埋没法 取れない人もいる。 埋没で二重にした糸が取れる確率はどのくらい?取れた場合の対処法は?

二重整形後のメンテナンスは必要?二重の持続性と維持するために気を付けること

埋没法 取れない人もいる

まぶたが厚くてなかなか癖がつかない一重、アイプチやテープでかぶれてしまったまぶた…など二重になりたくて頑張っていても、なかなか思うような結果を得られなくてつらい思いをしていませんか? きっと一重で悩んでいる人なら一度は考えたことがあるであろう 二重整形。 中でも 埋没法は意外とやっている人も多く、価格が安いクリニックなどもあり気になりますよね。 私は中学生の頃からまぶたの厚い一重にずっと悩んできました。 アイプチやファイバー、テープなどできることはなんでも試してみましたが、理想の二重にはならず…。 せっかく二重を作っても出かけている途中で取れてしまい一重に戻る…なんてこともしょっちゅうで、とても悲しい思いをしてきました。 でも、やっぱり整形ってこわいですよね? このページでは、私が 埋没法で一重から二重になった時のお話をまとめています。 スポンサーリンク ずっとコンプレックスだった一重を埋没法で二重にすることを決意 二重の整形にはずっと興味がありましたが、実際調べてみると リスクや失敗などの口コミも多数あり、悪い面を見れば見るほど怖くなりなかなか踏み切ることができませんでした。 しかし実際やってみないと結局どうなるのかはわからないし、悩んでいるだけより行動してみようと思い 切らずに二重まぶたにできる埋没法の手術を受けることにしました。 二重に限らず整形について調べてみるとたくさんの情報があり過ぎて、何が良いのか悪いのかよくわからなくなってしまいますよね。 私と同じように調べてもよくわからない人の役にたてればと思い、とても個人的な感想ですがさっそく私の体験を書いていこうと思います。 クリニック選び 埋没法の手術を受けることを決意し、まずどこのクリニックでお願いするかを調べました。 価格が高いところ、比較的安いところなど病院によって様々です。 口コミや掲示板など、いろいろ調べていて思ったのは瞼を切って二重にする切開などと違い、埋没ならしっかりした病院ならどこもさほど技術に差はないのではないかということでした。 とはいえひどいところだと 線がガタガタだったり、 糸の留めている部分が出てしまったりということもあるそうです。 その為気になるクリニックを見つけたら 口コミなどのリサーチをし、カウンセリングはしっかり受け、気になることは事前に質問することを徹底しましょう。 病院の場所や値段、症例や口コミを見て悩んでいたのですが、私が検討していたいくつかのクリニックは価格的にはどこもさほど変わらなかったので私の場合は口コミが決め手となりました。 複数のクリニックの口コミを見ると、病院によっては 流れ作業のような感じでカウンセリングであまりしっかり話を聞いてもらえないところもあるようです。 私的には話や希望をしっかり聞いてもらえるのかが一番心配なところだったので、 カウンセリングでしっかり話を聞いてもらえるのか基準で調べて決めました。 そしてたまたま自分の住んでいるところから近く、口コミが良いクリニックを発見したのでそこに決めました。 CMなどでよく見る有名なクリニックではなく、 個人病院です。 さっそく予約の電話を入れ、カウンセリングをしてもらうことになりました。 私の希望は、 幅が広めで睫毛の生え際が見える感じ アイラインが埋まらない 二重です。 理想の二重に近い方の写真も見せイメージを伝えました。 (印刷ではなくスマホで…) 理想を伝え、 スポンサーリンク なので埋没法で作られた二重は、自分で作るような瞼をくっつけた状態の二重と同じ見た目にはならないとのことでした。 