性が高いです。 実際にうちでも女性の友達が遊びに来たときは数時間ですぐに慣れていましたが、男性が来たときは姿さえ見せませんでした。 これは猫が嫌うポイントの一つとして、男性の低い大きな声があげられます。 猫は耳が良く、聞こえる周波数も猫は6万~10万ヘルツ、人間だと1. 5~2万ヘルツというほどの差があり、音の聞こえ方がまったく違います。 そのため男性の声は慣れている人のでないと、とても怖く感じるんですね。 逆に猫が一番好きな声はというと、ちょっと高めのゆっくりとして優しい声、ずばり「お母さん」といえる40代くらいの女性の声が一番好きなんですね。 男性の方は少し声を高くして、喋る口調をゆっくりと優しく、小さな声で猫に話しかけてみましょう。 目をそらす 猫の喧嘩は目をじっと見つめることに始まります。 人間の場合は目をじっと見つめたほうが好印象ですが、猫の場合は真逆なんですね。 猫同士のコミュニケーションは、ボディーランゲージが基本で、主にしっぽで意思疎通を図ります。 とくに、目を見つめるということは、「相手は敵だから目をそらさず、襲ってきたら攻撃しよう」というサインになります。 そのため、わざと目をそらすことで、「わたしはあなたに攻撃しないし、あなたもそうでしょ?」と確認をしているわけです。 猫が興味を持って見つめてきても、こっちは興味のないフリをしましょう。 目をつぶるのも有効です。 基本的に放置する まだなついていない猫に自分から間合いを詰めてはいけません。 猫の方から近づいてくれるのをじっと待って、基本は猫の方を見ないように放置しておきます。 じっと座って、猫がこちらに近づいて匂いを嗅いでくれるのを待ちます。 匂いを嗅いだ後いったんは「はっ!」っとしたように離れますが、それを何度か繰り返すうちに仲良くなれます。 ゆっくり静かな動作で 猫にアピールしようと大きく手を振ったり、首を振るなどの動作の激しい行動は、猫が怯える原因になります。 猫はお婆ちゃんになつくイメージがありますが、それはおばあちゃんのゆったりした動作、歩幅など小さく歩くことが猫に好かれやすいポイントとなっています。 スポンサーリンク 姿勢は体育座り なるべく体を小さく見せるようにしましょう。 猫は体が大きい人ほど威圧を感じ、逆に子供や赤ちゃんなど小さい人間に対しては警戒心が薄くなります。 体を小さく丸めてじっとしているだけで、猫が近づいてきてくれます。 好きなポイントを攻めるべし 犬はどこを触られても嬉しい!と喜んでくれますが、猫は体の部分によってその感覚がまったく違います。 この画像のように、猫は頭と首周辺、そしてしっぽの手前のほんの一部分のみが気持ちいいと感じる部分です。 猫初心者は背中を撫でがちですが、これでは「この人のなでなで全然気持ち良くないにゃ~」と思われて、なつくまでには至りません。 猫が好きなポイントを撫でていると、猫の方からぐいぐいと体を押し込んでくるのでその反応で気持ちいいのか判断しましょう。 なでなでの個体差を把握する 基本的に猫はあまりなでなでされるのが好きではないですが、それは猫によって全く違います。 20秒だけ頭を撫でられたい子もいれば、ずっとなでなでされたい甘えん坊の猫もいます。 その猫に適したなでなで満足時間を判断することで、猫のなつき度をMAXにまで高めることができます。 香水はつけない 猫は匂いに敏感で、香水などはどんな匂いでも臭いと感じます。 とくに柑橘系の匂いは嫌いなので、それだけで近寄ってもくれなくなります。 洗剤やせっけんの匂いも敏感な子は避けるので、できるだけ無臭の服を選びましょう。 おやつをあげる 猫用のチーズや、高級キャットフードシーバなど、猫が好きなお菓子をあげることで急速に仲が深まります。 毎回あげるとただの餌やりさんになって、餌をあげるときしかなつかなくなるので、その後一緒に遊んであげるのがポイントです。 わたしが野良猫と仲良くなるために、常にバッグにしのばせているのがこれ、猫のおやつの定番「チャオちゅ~る 」です。 スティック状になっているため持ち運びしやすく、柔らかく食べやすいので、固い物が食べられない子猫でもOK。 やはり海鮮ミックスまぐろ味が一番食いつきがいいです。 過ごした時間は関係ない 猫が子猫の時から飼っていたほうがもちろんなつきやすくなりますが、あくまでそれは「人間」という種類に慣れたことにすぎません。 人間という生き物全体への警戒心が薄れ、もちろん一緒に住んでいる家族のことは認識していますが、例えばぽっと人の家族が増えたとしても、猫次第ですぐ仲良くなれます。 逆に、猫は数日お家に帰らないだけで、飼い主さんの顔を忘れたかのようなしぐさをしたりします。 また数日も経つといつものように、甘えてきたりしますが、これはあまり人のことを気にしていないゆえの行動です。 その行動を逆に利用すると、子猫じゃない大人の猫でも、人間に慣れてさえいる猫であれば数日で仲良くなることができます。 人間に慣れていない猫をなつかせるのは大変ですが、引っ越しなどで人から猫を貰う場合などは、仲良くなれるかな~とさほど心配しなくて大丈夫です。 野良猫がなつくまで.

