かなそくアンテナ。 テレビの画面が映らないときはどうすれば良い?原因と対処法

3代目スバルXVはルーフレールを付けるべきか?そもそも必要なの?

かなそくアンテナ

2020年以降のマーケット状況や移動通信に求められる要求条件を考慮し、移動通信システムのさらなる高度化として、第5世代移動通信システム(5G)の検討が世界的に進められている。 本稿では、複数の5G研究団体や学会などで議論されている5Gのユースケース[1],[3],[5]を踏まえた要求条件および技術について5Gの概要として述べる。 5G要求条件 〜高速・大容量化、超多数端末接続、超低遅延、超高信頼性などを検討 既に複数の5G研究団体、学会、移動通信関係各社で5Gのユースケースや要求条件が検討されており、白書[6]として数多く発表されている。 5G関係者の多大なる尽力により、複数の5G研究団体間で、大枠としてほぼ共通のユースケースと要求条件が見いだされるに至っている。 一例として、日本の電波産業会(ARIB)の2020 and Beyond Ad Hoc(20B AH)グループにて2014年に発表された白書[1]に記載されているユースケースと要求条件に関する図を引用し、図1と図2に示す。 以下に、大枠として世界の共通の認識となっている5Gのユースケースを考慮した要求条件の概要を述べる。 図1:5Gにおけるユースケース例[1] (1)高速・大容量化 現在、LTEの普及が世界的に進み、LTE-Advancedの導入も一部地域で開始されている。 これらシステムにより、移動通信システムの高速化、大容量化が図られ、スマートフォンの普及に伴うトラヒックの増加に対しても、当面はユーザーニーズを満たすことができると考えられる。 これらのユースケースを想定すると、2020年代のトラヒック量は、2010年のトラヒック量から1000倍に増加すると予想されており、5Gシステム容量はこれをサポートすることが大容量化の要求条件となっている。 また、これらの大容量コンテンツをユーザーが快適に利用できるようにするために、高速化の要求条件は10Gbps以上の速度を達成することが要求条件となっている。 (2)超多数端末接続 現在、人と人の通信やサーバー上のコンテンツを人が利用する人と物の通信が主要な通信形態であるが、IoT(Internet of Things)やM2M(machine to Machine)通信に代表される、物対物の通信に対する期待が高まっている。 電力・ガスなどのメーターに対する通信モジュールの設置は現在、普及段階にあり、農業、畜産業、建築物に対するセンサーの設置に対する要求も高まっている。 2020年代には、これらの普及がより一層進むと考えられ、さらに、多種多様なものに通信モジュールを設置することで、ユーザーに対する利便性の向上、セキュリティ向上、コスト削減などの効果が期待できる。 特に自動車や電車などの輸送機器に対する移動通信の期待は高く、自動運転含むドライバーのサポートや、娯楽、安全性の向上等のユースケースがよりいっそう重要視される。 家電や家屋、オフィスに対する遠隔制御やセキュリティ確保もより普及すると考えられる。 また、ウェアラブル端末のような人に対する通信手段も多様化すると考えられる。 眼鏡型端末が代表例としてあげられるが、2020年代には触感通信も実用化されると考えられており、触感を利用したサービスの普及も予想される。 また、ヘルスケアのために衣類などにセンサーと通信機能をもつデバイスを設置するというようなユースケースも考慮されている。 これらユースケースの多様化を考慮すると、現状と比較して極めて多くの端末が存在すると考えられており、5Gに向けては現状の100倍以上の端末接続をサポートすることが要求されている。 さらに、低遅延かつ高信頼性が求められるユースケースも挙げられている。 車対車通信による事故回避や、ロボットの遠隔制御等が高信頼性のユースケースとして挙げられている。 これらのユースケースを踏まえ、遅延に関してはend-to-endでミリ秒オーダーの低遅延が要求され、特に無線区間においては1ミリ秒以下の伝送遅延が要求される。 更に高信頼性に関しては、99. 999パーセントの信頼性が求められる。 ただし、これら低遅延、高信頼性の実現を常にどこでも実現することは、技術的には可能であっても、ネットワーク構築費用的には非現実的であり、特定のユースケースでのみ実現可能とする等の考慮が必要とされている。 図2:5Gにおける要求条件[1] (4)省電力化、低コスト化 省電力化の要求はあらゆる産業や社会に於いて重要視されており、ICT産業に於いても例外ではない。 ICT産業の発展に伴い、ICT産業のしめる電力消費の割合は増加傾向にあり、無視できない状況である。 更に通信事業者のシステム運用のコスト低減のためにも、省電力化は非常に重要な要求条件となっている。 低コスト化については、過去あらゆる世代の移動通信システムで定性的な要求条件として考慮されており、5Gに向けても重視する必要がある。 特に、トラヒックの延びが顕著な現状において、通信事業者の収入増加は逆に鈍化傾向にあり、5Gに向けてはより一層の低コスト化が求められる。 現段階で、省電力化および低コスト化に関する要求条件として、その定義の仕方とともに具体的な要求条件の数値が世界的に明確になってはいないが、省電力化および低コスト化は5Gの重要な要求条件として考慮されている。 5G無線技術 〜高周波数帯の利用や超多素子アンテナ技術が有力候補に 多くの5G研究団体にて、5Gに向けた無線およびネットワーク技術の検討が精力的に進められており、要素技術の候補が数多く挙げられている。 