産後うつ 辛い。 【体験談】産後うつの症状と原因!私が思う最善の対処法

産後うつの母親に言ってはいけない言葉ワースト5|ミィの脱産後うつブログ

産後うつ 辛い

産後、イライラしてワケもなく涙が出るのはなぜ? 産後の女性は、赤ちゃんを産むという大仕事を終え、心も体も疲れています。 そんな時、訳もなく涙が出たり、何気ない周囲の声にイライラいしたり。 産後のイライラ、気がついたら自然と涙がこぼれていた、、、それは、なぜでしょうか? 産後うつ 産後に発症するで、10~20%に生じるとされています。 1日中気分が沈む、日常生活の中で興味や喜びが感じられない、に何の感情もわいてこない、もなく体重が減る、/過多などがとなります。 (ズ)とは異なり、治療を必要とする病気です。 産後うつは、ホルモンのバランスの異常で起こると言われていましたが、最近では、ホルモンバランスだけが原因ではないとも言われています。 では、何が原因で起こるのでしょうか? それは、本人のもつメンタル的な既往性の有無、、、つまり、わかりやすく言うと、 妊娠前にうつ病や摂食障害、またはそれに近い症状が出たことがある人がなりやすいことがわかってきました。 他にも真面目な性格、手抜きができない人など、主に本人ももつ性質に起因するということ。 更に、人間関係や環境の変化なども原因の一つです。 昔は同居家族も多く、近所づきあいもあったため、地域で子育てするのは当たり前でしたが、核家族化が進み、一人で子育てすることに孤独を感じる人も少なくない。 また、今や高齢出産は当たり前。 出産しても仕事を続ける女性は多く、家事、育児に加え仕事のストレスも加わることや、体力的にも負担がかかりやすく、高齢出産の女性も産後うつになりやすいのです。 元気な時にはなんでもないことが、自分で心のバランスが取れなくなる。 産後10人に1人が発症する、治療が必要な病気です。 マタニティーブルー(ズ) 妊娠期間中や出産直後に見られる,軽いのことをいう。 の B. が名付けた。 いらいらする,ちょっとしたことが気になる,すぐに泣く,寂しい,疲れやすい,無気力,,食欲不振などの状態になる。 ほとんどはだが,なかにはやなどにまで進むケースもある。 妊娠・出産でのが崩れたり,生活が一変することで精神的ながたまることなどが原因。 夫の理解と協力は不可欠で,周囲の温かい思いやりが必要である。 では、マタニティブルー(ズ)とは何でしょうか? マタニティブルー(ズ)が産後うつと大きく違うところは、 回復が必早く一過性のもので、必ずしも治療が必要ではないということ。 (まれに、産後うつへと移行する場合もあるので、経過観察が必要な場合もあります。 ) マタニティブルー(ズ)は、ホルモンの急激な変化によって起こります。 その症状は2週間ほどで収まります。 しかし、中には症状が改善されず、そのまま産後うつに以降する場合も。 2週間たってもイライラがおさまらない、身体が思うように動かないなどの症状が見られる場合は、専門家に相談することが大事です。 産後クライシス 産後うつやマタニティブルー(ズ)が女性特有の症状に対し、産後クライシスは夫婦仲が悪化する現象のことを言います。 産後うつやマタニティブルー(ズ)は、女性の性質や、身体の変化によって起こる症状のこと、産後クライシスはそれらの症状よって引き起こされる夫婦関係が悪化する現象。 マタニティブルー(ズ)や産後クライシスは、周囲の協力、夫の協力が得られず、育児が孤独になることも原因の一つですが、産後うつは周囲や夫の協力があっても起こるもの。 どれもよく似た症状によって起こる問題ですが、産後うつに関しては、早めの受診が必要です。 産後のイライラや涙がでるのを解消するには 先ほどもお伝えした通り、産後うつは治療が必要なので、まず、これまでの人生の中でうつに似た症状が出たことがあった場合は、早めに専門家に相談を。 特に、 産後うつは産後約2週間の間に発症する場合が多いというデータもあるので、助産師さんや、保健師さんなど、出会う機会が多いうちに相談するのが得策です。 マタニティブルー(ズ)は、一過性のものなので、比較的回復は早いです。 自分なりのリラックス法を見つけたり、辛い時は家事を休むことも考えて。 繰り返しますが、マタニティブルー(ズ)は一過性のものなので、しばらくの間家事を手抜きしてもバチは当たりません。 (笑) 家事代行や産後ヘルパーさんなどお願いするのも一つの方法。 家事代行に抵抗がある場合は、宅配システムなど上手に活用しましょう。 