自分でまぶたに理想の幅で線をつけ見てもらったところ、先生が器具を使い再度線をつけ「 あなたの目だとこのくらいの幅が自然だけどね」とアドバイスを頂きました。 私はアドバイスを頂いても「でも幅広めがいいんです」と自分の意見を貫いてしまいましたが、こういう風に はっきり客観的な意見を言ってくれる先生の方が安心だと思います。 あと私の場合は蒙古襞があるので、 幅を広めにしたいなら切開の方がいいと…。 しかしこの時点では切開はするつもりがなかったので、埋没でできる限りの広めの二重にしてもらえないか聞いてみると、「 取れてしまうかもしれないことを覚悟してもらって、やってみましょう」ということになりました。 カウンセラーとのカウンセリング 医師とのカウンセリング後、女性のカウンセラーさん(?)とのカウンセリングでした。 私が行ったクリニックはカウンセリングが二重でした。 ここでもう一度、先ほど先生に話したような内容の希望を聞いていただきました。 そしてカウンセラーさんからは「 幅を広めにしたい場合まぶたを留める点数を増やしている方が多い」という話をお聞きして、少しでも理想の幅に近づくなら…と思い、 3点留めでお願いすることになりました。 恐らく、どこのクリニックでも点数を増やすと価格は上がると考えて良さそうです。 私は瞼が厚いので、瞼が薄めの一重の人よりはお金がかかってしまいました。 ひとつ気になった点としては、カウンセラーの方に「実際に二重を作る時は先生の感覚で決まってしまうのか、自分の意見も聞きながらその場で調整してくれるのか」を聞いてみたところ、 「先ほど聞いた希望を元に、医師の方でデザインさせていただく形になります。 」 とのことで、「自分の理想に近づけてもらえるのかな…」とそこが少し不安でした。 この時の私は整形に関して大した知識もなく、カウンセリング当日にすぐ手術を決めてしまいました。 が、本来は不安がなく、納得のいくまで いろいろなクリニックのカウンセリングを受け、慎重に決めた方が絶対に良いです。 少しでも不安要素は減らしていきたいところです。 埋没法の値段 カウンセラーさんとのお話の後、支払いを済ませてから手術という流れでした。 7万くらいで済むと思っていたので少しビビりましたが、これで悩みが減るなら…と決心しました。 私はカウンセリング当日に手術をお願いすることにしたので、お金を払ったらいよいよ手術です。 アイラインを引いても埋まってしまい、すごく太く引いてやっと見えるような一重ですね。 その他、悩んでいる方も多いであろう• まぶたの弾力がすごくて細いファイバーが食い込まない!ちぎれる!(2本使いが当たり前)• 片面タイプのアイテープは貼っても意味なし!(食い込まないから)• つけまに助けられて二重の線がやっとできる(自まつ毛はまぶたの厚さに押されすぐ下がる) という悩みもあり、とにかく 二重を作るという作業がストレスになっていました。 しかし一重でいるのも嫌だ…。 高校生の時からアイプチやアイテープを使ってメイクしたり、寝る時に癖付けをしたりしていましたが右目にうっすら線がつく程度で二重になる気配はありませんでした。 (特に左目の厚みが重症) 私の理想の二重は幅が広めの平行二重だったので ファイバーを一度に2、3本くらい使ったり、アイプチで無理に固定したりとても見た目の悪い二重だったと思います…。 目をきちんと閉じられません 笑 人と話すときも無理矢理作った二重でのメイクが恥ずかしく、相手の目を見て話すことができなくなりました。 二重を作る作業でメイクに時間がかかること、見た目の汚い二重になってしまうことがとても憂鬱で写真や鏡を見るのも嫌いでした。 埋没法を受けた今は、その頃のようにつらくなることもなくなり勇気を出してよかったなと思います^^.