次の

野良猫がなつく4つのコツとは?野良猫と仲良くなりたい!|猫の総合情報サイト ペットスマイルニュースforネコちゃん

野良猫 と 仲良く なる 方法

可愛い猫と仲良くなりたいのに、自分が触るとなぜか嫌がられてしまって怒らせてしまったり、一目散に逃げられてしまう…という経験をされる方も多いと思います。 さて、どうすればそんな猫たちと仲良くなれるのでしょうか。 目を合わせない 可愛い猫を見れば、その可愛い姿を見つめてしまいますよね。 ですが猫たちにとって、目を合わせるという行為は威嚇していることになってしまいます。 猫たちはケンカをするときに目を見開き、相手から目を離しません。 ですので、人間から自分たちがしているように目を見開き凝視されると「威嚇されているんだ」と思い、警戒してしまいます。 それに対し、目を細めるという行為はリラックスしているときに見せる行為です。 さらにゆっくり瞬きをするという行為は、相手を信頼しているという証です。 以上のことから、猫と仲良くするための第一歩は、目を合わせず、ゆっくりとまばたきをして、敵意はないんだよということを知ってもらうことから始めます。 静かな動きをする 猫たちは静かな環境を好む生き物です。 猫たちがゆっくり寝ていたり、一人遊びをしている姿を見て、可愛くて大きな声で騒いだり、ギューっと無理に抱きしめると猫たちは途端に逃げて行ってしまいます。 さらに、上から大きく、低い声でしゃべられるのも苦手です。 猫たちはケンカをするときに、背中を丸めて毛を逆立てて「自分の方が大きいんだぞ。 怖いだろ」ということを主張し、さらに「う~」とうなり声をあげて威嚇をします。 ですので、それでなくても大きい私たちが上から猫たちに覆いかぶさるようにして低い声で喋ると、猫たちは威嚇されていると感じ怖がります。 それに対し、体を小さくして猫たちの出来るだけ下から、静かに少し高い声で話しかけると安心します。 これには、子猫の声が高いからという説や、猫たちが甘えるときに高い声で「にゃ~ん」と鳴くため、敵意がないんだと安心するという説があると言われます。 そして、いきなり近づき上から頭を触るのも怖がるので、まず手をグーの状態にして猫の顔の前にゆっくりと近づけ、私たちの匂いのチェックを受けます。 その時にそのまま怯えた顔をしたり、唸ったりしなければ、さらにゆっくりと手をグーの状態から人差し指だけ差しだし、そのまま猫の鼻先を触れたら手を広げてゆっくりと下から首や耳の後ろを撫でます。 無理強いしない 猫たちはマイペースな生き物です。 人間が遊びたいから遊ぶ、なんていうこっちの都合は猫たちには通用しません。 猫たちは自分たちが遊びたいときに、自分たちが遊びたいように遊ぶのです。 ですので、こちらの都合はグッと押し込めて、猫たちから遊びのお誘いがあったり、そばに寄ってきてくれるまではジッと我慢です。 抱っこをするときも無理に捕まえて抱っこをすると怒ってしまい、すぐさま腕の中からすり抜けて逃げて行ってしまします。 ただしその時も無理に掴んだりすると、すぐに嫌がって逃げてしまうので、抱っこしていても猫を両腕に乗せるか、膝にただ乗せているような状態で、猫たちが嫌になればすぐに逃げられる状態の方が良いです。 遊びたいときは猫じゃらしや紐など、猫たちの興味をそそるものを不規則な動きで誘います。 ですが、この時も猫たちが遊びに乗ってきてくれればそのまま飽きるまで遊び、誘いに乗ってきてくれないのであれば無理に遊ばせるようなことはせず、猫たちのペースに合わせます。 遊んでくれる人だと認識してくれれば、猫も犬のようにおもちゃを持ってきて遊びを誘ってきたりもします。 ご飯をあげる 猫も現金なもので、美味しいものをくれる人は大好きです。 猫たちは時計を理解することはできませんが、人の動きを観察し、大体の時間を把握していると考えられています。 そして、毎日の習慣で同じ時間くらいにご飯を貰えたりすることに安心を感じます。 ですので、決まった時間にご飯をくれる人間のことを覚え、その人がその時間に立つだけで、足にすり寄りご飯を催促したり愛想を振りまくようになります。 ご飯の時間以外でも美味しいおやつをくれる人のこともしっかり覚えます。 さらにご飯をあげるだけでなく、自分のために色々してくれる人というのを、猫たちはしっかり観察しています。 キレイ好きな猫たちのためにトイレをいつもキレイに保ったり、暖かい寝床を作ってくれたりする人の足音を覚え、その人が近づいてくると出てきて要求鳴きをしたりして甘えます。 それぞれの猫の性格を尊重しよう 猫たちは基本的には憶病で警戒心の強い生き物です。 そんな猫たちと仲良くなるには、人間に対しても言えることですが、性格を尊重してあげることが大事です。 最初は警戒し、逃げて行った猫たちも傍にいて安心を与えてくれる人間には心を許し、人間のことをとても大事に思ってくれます。 居てくれるだけでも癒しをくれる猫たちと仲良くなって、楽しい生活を手に入れましょう。

