ヒカルの碁 打ち切り。 「ヒカルの碁」の最終回は失敗なのか?|やすひろ|note

陰の実力者『ヒカルの碁』加賀鉄男について

ヒカルの碁 打ち切り

もう嫌なんです。 思えば、スヨンを出したのが運の尽きでした。 ヒカルのもう一人のライバルのつもりで、むしろ破竹の勢いの 韓国の棋界に敬意を表す意味で登場させたんです。 敵愾心の強い 「ちょっとヤナ奴」にスヨンを描いたのは確かです。 でも、それは 個性を際立たせたつもりで、自分自身はお気に入りのキャラクターでした。 勝敗については、物語の流れ的にヒカルが僅差で勝つのが自然で、 それは特に気にしてませんでした。 でも、編集部を通して抗議が来たんです。 スヨンをヤナ奴に描いた点は ちょっと「来るかな?」と覚悟していたのですが、全然違って 「韓国人が勝たないのはおかしい」という首を捻りたくなる様な内容でした。 編集部の意見で、しばらくは韓国には触れないようにということで話を進め、 しばらくは何事も無く進んでいたのですが、中国の話を出した際に、 「何故、韓国の話をしないのか、中国を出して韓国を出さないのはおかしい」 「スヨンの敗北が未だ単行本で修正されていないのは何故か」という抗議が 来るようになりました。 どうも、前の抗議が来た時に、編集部の方で 勝手に、修正する様な回答をしてたみたいなんですね。 それについては編集長に謝ってもらったんですが、やはり韓国に対しては、 慎重に対応して欲しいということで、その頃から担当者のチェックも 詳細なものとなってきました。 特に私よりも、健さんに厳しいチェックが 行ったみたいで、ヨンハの顔はああなりました(笑)。 あれ自体は私も 別に嫌いじゃないけれど(爆)。 ダ・ヴィンチのインタビュー貼っとくぞ.

