那須 高原 病院。 那須高原病院(那須郡那須町)の口コミ・評判1件【MEDIRE】

那須郡那須町 那須高原病院の情報ページ

那須 高原 病院

看護師や受付・スタッフの対応について 優しい感じのスタッフさんばかりです。 来院する前に電話で診察時間や紹介状がなくとも大丈夫か等、色々質問したのですがその時にとても親切に答えて下さったのがこの病院に来院するきっかけとなりました。 診察までの待ち時間や混雑度 科が科ですので、どうしても診察時間が長くなり結果待ち時間も長くなってしまうのは仕方のないことだと思います。 あまりにも混むような時は先生が診察時に空いてる日にちにへの予約を勧めて下さいます。 施設の清潔感・充実度 薬局が院内に併設されているのでお薬を貰いにわざわざ移動する手間がなく、助かります。 また、支援制度などを利用したいときには相談する専用の小部屋があるので、他の患者さんを気にすることなく相談できてとても良いです。 医師の診断・治療法・説明について 私の診て頂いている先生はとても丁寧な診察をして下さる先生で本当に感謝しています。 先生から色々と質問して下さり、話を良く聞いて下さいます。 治療方針やお薬についても良く説明して下さり、本当に安心して診て頂けます。 実施した検査や処方薬について 必要最低限のお薬での治療で、むやみに多く出されないので安心感があります。 困っている症状を良く聞いて下さり、お薬についても詳しく説明して出して頂けるのでとても良いです。 プライバシーへの配慮について 受付時に番号札を渡されますので、診察室に呼ばれるときやお薬を頂くときなどはその番号で呼ばれます。 やはり精神科という都合上、名前を呼ばれることに少し抵抗があるのでとても助かっています。 診療を受けての全体的な感想など 本当に丁寧に診察をして下さる先生と支援制度などについて詳しく教えて下さるスタッフさんのおかげで、以前とは比べ物にならないほど元気になりました。 お薬が必要最低限であることも安心感があり良いです。 来院して良かったです。