次の

猫にだって相性がある!先住猫と新入り猫を仲良くさせる方法【猫のふしぎ第18回】

野良猫 と 仲良く なる 方法

野良なのか放し飼いの猫なのかわかんないことが多々ある気がします。 外で見かける野良猫は、大概の場合、餌やる人がいるんでしょうから、やせ細ってるいわゆる昔ながらのイメージの野良はあんまみない。 「地域猫」とか言う存在もあるけど、そもそも「地域猫」って、その地域の理解と協力があって成り立つものだから、理解と協力もないのに餌やりが勝手に「地域猫」とか名乗ってるだけの餌やりの場合が多いかと、、。 猫も命あるものだし、外にいる飼い主のいない猫を駆除しろとかそう言うつもりは全くないけどね。 動物は好きだし。 今は保健所や愛護センターも積極的に殺処分はしてないらしい。 そういったところで殺処分される猫は、怪我したり病気で弱ってたりして収容され、でも手当の結果助からなかったり、獣医師が助からないと判断して安楽死させられるケースがほとんどだとか。 殺処分される猫より、交通事故で命を落とす猫の方が何倍もあるんだってね。 その中には外飼いの飼い猫も多く含まれてるとか。 だから猫の飼い主にお願いしたい。 完全室内飼いして絶対に外に出さないでほしい。 そうすれば交通事故で命を落とす猫も減るし、外で繁殖して野良猫になる猫も減らせるはず。 環境省も言ってるでしょ。 室内外が望ましいって。 不幸な猫を増やさないため、近隣に迷惑をかけないためにもね。 餌やりさんは、「動物愛護!」とか言うけど、動物愛護法をちゃんと読んだことあるのかな? 飼い主や占有者(占有者とは、飼い主のいない猫に餌をやる人も含まれると理解してます、と東京都愛護相談センターの人が言ってたよ!)は他人に迷惑かけたらあかんで〜って書いてなかったかな〜?? まぁ僕は犬派なんすけどね苦笑.

次の