Question: 熱処理が必要なのはなぜですか?

熱処理は、加熱および冷却プロセスを介して材料の構造を変更または強化するために一般的に使用される。それは多くの利点を提供しています:それは材料の物理的(機械的)特性を変えることができ、そしてそれは他の製造工程を助けることができます。ストレスを軽減し、部品を機械または溶接しやすくします。

金属を熱処理する必要があるのはなぜですか?

金属が熱処理を受けている最も一般的な理由は改善することです。彼らの強さ、硬さ、靭性、延性、耐食性。 ...このプロセスでは、その微細構造を変えるためにその上限温度を超えて金属を加熱する。その後、金属はゆっくり冷却されます。

なぜ鉄の金属と合金に必要な熱処理が必要なのか?

熱処理鋼:硬化硬化が強度を高めるため、延性も減少し、金属をより脆くする。 ...合金が鋼に添加されているので、硬化するのに必要な冷却速度は減少します。

熱処理中に何が起こりますか?

熱処理は、溶融したり溶融させずに金属を加熱するプロセスです。ステージを制御して、制御された方法で金属を冷却して、所望の機械的性質を選択します。

アニーリングの目的とは何ですか?

アニーリングは、その機械的または電気的性質を変えるための材料の微細構造を変える熱処理プロセスです。典型的には、鋼中では硬度を低下させ、延性を増大させ、内部応力を排除するのに役立ちます。

アニーリングと熱処理の差は何ですか?

熱処理とアニーリングの主な違いは、熱処理が使用されていることです。異なる所望の特性を得るためには、(強度の増加、硬度、耐衝撃性、軟化、延性の増加など)は主に金属を軟化させるために行われる。

炎硬化の欠点は何ですか?

不利な点難燃性としては、炎硬化、焼成硬化などの他の場合と同じくらい正確に適用できない。プロセス中の材料上で酸化および/または脱炭化が起こり得る。

Say hello

Find us at the office

Castellaw- Egland street no. 18, 61878 Porto-Novo, Benin

Give us a ring

Racquel Delsignore
+91 499 834 288
Mon - Fri, 10:00-16:00

Reach out