山田裕貴 父親。 山田裕貴の父親の山田和利は元プロ野球選手!兄弟や母親はどんな人?

山田裕貴 父がヤバい!若い頃の写真がソックリ!写真はこちら

山田裕貴 父親

コンテンツ• 出身はあの「みゃー」っていう田舎都市!? 会話の語尾に「みゃー」といれる都市といえば…そう、 山田裕貴さんは名古屋出身です。 山田裕貴さんも地元ではそんな方言を使っているのでしょうか。 特技である「機動戦士ガンダム」主人公アムロ・レイの声マネを名古屋弁でやって貰ったら面白そうですね(笑) でも名古屋の知り合いに聞いてみると実はあの喋り方は名古屋市内ではなく三河方面や瀬戸方面など名古屋の郊外の言葉で、名古屋は尾張言葉といってもともとは上品な方言があったようです。 名古屋にいってみると通常の会話で「みゃー」は使わないらしく、友達同士でふざけあって自虐的に使う程度らしいです。 それでも日常会話で「みゃー」を多様するのは名古屋出身ではないと言ってました。 みのもんたのバラエティ番組「秘密のケンミンSHOW」のショートドラマ「辞令は突然に」で使われる各地方の方言もどことなく極端に強調しすぎていて不自然さがある…あんな感じなんだと思います。 出身校はあの名門高校… 山田裕貴さんの出身高校は名古屋市内の私学である 東邦高校。 東邦高校といえば選抜高校野球の愛知県代表として何度も出場している 野球の名門校です。 そこで山田裕貴さんも高校球児として熱い汗を流し青春を過ごした…訳ではなく(ガクッ!)でした。 それでも 小・中学校時代はプロ野球選手を夢見る野球少年だったそうです。 特技は野球としているのに高校では野球を諦めバレーボール部に所属していたそうです。 その理由は「 プロ野球選手になれないから」というもの。 東邦高校などの高校野球の強豪校となると部員数は半端なく多く、地方から優秀な生徒をスカウトして寮生活で3年間を過ごす部員もいたり、ライバルが多く入部したらレギュラーになれるという保証もないですから。 レギュラーになれないならほぼ完全にプロへの道を断たれたも同然。 でも野球が好きだから野球部を続けるという選択肢もあるのですが、山田裕貴さんの場合それだけプロになることにこだわりがあったとも言えます。 そこにはなんとお父さんの影響があるようです。 スポンサーリンク 山田裕貴の父親はプロ野球選手だった! そう山田裕貴さんの父親は 元プロ野球選手の山田和利さんです。 現在は広島カープの二軍守備・走塁コーチをしていますが、高校は同じ東邦高校で当然ですが野球部。 そのときの野球部は残念ながら甲子園には行けませんでしたが、お父さんはプロ野球ドラフト会議で中日ドラゴンズから4位指名で入団しています。 甲子園で活躍できなかったのにドラフト指名されるってことは、将来有望な選手であるとスカウトマンが目をつけていたんですから凄いことです。 それも地元球団の中日ドラゴンズに指名されたというのは華々しいことだったと思います。 お父さんの山田和利さんは31歳で現役を引退。 山田裕貴さんが6歳のときです。 自分の父親がプロ野球選手といえばヒーローです。 眩しかったんだろうと思います。 このとき迷うことなく、 自分もプロ野球選手になれるものと信じて野球に明け暮れていたんだと思います。 もうこの頃から役者になることを決めていたのでしょうか? 2014年の映画「ライブ」で初の主役に抜擢されたとき高校時代を振り返り「プロ野球選手になれないなと思い、高校でやめてしまったけど、 悔しかった。 有名になったろ、というのは人よりもあったかも」とコメントしています。 妹が背中を押してくれた! 父のように「有名になったろ」と思っても実際に役者を目指すことは頭に思い浮かばなかったようです。 野球ばかりの生活をしていたのですから、まさか芸能界という選択肢は思い浮かばなかったようです。 芸能界に入る切っ掛けは妹さんでした。 妹さんがタレント養成学校の ワタナベエンターテイメントカレッジ(WEC)のオーディションを受けるよう勧めました。 妹さんが背中を押してくれたんです。 