産後ヘルパーさんをお願いする窓口は色々ありますが 「産後ヘルパー+地域名」でネット検索すると行政のサービスから一般の会社まであなたの住む地域であなたにあったサービスをみつけることができます。 まとめ 産後うつ、マタニティブルー(ズ)は産後の女性特有の症状。 産後うつは治療が必要、マタニティブルー(ズ)は2週間ほどで症状が収まり、自然と回復するのが一般的です。 しかし、マタニティブルー(ズ)から産後うつに移行するケースもあるので注意が必要。 産後クライシスは、女性だけでなく、産後の夫婦の問題。 産後の夫婦のしっかりとしたコミュニケーションが重要。 産後は身体の変化、環境の変化が大きくストレスをためやすいので、辛い時は早めに専門家に相談しましょう。 ご両親など、近くで頼れる相手がいれば素直に甘え、お金で解決できることなら、今だけと割り切って、行政や民間サービスに助けを求めること。 今日も最後までおつきあいいただきありがとうございます。 「合わせて読みたい記事:」• 産後のママは赤ちゃんのお世話に24時間掛かりっきり。 寝る時間、トイレに行く時間、ご飯を食べる時間もないくらい、忙しく毎日を過ごしています。 時には立ちながらご飯を食べたり、トイレも一緒に入る。 そんな中で、パ... 芸能人でも私たちと同じように悩みを抱えている人は意外と多いもの。 産後クライシスを経験された芸能人と言われているのは、、、 くわばたりえさん スザンヌさん 山田優さん 木下優樹菜さん などなど。 影響力のある芸能人だからこ... 産後、自分意外の誰か人に赤ちゃんを触られるのが嫌で嫌で仕方がない。 特に義母に触られることに抵抗を感じる人も少なくありません。 どうやったら、イライラが解消できるの? そんな悩みをお持ちのあなた、それはガルガル... 夫の育児協力ってこんなもん!?夫の育児協力にどこまで期待していいかわからない。 育児って二人でするものだと思ってたけど、なんでママだけ負担が大きいの? そんな風に思う気持ちわかります。 ママとパパの育児負担の... 守るものができると母は強くなる。 そして、守るべきもののために仕事をすることが生きがい。 仕事、楽しい! これは、私が子供を育てながら働き始めた時に感じたことです。 自分でもとても意外でした。 なぜなら、専業主婦で子育てするこ... 産後クライシスは全ての女性が経験するものでしょうか? いいえ、産後クライシスにならない人もいます。 あわせて読みたい産後クライシスの症状からみる危機にならなかった夫婦の特徴10選産後クライシスになる人とならない人の違いと... 毎日、家事に育児に忙しいママ。 我が子はとっても可愛いけど、育てていく責任上、しつけや教育に熱心になりすぎることも。 理想が高いママほど、子育てが自分の思い通りにいかなくて、イライラしてしまうもの。 誰もが一度や二度は、子供... 産後6ヶ月といえば、赤ちゃんの首も座り、表情も豊かになってくる頃。 ママとしての生活にも慣れて、心の余裕も出てきます。 そんな時、ふと我に返ると、自分の体型の変化や社会との関わりについて考え始め、新たな悩みの種に、、、... はじめまして!幸せ夫婦ラボ所長のうさぎです。 このブログは「夫婦仲がうまくいかなくて悩んでいる」「どうやったら夫婦仲を改善できるか?」「夫婦仲良く暮らしていくにはどうすればいいか?」「現状、何をやってもうなくいかない」というあなたに、真のパートナーシップについてお伝えしています。 実は私自身が過去に家庭崩壊、DV、借金、女性問題など、まるで昼のドラマによくあるジェットコースターのような人生を経験しています。 当時は、とにかく幸せになりたい!と思いながらやっとのことで生きている毎日でした。 そして、どうすれば夫婦仲良くできるのか、自己実現法や問題解決法、コーチング、心理学など様々なことを学びました。 なぜ、夫婦関係がうまくいく人といかない人がいるのか、いつもそのことばかりを考えていましたが、何を学んでも明確な答えにたどり着くことはありませんでした。 「私の人生はうまくいかない、そういう星の下にうまれてきたんだ・・・」と諦めかけたとき、ある思考法と出会いました。 それは、今まで聞いたことがない全く新しい思考法でした。 その思考法を学んだ結果、なぜ、私の人生がうまくいかなかったのか、どうすれば幸せになれるのかを理解することができました。 そして、過去に何をやってもうまくいかなかった私が、今では何をやってもうまくようになり、全く別人のような人生を生きています。 あなたも、悩みの人生から開放されて新たな一歩を踏み出しませんか?.