次の

二重整形による二重の持続期間は?埋没法と切開法での違いを調査

埋没法 取れない人もいる

他院ではよくあるメニューらしいのですが、実のところこれはほとんど意味がありません。 本当にまぶたの脂肪をしっかり確実に取るのであるならば、最低でも5~15mmはまぶたを切開しなければならないので、それだけ切開するのならば、ほとんどの症例は小切開法で確実な二重が作れてしまうため、埋没法をする意味がないのです。 そもそも埋没法というのは、切開法に比べて腫れが少なく、ダウンタイムが短いためする人が多いのに、5~15mmも切開をして脂肪を切除したら、結局、切開法と同じだけ腫れるのです。 そして、その患者様のまぶたをみても、脂肪をとった痕はみられないのです。 これはおそらく、埋没法だけして、脂肪はほとんど取っていないのだと思います。 患者様に高い手術をさせれば、その分、医者やカウンセラーに歩合がつくため、脂肪取りも一緒に勧めるのでしょうが、高い金額を払わされたのに、いい結果がでてないので、患者様が可哀相です。 あと、埋没法で、高い料金を払うと手術に使う糸が代わったり、特殊なやり方をするなどと言ってトッピングを勧めてくるのも意味がないと思います。 じっくりとカウンセリングをして、その人にあった一番いい方法を勧めるため、余分な料金をいただくことはありませんので、ご安心くださいね。 手術時間 10分 20分 30分 術後の腫れ 直後でも極くわずか (個人差あり) 強い腫れは約1週間 (個人差あり) 強い腫れは約1~2週間 (個人差あり) アイメイク 3日後より可能 約1週間後より可能 約1週間後より可能 手術の痛み 麻酔クリームをぬってから麻酔の注射をするのでわずか 麻酔クリームをぬってから麻酔の注射をするのでわずか 麻酔クリームをぬってから麻酔の注射をするのでわずか 二重の永久性 腫れぼったい目、目を開ける力が弱い人、アトピーや花粉症で目をよくこする人、幅広い二重をつくった場合はとれることがある。 永久に二重はとれない 永久に二重はとれない 腫れぼったい目の場合 腫れぼったさを取ることはできない。 脂肪を少しとってすっきりすることができる。 脂肪をたくさんとってすっきりすることができる。 幅の広い二重をつくる場合 取れない場合もあるが、時間と共にだんだん幅がせまくなったり、ラインが浅くなってきてとれる場合がある。 半永久に幅の広い二重を維持できる。 半永久に幅の広い二重を維持できる。 幅の狭い二重をつくった場合 半永久に二重がとれない場合が多いが、元の目が腫れぼったい場合は数年でとれることがある。 半永久に二重を維持できる。 半永久に二重を維持できる。 しかし、ダウンタイムがあまりとれないなどの理由で、埋没法をする事になりました。 術後は、希望通りのやや広めの平行型二重になり、一重まぶたでかぶさっていた皮膚が上に挙がった分、目の開きが良くなり、目が大きくなりました。 もし仮に、ミニ切開法をしていたら、まぶたの脂肪を少し取って、まぶたの腫れぼったさをもっと改善することができるうえに、内部処理を行うことにより、目の開きをさらに良くすることができ、よりくっきりした二重をつくることができます。 埋没法をした後でも、切開法はいつでもできるので、いつかミニ切開法をすると、より理想的な二重がつくれます。 この方は20代の女性で、元々狭い平行型の二重があり、自然でそれなりによかったのですが、目を開けた状態で見た目の二重の幅が1mm程しかなく、アイラインを書くとほとんど一重のようになってしまうのが不満で、御本人様は幅の広い平行型に憧れており、手術することになりました。 埋没法でも幅の広い平行型はつくれるのですが、広い二重だと元に戻りやすいということと、切開した方がはっきりした二重になるので切開法を選択しました。 それほどまぶたの腫れぼったさはなかったので、全切開法ではなく、よりダウンタイムの少ないミニ切開法で行いました。 術後は見た目の二重の幅が3mm程になり、しっかりとアイラインを書いてもまだ二重の肌色の部分が出るくらいになり、術前と比べても目が大きく見えるようになりました。 術前の狭い平行型と、術後の広い平行型を比べて、どちらが好きかと言われると好みが分かれるところです。 最近の若い女の子の間では広い平行型の方が人気がありますね。 担当医からのコメント 森本剛 医師 毎日のアイプチで、まぶたの上に不自然なクセができてしまっていた方です。 幅広の平行タイプを希望されていました。 この方のようにまぶたに厚みのある場合、埋没法だと戻ってしまう心配があるため、全切開法を選択。 まず、まぶたの脂肪をしっかり取りました。 全切開したことでしっかりと二重のラインが刻まれ、目がパッチリと開くようになりました。

