コカコーラ 株 配当。 コカ・コーラ(KO)の配当・決算データから割安な株価と買い時を解説

配当利回り3%の米コカ・コーラ、健康でスリムな企業体質へ

コカコーラ 株 配当

ちなみに日本では、コカ・コーラ製品のボトリング事業 製造と販売 を受け持つ 「コカ・コーラ ボトラーズジャパンホールディングス」 2579 という銘柄が上場しています。 名前と事業的には本家コカ・コーラと密接な関係がありますが、銘柄としては別物です。 56 5. 48 5. 40 6. 32 8. 22 8. 12 9. 02 8. 94 6. 88 7. 82 7. 76 11. 68 9. 62 10. 56 12. 50 13. 44 10. 40 11. 36 5. 34 6. 32 - コカコーラは2019年で 連続増配56年目です。 この記録は1963年、昭和38年から継続されています。 過去の経済危機を何度も乗り越えてきて、その上で安定的に配当+連続増配を続けているという実績を考えると…今後もよっぽどのことが無い限りはこの流れは継続されると考えて間違いなさそうですね。 直近5年間の平均増配率は 6. 他の連続増配銘柄を見ても、6. ということで、少々短いですがメモとして過去20年間の配当金額をこの記事にまとめておきます! 以上、ご参考までに。 それでは!.

次の

米国の超「連続高配当」銘柄で勝つ!コカ・コーラ、マクドナルド、P&G…米国株投資家インタビュー バフェット太郎さん 中編

コカコーラ 株 配当

どうも部員Xです。 コカ・コーラ ボトラーズジャパンホールディングスの株主優待品が来たので、報告したいと思います。 これが 最後の株主優待ですね。 悲しいですけど、、、 まぁでも、株主優待ではなく、 配当金に舵を切るというのは時世の流れですよね。 外国投資家などから見たら株主優待は実質的にもらえないものなわけですし、やっぱ キャッシュで貰える配当を重視してくれた方がいいと。 企業の配当性向が高まっているなか、株主に対して真の還元である配当を重視する、そうしないと株価が維持できない、市場で評価されない。 そういうことでしょうか。 私自身は、炭酸飲料を普段ほとんど飲まないので、けっこう嬉しかったんですけどねw ではコカ・コーラ ボトラーズジャパンホールディングス、最後の株主優待を報告します。 今回は 1,500円相当のコカ・コーラ社製品詰合せ 2019年12月31日現在で当社株式を100株以上保有する株主さまに対し、保有株式数と保有期間に応じて、コカ・コーラ社製品を2020年3月下旬以降順次贈呈いたします。 2019年12月31日現在の当社株主名簿に記載または記録され、100株以上を保有する株主さまに対して2020年3月~4月に贈呈している株主優待制度を変更しています。 また、 2020年3月~4月の株主優待製品の贈呈をもちまして、株主優待制度は廃止することとさせていただきます。 私は 3年以上保有してるので、今回は 1500円分のコカ・コーラ社製品でした。 ・コカ・コーラ500ml 1本 ・コカ・コーラゼロ500ml 1本 ・ファンタグレープ500ml 1本 ・綾鷹500ml 1本 ・爽健美茶500ml 1本 ・綾鷹特選茶(特保)500ml 1本 ・アクエリアス500ml 1本 ・いろはす500ml 1本 ・ミニッツメイドグレープ350ml 1本 ・ミニッツメイドオレンジ350ml 1本 以上です。 だいたい、1500円くらいですね。 ジュースを飲む貴重な機会を今まで与えてくれて、本当にありがとうございます・・・。 残念です。

次の

コカ・コーラ(KO)の株価・配当実績・売上高について紹介|ねるねるの米国株投資

コカコーラ 株 配当

コカ・コーラ【KO】は飲料・食品世界ランキング第4位のアメリカ株を代表する銘柄 順位 社名 国 総売上高 (百万$) 飲料・食品売上高 (百万$) 1 ネスレ スイス 92155 79725 2 ペプシコ アメリカ 62799 62799 3 アンハイザー・ブッシュ・インベブ イギリス 45517 45517 4 コカ・コーラ アメリカ 41863 41863 5 JBS ブラジル 42595 38055 6 タイソン アメリカ 36881 36881 7 アーチャー・ダニエルズ・ミッドランド アメリカ 62346 34045 8 マース アメリカ 33000 33000 9 カーギル アメリカ 107164 30000 10 クラフトハインツ アメリカ 26487 26487 コカ・コーラ KOとは、飲料・食品メーカーとして売上高ランキング2016で世界第4位のビバレッジメーカーである。 さらに日用消費財の売上高ランキング2015をみると、コカ・コーラは第7位となっている。 いずれにせよ巨大企業であることは疑いようがない。 ちなみにFMCGとは、Fast Moving Consumer Goodsの略で飲料、食品、化粧品などの比較的短期間で消費される製品(日用消費財)のことをさす。 ネスレ(スイス)• JBS ブラジル• アンハイザー・ブッシュ・インベブ 英国• タイソン(米国)• モンデリーズ(米国)• 18 PER 48. 31 EPS 0. 96 配当 3. 71 コカ・コーラ株といえばバフェット銘柄であり、でもあり高配当銘柄でもある。 文句のつけようがない超優良安定株だ。 しかしながら配当性向が100%を超えており、たこ足配当となっている点には注意したい。 高い配当利回りを維持できるのか、そして今後の増配が継続できるかどうか、決算毎に注目しておこう。 ちなみに配当支払月は4・7・10・12月となっている変則的である。 コカ・コーラ【KO】の売上高と利益率 私見:コカコーラ株はおすすめ米国株といえる コカ・コーラ KOとは、投資するのに多くのメリットを有する。 ディフェンシブな生活必需品セクター• 超大手で安定したキャッシュフロー• 連続増配銘柄の配当王• ダウの犬にも選ばれる高配当株• 配当支払い月は四半期毎 安定した高配当利回りであり、インカムゲイン投資家からはいまだに注目度は高いだろう。 一方で低成長であるので大きな株価上昇は期待できなそうだ。 ゆっくりとお金持ちになるにはちょうどよい株かもしれない。 しかしながら配当性向の高さは注視しておきたい。 この記事は自分自身の備忘録として記述したもので、読者にKO株の投資を推奨することを目的として書いていません。 投資判断はご自身で行ってください。 NYダウに注目した記事•

次の