山田裕貴の進むべき道は役者だと。 高校卒業と同時に東京のWECに進んでいます。 WECは2年制の学校で、卒業生には志尊淳、ブルゾンちえみ、イモトアヤコや最近人気の四千頭身なんかがいます。 どちらかというとお笑い系で活躍の人が目立っているのかな?そんな環境があったから特技の「ガンダムのアムロ・レイの声マネで名言を言う」が生まれたのかも! 本人曰くは「いや、なんか…そういうことやっていかないと世に出ていけないのかなと…」と。 これ真剣にそう思っているようです。 田中裕貴さんの真摯な態度が伺えれますよね。 俳優デビューは2011年の「海賊戦隊ゴーカイジャー」 そして山田裕貴さんは2年の養成プログラムの卒業間際に芸能事務所「ワタナベエンターテイメント」に所属するためのオーディションでグランプリとなり 2010年に芸能界入り。 翌年の2011年に テレビドラマ『 海賊戦隊ゴーカイジャー』のゴーカイブルー(ジョー・ギブケン役)で俳優デビューしています。 戦隊モノってイケメン俳優の登竜門。 小さなお子さんを持つママさんたちの熱い支持を受けることにより大きく成長していくのですから。 スポンサーリンク 始球式でのインタビューで涙した。 感涙の言葉… 数々のドラマや映画に出演し、役柄の多様さから若手俳優の中では珍しく「カメレオン俳優」と呼ばれるようになった田中裕貴さん。 2018年8月には名古屋ドームで行われた中日対ヤクルト線の始球式に登板することになります。 ユニフォームの背番号は父・田中和利と同じ30番。 子供のころ憧れたプロ野球のスタジアムで見事ノーバウンドのど真ん中ストライクを披露。 始球式が終わった直後のインタビューでは・・・ 「 野球をあきらめて俳優を目指してからの夢が、いつか始球式に登板することでした。 今日は父が優勝した時に付けていた『30番』のユニフォームを着させていただいて、母も妹も、そして野球をやっていたころのチームメイトも見に来てくれました。 親父の背中を追いかけていた頃を思い出しました」と語りつつ、思いがけず、涙が溢れることに。 cinemacafe. cinemacafe. その野球をあきらめ俳優の道を選び「やっとここまで来た」自分を振り返り感無量になったのだと思います。 実際、俳優としてここまでやってきた過程に「 悔しい想いをたくさんしてきた」と話しており、芸能界に入れたとしても、活躍できるのはその中の一握りだけだろうなと肝に銘じていたといいます。 受けては落ちてのオーディションの繰り返しで挫折しそうになったときでも「自分には無理じゃないか」とは絶対に口にしないようにしていたとか… そうしないと心が折れてしまうと思っていたそうです。 まとめ 以上、俳優の山田裕貴さんについて調べてみました• 山田裕貴さんは小中学校時代はプロ野球選手を目指す野球少年だった• 出身校は名古屋市で高校は野球の名門、東邦高校。 高校では野球をあきらめた。 理由は「プロ野球選手」になれないと悟ったから。 プロ野球選手になりたかった一番の理由は父親が元プロ野球選手の田中和利だから。 中日に東邦高校からドラフト4位指名され内野手として活躍。 高校卒業後の経歴はタレント養成学校「ワタナベエンターテイメントカレッジ」の入学オーディションを受けたことがキッカケ。 実は妹のアドバイスで俳優を目指すことになる。 卒業間際に芸能事務所「ワタナベエンターテイメント」の俳優オーディションでグランプリとなり2010年に芸能界入り。 俳優デビューは2011年の『海賊戦隊ゴーカイジャー』のゴーカイブルー。 2018年8月のプロ野球「中日とヤクルト戦」の始球式に登板しインタビューで感涙した。 「野球をあきらめて俳優を目指してからの夢が、いつか始球式に登板することでした」 「親父の背中を追いかけていた頃を思い出しました」 これからもカメレオン俳優ぶりを発揮しどんな演技を披露してくれるか楽しみですね。 期待しています! 最後までご覧いただきありがとうございます。

次の

山田裕貴の父親はプロ野球選手!母の職業は?中学高校から野球上手い?