次の

埋没法で失敗するとこんな結果に!失敗事例を画像でご紹介

埋没法 取れない人もいる

埋没法でよくある失敗「想像以上に腫れが酷くて手術後の生活が困難」 二重整形の埋没法は、別名プチ整形と呼ばれるほど、 メスを使わないお手軽な二重整形術として知られています。 しかし、メスを一切使わないと言っても、針を使って糸という異物を目元の皮膚に入れ込むことで多少なりとも傷を付けることには変わりがない為、 術後は必ず腫れが出ます。 もちろん、なるべく腫れがでない方法が模索され続けてはいるのですが、どうしても 誰もが全く腫れないという施術は不可能なのです。 また、この 腫れの度合いにも非常に個人差があり、おおかたは、一週間もすれば目でみてわかる範囲の腫れがほとんど引いていく反面、中には術後日数がかなり経過しているにもかかわらず、一向に腫れが引かない人も少なからずいます。 これは 泣いた時に目が腫れて目立つ人やそうでない人が分かれるように、 体質による差は大きく、どの程度腫れやすいかは手術前に 完全に把握する事が難しい部分でもあります。 埋没法では「腫れにくい」事を強く広告しているクリニックも多く、腫れない事を期待して手術を受ける人も多くいるため、このように腫れが思っていたよりも引かない状態となると、術後の生活が困難になってしまい、二重整形したことを徐々に後悔し始めてしまうというケースがあります。 この厄介な「術後の腫れ」がなかなか引かないという状況については、腫れやすいかどうかという体質以外にも、以下のような原因で引き起こされる場合があります。 元の瞼が厚く、埋没法のみでの施術に不適当だった 二重整形の埋没法は、瞼を糸で留めるだけの施術方法のため、 本来、瞼が薄めの人に向いています。 元々の瞼の脂肪が多く瞼の厚みがある人の場合、糸で結んだだけでは中々キレイな折り目が付きにくいという面もありますが、更に糸で留めたとしても瞼の重さで支えきれなくなり、糸が瞼に食い込んでしまうことから、瞼の腫れがいつまでも引いていき難い状態になるというデメリットもあります。 そのため、こういった特徴の瞼の人には、ほとんどのクリニックのドクターが切開法のみで二重にするか、あるいは、 目頭だけを少し切開し、瞼の脂肪や厚みを少し薄くしてから埋没法と併用するなどの対処法をすすめられる形となります。 しかし、やはり切開となると心理的な障壁も高く、また価格も高くなる事から、リーズナブルな費用とお手軽さに惹かれ、そのまま埋没法のみで施術を行ってしたがる人も少なくありません。 医師によっては良い結果とならない施術を断るケースもありますが、施術を受ける人の意思を優先するクリニックの場合には、結果的に無理やりな埋没法施術を行う事となり、前述のようなトラブルが発生する形になります。 埋没法のみで綺麗な二重を作るには、元の自分の瞼の厚みなどの要素が重要となりますので、最初のカウンセリングで埋没法のみでは難しいかもしれないとドクターからアドバイスされた場合、 費用面や御手軽さだけを重視せず、より自分に適切な二重整形施術法にて行うことを検討するようにしましょう。 目元を無意識に弄り過ぎてしまっている 二重整形後に腫れが引かない原因の1つに、「目元の弄り過ぎ」が考えられます。 二重整形の術後は、目元に常に違和感がある為、ついつい気になってしまうのは誰しもに起こることです。 この違和感により、無意識のうちに目元を擦ってしまったり、弄り過ぎてしまうことで、瞼付近に雑菌が入り、炎症が悪化してしまうのです。 さらに、 術後の弄り過ぎが悪影響を与えやすいのが、 アイメイクと クレンジングです。 二重整形の術後は、クリニックによっては翌日からOKとしているところもありますが、 これは、スッピンに近いレベルのライトメイクの場合であって、ディープなアイメイクやクレンジングは腫れが引くまで避けるべきです。 普段からアイメイクをがっつりする習慣のある人にとっては、腫れが引くまで待ちきれず、つい焦っていつも通りのアイメイクをしてしまい、そのアイメイクの成分が刺激になっていることもありますが、さらにそのメイクを落とすために目元を強めに弄ってしまったことも腫れを悪化させる要因となります。 