次の

漫画『ヒカルの碁』は大人になって読み直すと、胸が熱くなる話だった

ヒカルの碁 打ち切り

今回は、最終回のその後が気になる漫画『ヒカルの碁 』最終回の結末ネタバレ・あらすじを感想などを交えてお伝えしていきます。 連載終了から10年以上たった今でも話題となる漫画『ヒカルの碁』。 アニメ化もされ、日本だけではなく中国で実写ドラマ化も決定されるほどの人気を見せ、連載当初は囲碁ブームの火付け役ともなった作品なんですよね。 そんな影響力を持った作品ですが、そのラストは賛否を呼んだといいます。 そんな『ヒカルの碁』の最終回はどんな展開でおわったのか気になりますね! それでは早速、最終回のその後が気になる漫画『ヒカルの碁』最終回の結末ネタバレ・あらすじを感想などを交えてお届けしていきます。 スポンサーリンク Contents• 生前はその卓越した囲碁の才能から、天皇の指南役として活動をしていた実力のある棋士でした。 さらに、江戸時代には、ヒカルと同じように佐為を見ることのできた本因坊秀策 ほんいんぼうしゅうさく に取り憑いたこともありました。 本因坊秀作は名人になったことはないものの、今でもなお史上最強の呼び名の高い棋士。 「本因坊戦」というタイトル戦の名前として残っているほどなのです。 作中ではこの本因坊秀策の打つ碁を指示していたのが、全て本因坊秀策に憑依した佐為という設定になっています。 『ヒカルの碁』は佐為とヒカルの出会いから始まります。 ヒカルが佐為の支持通りに囲碁を打つ物語の序盤では、囲碁を打っている間のヒカルは完全に脇役で、最強の力を持つ佐為に囲碁をやらせるためにヒカルが存在しているのではないかと思わせるほどでした。 佐為とヒカルの出会いからストーリが始まり、ヒカルが佐為に神の一手を見せるために碁に打ち込んでいきます。 ヒカルのお手本 全くの囲碁初心者だったヒカルがプロになるには、相当の努力と時間が必要となる。 しかし、最強の棋士としての実力をもつ佐為が霊として常に心の中にいることで、ヒカルは飛躍的な成長を遂げました。 ヒカルと佐為の2人の関係は、ヒカルのライバルである塔矢アキラとその父・塔矢名人の関係と対比して考えられます。 佐為が、ヒカルの心に住み着くことのできる霊であるという設定。 これはヒカルとアキラの間にある、これまで囲碁に打ち込んできた時間という圧倒的な差を埋めるために活かされています。 常に意思の疎通が図れ、全てマンツーマンで学ぶことができるため、ヒカルにとって囲碁に打ち込む時間の全てが密度の濃い囲碁の勉強の時間となりました。 佐為が常にお手本となることができたため、ヒカルの短期間での急激な成長をしたといえます。 ヒカルを囲碁へと導く 物語の当初、ヒカルは囲碁のルールもわからない初心者でした。 なので、佐為の絶対的な強さを理解することがでずにいました。 しかし、たくさんの棋士と接する中で少しずつ佐為の強さを実感していきます。 その棋士達の中で、もっともヒカルに影響を与えたのが、ヒカルのライバルである塔矢アキラ。 アキラは現代最強のプロ棋士である塔矢名人の一人息子であり、幼少期から直接名人と毎日囲碁を打つことのできる環境で育ってきました。 そのため、アキラは同年代の子供達の中でも突出した才能と強さを持っていました。 しかしヒカルと出会った頃は、同年代の子と打ち解けているプライベートの描写もなく、囲碁のライバルと呼べる存在もいない子供だった。 しかし、ヒカルの中の佐為と戦ったことで、アキラの闘争心に火がつく。 それがヒカルの力だと思っているアキラは、ヒカルに挑戦するため、何度もヒカルの前に姿を現します。 当初ヒカルの中での囲碁のイメージは、自分には関係のないものとして捉えられており、佐為の言う通りに囲碁を打つことにためらいすらなかった。 しかし、ヒカルの前に塔矢アキラという同い年のライバルが現れたことで、ヒカルも佐為の力を借りるだけでなく、自分の力で囲碁を打ち勝利を掴み取りたいと囲碁に熱中していきます。 目標ができたことと、佐為という最強の手本が常に側にいたことで、ヒカルは飛躍的に成長をしますが、ヒカル自身の力はアキラの望む強さには遠く及びません。 それをヒカルが痛感したのは、2人が中学の大会で再び対戦したとき。 アキラにとっては3度目の対戦ですが、ヒカルにとっては自分の力でアキラに挑む初めての挑戦。 結果は当然ながら、ヒカルの惨敗しアキラは前回勝負した時のヒカルとのあまりの違いに愕然とし、怒りをあらわにするほど動揺する。 アキラが幻滅したのはヒカルが佐為ではないことを悟ったため。 理由は分からなかったものの、自分にとって初めてのライバルと思っていたヒカルの強さが本物じゃないことを直感的に理解したからでした。 アキラの姿を見たヒカルも、自分と佐為との間に埋めようのない力の差があることを改めて実感しました。 ヒカルはライバルのアキラを追いますが、そのアキラが追いかけるのは佐為の力。 そのため、ヒカルの目標はアキラに認められること。 つまり佐為の強さに到達することになります。 ヒカルはアキラというライバルを通し、間接的に佐為を目指すことになり、佐為の存在がヒカルのやる気の源となりました。 