山田裕貴 父親

生年月日:1990年9月18日 出身:愛知県名古屋市 血液型:O型 身長:178cm 所属:ワタナベエンターテインメント 特技:野球・バレーボール 趣味:スポーツ全般・サブカルチャー 役作りのため菅田将暉さんとジムに通い見事なボクサー体系を作り上げ、さらに筋肉に磨きをかけました。 鍛え上げられた腹筋も話題になり、写真集は大ヒットしています。 山田裕貴の経歴 山田祐貴さんは高校卒業後、芝居の勉強をするために「ワタナベエンターテインメントカレッジ」に入ります。 D-BOYSは、ワタナベエンターテインメントが定期的にオーデションを行い、新メンバーを集めているイケメン俳優集団。 団員には、甘いマスクで話題のイケメン俳優、瀬戸康文さんや志尊淳さんも所属しています。 D-BOYSは、可愛らしい甘いマスクのイケメンが多数所属しているという魅力的な集団です。 山田祐貴さんは、そのD-BOYSに所属し、数々のテレビドラマや舞台などで活躍していおり、このところはテレビに出っぱなしですね。 「 海賊戦隊ゴーレンジャー」 でデビューして以来、NHK大河ドラマ 「 おんな城主直虎」 「 闇金ドッグス」 「 となりの怪物君」 「 僕たちがやりました」 など、ヒーローからクセのある役、恋愛物の当て馬役など、その役柄によって印象が変わり、様々な役柄をこなせる俳優さんなので、今年もドラマの出演が途切れないようです。 スポンサーリンク 山田裕貴の父親は元プロ野球選手の山田和利!? 実は、山田祐貴さんの父親は、元プロ野球選手の 「 山田和利」 さんという事実が判明しました。 山田和利さんは、中日ドラゴンズや広島東洋カープに在籍していました。 現役引退後はコーチを務め、現在は広島二軍の守備、走塁コーチを務めています。 いまだにプロ野球にかかわっているというのはやはり実力があったんでしょうね。 山田和利さんの、選手時代の通算成績は、 出場366試合・打率262・102打点・出塁率341 となっています。 俊足を活かした 出塁率の高さと 打撃力に定評があった選手ですが、 故障が原因でプロ野球選手を引退されています。 息子である山田祐貴さんも小中学校時代は、父親を目標に野球をやっていたそうです。 山田裕貴の家族構成は? 山田祐貴さんの家族構成は、 父、和利さんと 母、 妹の 4人家族。 家族仲は良いようで、山田祐貴さんのSNSやインタビューからもその仲の良さが伺えます。 そんな仲の良さもあり山田祐貴さんは妹さんからの情報で「ワタナベエンターテインメントカレッジ」のオーディションを受けました。 もし妹さんの一言が無ければ今の山田祐貴さんはいなかったという事ですよね。 デビュー後も演技の評価など、妹さんの意見を参考にされているそうです。 そういう会話ができる兄妹って良いですよね。 山田祐貴さんが出演したドラマや映画を観ていて、父の和利さんは、 「童顔だから迫力が足りないかな、でも演技はよかったよ」 など、感想をメールなどで送ってくれるそうです。 家族が応援してくれる環境って素敵ですよね。 父親が野球選手で、息子がイケメン俳優なんて、羨ましご家族ですね。 ご両親の育て方もきちんとされていたようで、山田祐貴さんの現場での評価は高く、 礼儀正しくて明るい性格だそうです。 スタッフやエキストラにもちゃんと挨拶をするそうで、共演者からの評判もとても良いようです。 