次の

【産後うつ】はいつまで?2回経験した私が辿り着いた心のリラックス法

産後うつ 辛い

「妊娠してからずっと情緒不安定。 いつまでこの状態が続くだろうか。 」 「旦那や子どもに当たってしまい、自分自身も辛い。 」 「産後うつはみんなどれくらいの期間続くの?」 産後の女性はみんな赤ちゃんが生まれて幸せいっぱい!というイメージが世間にはありますが、みんながみんなそうではありませんよね。 冒頭のように産後うつでお悩みの女性は想像以上に多いものです。 旦那さんから理解してもらえずに厳しい言葉を言われて余計に辛い・・という方も多いのではないでしょうか? この記事ではそんな産後うつの状態がいつまで続くのか、早く元どおりになるためにはどのようにすれば良いのかなどをご紹介します。 産後うつの症状で辛い思いをしているという方は参考にしてみてください。 産後うつってどんな状態? 産後うつは産後に憂鬱な気分になり、 何に対しても興味や喜びを感じないような状態が数週間続く事を指します。 「まさか自分がなるわけがない。 」と思っている方も多いですが、誰でもなりうる症状です。 症状の出方は人によって様々で、自分の赤ちゃんを可愛いと思えなくなったり、家事や育児を行う気力が全く起きなかったりします。 他にも頭痛やめまいなどの 身体的症状が強く出るという方もいらっしゃいます。 重度の場合には物事を悲観的にしか捉えられなくなり、自殺をしたいとまで思い詰めてしまう場合もあります。 産後うつになる人とならない人の差は? 産後うつを患いやすい方の特徴として、 もともと真面目で几帳面な性格であるということが挙げられます。 出産前まで家事や仕事を完璧にこなしていた方であれば、今まで通りに家事も育児も完璧にこなさなければいけないと思い、頑張りすぎてしまうのです。 他にも うつ病や摂食障害などの既往歴があるという方や、 緊急帝王切開などによって心の準備が出来ていないまま出産をした場合、また、障害を持って生まれた赤ちゃんのお母さんも自分を責めて産後うつの状態に陥りやすいとされています。 産後うつの症状はいつから? 産後うつの発症時期は一般的には 産後1ヶ月頃から発症する方が多いとされています。 ですが、産後すぐに始まる方もいれば数ヶ月後に始まるという方もいらっしゃいますので、一概にいつからという事は言えません。 症状の出方も軽度のものから重度のもの、だんだんと悪化していくものなど様々あります。 完治まではどのくらいかかるの? 一般的に産後うつはきちんと治療を行うことが出来れば1ヶ月ほどで楽になってくるという方が多いです。 共通して言えることは、どのような場合でも産後うつは 早期発見・早期治療を行なうことが重要であるという事です。 先ほどもお話しましたが、産後うつと言っても軽度のものから重度のものまであります。 放っておいて完治するものとしないものがあるということです。 早く治すための方法は・・? ここまでお話してきましたように、産後うつの回復には個人差が大きいという事がお分かり頂けたかと思います。 無理に早く治そうとする必要はないのですが、日常生活で心がける事が出来るポイントをご紹介しますので、参考にしてみてください。 ・きっちりやり過ぎようとしない。 自分では頑張っていないつもりでも体は疲弊していることもあります。 1日に1つからでもいいので、「まあいっか」と思えるようにしていきましょう。 ・病院での投薬 前半でもお伝えしましたように産後うつは放っておくと治らないものもあります。 薬のみではなく、病院で話をして客観的に自分の状況を理解出来るようになるという事も早く産後うつから回復するために必要な事です。 ・周囲にサポートを求める 産後うつは旦那さんや家族・周囲のサポートがあれば予防や軽減・改善させる事が可能となります。 なかなか理解をしてもらえない事もあるかも知れませんが、伝える事で得られる変化もあります。 周囲のサポートは産後うつを早く改善させるために1番重要であると言っても過言ではないです。 ひとりで考え込まずに相談してみましょう。 産後うつかも・・と思ったら 先ほどもお伝えしましたように、産後うつは早期の発見と治療を行うことが出来れば治るまでの期間を短くすることが可能となります。 異変を感じたらまずは 地域の保健師に連絡をしてみましょう。 そうすれば保健師から産後うつに対応してもらえる医療機関やサポートしてくれる施設を紹介してもらえます。 出産した病院で看護師や助産師に相談してみるのも良いでしょう。 治療としては薬を使う方法もありますが、一般的にはカウンセリングをメインで行う事が多いです。 まとめ 現代の家庭環境は昔に比べて産後うつを発症しやすい状態です。 昔に比べると核家族化が進み、ご近所付き合いも少なくなっているため、周りに頼れる人がいないという状況になりやすいのです。 他にも高齢出産が増え、出産による体のダメージが大きく疲労の回復が遅いという事も産後うつで悩む方が増えている原因となっています。 いま産後うつで悩んでいる方もこれから出産を迎える中で不安になっているという方も、このような現状を知った上で、自分ばかりを責めてしまわずに頼れるところは周囲に頼って少し肩の力を抜いてみましょう。 そうすることが産後うつの症状を改善させる近道となるでしょう。