次の

那須塩原市・那須町の「救急指定病院」および「病院」お役立ち電話帳<那須高原早わかりガイド>

那須 高原 病院

一人ひとりを支援します 那須高原病院では、地域での自立した生活を目指す患者さんに対して、入院中から退院後を見据えたサポートを行っています。 患者さん一人ひとりの出来ること、出来ないことを見極めたうえで、その人にあった支援を提供することが大切だと考えています。 「那須高原病院にかかってよかった」という信頼の声をいただけるよう、スタッフ一同日々の研鑽を重ねています 認知症にも積極的に取り組んでいます 認知症の方々に対する支援にも力を入れています。 その人らしい生活を送っていただくためにはどうすればよいのか、そのときそのときをいかに充実して過ごしていただくことができるのかを常に考えながら、一人ひとりにふさわしい医療を提供しています。 レクリーションも充実しています 那須高原病院では、季節の楽しいイベントやスポーツなどのレクリエーションを行っています。 単調になってしまいがちな入院生活の質の向上を図るとともに、病院の外に出て地域社会を身近に感じていただくこと、日本の美しい四季を感じていただくことで感受性が失われないようにすることが大きな目的です。 参加していただく皆様の楽しみにもなっており、治療に向けたご自身の動機づけの向上にもつながっています。 看護部 「患者、家族に安全で安心できる質の高い看護を実践する」を看護部の目標に掲げています。 安全で安心していただくために、患者さんの表現できない、目に見えない「心」の異変に気づき、思いをくみ取る看護の実践に務めています。 また、誠実な人柄と品位ある接遇、専門職としての知識と技術を磨いて参ります。 時代を担う人材育成としてキャリア開発ラダーを教育のシステムに導入しています。 育成したい看護師像は患者に寄り添い、倫理的配慮ができ、笑顔で信頼される看護師根拠に基づいた判断ができ、責任を持って安全で安心な看護ができる看護師多職種と協働し、キーパーソンとしてチーム医療を推進できる看護師です。 共に成長できるよう看護部一丸となって取り組んでいます。 A病棟 A病棟は、平屋建ての病床数50床、療養型男子閉鎖病棟です。 看護スタッフ22名で、心を病んだ方々の安全と安寧の看護を行うために「和顔愛語」の精神で、患者さんやご家族と関わっています。 閉鎖病棟と聞くと入り難く感じるかと思いますが、ご家族の面会をスタッフ一同でお待ちしています。 B1病棟 明るく静かな環境で療養できる有料個室も備えた病棟です。 お部屋からは、四季折々の景色を観賞することができ、特に南側廊下から見える花桃の樹は、鮮やかなピンク色の花が咲きほこり見とれてしまうほど綺麗で癒やされます。 一人一人の患者さんの病状や個別に合わせた援助を心掛け、特に身体の清潔ケア、口腔ケアに力を入れた看護を提供しています。 B2病棟 B2病棟は女性閉鎖病棟です。 患者さんに寄り添い、患者さんにとって大切なことや求められていることを常に考えながら、スタッフ一同患者さんと向き合って看護させて頂いております。 病棟の構造も安全に配慮され、明るさと清潔を心掛けております。 患者さんに安心して生活して頂けるよう、優しく元気に対応させて頂きます。 C1病棟 C-1病棟は、男女混合の開放病棟です。 看護室から外を眺めると、のどかな田園風景が見えます。 また四季折々に変化する那須高原病院を感じられる療養環境です。 C-1病棟では、「安心、安全で思いやりに満ちた看護を提供する。 」を看護目標にしています。 C棟玄関を入ると左側に作業療法室があり、日中は外来や他の病棟からの患者さんの出入りがある病棟になっています。 C棟へご用のある方は、C-1看護室が窓口となっていますので、看護スタッフへお声かけ下さい。 地域に根ざした看護、皆様の地域生活中心に向けた支援を致して参ります。 C2病棟 当病棟は、女性の患者様が療養されています。 私達病棟スタッフは、患者様のそれぞれのペースに合わせ、思いを自由に表出できるよう努めています。 また入院生活や退院後、その人らしく生活するために、多職種とカンファレンスなど情報共有を行い、連携しています。 安心・安全に療養できるよう、看護を提供していきます。 C3病棟 C-3病棟は、男性閉鎖病棟です。 患者様の憩いの場としてディルームでは、食事をしたり、テレビを観たり、時にはレクリエーションを行ったりと療養生活をされています。 また3階から眺める景色は、四季折々の風情があり、患者様の心を癒してくれます。 私たちスタッフは、院内院外の研修に積極的に参加し、より質の高い精神科看護を習得する努力をしています。 SST (社会生活技能訓練) SSTとは、精神障がいをもつ患者さんに対人関係の築き方に自信をつけてもらい、社会への適応力を段階的に改善しようとする訓練のひとつです。 患者さんの生活上のさまざまな問題点を改善目標として、想定された場面での実演を通して対処の仕方を学んでいきます。 