こうしたリスクを防ぐためにも、 二重整形後しばらくはメガネをかけるなどして、 メイクそのものを行わないで済むようにする事や、 直接まぶたを触ってしまいにくい状況を作る事がおすすめです。 二重のラインが理想と全く違う 埋没法は瞼を糸で留めるだけの施術の為、 元々のまぶたの構造から大きく離れたような二重まぶたのラインは、中々実現が難しいものとなります。 そのため、白人のように大きめの二重幅にしたい場合の施術法としては、現実的に向いていません。 しかし、埋没法の施術を受けた人の中には、まるで別人になれるほどのぱっちり、クッキリとした二重瞼に変れる、という期待をもってしまっている人も少なくありません。 こういった、元々理想としていた二重のラインと、実際に手術で出来た二重のラインに違いが出来てしまうという事を避けるためには、術後の仕上がりについて、とことん担当ドクターと話合うようにしましょう。 基本的にはどこのクリニックでも整形後の二重ラインについてシミュレーションを行ってくれますが、 シミュレーションの時にはとにかく自分の言いたい事は全て伝えて、医師に理想のイメージをしっかり伝えられるようにしましょう。 それでももし手術後の二重瞼の形がイメージと異なっていた場合は、二重瞼の仕上がりを調整してもらえるように、施術を受けたクリニックに再度申し出てみることです。 多くのクリニックでは術後の修正に対する補償などを設けているため、その範囲で修正を行ってもらえる可能性はありますし、伝えていたイメージと明らかに違う仕上がりの場合には医院側の判断で調整ややり直しを受けられる可能性もあります。 ただし、埋没法で作った二重瞼のラインはまぶたの腫れが完全に落ち着く1~2か月間の間については徐々に動いていく可能性があるものなので、手術直後の腫れが引いていないタイミングであれば経過を見守るようにしましょう。 結果的にやはり再手術が必要になるとしても、手術後に変化していく度合いもしっかりと認識しておいた方が、理想の二重のラインをシミュレーションするためには良いといえます。 一番問題が悪化しやすいパターンが、手術直後の腫れが残っている段階で他のクリニックに相談する事で、手術を行った内容も詳しく分からず、また腫れが残っていると二重のシミュレーションもやりにくくなるため、この状態で再度手術を行ってしまうと、より理想とかけ離れた状態になってしまう可能性もあります。 まずは 一度完全に腫れが引くまでの経過を見守り、その上で手術を行ったクリニックに相談する方法が、リスクを回避するためには重要です。 周囲からの視線が気になる 施術を行う前は、パッチリ二重に憧れる気持ちが先行して、行動の方が先に出てしまったものの、実際に二重整形を行って数週間経ってみると、だんだん 職場や学校など周りの人達からの視線が気になってきてしまった... という人は、思いの外少なくありません。 この場合肝心なことは、まず、貴女自身が術後の二重の状態を気に入っているかどうかです。 もし、気に入っているのであれば、一時的にあなたの変化に周りが驚いているだけですので、可能であれば、二重整形を行ったことを堂々とカミングアウトしてしまう方が後々の事を考えると気が楽です。 しかし、気に入ってないのであれば、埋没法は施術のやり直しが比較的簡単な方法ですので、自分が気に入った幅にきちんと修正してもらいましょう。 あるいは、思ったより二重になった自分の顔があまり好きでなかった、ということであれば、せっかく費用を払って二重瞼にしましたが、クリニックで留めた二重の糸を抜糸してもらい、元の瞼に戻してもらうようにしましょう。 また、もし「美容整形」という事がバレるのをとにかく避けたいというのであれば、一定期間、二重のメイクを利用して「あくまでもメイクで二重にしている」という印象を作る事も有効です。 元々まぶたが薄ければ、メイクをしていたら自然と二重のクセがついたという事で周囲に納得してもらう事も可能ですので、一つの言いわけとして利用してみて下さい。 