東京電力 解約。 東京電力の料金プランの特徴は?新電力への変更方法、解約方法を紹介!

東京電力を解約したい!解約方法・手数料・注意点まとめ

東京電力 解約

東京電力エナジーパートナー スタンダードSの特徴 スタンダードSは時間帯によって単価が変わらない標準的なプランです。 電気使用量が増えると3段階で料金単価が上がるので使いすぎには注意です。 24時間同一の料金単価が設定されているので、昼間でも多く電気を使うご家庭などにおすすめです。 料金 基本料金(月額) 区分 単位 料金単価(10%税込) 10A 1契約 286円00銭 15A 429円00銭 20A 572円00銭 30A 858円00銭 40A 1,144円00銭 50A 1,430円00銭 60A 1,716円00銭 電力量料金(2017年11月以降) 区分 単位 料金単価(10%税込) 最初の120kWhまで 1kWh 19円88銭 120kWhをこえ300kWhまで 26円46銭 300kWh超過分 30円57銭 割引・ポイント還元• 電気料金は、特に記載がない限り税込8%の価格となっております。 本サービスが提供する料金プランに関する情報は、各電力会社(発電事業者、小売電気事業者、媒介・取次・代理業者のことをいい、以下、本サイト上では同様とします)が自己のウェブサイト等にて公表しているある特定時点の情報をそのままの内容で当社が独自に収集したものです。 利用者様が閲覧される時点での電気料金及び他サービスを含む割引金額並びにポイント/電子マネーによる還元額(以下、「電気料金等」といいます)や利用者様の経済的な利益の実現、期待について、本サービスは何ら保証するものではありません。 本サービスにおいて提供する電気料金等に関する情報は、当社において十分な注意を払った上で提供をしておりますが、当該情報の内容に関する正確性・妥当性・適法性・有用性及びその他一切の事項については、各電力会社より公表された情報にのみ依拠するものであり、本サービスは何ら保証するものではありません。 利用者様がこれらの情報によりいかなる損害・損失を被った場合でも、当社は一切の責任を負わないものとします。 当社では、各電力会社の料金プラン/サービス等に関するご質問にはお答えできません。 各電力会社に直接お問い合わせください。 また、最新・詳細な情報は直接電力会社のサイトでご確認ください。 マンションで一括受電の方はご利用頂けません。

次の

東京電力エナジーパートナー(東京電力EP)の解約手続きは?解約手数料・解約違約金はかかる?