患者さん一人ひとりの問題点をみつけ、どうすれば改善していけるのかを考え、より実践的な内容が行えるように取り組んでいます。 薬剤部 病気の症状を安定させるためにも、お薬を規則的に飲んでいただくことは欠かせません。 私たちはただ薬を提供するだけでなく、その効用や飲んでいただく意味をしっかりと理解していただけるように心掛けています。 継続的に薬を飲んでいただくことが、「人生もまんざら悪くない。 生きるっていいこと、楽しいことなんだ」という思いへとつながります。 放射線室 患者様に安心して検査を受けていただけるよう努めてまいります。 当院は高性能の16列マルチスライスCTを設置しております。 この検査では、患者様が寝台に横になるだけで苦痛なく頭部や胸部・腹部の断層像を撮ることができます。 詳しい検査内容は、医師またはスタッフまでお気軽にお尋ねください。 検査室 当院で実施している生理検査は、心電図検査・脳波検査・肺機能検査・超音波検査(エコー)です。 心電図検査:両手首・足首と胸に電極をつけて心臓の電気信号を見る検査です。 (検査は女性の検査技師が担当いたします) 脳波検査:頭に電極をつけ、脳からの電気的活動を波形として記録する検査です。 肺機能検査:スパイロメーター。 肺活量や努力性肺活量を測定します。 超音波検査(エコー):腹部・甲状腺。 肌に検査用ゼリーを塗り、探触子をあてて検査します。 地域医療連携室 病気を抱える患者さんご本人はもちろん、ご家族の方も、日々の生活のなかで心配事や不安を抱えているのではないでしょうか。 病気なのかどうかということから、どのような治療が行われるのか、退院後はどうすればいいのか、活用できるサービスには何があるのかなど、皆様が抱える疑問をひとつひとつ受け止めていきたいと考えています。 どんなことでもお気軽にご相談ください。 ご相談に応じて院内の各部門をはじめ関係機関(行政・他医療機関など)と連携を行い、より良い治療環境となるように心がけています。 自立支援医療制度について• 精神障害者保健福祉手帳について• 福祉サービスの利用について 精神科訪問看護 当院では、在宅で生活される患者さんがより安心して継続した生活ができるよう看護師・ソーシャルワーカー・作業療法士が訪問看護を行っています。 患者さんやご家族の抱えるさまざまな問題を共に考え、病気と上手く付き合いながらその人らしい生活ができるようサポートします。 精神科訪問看護ではこんなことを行っています。 心身の健康状態の観察や指導• 安否確認• 服薬の指導・管理・説明• 生活の相談(身の回りの家事全般に関することや対人関係、金銭的な問題など)• ご家族の患者さんへの対応方法• 社会資源についての相談や代行業務• 担当医や関係機関と連携をとり情報提供や調整 ご利用に関して希望される方は、担当医師にご相談ください。 医師の指示後、訪問看護師が面談をさせていただき、訪問の頻度や時間をご相談させて頂きます。 1回の訪問時間は、30分~1時間位になります。 作業療法(OT) 当院の作業療法部門では、患者様の希望する生活が実現できるようトータルなリハビリテーションを目指しています。 近年の精神科リハビリテーションでは薬物療法の効果に、様々なリハビリテーションを加えることでその治療効果が増大されると認識されており、作業療法はそのひとつです。 作業療法は主に患者様の希望を基に、手工芸・園芸・運動などのアクティビティを通して治療を行います。 その中で生活能力のベースとなる認知機能リハビリテーションや、生活に必要な対人技能、社会生活技能の獲得に向けて様々な角度で訓練をしています。 他部門とも連携をしていきながらリハビリテーションを展開して、患者様やご家族の希望に沿えるようにしていきたいと考えております。 栄養課 栄養課では、入院患者様へ食事を提供する「給食管理」と、入院・外来患者様の栄養指導・栄養相談を行う「栄養管理」を担っており、スタッフ一同患者様の一日も早い回復を願って努めております。 入院中の栄養管理について• 入院時に栄養管理計画を作成して、医師、看護師など多職種協働で、患者様個人に合わせた栄養管理を行っております。 入院中に医師の指示に基づいて、管理栄養士が患者様個人を対象に、生活習慣病などの治癒を目的とした栄養指導を行っております。 退院時には、入院時の食事形態や禁忌食品、栄養療法、栄養状態などを記載した栄養情報提供提供書を発行し、新たな環境でもスムーズな栄養管理が行えるよう近隣施設の担当管理栄養士と連携を取っております。 入院中のお食事について 治療を目的としたお食事を提供することだけでなく、家庭的な温かみのある食事作りをモットーにしております。 また、入院中でも季節を感じていただけるように、季節に合わせた行事食にメッセージカードを添えて年間20回ほど提供しております。 外来栄養指導について• 管理栄養士が患者様に合わせて個別に栄養指導を行っております。 生活習慣病等でお悩みの方は、ぜひ一度ご相談下さい。