本稿では技術の詳細に関する説明は省略するが、世界的に着目されている無線伝送技術の複数の方向性の内、最も興味を持たれている高周波数帯の活用と、超多素子アンテナ技術について概要を述べる。 (1)高周波数帯の活用 前述の高速大容量化の要求条件を満たすには、無線アクセス技術の進歩だけでは達成は困難であり、さらなる小セル化とともに周波数の拡張も必須である。 特に、10Gbpsの伝送速度を達成するには、数百MHz以上の周波数帯域幅が必要である。 その一方で、これまで移動通信向けに利用されてきた数百MHzから3GHz程度の周波数帯は、移動通信はじめ多くの無線システムで既に利用されており、これらの周波数帯での追加周波数割当は世界的に困難な状況である。 ましてや、数百MHz以上の周波数帯域幅をこの周波数帯で新たに5G向けに割り当てることはほぼ不可能といえる。 そこで5Gでは、これまで移動通信に用いられていなかった準ミリ波からミリ波までも考慮した高周波数帯の利用と、それを可能とするための技術への期待が高まっている。 具体的には、最大100GHzまでを対象とした検討が進められている。 高周波数帯は、空間伝搬に伴う減衰が大きく、かつ、直進性が高いため、セル半径は小さくなり、建物、樹木、人等による遮蔽の影響が大きくなる傾向があることから、移動通信での利用に対しては今まで不適切とされてきた。 5Gの要素技術としては、これらのマイナスの要素を克服できるものが必要である。 着目されている技術の一つとしては、後述する、多数のアンテナ素子を用いた無線伝送方法に大きな期待が集まっている。 5Gの高周波数帯を利用するための技術開発に向けては、高周波数帯の移動通信環境での無線伝搬特性を明らかにする必要があり、更にそれをシミュレーション評価に用いるための高周波数帯の伝搬モデルを開発する必要がある。 現在、多くの企業、大学、研究プロジェクトで、その測定、解析およびモデル開発が進められている。 (2)超多素子アンテナ技術 多数のアンテナ素子を用いることで、ビームフォーミングと呼ばれる技術により電波の送信を鋭いビーム状にして送信することが可能となる。 これにより、無線伝搬減衰の大きい高周波数帯でも、その減衰量を補償して、数百メートルの距離までサービスエリアを確保することができる。 5Gに向けては、超多素子アンテナをより積極的に使用することで、その多重数を増やし、更なる高速・大容量化を図ることを目指している。 この技術は一般にMassive-MIMOと呼ばれている。 ビームの形成は現状は水平方向のみを対象として運用されているが、現在の3GPPの標準化作業では垂直および水平の双方を考慮したビーム形成を前提とした議論が進められており、5Gに向けての超多素子アンテナにおいても、垂直及び水平方向のビーム形成を前提として検討されると考えられる。 前述の通り、5Gでは準ミリ波およびミリ波の利用が期待されているが、超多素子アンテナは高周波数帯との親和性が良い。 具体的には、ビームフォーミング技術を利用するアンテナ構成では、アンテナにおける素子のサイズおよび素子の配置間隔は波長に比例する。 これにより、高周波数帯用のアンテナでは、アンテナ素子は小さくなり、配置間隔も狭くなる。 つまり、広周波数多様のアンテナでは、アンテナ素子を密に配置することができる。 結果的に、それほどアンテナのサイズを大きくせずに、実装できるアンテナ素子数を増やすことができ、さらなるビームフォーミングゲインを得ることができる。 5Gの無線技術としては、上記の他にも、ユースケースに応じた新たな信号波形技術、超低遅延を実現するための無線フレーム構成やネットワーク構成、既存もしくは現在標準化中の技術からのさらなる拡張技術等、多くの技術が提案されている。 参考として、ARIB 20B AHの白書に記載されている、5Gの無線要素技術の全体像を図3に示す。 図3:5Gにおける無線要素技術全体像[1] 5Gモバイルネットワーク技術 〜ネットワークのソフトウェア化を中心に検討 5Gのモバイルネットワークの実現に向けて、無線だけではなく有線も含めたネットワーク全体のアーキクチャにおける技術開発の重要性も各国で指摘され検討が進んでいる。 我が国では、5GMFのネットワーク委員会がそのミッションを担い、特に、エンドツーエンドのアプリケーションの品質を考慮し、無線部分の遅延削減や帯域の増強の長所を活かすための有線技術の議論が必要な点、また、無線同様に有線部分でも極めて高いリソース制御の柔軟性が求められることなどが要件として定義されている。 このうち特にネットワークソフトウェア化は、従来のSDNやNFVを超える広い範囲のソフトウェア化を提唱する意味が込められており、ネットワーク仮想化でよく言われているスライス(ネットワーク・計算能力・ストレージなどのリソースを面で割当てた単位)を(1)水平方向に拡張しNFVでいわれるMECをさらにUEやクラウドまで拡張しソフトウェア化するスライスの水平拡張、(2)垂直方向にもSDNで言われる制御プレーンだけではなくデータプレーンのプログラム性も含む垂直拡張、そして、(3)同時に全ての技術要素をソフトウェアだけで構成するのではなくアプリケーションに応じてソフトウェア・ハードウェアの構成を柔軟に選択する制御などの概念が含まれている。 本稿では、世界的に共通の方向性と言えるユースケースや要求条件および主要な技術の方向性について述べた。 国内では、ARIB 2020 and Beyond Ad Hocでの無線関係の検討を経て、現在、第5世代モバイル推進フォーラムにて精力的に検討が進められている。 参考文献 [1] [2] [3] [4] [5] [6].