東京電力 解約

の電気・都市ガスの解約方法は、以下のような流れとなります。 同一住所で電力会社を切り替える場合の解約と、引越しによる解約の場合とでは解約方法が異なりますので、注意しましょう。 また、東京電力EPのは、対象の電気料金プランの契約が必要です。 対象の電気料金プランを解約して 都市ガスのみ使い続けることはできません。 電気・都市ガスのどちらか一方の切り替えを検討しているのであれば、電気・都市ガス両方の見直しをオススメします。 同一住所で電力会社・都市ガス会社を切り替える場合 手順はひとつです。 切り替え先の電力会社・都市ガス会社を選び、契約手続きをする(電力会社切り替えの場合は「」を、都市ガス会社切り替えの場合は「」をご利用ください)。 同一住所で、東京電力EPから他の電力会社・都市ガス会社に切り替える場合は、切り替え先の電力会社・都市ガス会社が東京電力EPの解約手続きを行うため、 ご自身での解約手続きは不要です。 引越しで電力会社・都市ガス会社を切り替える場合 都市ガス このまま東京電力EPの都市ガスを使う場合 1)東京電力EPに連絡をし、住所変更の手続きをする。 2)引越し先で使用する都市ガス会社に、新住所での都市ガスの使用開始手続きを行う。 引越しにより東京電力EPの住所変更、および解約する場合は、東京電力EPへ ご自身で手続きを行う必要があります。 利用開始・停止の2営業日前までに、から申し込み手続きを行いましょう。 受付可能期間外の方や引越し元の家屋解体を伴う申し込みの方は、まで連絡をしましょう。 参照: 東京電力EPの解約に、解約手数料・解約違約金はかかる? 解約手数料は? 原則かかりませんが、新たにメーターを設置してから1年未満でメーターを撤去する場合などは、料金が発生する可能性があります。 解約違約金は? 電気料金プラン「プレミアムプラン」を契約期間内に解約した際は、期中解約金が発生します。 2年契約の場合、契約期間満了日から遡った2ヶ月の間以外に解約する場合、原則として、期中解約金(5,000円)がかかります。 1年契約の場合、契約期間満了日から遡った2ヶ月の間以外に解約する場合、原則として、期中解約金(3,000円)がかかります。 引越し先でも同プランを契約する場合や、引越し先がサービスエリア外の場合は期中解約金は発生しません。 解約を申し込んだ後は、 前回の検針日から最終使用日までの電気代・都市ガス代が日割りで請求され、選択した支払い方法によって清算が行われます。 口座振替とクレジットカード支払いを選んでいる場合は、引越し後、最後の清算が終了するまでは口座・クレジットカードの解約をしないように注意しましょう。 参照: 電気料金の場合 電気料金の支払方法は、口座振替・クレジットカード支払い・振込による支払いの3つの方法から選ぶことができます。 支払い方法によって、最終分の支払い時期が異なっています。 振込 自由化前の電気料金プランの場合 解約日の翌日に払込用紙が送付されます。 新しい電気料金プランの場合 送配電事業者より検針結果を受け取った翌日に、振込用紙が送付されます。 全国の銀行や郵便局、コンビニエンスストアで支払いが可能です。 一部取扱いのない店舗もあるので、詳しくはをご確認ください。 東京電力EPの解約まとめ 東京電力EPの解約方法についてご紹介しました。 東京電力EPの解約を検討されている方で、まだ新しく契約する電力会社・都市ガス会社を決めかねている方は、エネチェンジをご利用ください。

次の

東京電力引越し 解約手続きする方法 立ち合いは必要?