次の

薬剤部

那須 高原 病院

C1病棟 N. Wさん 当院を選んだ理由は何ですか? 身体的治療が優先される職場で働く中で精神疾患を併発している方、メンタルケアを必要としている方が多いと感じました。 しかし、入院期間が短く、精神面での関わりが十分でなかったとも感じました。 患者様の身体面のみならず精神的ケアのスキルを伸ばしたく、志望しました。 また内科的治療にも力を入れているため正看護師の資格を取り、経験が浅くても身体的ケアが学べることに魅力を感じたことです• 先を見据え、育児休暇の取得実績があること、託児所が備わっていることなど家庭と仕事が両立できる環境が整っている魅力を感じたことです 入職の決め手は何ですか?• 病院見学で子育て中の職員も多いという話をお聞きし、また笑顔でイキイキと働いている職員も姿を見てライフワークバランスも感じ、長期的に働くことができると感じたことです• 10年以上入院している患者様も少なくないという話を伺い、一人ひとりに寄り添い個別的な看護が実践できている• 病棟内は、とても綺麗で掃除が行き届いており、患者様が入院生活を送る環境が整っていることです 当院に入職して成長できたことは何ですか?• わからないこと、困ったことがあった時、人間関係も良く聞きやすい職場であったため、看護師としての知識・技術的に成長することができました。 また研修・勉強会への参加も成長できた1つの要因にもなっています• チームワークの良い職場であったため、周囲と協力しチームとして働くことで看護師としても人間としても成長することができたことです 当院のアピールポイントは何ですか?• 妊娠中、身体に負担のかかる業務は他のスタッフが代わりに行ってくださったり、無理のない業務調整を行ってくださったことで無事に出産することができました。 育休明けで復職するのに不安だったのが温かく迎え入れてくださりました• 個々の生活に配慮した勤務調整、有給取得が良い、勤務交代にもスムーズに対応することができることです• 職場の雰囲気はとても良く、常に看護師・スタッフ間で声を掛け合い、協調性があり、チームワークが発揮できることで患者様、その後家族へも良い看護が提供することができることです• 研修や勉強会で学んだことをすぐに病棟内で実践し、患者様の良質な看護を提供しています 当院でしか得られない経験は何ですか?• 仕事と家庭を両立できる環境が整っているため、仕事にも専念でき、家庭も充実できる、ライフワークバランスが保たれていることです• 職場の雰囲気も明るく、日常的にスタッフ間でコミュニケーションが図れている。 きちんと情報提供ができており、チーム間で話し合いの持てる環境がある。 常に声を掛け合い、協調性がある。 チームワークの大切さについて知ることができたのはわたしにとって大きな経験でした C2病棟 M. Mさん 当院を選んだ理由は何ですか? 精神科実習で来た病院がこの病院でした。 病棟内が明るく清潔感があり、とても良い印象を受けました。 職員の皆様も優しく、ここで働けたら楽しいだろうと思い、選びました 入職の決め手は何ですか?• 病院の印象が良かったことです• 退勤時間が早いことです• ボーナスが5. 0だったことが決めてです 当院に入職して成長できたことは何ですか? 精神看護はもちろん、寄り添う看護を身につけることができたと思います。 訴えたい内容を言葉にできない患者様が多いので、訴えたい内容を導き出すことができるようになったと思います 当院のアピールポイントは何ですか? 精神科にあるマイナスイメージとは全く違った職場です。 定時で退勤できることが多く、児女生活に協力的で予定もつけやすいです。 子育てもしやすい職場です 当院でしか得られない経験は何ですか? 精神科の急性期から慢性期まで学ぶことができます。 近年、認知症の患者さんも増えており、認知症も行っていますが、どの精神患者さんにも言えることですが、症状が良くなり、退院していく姿を見ると達成感や喜びを感じられます C2病棟 O. Dさん 当院を選んだ理由は何ですか? 自分の専門外の分野で一から学びたいと考えたからです 入職の決め手は何ですか? 働く環境に魅力を感じ、入職を決めました 当院に入職して成長できたことは何ですか? まだ入職して一年も経っていないのではっきりとわかっていませんが、リーダー業務を行っていく中で責任感が強くなりました 当院のアピールポイントは何ですか? 入院している患者は純粋で素直な方が多くいらっしゃいます。 またスタッフは温かく接してくださり、本当に働きやすい職場です 当院でしか得られない経験は何ですか? 一人ひとりの患者様に寄り添った看護が学べます。 