ヒカルはすでに棋士が囲碁にかける思いや、一局一局の重みとその影響力を理解していた。 そのため、未熟な自分が碁を打つよりも、遥かに完璧な佐為が打った方が良かったのではないかと自分を責める。 しかし、囲碁を辞めると決意したヒカルを、再び囲碁の世界に戻したのも佐為。 ヒカルの中に生きる佐為 ヒカルは、自分の打った碁の中に、佐為の碁が生きていることを見つけます。 姿こそ見えないものの、佐為の碁はすでにヒカルの中に根付いていたのです。 佐為の指示を受けて圧倒的な大差で勝利していた頃。 対局相手から「一体いつから囲碁を打っているんだ!?」ときかれたヒカルは「千年」と答えていた。 これは佐為のことを答えているのだと思っていましたが、佐為に与えられた役割を知った後で読み返すと、この言葉も意味が異なって感じられる。 ヒカルだけではなく、棋士は皆過去の棋譜を研究してきた。 そのため、囲碁を打つ時は今までの1000年の歴史に必ず影響をうけるのです。 これまでの歴史を引き継いで自分の新たな碁を打つことで碁の歴史は続いてきました。 単純に何年打ってきたかという年数以上のものが棋士たちには蓄積されているの。 自分の中に佐為を見つけたヒカルは佐為から囲碁の歴史を受け継いだこと、自分も神の一手を追求する囲碁の歴史の一部であることを理解します。 佐為が到達点でなくなったことで、ヒカルは神の一手の追求という棋士としてあるべき姿を見つけられた。 ここから真の「ヒカル」の碁が始まりなのです。 スポンサーリンク 漫画『ヒカルの碁』最終回 結末ネタバレ・感想 gyaoで見始めてハマった「ヒカルの碁」囲碁は、出来ないが毎週木曜更新が楽しみだったのに、今回で最終回だった。。 今度は、原作漫画を東十条図書館で読破だぁーー! — 焼鳥スギショー yakitorisugisyo 佐為との別れ 佐為に別れを告げ、棋士としての覚悟を新たにしたヒカル。 アキラたち選ばれた若手棋士とチームを組み、韓国との団体戦に臨む。 プロとして力をつけたヒカルでしたが、韓国の大将である高永夏との対局に敗れてしまう。 実は『ヒカルの碁』はこの話が最終話。 なので、負けて終わってしまうことに不満を感じる読者も多いようです。 しかし、物語としてはこれが最終話だとしても、この後もヒカルたちの成長はまだまだ続いていくことがわかる終わりとなっています。 ヒカルの碁 最終話でのヒカルの台詞が、『ヒカルの碁』という作品を象徴するものでした。 大将戦に僅かな差で敗れてしまったヒカルを、対戦相手の高永夏は心の中では認めてた。 そんな高永夏に「なぜお前は囲碁を打つ」ときかれた時の答えです。 「遠い未来」は神の一手にたどり着くその時のこと。 ヒカル自身はもしかしたら神の一手に届くことはできないかもしれない。 しかし、いつの日か誰かがそこに到達する。 それはずっと先の未来のことかもしれない。 しかし、ヒカルが神の一手を追求して打つ一手も、全てそのいつかの神の一手につながっている。 神の一手を追求し続け、囲碁の歴史の一部となり後世に引き継ぐこと、それがヒカルの役目であり、そして棋士としての役目。 また、仮にだれかが神の一手にたどり着いたとして、そこで終わりにはならない。 もっといい手がないか、さらに追求し、成長し続ける。 ヒカルたち棋士にとって、神の一手を探す旅は、終わりなき旅なのです。 最終回を読んだ感想 これで終わり?って感じのラストでしたね。 ヒカルが負けて、日本チームが最下位に終わり…。 表彰式に向かう各々の姿を映して、それで終わるという…。 これっぽっちも最終回らしくない終わり方でした。 第一部の終わりは凄く綺麗だったのに、全体としては非常にすっきりしない終わり方だと思いました。 スポンサーリンク 漫画『ヒカルの碁』最終回に対する読者の感想・反応は? あー、泣いた。 ヒカ碁最終回泣くわ 知ってた 良かったわ。 川上さんのヒカル良い。 ・コミックシーモアなど電子書籍アプリの古株もありますが、 今私が1番オススメするのが、になります。 漫画・雑誌だけでなく、ドラマ・映画・アニメなども楽しめてしまうマルチアプリサービスになります。 もちろん、あなたの読みたい作品も全巻揃っていますよ! あなたの好きな漫画のアニメなんかも観れちゃいますよ! 今なら 31日無料お試しキャンペーン実施中という事で、私も無料登録してみました。 そして、31日以内に解約したのですが、お金は一切かかりませんでした。 31日無料お試しキャンペーンがいつ終わってしまうのかは、分からないため、この機会に利用してみて下さいね。 本ページの情報はH30年7月時点のものなので、最新の配信状況はU-NEXTサイトにて確認してみて下さいね。 まとめ ヒカルの碁。 凄く好きな漫画の一つ。 名勝負たくさん。 碁石描くのが意外と難しいらしく、碁石専門のアシさんがいたとか。 佐為の碁に触れ、成長してきたヒカルだからこそラストの負けというのは意味があることだったのだと思います。 それは、いつまでも続く長い歴史という1本の線でつなげられている。 その終わりなき旅は、最終回が終わった今でも続いているといえます。 そんな壮大な物語の一部といえる漫画『ヒカルの碁』をこの機会に読み返してみるのもいいかもしれませんね。 スポンサーリンク.