次の

「なそへ」に関連した英語例文の一覧と使い方(11ページ目)

かなそくアンテナ

すべての情報源• 総合的な情報源• 研究社 新英和中辞典 3• 研究社 新和英中辞典 2• Weblio英語基本例文集 6• 浜島書店 Catch a Wave 6• Weblioビジネス英文メールテンプレート文例集 1• Eゲイト英和辞典 2• 英語論文検索例文集 4• 専門的な情報源• 斎藤和英大辞典 9• 科学技術論文動詞集 1• 日本語WordNet 21• コンピューター用語辞典 1• EDR日英対訳辞書 2• Tanaka Corpus 9• 日本法令外国語訳データベースシステム 135• FreeBSD 4• Gentoo Linux 1• NetBeans 10• PEAR 1• Python 5• Wikipedia日英京都関連文書対訳コーパス 126• 官公庁発表資料• 金融庁 41• 財務省 47• 特許庁 25• 特許庁 7850• 経済産業省 81• 厚生労働省 21• 書籍・作品• JULES VERNE『80日間世界一周』 1• Charles and Mary Lamb『ロミオとジュリエット』 1• James Matthew Barrie『ケンジントン公園のピーターパン』 1• Eric S. Raymond『ノウアスフィアの開墾』 2• Andrew Lang『トロイア物語:都市の略奪者ユリシーズ』 4• Charles Dickens『奇妙な依頼人』 1• Frank Baum『オズの魔法使い』 3• Robert Louis Stevenson『ジキルとハイド』 1• Wells『タイムマシン』 1• Charles and Mary Lamb『真夏の夜の夢』 1• Scott Fitzgerald『グレイト・ギャツビー』 1• Ambrose Bierce『男と蛇』 1• Electronic Frontier Foundation『DESのクラック:暗号研究と盗聴政策、チップ設計の秘密』 1• LEWIS CARROLL『鏡の国のアリス』 1• Arthur Conan Doyle『シャーロック・ホームズの冒険』 1• Ian Johnston『進化の手短かな証明』 1• Thomas H. Huxley『ダーウィン仮説』 1• John Stuart Mill『自由について』 1• John Tyndall『英国科学協会ベルファースト総会での演説』 2• Shakespeare『ヴェニスの商人』 1• Michael Faraday『ロウソクの科学』 3• 電網聖書• ヨハネによる福音書 1• This applies worldwide. Copyright on Japanese Translation C 2001 Ryoichi Nagae 永江良一 本翻訳は、この著作権表示を付すかぎりにおいて、訳者および著者に一切断ることなく、商業利用を含むあらゆる形で自由に利用し複製し配布することを許諾します。 改変を行うことも許諾しますが、その場合は、この著作権表示を付すほか、著作権表示に改変者を付加し改変を行ったことを明示してください。

次の

3代目スバルXVはルーフレールを付けるべきか?そもそも必要なの?