個別性を重視し、密に関わることができるため」、「疾患だから仕方ない」といった対応ではなく、より患者主体で考えることができます B1病棟 Y. Uさん 当院を選んだ理由は何ですか? 精神科に興味があり、精神科病院と決めていました。 また病院の外観が昔の精神科っぽくなく、とても綺麗であったためです 入職の決め手は何ですか?• 子どもができた時に託児所があるため安心して働けることです• 残業時間が少なく、子どもと一緒にいれる時間が作れることです 当院に入職して成長できたことは何ですか? 精神科患者様とのコミュニケーションスキルが向上したことです 当院のアピールポイントは何ですか? 精神科の病院で職員の人間関係も良く、残業が少ないため、家庭がある人にはとても良い職場です 当院でしか得られない経験は何ですか? 精神科患者様との関わりです スタッフアンケート 当院を選んだ理由は何ですか? 准看護学校に通いながら仕事をするためです• 当時働いている方がいてその人に声をかけてもらったのがきっかけです!(知人の紹介)• 高校の衛生看護科で実習先だったので、精神科で働こうと思ったときに当院を選びました• 福利厚生がしっかりしていることです• 昔の精神科っぽくなくきれいであったためです• 自分の専門外の分野で1から学びたいと考えたからです 入職の決め手は何ですか?• 経験がなかったので精神科看護に携わることに躊躇しましたが、周りの雰囲気が良く「ここで頑張ろう!」と思いました• 友人の紹介です(学校に通わせてくれる)• オリエンテーションで看護部長のお話しをお聞きし、看護部が目指すものに共感ができたことです• 勤務時間が8:45~16:45で退社できることが良く、昼休みもきちんと1時間とることができるからです 当院に入職して成長できたことは何ですか?• 何かできることはないか、もし一生当院にいることになれば、せめて「その人らしく、楽しく」生きられるように考えられるようになりました• 精神疾患、認知症について知ることができたことです• 対人コミュニケーション能力が向上したことです• 常に向き合って真摯に受けとめて対応する姿勢です• 「人を看護するのは人である」自分の言動がそのまま患者様に反映してしまうため、1人の人間として恥じることのないよう志をもてるようになりました 当院のアピールポイントは何ですか?• ほぼ定時で勤務終了ができること、残業がないことです• 精神科病院でスタッフの対応があたたかいことです• 休みが多く、定時で帰ることができることです• 定時で業務が終わり、時間外労働しても残業代がしっかり出て、周りのスタッフが親切なことです• 個々の生活に配慮した勤務、調整、有給消化率が良い、スムーズに職員同士が対応できることです 当院でしか得られない経験は何ですか?• 様々な依存症、種類、治療方法など正しい知識を身につけたことです• 入院患者さんとのコミュニケーションで自分自身も振り返ることができたことです• 精神科でしか学べないレクレーションの大切さを感じることです• 院外研修に参加することで多くの方と出会うことができました• 仕事と家庭の両立ができる環境が整っているため、仕事にも専念でき、家庭も充実できているライフワークバランスが保てることです• 常に声を掛け合い、協調性がある。 チームワークの大切さについて知ることができたので私にとっては大きな経験ができたことです 募集要項 准看護師 雇用形態 正社員 業務内容 病棟の看護業務(病床344床) 精神科を中心に内科、精神内科、循環器科、呼吸器科、皮膚科等の診療を行っています。 看護師 雇用形態 正社員 業務内容 病棟の看護業務(病床344床) 精神科を中心に内科、精神内科、循環器科、呼吸器科、皮膚科等の診療を行っています。 医療事務職 充足しています。 業務内容 ・レセプト(診療報酬明細書)に基づく医療費請求業務 ・受付業務 ・会計業務(外来・入退院) 給与 基本給 157,000円~184,000円 職種手当 10,000円 皆勤手当 8,500円 家族手当 5,000円~15,000円 食事補助 3,000円 通勤手当 実費(上限10,000円まで) 賞与 あり 年4. 看護助手 雇用形態 正社員 業務内容 入院病棟においての看護の補助 ・患者様の身の回りの世話、入浴・食事の介助・排泄の世話・清掃等 ・通常は8:45~16:45の勤務ですが、早番・遅番・当直勤務有ります。 早番 7:45~15:45 遅番 10:30~18:30 夜勤 16:30~ 9:00 給与 基本給 140,000円 職種手当 20,000円 皆勤手当 8,500円 夜勤手当 7,500円/1回 家族手当 5,000円~15,000円 食事補助 3,000円 通勤手当 実費(上限10,000円) 賞与 あり (前年度実績)年3回 計4.

次の