スポンサーリンク 山田裕貴がプロ野球選手の夢を断念? 中学までは父親に憧れて 野球少年だった山田祐貴さん。 お父さんのレベルから比べて自 分はプロの野球選手にはなれないと、野球を 断念しています。 「道は違うけれど、父親が自分の事をプロとして認めてくれている。 それが俳優としての原動力になっていると思います」 とお話しされていて、芸能活動を行ううえで、これを心の支えにされているそうです。 素晴らしいですね。 山田祐貴さんが、ただのゆとりイケメン俳優では無い。 という事がわかってきました。 山田裕貴の高校は? 山田祐貴さんの出身高校は 「 愛知県私立東邦高校」 です。 きになる偏差値は 「 52」くらいです。 部活動が盛んで、特に硬式野球部は甲子園で優勝経験があり、全国的な強豪校として知られています。 お父さんの母校でもある東邦高校に進学しましたが、在学中は バレーボール部に所属しています。 理由は先ほどもお話ししましたが、父を超えられないという理由で野球は断念されています。 ちなみに東邦高校出身の有名人は、奥田瑛二さん、伊武雅刀さんがいます。 スポンサーリンク 山田裕貴の彼女は川口春奈? 山田祐貴さんには、女優の川口春奈さんとの熱愛の噂があります。 お二人は2016年に放送されたドラマ「受験のシンデレラ」で共演しています。 その中で制服デートやドキドキのシーンがあり、二人はつきあっているんじゃないの!?と、視聴者から熱愛疑惑が浮上しました。 実際には、山田祐貴さんと川口春奈さんに熱愛関係があったというような事実は無く 、あくまで噂だったようです。 演技が上手すぎて本当に見えてしまったという事ですね。 山田裕貴の好きなタイプの女性は? 山田祐貴さんには、元カノでは?と噂されている女性関係について調べてみます。 まず 市道真央さん。 「 海賊戦隊ゴーカイジャー」で 共演されていますが、 あくまで噂のようです。 また、2016年3月まで「ZIP!」でレギュラーを務めていた、 にわみきほさん。 こちらも二人に熱愛の 証拠はありません。 こちらも 噂だったようですが、 市道真央さん、にわみきほさん、川口春奈さん、噂があった女性は、目が大きくて唇がふっくらした正統派美人タイプですね。 山田祐貴さんご本人がお話しされている好きな女性のタイプは、 「一緒に大笑いができる人」だそうです。 また「天真爛漫でちょっと変わった子」「年上の方も明るい人がいい」とも言っているようです。 少し変わったタイプの女性がお好みのようですが、元気な感じの女の子が好きそうですね。 山田裕貴の父親はプロ野球選手の山田和利!家族構成まとめ ドラマに立て続けに出演している山田祐貴さん。 お父さんは、 元プロ野球選手の 山田和利さんでした。 山田祐貴さんは、プロ野球選手になる事を中学生の時に断念されていますが、俳優としてプロの道を進んでいます。 お父さんは今も野球コーチをされており、 家族構成は 父、 母、 妹の 4人家族でした。 家族仲も良く、山田祐貴さんの俳優としてのお仕事も順風満帆に見えますね、羨ましい限りです。 今のところ、女性関係も噂ばかりで本当の彼女は発見できませんでした。 つまらないスキャンダルでドラマに出られなくなったりしないでほしいですよね。 山田祐貴さんの今後の活躍も期待しています。 カメレオン俳優として色んな役を演じている姿を観たいですね。

