青い 彼岸花 伊 黒。 鬼滅の刃伊黒は青い彼岸花の正体?花言葉や別名意味は伏線?

鬼滅の刃の未回収の伏線まとめ!青い彼岸花の他にも多数存在

青い 彼岸花 伊 黒

鬼滅の刃の未回収の伏線一覧 鬼滅の刃の未回収の伏線を以下にまとめます。 炭治郎と青い彼岸花 無惨は唯一の弱点である太陽を克服するために「青い彼岸花」を日本中隈なく探しても見つからなかったと15巻127話で明かしています。 この遥か前の5巻39話内、炭治郎の走馬灯で彼岸花が映っています。 アニメでもすでにこのシーンが登場していますが、彼岸花はなんとカットされているのです。 カラーで映像が映るため、 意図的にカットされたのではないかと私は考えています。 物語がほとんど進んでいない炭治郎の回想の中で「青い彼岸花」を映してしまっては伏線が台無しになってしまいます。 実は炭治郎は「青い彼岸花」がなんなのか知っており、一時とは言え無惨と精神を共有したことでその存在をはっきり思い出し語ってくれるかもしれません。 188話過去の回想では、蛇鬼に付き従う一族の中で370年間生まれなかった唯一の男児が小芭内と分かりました。 オッドアイになる原因としては、両親のそれぞれ目の色を受け継ぐ場合があります。 目の色が金色の鬼は、手毬鬼の朱紗丸など何人かいます。 こう考えると小芭内が鬼と人間のハーフであったと想像できます。 また彼岸花の別名が「蛇の花」ということもあり、蛇柱である 彼自身が「青い彼岸花」だったのではないかという説が浮かんでいます。 愈史郎生存のその後 203話で人間に戻った炭治郎を確認して安堵の涙を流す愈史郎。 無惨が死んでも消滅しなかった彼は、珠世が作った鬼なので生存できたとも言えますが、無惨の血が炭治郎の中で完全に消滅していない証拠とも考えられます。 無惨復活や第二の鬼の始祖登場のの伏線だとしたら鳥肌が立ちます。 もし愈史郎が人間に戻りたい意思があるならば、珠世が作った人間に戻す薬はもうありませんので彼が 「青い彼岸花」を探しに行く物語が成立します。 炭治郎が愈史郎の旅についていく展開など来たら面白いですね。 医者の素性 青い彼岸花の話と並んで、よく取りざたされるのが無惨を鬼にした「医者」の素性です。 鬼の始祖である無惨も元々は平安時代に暮らしていた人間でした。 しかし、無惨の一族は代々病弱だったそうで、無惨も例外ではなかったようで、その治療にあたっていたのが「善良な医者」と呼ばれる存在です。 そして、この医者が無惨に与えた「生き長らえさせるための薬」が発端となって、無惨は鬼化することとなりました。 なので、ある意味この医者が全ての鬼の元凶と言えるわけですが、この医者が何者なのかという点について詳しくは触れられていません。 ただのモブキャラであるという可能性もありえますが、結構重要な秘密を抱えているキャラクターのようにも思えます。 今後、物語の中で触れられてくるのか注目したいところです。 ちなみに、この医者は「薬が効いてない」と勘違いした無惨によって殺されてしまっています。 痣のデメリットと克服方法 鬼に匹敵するほどの力を発揮できる痣を発現したものは例外なく25歳で死ぬというデメリットがあります。 緑壱がデメリットを克服して老人になるまで生き延びていたころが判明していますが、克服方法については分かっていません。 痣持ちで生存確定しているのは炭治郎・義勇・実弥の3人です。 21歳の義勇と実弥が4年後も生きていられるようになんとしてもこの伏線は回収してほしいに願っています。 また、痣のデメリット克服には 「透き通る世界」と「赫刀」がカギになっていると私は感じています。 なぜなら、緑壱の他に痣を出しながら25歳を超えてもいきていた人物として炭治郎の父炭十郎がいるからです。 炭十郎は単なる木こりでありながら日の呼吸の12ある型すべてマスターし「透き通る世界」を見ることができていました。 これは緑壱も同じ条件をクリアしていてかつ「赫刀」を長く保てます。 多くの犠牲を払ってやっと無惨を倒した炭治郎たちには、鬼のいなくなった平和で世界でぜひ痣のデメリットを克服して長生きできるように吾峠先生にはデメリット克服を示唆してほしいものです。 生存者は誰なのか? 203話時点で生存がはっきり確認できていないのが小芭内と蜜璃です。 200話で互いに体を寄せ合い死を予感しているセリフを掛け合っていました。 しかし、その後死亡を誰かが確認した描写がまったくありません。 そのため、この二人は死亡したものと思われていますが、本当に死んでしまっていたらあまりにも悲しすぎます。 私の希望的観測で蜜璃の強靭な体のおかげで運よく生き残り、蜜璃を一人にさせないために小芭内も生き残るに賭けています。 一方で、203話炭治郎と無惨のやりとりのなかで非常に気になるコマがひとつあります。 炭治郎の深層心理を現実に戻すようなシーンで、鬼のままであるように説得する無惨から炭治郎を助けるために、炭治郎の背中をすでに亡くなっている煉獄などの手が押しているコマです。 右から煉獄、悲鳴嶼、玄弥、しのぶ、そして小芭内の手だとわかります。 その次が分かりにくいですが、だぼっとした感じの隊服は無一郎です。 最後の一人が白い羽織が見えるので蜜璃であると言えます。 小芭内と蜜璃以外はすべて死亡が確定しているキャラとなっており、二人が死んでいるのはかなり濃厚なことを示しているコマで心がえぐられるシーンでした。 鬼滅の刃 未回収の伏線まとめ 鬼滅の刃で回収された居ない伏線は、炭治郎・伊黒小芭内と青い彼岸花、愈史郎生存の理由、医者の素性、痣のデメリット克服方法、そして小芭内・蜜璃生存の有無です。 これらの伏線が回収されて完結を迎えるのか、あるいは伏線を回収しつつ第二の敵が現れて話が続いていくのか毎話見逃せない作品です。 個人的には続編があってまだまだ鬼滅という話を楽しむことができたらと思っています。 他にも伏線っぽいものがあれば、是非コメントで教えてください!•