次の

ヒカルの碁とは (ヒカルノゴとは) [単語記事]

ヒカルの碁 打ち切り

あらすじ ざっくりとあらすじをお伝えすると、『ヒカルの碁』は、小学6年生だった進藤ヒカルが、藤原佐為という人類史上最強の棋士の霊と出会うことで囲碁の道に目覚め、最強の棋士(通称:神の一手)を目指して努力を重ね、成長していく物語です。 人類史上最強の棋士のもとで囲碁を打つので、日本でトップの棋士の息子(塔矢アキラ)を初めての碁でいきなりボコボコにして大勝を収めてしまうんですが、 「藤原佐為の力を借りて碁を打つのではなく、自分の力で打ちたい」と思うようになり、物語は加速していきます。 藤原佐為と出会うまではゲームやサッカー等、どこにでもいる普通の小学生だった進藤ヒカルですが、藤原佐為と出会ってからは囲碁漬けの毎日を送るようになりました。 全く囲碁に興味がなかった進藤ヒカルが囲碁部に入り、自分の力で塔矢アキラと対戦するのですが、今度は逆にボコボコにされ、「フザケているのか!」とブチ切れられ、非常に悔しい思いをさせられます。 しかし、そこで物語は終わるはずもなく、 「塔矢アキラに追いついてやる!」とプロを目指してさらなる努力を重ねていきます。 『ヒカルの碁』を読んでいると分かるのですが、どの話も囲碁に関する話です。 普通の中学生であれば、修学旅行だとか体育祭だとか、様々な学校行事があるはずですが、 「囲碁のプロになり、塔矢アキラに追いつく」ことしか考えていない進藤ヒカルは、囲碁以外には目もくれません。 自分の中学生時代を振り返ってみると、川原で彼女とイチャイチャして学校に通報されたことがあるので、素直に進藤ヒカルのことを尊敬しました。 そして、プロになったあと、ある時を境に藤原佐為が消え、進藤ヒカル自身「碁を打つ意味が分からない」と腐りかけてしまうんですが、自分の打つ碁の中に藤原佐為を見つけ、再度プロとして碁を極めていく物語です。 読んだことがない人にも読んでもらいたいので、ネタバレを極力控えてあらすじを書きました。 『ヒカルの碁』の魅力 『ヒカルの碁』の一番の魅力は、 「登場人物の囲碁に対する熱い思いが漫画越しに読者に伝わってくる点」です。 これは何も主人公の進藤ヒカルに限った話ではなく、ヒカルの碁に登場する人物全てに共通する点です。 これから先の人生で楽しいことも辛いこともまだまだたくさんあるような年端も行かない子どもたちが、「囲碁のプロ」を目指して奮闘していく姿には非常に感銘を受けます。 彼らと年を同じくしていた頃、ぼくは中学の同級生と暇さえあればゲームをし、部活動はサッカー部に所属していたのですが、部活中に泥団子をつくったりしていました。 なんて意味のない時間を過ごしてきたことでしょう…。 ヒカルの碁の連載がスタートしたのが1999年なので、当時ぼくは7歳でした。 そして、連載が終わる2003年には11歳になっているわけですが、当時はヒカルの碁を見ても、「ヒカル頑張ってんな~」くらいにしか思いませんでした。 「ハッキリ言って、漫画の世界のことだし、まぁ漫画だもんね。 」くらいにしか思ってなかったと記憶しています(笑)。 しかし、27歳になった2019年にヒカルの碁を読み返すと、 「囲碁を通じて毎日を懸命に生きている少年たち」に心を突き動かされるのです。 確かに、「あくまでも漫画の世界の話だから」と距離を置いてヒカルの碁を俯瞰することもできるのですが、 社会人になって弾力を失い、人生をかけて仕事をしているわけでもない大人の胸には深く染みわたるモノがあります。 「中学生ながらに囲碁の道に生きることを決意し、切磋琢磨する彼らと同等かそれ以上に、何かに没頭し、努力してきただろうか?」と自分の人生を振り返ってみたりもするのですが、彼ら以上に努力していると胸を張って誇れることは1つもないということに気が付きました。 そして、囲碁!囲碁!!囲碁!!!という彼らを見て、人生を賭けてまで一つのことに集中する彼らをとても羨ましく感じました。 平日は毎日決められた時間に出社し、決められた時間働き、そして帰宅してジムに行くなりブログを書くなりする日々を繰り返しているぼくなので、「囲碁の世界に生き、囲碁の世界で死のう」としていく進藤ヒカルや塔矢アキラが非常に眩しく見えます。 塔矢アキラは進藤ヒカル(藤原佐為)に負けてから、「進藤ヒカル!進藤ヒカル!!」と、負けたことが悔しくて、次こそは勝ってやる!と、一度はプロではなく中学の囲碁部に入部します。 囲碁だけに限った話ではないですが、部活に入るとプロの試合に出られなくなるので、普通はプロを目指すようなレベルの高い人は部活には入りません。 しかし、塔矢アキラは違います。 進藤ヒカルに負けたことが悔しくて悔しくて、こんな状況でプロになってもトップの棋士になれないと、打倒を進藤ヒカル掲げて囲碁部に入部するのです。 そして、囲碁は団体戦なのですが、実力が上から順に大将・副将・三将を務めます。 塔矢アキラは囲碁部でももちろんトップの実力なので、順当に行けば大将なのですが、進藤ヒカルが三将であることを知り、部長や教師に「進藤と戦いたいから自分を三将にしていほしい!」