次の

産後うつチェック!うつの兆候やマタニティブルーとの違い|医師監修

産後うつ 辛い

<その1>病気をきちんと理解する!産後うつによる不調は辛い マタニティーブルーは不安や憂うつな気分、また、涙もろさなどが出産後のまもない時期に現れて10日~2週間程度で治まる一過性の生理的なものです。 一方、産後うつの発症時期はマタニティーブルーよりも遅く、産後2~3週間ほど経った頃から数カ月の間に症状が現れるといわれています。 また、産後うつは適切な治療を受けずにいると回復までに一年以上かかることもあり、長期間にわたり育児ができない、最悪の場合には自ら命を落とすこともある病気です。 うつ状態では口数も少なく、何をするにもやっと動く状態で、周囲のことに過敏になることもありますが重症になると「どうでもいい」という気持ちになり、涙も出なくなります。 周囲は単なる疲れと思いがちですが、本人は意欲が低下して、やらなければならないとわかっているのに「できない」のです。 中には、食事も身の回りのことも一切できなくなり、寝込んでしまうこともあります。 産後うつは結果として短期間でよくなったとしても、 夫としては産後うつを軽く見ずに病気として理解することを心がけてください。 動きがないときも「しない」のではなく、「できない」という違いに気づくことは、妻の状態をより理解することにつながります。 <その2>正論をいっていない?話を聞くことは妻を受け入れることにつながる 日頃、妻の話をどのように聞いているか、少し振り返ってみましょう。 話したいこと、聴いてもらいたいことはたくさんあるのに、夫に話すと正論をいわれて結果として「自分(妻)の方が悪い」ということになってしまうといいます。 そのため、「傷つくので話したくない」というのです。 何らかの問題が起きたとき、男性は真っ先に問題の解決方法を考えることが多く、女性はその前に溢れる感情があり、その後に解決方法を考えるといった傾向がみられます。 男性は客観的な立場から分析しますが、女性からするとその冷静さが寂しい、どちらが正しいかのジャッジだけで自分の辛さをわかってもらえないと感じることが多いようです。 では、妻が望んでいるものはどんなことなのでしょうか。 すべての女性に当てはまる訳ではありませんが、 女性は話を聞いて感情をしっかり受け止めてほしいと望むことが多いです。 すべてがわかる訳ではないことを妻もわかっています。 ただ、 夫が話を聞こうとする態度、わかろうとする姿勢をもってくれることが大事なのです。 しかし、うつ状態になると普段は気にならないような些細なことが心配になってしまいます。 不安が強くなると何度も同じことをいうので、家族を疲れさせることもしばしばです。 何度も繰り返すのは不安が強いのでは、夫に理解してもらいたいことがあるのではないかと少し見方を変えてみるとよいでしょう。 また、「何度もくどい!」と感じると夫も心が乱されて辛くなります。 繰り返すのは不安だから?と捉え方を変えると妻への対応も変化し、夫自身も心が乱されることが少なくなるでしょう。 さらに、妻の状態をより理解することにもつながるので、捉え方を変えることは大切です。 <その3>できることからで大丈夫!具体的なサポートを続けていく 男性は、家事や育児をしようと思っても、いざとなるとやり方がわからず戸惑うことが多いものです。 手際が悪く、なかなかうまくできないため、結局は妻にやってもらうことになる場合も少なくないでしょう。 自分がやったことで、むしろ妻に負担をかけたと思うと辛いですね。 でも、 食器の片づけや洗濯などでもよいので続けましょう。 多少時間がかかっても、なかなかうまくできなくても、たとえ妻から厳しい意見があっても続けることが大事です。 そして、妻への気遣いを忘れないこと、体調を気にかける言葉や日頃からのさりげない声かけ、会話を大切にしましょう。 産後うつのようにうつ状態になると孤独感も生じることがあり、また、自分はいない方が周囲に迷惑をかけないと思うこともあります。 飾った言葉でなくてよいのです。 多少、ぎこちなくても 自分の中にある妻への思いを「具体的に言葉にする」ことを心がけてください。 妻が産後うつになったときには病気を知ることで妻の大変さを理解し、妻の話を聞き、育児や家事の中でできることを一つひとつやっていくことが重要です。 また、夫が一人で抱え込まず、他の人への相談や手伝ってもらうことをおすすめします。 通院に付き添い医師から病状の説明を受け、かかわり方のアドバイスを得るとよいでしょう。

次の