次の

彼岸花のピンク・青・黒の名前は?画像や花言葉、販売先など紹介

青い 彼岸花 伊 黒

鬼滅よりも雑に終わった少年漫画なんて沢山ありますからね… 全然綺麗に終わった方ですよ。 医者や彼岸花に関してはそこまで掘り下げなくてもいいかなって思います 鬼滅がジャンプ本誌で評価されていた点は ワードセンスとキャラクターとテンポの早さですね 鬼滅の最初の方はテンポが悪いのですが善逸達が出て来た辺りからはポンポンと話が進んでいき テンポの良さが評価されてました。 特にその頃のジャンプはテンポの悪い作品が多かったというのもありましたからね。 1から100まで漫画に書かないといけない! みたいな作品が多かった中で 鬼滅はざっくりと話を進めて言ったのが評価されたポイントですし 設定やストーリーはシンプルなので それが逆によかったんだと思います。 NARUTOの作者が原作を担当した「サムライ8」という漫画が少し前まであったのですが こっちは設定を盛り込み過ぎてしまい 話のテンポは良いものの説明不足のような状態で話が進んでいってましたからね。 その結果、作品の評価は悪く打ち切りとなりました。 最近は特にシンプルなストーリーが好まれる傾向にありますので 鬼滅は時代と合っていたというのも大きいのでしょうが 作品としてはとても良い漫画だと思います。 逆に医者とか彼岸花は読者それぞれの想像で埋めるのもそれはそれで楽しいですし せっかく楽しい漫画を読んでるのにあれこれ考えすぎると 「過大評価かな?」とか作品を悪く見てしまいます 美味しい料理食べる時に 「出汁はこれでソースはあれこれを~」 とか考えながら食べても美味しくないですよね。 ですのであんまり深く考えすぎないで娯楽を楽しんだ方がいいと思いますよ それに所詮は「少年漫画」ですからね。 あんまり理屈っぽいと少年漫画ではなくなりますし あくまで私見であります。 大好きな大好きな漫画ですけど、やはりどうしても不満というかロスの気持ちが強すぎます。 最後、バタバタっと終わらせてしまった感は払拭できないですよね。 これだけの壮大なストーリー、描きもらしたことたくさんあるはずで、ワニ先生、素晴らしい話をコミックでこぼれ話的な感じで、文字でサラサラっと書いちゃってるのが実にもったいなかった。 まず、これまでほとんどの鬼についての人生や背景が丁寧に描かれてあったにもかかわらず、無惨の人間時代の話やエピソードについてはあまり深く掘り下げられていなかったのが残念です。 188話の座敷牢の扉絵だけ見たとき、無惨の人間時代きたきたと思いましたがなんと伊黒さんだった! まあ、無惨というのは臆病者の上に実に空虚で考えなしの空っぽな男であり、語ることなど何もない奴だったということなのかな。 珠世さんや愈史郎についてももっと知りたかった。 ワニ先生に外伝、スピンオフ描いていただきたいですね。 やはり、柱や人々を死なせすぎでした。 煉獄さんは早すぎたし、最終決戦だからというのは分かりますが、モブ要員や時透くんや玄弥の死に方は残酷すぎた。 メンタルやられまくり、夢にまで見てしまった。 甘露寺さんみたいなキャラクターも死んで欲しくなかった。 かなり引きずり中です。 柱たちをもっともっと知りたかったし深く掘り下げて欲しかった。 宇髄さんもあっという間に引退しちゃって。 死んだ人たちが幸せになったことを表現したかったんでしょうが、現代版はあまりしっくりきませんでした。 その後を見たかった。 鬼殺隊というかなり特殊なまとまりの中に生きていたので仕方ないのかもしれませんが、職場結婚が多すぎだなあとは思いました。 確かにお似合いではありますが。 青い彼岸花については、太陽を克服できた禰豆子を喰えばいいと思い直した無惨はもういらないと言ってましたよね。 だからもうそれほど重要なアイテムじゃなくなっていたのかも。 医者も含めてやっぱり平安時代の無惨の様子見たかったですね。 長々と失礼しました。

