まさか 偶然。 日向坂コールまとめ -まさか 偶然…-

日向坂コールまとめ -まさか 偶然…-

まさか 偶然

今宵のへべれけの舞台は、高知市神田にある居酒屋「八千萬ず(やちよろず)」。 雅な雰囲気漂う店内は、京都出身の藤ちゃんには落ち着く空間のようだ。 ご主人の池上 槙哉さん。 元々は別の場所で営業していたが、県外からのお客様も多く駐車場が欲しいという要望も多かったことから、現在の店舗に移転したそう。 藤ちゃん、本日はいきなり女性アルバイトに絡み始める。 出身地を聞くと、 なんと藤ちゃんのおばあちゃんちと同じ地域出身。 最寄り駅も同じでテンションが上がる藤ちゃん。 調子にのってこんなお願いを…これは厚かましい・・・ テンション上がりすぎて、のどが渇いたところで本日の一杯目。。 驚きの偶然もあり、お酒もさぞかし美味しいでしょう。 お通しは「芝エビと銀杏と月見豆の琥珀寄せ」。 今度は店主の池上さんに絡み始める藤ちゃん。 店主自体は三原村の出身だが、おばあちゃんが京都の城陽市出身とのこと。 あれ?城陽市?なにか聞いたことがあるぞ… そうだ、藤ちゃんの出身地だ! しかも地域まで同じというなんたる偶然! これで藤ちゃんのテンションがさらにヒートアップ!話をつまみにお酒が止まらないけど、お次の料理にいっちゃいましょうということで、 お次は「ウツボの薄造り」。 なかなか新鮮でないと食べられないウツボのお造り。 こりこりとした食感を楽しみながら これには日本酒ということで、定番の日本酒をいただく。 さらに日本酒に合いそうな貝と干物類が入った「とりあえず盛り合わせ」。 本日は、長太郎貝・ハマグリ・サザエ・大アサリ・アサリ・エビ・干物という豪華なラインナップ。 海鮮だけでなく、お肉料理もいっちゃいます「和牛らんぷ肉の炙りユッケ」。 ご主人の出身地である三原村の「しゅりの里」の卵黄をのっけていただく。 お肉も柔らかく絶品。 話にお酒に料理に大満足した藤ちゃん。 本日の〆は「ずわい蟹と松茸の雑炊」。 秋の味覚「松茸」と冬の味覚「ずわい蟹」を同時に楽しめる、贅沢な〆でした。 一日でたくさんの縁がつながる、びっくりな日でしたね。

次の

はなちゃんず(日向坂46) まさか 偶然… 歌詞&動画視聴

まさか 偶然

カテゴリー• 5,232• 2,934• 2,038• 1,445• 987• 691• 4,502• 357• 736• 493• 608• 664• 569• 1,000• 495• 366• 684• 1,426• 541• 678• 644• 464• 1,705• 850• 341• 785• 1,105• 1,169• 100• 101• 106• 267• 152• 133• 214• 156• 355• 205• 313• 193• 593• 528• 411• 308• 265• 166• 195• 251• 164• 483• 187• 236• 180• 195• 160• 329• 209• リンク• [ アンテナサイト ]• [ まとめサイト ]•

次の

はなちゃんず(日向坂46) まさか 偶然… 歌詞&動画視聴

まさか 偶然

アコースティックギターの目立つ3拍子の楽曲で、かなり凝ったコードも多いですね。 採譜がしんどかったです。 3拍子でありながらコードチェンジも割と多く、テンポから予想できないような様々な要素が詰め込まれた感じがします。 まず展開で少し変わっている部分として、Aメロ部分がサビの後にも必ず挿入される、という点があります。 楽曲中でサビが3回あるのに対して、Aメロ部分は6回あります。 弾き語りが映える部分でもあるので、繰り返されることで非常に印象に残りますね。 似た響きとして、Ddimも曲中で使われています。 F キーの中でC がベースなので、ドミナントのテンションコードのような形です。 珍しいコードワークではないですが、3拍子であることによって、非常に流れを感じられるようになっています。 ここでもベースのC と、半音違いのDが同時に鳴っています。 サビの最後に、不思議なというか、アンニュイなというか、独特なコードを持ってくることで、直後に来るAメロ部分がまた一層映えます。 全体的にノンダイアトニックコードがふんだんに取り入れられていて、非常に豊かな響きの楽曲という印象を受けます。 日本の楽曲らしさがあるといいますか、個人的にも非常に好みです。 最後に 今回は のコード譜を作成し、簡単に分析をしました。 2期生の富田鈴花さんと松田好花さんによるユニット「花ちゃんズ」の初の楽曲です。 2人の名前に「花」が入っていることから来ています。 多才なメンバーとして知られる2人で、楽曲の披露の際にはアコースティックギターを弾きながら歌う弾き語りを行っています。 フォークデュオのスタイルでの楽曲として、欅坂46の小林由依さん、今泉佑唯さんの「ゆいちゃんず」による作品が5曲あります。 先輩ユニットに倣った名前でもありますね。 ライブでは、最後の約10小節をアカペラで歌っています。 グループ内でも歌唱、演奏に定評のある2人の、最大の見せ場でもあるでしょう。 その放送の際、この楽曲が10小節ほど流れてしまうというハプニングがありました。 時々ネタにされていますね。

次の