次の

ゴーカイジャー出身・山田裕貴って誰?父親は元プロ野球選手だった!

山田裕貴 父親

もくじ• 経歴・プロフィールの詳細 2009 年にワタナベエンターテインメントカレッジに入所。 2010 年に若手俳優集団の D-BOYS に加入。 2011 年の「海賊戦隊ゴーカイジャー」で俳優デビュー。 2012 年のドラマ「 GTO 」に出演して注目される。 以降も「スターマン」や「 N のために」、「ホテルコンシェルジュ」などの 話題作の連続ドラマに出演。 2014 年の「ライヴ」で映画初主演を果たし、「ホットロード」や 「ストロボ・エッジ」などの作品にも出演している。 2017 年の「3人のパパ」で連続ドラマ初主演。 山田裕貴の学歴~出身高校・大学の詳細 スポンサードリンク 出身高校:愛知県 東邦高校 偏差値52(普通) 山田裕貴さんの出身校は、私立の共学校の東邦高校です。 同校は部活動が盛んで、特に硬式野球部は甲子園で優勝経験もあるほど 全国的な強豪校として知られています。 ちなみに2019年のセンバツ高校野球で同校が優勝した際には、山田さんは次のようにコメントしています。 「甲子園という舞台には特別な想いがあり平成元年の優勝に始まり平成最後を締めくくる優勝、自分の事のように感動しています」 山田さんは幼少期から野球をやっており、父親の和利さんの母校でもある 同校に進学しました。 (高校時代) 中学生の頃まではプロ野球選手が目標でしたが、同校在籍中に野球選手としての 限界を悟り高校では野球をおこなわなかったことをインタビューで明らかにしています。 「野球の道は挫折し、東邦高校で野球をすることはありませんでしたが現東邦野球部のコーチでもある当時クラスメイトだった親友を甲子園に応援しに行った事をとても鮮明に覚えております」 ただし部活動はおこなっており、バレーボール部に所属しています。 また山田さんは意外にも高校時代は非常にシャイだったことをインタビューで話しています。 「でも、高校時代を思い出すと、女の子と話すだけで顔が真っ赤になっていたり、連絡先を聞くことだけで2、3時間悩んでいたこともあったから、そこはヤマケン(役柄)に近い部分があったのかもしれませんね(笑)」 なおシャイだったのはそれまで野球に打ち込んでいて、女の子とどう接していいのかわからなかったそうで、高校時代にはじめて付き合った女の子とも手をつなぐのに4か月もかかったそうです。 (高校時代) また山田さんは高校時代に初キスを経験していますが、それも自分からはできなかったことをバラエティ番組に出演した際に明らかにしています。 彼女から「誕生日プレゼントはなにがいい?」と聞かれた際に、「チューがいいです」と答えてしてもらったとのこと。 このあたりにも山田さんのかなりシャイな性格が窺えるところですね。 加えて野球は断念してしまいましたが、有名になりたいという気持ちは強く、高校時代に俳優になろうと決意しました。 そのきっかけとなったのは父親だったとインタビューで話しています。 「父親が遠征から帰ってきて家族みんなでテレビや映画を観る時間がすごく好きで。 父親がテレビに出ているのを観ながらカッコいいとも思っていました。 だから、野球選手としてテレビに出ることはできないけれど、役者としてだったら出られるかもしれないと根拠のない思いつきが浮かんで…」 【主な卒業生】 奥田瑛二(俳優) 伊武雅刀(俳優) そして山田裕貴さんは高校卒業後は 大学などに進学せずに、俳優を目指してワタナベエンターテインメントカレッジに入所します。 ただしその際には「漠然と大学に行きたくない」という気持ちがあったことを述べています。 同校は芸能プロダクションのワタナベエンターテインメントが経営する養成所で、俳優や声優、歌手やタレントを育成しています。 俳優の中村昌也さんや陳内将さんらも卒業生です。 当時の山田さんはファーストフードや居酒屋でアルバイトをしながら演技を学んだり、エキストラとして作品に出演しています。 また当時はくじけそうになったことをインタビューで明らかにしています。 「毎日、くじけそうでしたね。 周りも「頑張れよ」と言いながらも「たぶん、無理だろう」という雰囲気を出されていたし、「山田が俳優になれるわけがない」という目で見られているのもビシバシ感じていましたし(笑)。 でも、僕には「絶対、夢なかばで地元には帰らない」という大きな覚悟があったので、くじけることはありませんでした」 山田さんは卒業後に D-BOYSに加入するという幸運にも恵まれて、順調に俳優としてのキャリアを重ねていきます。 ちなみに D-BOYSのオーディションの際には、地元の友達が協力してくれたことをインタビューで明らかにしています。 「上京するときに、地元の友だちには『絶対にテレビに出るような役者になるから!』って宣言して出てきたのに、落ちたら(地元に)帰らなければいけない。 そういう僕の覚悟を知っているから、友人たちもみんな協力してくれて、投票してくれたんですよね。 事前のファン投票で1位を獲得できたのは、地元の友人たちのおかげです」 オーディションの期間中は山田さんは毎日10㎞くらいも走っていたそうです。 