かなそくアンテナ

価格としては5万円以上のオプションとなりますので車体価格で考慮すると 約2%前後の値上がりとなります。 さて問題としてはルーフレールはこのままでは使えません。 そもそも何に使うの?という方もいらっしゃるかもしれません。 たとえばこういったサーフボードを固定して運ぶことができます。 これにはルーフレールに装着させる専用のベースキャリアセットを別途購入することが必要です。 XV専用としてはスーリーというメーカーのものが有名っていうか使っている方が多いです。 …というのもスバルXVの公式カタログでもスーリー製が掲載されているんですね。 多分これが純正的な扱いなんでしょう。 そしてルーフボックス(物を入れる)タイプは価格が高いです!純正だろうがそうでなかろうが、8万~10万と高額。 XV純正はネット購入で今8万3千円くらいですね…。 これ何のために使うかと言えば単純に物が多くて車内に積めないということで使います。 ただXVってコンパクトSUVの中では車内が広いタイプなのでルーフボックスを天井に載せて使っている人を 今まで見たことがありません。 よく見るのはやはり車内が狭い CX-3です。 通常はそんな荷物を積むことは無いと思いますし、特殊なことがない限りXVはルーフレール要らずかなと思われます。 よっぽど 長い物を常時、積む人のみではないか?と思います。 サーフボードだって車内に積めますし、まあ濡れたままだとルーフに積みたいですよね。 従ってルーフレールは普通の方は必要不可欠なオプション ではないということが言えるでしょう。 デザイン性の問題はどうか? 新型の3代目XVの評価としてはデザイン性として 「ルーフレールが有った方が落ち着く、しっくり来る」と言われることがあります。 ルーフレールが有った場合は本来のSUVらしさが出てワイルドです。 ただ、遊びに出かける車としては良いですが冠婚葬祭や通勤にはどうかなというところは否めません。 例えばスーツで乗る場合はルーフレール有りだと何か合わない感じです。 まあそもそもSUVなのでしょうがないと言えばそうなのですが。 個人的にはルーフレール無しが良い さてそろそろ結論めいたことを書こうかなと思いますが、自分的にはルーフレール無しを選びたいです。 またルーフレール無しだとシャークフィンアンテナじゃないんだよな、と思っていたのですが ディーラーオプションで23,760円で取り付けることが可能なんですよね。 ルーフレール無しでシャークフィンアンテナのXVを実際に見たことがあるので間違いなさそうです。 ですからシャークフィンアンテナでルーフレール無しを選ぶのがベストと最近は思います。 まあ普通のインプレッサスポーツが車高が上がったということになるのですがやっぱりルーフレールが無い方が落ち着いている、大人っぽいです。 XVのルーフレールは旧式だ!? あとはXVが採用しているルーフレールは旧式のタイプというのも問題かと。 ルーフレールに新しい古いがあるのかは分かりませんが(汗)、ヴェゼルのルーフレールはこんな感じなのですね。 キャリアーが付いていてやや分かりにくいですが、XVのようにルーフレールが出っ張っていない、目立たない、車体のデザインに溶け込んでいる形状となっているのがヴェゼルのルーフレールの特徴です。 最上級グレードのハイブリッドZのみに付いているオプションで、最近話題のの最上級グレードも同様のタイプのルーフレール付きです。 こちらが今風のルーフレールのデザインだと思います。 高級輸入車でも同様のデザインを採用していますからやはりこちらが最新のルーフレールデザインなのだと言えますね。 どうしてもXVのルーフレールは目立つ、ワイルドで旧式とも言えますから、 今は良いかもしれないが数年後は「何か古い車だな」と感じてしまう懸念があります。 また海外仕様のクロストレック(=XV)はなぜかルーフレールの色が黒で日本仕様だけシルバーなのもなぜ?と思ってしまいました。 おそらく海外仕様のインプレッサスポーツはルーフレール付けられるのに対して日本仕様のインプレッサスポーツはルーフレール選択なしだからなのかも?つまり海外仕様のインプレッサスポーツのルーフレールはシルバー色で差別化させてるのかなっていうことです。 …とにかく以上を踏まえまして、 敢えてルーフレールを付けなくても良いと思います。 しかもシャークフィンアンテナは別に付けられるので(多分ボディーカラー同色)問題ないかと思うのです。 もちろん必要不可欠だという方は付けるべきです。 利便性から考えると有ると無いとでは雲泥の差です。

次の