顔のバランスが悪くなってしまった 当たり前ですが、 顔のパーツというのは「目」だけで成り立っているわけではありません。 人間の顔とは、目、鼻、口、これらの全てがバランスよく揃って初めて綺麗な形になるもので、パーツそれぞれの大きさや形、配置が影響しあって見た目の印象になっています。 つまり、埋没法を行なったことにより、結果的に人から綺麗になったと言われる顔になるには、 自分の鼻や口との全体バランスを考える必要があります。 この点に関しては、事前カウンセリングを担当ドクターと綿密に行うことで、回避することが可能です。 近頃のクリニックでは、専用のシミュレーションモニターを使って、術後の顔もある程度リアルな状態で再現してくれます。 必要であれば目だけでは無く、段階的に他の部分も施術を検討していくようにすると良いでしょう。 もし、そのモニターの結果と、実際の施術結果があまりにも異なるようでしたら、施術をお願いしたクリニックにもう一度やり直しを申し出ることが一番の解決策となります。 すぐに糸が取れてお金だけかかってしまった 埋没法のよくあるトラブルのひとつに、瞼を留めてある糸がすぐに取れてしまったということが挙げられます。 埋没法は、あくまでメスを使わず、糸で留めているだけの方法のため、こういったトラブルは珍しいことではありません。 ただ、いくら珍しくない事とわかっていても、あまりに早期に糸が取れてしまっては何のために二重整形を行ったのか分かりませんよね。 現在の ほとんどのクリニックでは、こういったトラブルのフォローの為、埋没法の無料保証期間を設けています。 この保証期間内であれば、仮に糸が取れても無料で施術のやり直しに応じてくれます。 むしろ、糸が取れやすいリスクがある埋没法で、この メンテナンスを行ってくれないクリニックでは施術を行わない方がいいでしょう。 しかし、このアフターフォローに関しても、前述のように元々埋没法に向いていない厚さの瞼の人が、無理やり埋没法を行ってしまった場合は、メンテナンスの対象外とされることもあります。 予め術後に糸が取れた場合はどうなるのか、施術を行うクリニックにアフターフォロー内容をよく確認してから施術を決断しましょう。 信頼できる医師を探して後悔しない埋没法を 今回ここでは二重瞼の埋没法で二重整形を行って、後悔した理由についてケース別にお話させて頂きましたが、 施術を 後悔している人たちに共通している点は、「 担当ドクターとの事前コミュニケーション」です。 実は埋没法自体は、そう難度の高い施術ではありませんので、大手のクリニックなどでは、比較的経験の浅いドクターが担当するケースも少なくありません。 経験が浅いドクターであれば、確実に公開する結果に繋がるの?といえばもちろんそういうわけではありませんが、やはり手術の技量や知識は経験に伴って蓄えられていくものなので、リスクが高くなるという点は否めません。 また、経験の浅いドクターは、患者さんへの説明もまだそこまで熟練されていないことがあり、事前カウンセリングで行き違いが起こってしまう確率が高くなる事なども、上記であげたような失敗が発生しやすくなる一因です。 もちろん予算のこともある為、なかなか難しい面もありますが、ご自分の大切なお顔のことですので、後々後悔しないよう、たかが二重整形埋没法と油断せず、しっかりと施術経験が豊富で信頼できるドクターにお願いするようにしましょう。 まとめ いかがでしたか?今回は、二重整形の埋没法で後悔してしまった人の理由と、事前に知っておきたいリスクと回避方法を詳しく解説させて頂きました。 昨今、二重整形の埋没法は、まるで マツエク感覚でお手軽に二重になれるというイメージにもなってきている面があり、肝心な術後のリスクや注意点などをよく考慮せず行ってしまった人に、施術を後悔してしまった人が多く見受けられます。 いくら手軽な術式であったとしても、 麻酔、針、糸などを使い、手術というものを行うことには変わりありませんから、二重整形を受ける皆様も、リスク対策や他人バレ対策などの事前準備を万全に行い、施術に取り組まれるように意識し、失敗のない二重整形を受けられるようにして下さいね。 目・二重の整形の関連コンテンツ.

次の