そして21歳の時に戦隊モノの「海賊戦隊ゴーカイジャー」に起用されて知名度が上昇。 「ゴーカイジャー」の貴重な映像がありましたので、ご紹介いたします。 ちなみにこのドラマで「ゴーカイレッド」を演じているのは小澤亮太さんです。 その翌年には「ボクらが恋愛できない理由」でテレビドラマ初主演。 同じ頃には人気アーティスト「GreeeeN」の「愛し君へ」のプロモーションビデオにも起用されています。 また24歳だった2014年には「ライブ」で映画にはじめて主演しています。 以降は数々の話題作の連続ドラマや映画に出演しています。 スポンサードリンク 山田裕貴の学歴~出身中学校の詳細 出身中学校: 名古屋市立若水中学校 偏差値なし 山田さんの出身中学校は名古屋市千種区内の公立校の若水中学校です。 中学時代は名古屋市内のシニアリーグ「名古屋北シニア」に在籍しており、中学校の野球部には所属していません。 ちなみに所属していたチームは全国大会の常連という強豪チームでした。 山田さんは当時のポジションはピッチャーでしたが、このチームではレギュラーになれませんでした。 また足は速かったのですが、非力で打力が弱かったこともレギュラーになれなかった理由だったようです。 中学時代もプロ野球選手を目指して野球に打ち込んでいましたが、前記の通り限界を感じて野球は中学校限りでやめてしまっています。 「どうしても野球では結果が出せなくて「プロ野球選手の息子なのに」と言われることも多く、コンプレックスを抱えていたんです」 とは言え俳優になった後にお父さんも所属したプロ野球中日ドラゴンズの始球式にも起用されています。 小学校・中学校時代を通じて野球をやっていたので、当時は坊主頭でした。 坊主頭の時はあまりモテませんでしたが、中学3年生の時に野球を引退したので髪を伸ばしたら、急にバレンタインのチョコレートをもらうことができたので女性不信になったことをインタビューで話しています。 「丸刈りだったときはチョコ 0個だったのに、引退して髪が伸びたら 7個ですよ。 女のコが見ているのは外見か! と」 当時の心境は複雑だったようで、一時期女の子が嫌いになったとも語っています。 また山田さんは中学2年生の時に初恋の人とデートに行くことができましたが、何もできずにフラれてしまったとのこと。 さらに高校時代に付き合うことになる彼女については、山田さんは中学時代から5回も告白してようやく付き合うことになっています。 スポンサードリンク 学歴~出身小学校の詳細 出身小学校: 不明 山田裕貴さんの出身小学校は、名古屋市内の公立校のようですが校名などは不明です。 ただし有力とされる出身中学校の校区からは、以下の2校の可能性が考えられます。 名古屋市立高見小学校 名古屋市立春岡小学校 家族構成は両親と妹の4人家族です。 父親はプロ野球の中日ドラゴンズや広島カープで活躍した山田和利さんです。 ちなみにお父さんも若い頃はイケメンでした。 現役時代はケガが多くプロ野球選手としては大成はできませんでしたが、当時からセンスの良さは際立っており、勝負強いバッティングでここぞという場面では頼りになる選手でした。 父親の影響で山田さんも小学校の頃から、地元名古屋市内のリトルリーグに所属して硬式野球をはじめています。 「父親がプロ野球選手だったので、当たり前のように自分も野球選手になるものだと思っていました」 また家族全員がテレビドラマや映画が好きだったことから、子供の頃から芸能界に興味があったそうです。 なお小学校時代の山田さんは非常にやんちゃで、「小さい頃から悪童として知られていた」と自身について述べています。 さらに小学校時代には恐竜と天体が大好きで、野球の練習から家に帰ると「宇宙の仕組みはどうなっているんだろう」とか「宇宙人が目の前に現れたらどうしよう」などということを想像して胸をドキドキさせていたとインタビューで話しています。 また当時はプラネタリウムが大好きで夜になると星空をずっと眺めていたことから、「魂」や「宿命」といった精神世界についても興味を持ったとも語っています。 以上が山田裕貴さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。 俳優としては戦隊ものなどの出演を経て、話題の連続ドラマにレギュラーで 起用されるほどになりました。 現在でも若手人気俳優のひとりとして数えられ、数々のドラマや映画にも 出演しています。 (なつぞら・広瀬すずと) このところはNHKの大河ドラマや朝ドラにも起用されるほどです。 また映画ではたびたび個性的な役どころが話題になっています。 (闇金ドッグス) (あの頃、君を追いかけた) 演技には定評がありますが今後はさらに演技力を磨いていけば、俳優としても大成する可能性も 秘めています。 大きな飛躍にも期待です。 スポンサードリンク ここまでお読みいただきありがとうございました。 ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。

次の