次の

伊黒小芭内は青い彼岸花なのか?誕生日や鳴女との関係や羽織から考察|ワンピースネタバレ漫画考察

青い 彼岸花 伊 黒

彼岸花の別名や方言は数多く、1000以上もあるといわれています。 その中の一つに 「蛇花」があります。 その由来とは、彼岸花の毒性が関係しています。 彼岸花には、花、茎、葉など全ての部分において毒があります。 その中でも 特に球根には多くの毒が含まれていました。 蛇花という別名も、この毒性から連想されたものでしょう。 彼岸花の開花時期 彼岸花が開花するのは9月の中旬から下旬です。 最近は品種改良によって7月から10月にかけて見頃をむかえるものもあるようです。 しかし原種はお彼岸の時期である、秋分の日前後に花が咲くようですね。 そして一方で、 伊黒の誕生日は9月15日です。 彼岸花の開花時期と同じであり、ここにも関係性がありましたね。 -------------------------------------------------- 伊黒小芭内に含まれる漢字の意味 また、伊黒小芭内という名前に含まれる 「芭」という漢字は花が由来のものです。 ここにも花との繋がりがありましたね。 ちなみに彼岸花の花言葉は 「思うはあなた一人」です。 甘露寺への一途な想いを大切にしている伊黒に、何ともぴったりな言葉なのではないでしょうか!? そしてその一途な想いが現れているのかもしれませんが、 やはり、このままでは終われない、なんとしても無惨を倒して平和な世界にしなければと、そこに命を懸けている思いがあるのでしょう! ただもし本当に伊黒と青い彼岸花が深い接点があり、青い彼岸花として覚醒してしまって無惨に喰われてしまったということにならないようにしてほしいですが…。 -------------------------------------------------- 伊黒小芭内と青い彼岸花は深い関係がある?設定や花言葉の不吉な伏線まとめ 漫画『鬼滅の刃』の伊黒小芭内と青い彼岸花との関係について考察しました。 彼岸花の別名は「蛇花」です。 また、彼岸花が開花する時期は9月の中旬から下旬にかけてであり、伊黒の誕生日の9月15日と重なります。 さらに伊黒の出身地には 天空の道と呼ばれる場所がありました。 彼岸花が 天上の花と呼ばれていることから、ここにも共通点があります。 青い彼岸花についてはその正体は不明です。 そんな中で、 彼岸花と伊黒にはいくつかの関係性がありました。 その青い彼岸花こそが伊黒本人、もしくはそれに関係している何かであるという説があるのも納得ですね。 本誌では無惨との最終決戦が行われています。 青い彼岸花についても近々明らかになりそうですね! 今すぐお得に漫画やアニメ を楽しみたいなら U-NEXTがオススメ!• お得に漫画やアニメを楽しみたい…• 過去の漫画やアニメを一気に見たい…• 仕事や部活、サークル活動などでテレビをタイムリーに見れないので、時間を気にせず好きな番組を見たい… このような悩みを あなたは持っていませんか? かつては私もこのような悩みを持っていて、どうしたら解決できるだろう、どうしたらもっと好きな漫画やアニメを楽しめるだろうと色々思考錯誤していました。

次の