東京電力 解約

今回は『東京電力の利用停止手続き』について書かせて頂きます。 テーマに関していつもと趣向が違うではないかと思われると思いますが、自分の引っ越しが近づいてまいりましたのでいろいろと手続きを行っている中で『これは書かなくては!』と思う事がありましたのでペンを取らせて キーボードを叩かせて 頂いた次第であります。 引っ越しの際に誰もが経験すること、それは電気や水道、ガスなどのいわゆる公共料金の手続きだと思います。 シェアハウスや寮などに入居する場合以外は必ずと言っていいほど必要になってくる作業だと思います。 そして作業、必ずと言っていいほど面倒くさく感じるものでもあります。 多分ですが『電気とかガスとか水道の契約とか解約の手続き大好きなんだよね!』という人は滅多にお目にかかれないのではないでしょうか。 少なくとも僕はまだ出会ったことがありません。 そしてこの電気ガス水道の申し込みや解約手続きは一昔前が電話で行うのが主流でしたが、現在はなるべくインターネット web で行ってくださいね!という風潮に変わっています。 ものすごく単純に考えて電話オペレーターの人件費を考えるだけでもインターネットで完結してほしいと思うのは当然だと思います。 しかもこういった電気会社の電話ってなかなか繋がらないの通説で、それはそれは待たされることになるのです。 そんな経験を踏まえて、待たされるのが嫌なので僕もインターネットで手続きを済ませようとしたわけなのですが、これが非常にわかりづらいことになっているのです。 何度か画面を見て挑戦したもののこれはダメだと思い、一度僕は電話をかけた方が早いという判断の元、電話での手続きをしようと電話をかけました。 今回の僕の目的は『停止』のみです。 ここから僕はそれなりの地獄を味わう事になります。 待てど暮らせど繋がらない電話の後に違う番号にかけてくれと言われる始末 早速東京電力に電話をして手続きを行おうと電話をかけたわけですが、もちろんまったく繋がりません。 これは覚悟していたことでもあります。 そして頃合いを見て流れる『お待たせして申し訳ありません』のガイダンスと共にインターネットでのお手続きをご利用くださいと流れるのですが、それを試して要領を得なかった僕には関係がありません。 かなり待った後にようやくオペレーターに繋がりました。 そして停止の手続きをするために個人情報をすべて伝えます。 そして一応言っておこうと思い、インターネットでの停止手続きが非常にわかりづらかったのでお電話しているのですが、そういった問い合わせは来ていないのですか?と質問しましたら『わたくしも何度もそういったお問い合わせ受けています』という回答が。 『それなら改善してくれ!』という言葉を飲み込みながら、このオペレーターの人が悪いわけではないと自分に言い聞かせました。 しかし事件が起こります。 どうやら僕の契約していた電力プランはこの電話ではできないらしいという事がすべて情報を話した後に発覚したのです。 オペレーターの人がこれから伝える電話番号に電話してくださいと仰られたので、いやいやこのまま転送して頂きたいのですがとまずは伝えました。 また個人情報を伝える手間もきついし何よりまた繋がらないで呼び出し音をずっと聞くことになるのがものすごく嫌でしたので。 しかし転送はあえなく失敗し、自分でかけてくださいということでそのオペレーターとの電話は終話となりました。 そして教えられた電話番号に電話をしたのですが、これがまた劇的に繋がらないのです。 歴代一位じゃないかと言うぐらいずっと呼び出しの音楽のままなのです。 あまりに長いので、もう一度インターネットで手続きをしてみるかと呼び出し音を鳴らしながらインターネットで電気の解約停止手続きに再チャレンジしてみたのです。 そして『これじゃないんだよなぁ』と思っていた部分にダメ元で入力をしてみたのですが、このダメ元が功を奏しなんと無事にインターネットで電気の停止手続きを行う事が出来たのです。 東京電力の電気の停止解約をインターネットで行う時の手順 画像付き スマホで東京電力のHPを開くとまずこんな感じページが表示されます。 そして次のページに進むとこのページがひょうじされるのですが、停止や解約をしたい場合はもちろん『web申し込みフォーム』からお申し込みくださいと書かれいるわけなので、この『web申し込みフォーム』を当たり前にクリックするわけです。 そう書かれているし開始と停止が同じ入り口になっているのでこうするしかないのです。 しかしですね次に表示されるページがこちらを混乱させるのです。 次に進むと下のような画像になるのですが、停止手続きをしたいだけなのに、『お引っ越し先の地域を入力してください』という欄しか出てこないのです。 解約・停止をするだけなのに新たな住居の住所なんて関係ないでしょうが!と思うのはきっと僕だけではないと思います。 小さく『停止手続きの人は~』的な注意書きもないですし。 僕はこのページで躓き何度もトップページに戻り停止の手続きに進むべきページがあるはずと奮闘していたのです。 しかしですね、答えはダメ元で入力したらすぐに見つかったのです。 この『お引っ越し先の地域を入力してください』に現住所、つまり電気を停止した地域を入力したのです。 するとこれまでの苦労がなんだったのかと言うぐらい、次のページで簡単に停止の続きへと進めたのです。 そしてこの後は画面に表示されている指示に従って進んで頂ければ大丈夫です。 停止のみをクリックするところがあるので、そこをクリックすれば、現在電気を使っている情報を打ち込むことになるので、そのまま手続きができます。 停止のみを選択すれば、最初の『お引っ越し先の地域を入力してください』はなかったことになっている感じです。 とりあえず今電気を使っている地域を入力すれば大丈夫なのです。 というか入力しないと次に進めません。 僕は引っ越し先では他社で電気を契約するつもりなので、引き継ぐ必要がなかったので停止のみを希望したのですが、最近はこういった人も増えてきていると思うので、このフォームだと本当にわかりにくいと思います。 そしてさすがに途中で切電したものの、このフォームへの入力作業を行っているかなりの間、呼び出し音を鳴らしていたけどオペレーターにはつながらなかったです。 仕事の休憩時間にかけても繋がらない可能性大だと思います。 それならばwebの方をもっとわかりやすくしないとと思います。 それとも僕が個人的につまずいただけなのだろうか。

次の