と懇願するのです。 このシーンを見て泣きそうになりました。 進藤ヒカルに負けたからといって、プロになれないわけではありません。 でも負けたことが悔しくて、進藤ヒカルの通う中学校まで足を運んだり、なんとしてでも再戦しようという泥臭い姿を見て、「なんて熱い男なんだ!」と思いました。 それに引き換え自分は会社にブツクサ文句を言いながら毎日出社して、そうこうしているうちに27歳になってしまいました。 今までの人生、とにかく打算で失敗しないように生きてきたので、何かで全力でぶつかった経験ってあんまりないんですよね… 唯一9年続けたスポーツがサッカーなのですが、友達に誘われたことがきっかけで始めたもので、高校への進学を機に「自分にはプロになれるだけの才能がない」と悟ってやめてしまいました。 大学受験やその後の勉強、更には就職活動なども自分のやりたいことや目標としていることなど特になく、「失敗しないよう」にだけ生きてきたなあ…ということを痛感しました。 そんなぼくにとっては、囲碁の世界で己と向き合い、文字通り囲碁に命を懸けている人を見ると、なんだか自分まで胸が熱くなりました。 「懐かしいな~」と思って読み始めた『ヒカルの碁』ですが、懐かしさ以上に胸にこみあげてくるものがありまして、今回記事にしてしまった次第です。 『ヒカルの碁』で筆者が伝えたかったこととは? ここからはぼくの勝手な解釈ですが、『ヒカルの碁』で筆者が伝えたかったこととは、 「目標を持って努力することの楽しさと難しさ」だったのではないか?と感じます。 『ヒカルの碁』の主人公は進藤ヒカルなので、進藤ヒカルに焦点を合わせて物語が進んでいきます。 また、囲碁部の面々も出ません。 進藤ヒカルがプロになる道中で、同じくプロを目指して散っていった院生もいれば、囲碁部の世界だけで終わっていった人たちも沢山いるのです。 その中でも 「塔矢アキラに追いつく」という目標を掲げ、人類史上最強の棋士・藤原佐為と毎日囲碁を打ち、切磋琢磨していく進藤ヒカルを見て「自分も頑張ろう」という気持ちになりました。 目標は高ければ高いほど達成が難しいものですが、高い目標を達成したときの方が、感じる喜びや嬉しさも大きいですよね。 『ヒカルの碁』全体を通じて筆者が伝えたかったことは、まさにこの 「目標を持って努力することの楽しさと難しさ」だったのではないでしょうか。 『ヒカルの碁』で1番グっときたシーン 藤原佐為が消えていくシーンです。 ヒカルの碁は、主人公は進藤ヒカルですが、最初からずっと藤原佐為と二人三脚で物語は進んでいきます。 延々と「碁が打ちたい、私に打たせろ!」と死んで1000年足ってもなお言い続けていた藤原佐為がフッと消えてしまうんです。 もう一人の主人公と言っても差し支えないレベルで物語をリードしていた人物が、途中で消えてしまうんですよね…。 それも、ちゃんとサヨウナラを告げずに消えてしまうので、悶々とします。 虎次郎が私のために存在したというならば 私はヒカルのために存在した ならばヒカルもまた 誰かのために存在するのだろう その誰かもまた 別の誰かのために 千年が二千年が そうやって積み重なってゆく 神の一手に続く遠い道程 私の役目は終わった そう思いながら、藤原佐為は進藤ヒカルの前から姿を消してしまいます。 そして、それから進藤ヒカルの前に二度と現れることはありませんでした。 今ある時間を自分のためではなく誰かのために使い、その誰かもまた別の誰かに時間を使って、そうやって人の世は廻っていくんだろうなあ…と感じました。 藤原佐為が消えていなければ、また別の物語もあったでしょう。 しかし、藤原佐為が憑りついたのが進藤ヒカルだったからこそ、千年の時を経て、藤原佐為は成仏できたんだと思います。 『ヒカルの碁』のお得な買い方 ぼくは引越が多くモノは多く持ちたくないので、AmazonのKindleでヒカルの碁を全巻購入しました。 しかし、出版されてから月日が経っているため、全巻セットが3000~4000円程度で購入できるようです…。 Kindle版だと全巻で9000円弱なので、半額以下で買えますね。。。 ',Y. baguetteBox-spinner" ;s. removeChild n ,! setAttribute "src",r ,c. alt "":"",Y. appendChild c ,Y. href;if t. dataset "at-"! substring 0,3 isNaN o. substring 3 n[o. keys n. 0 :Y. 1 ,Y. onChange M,V. animation? style. transforms? style. style. style. style. transforms? style. style. style. style. perspective "undefined"! style. firstChild. addEventListener? addEventListener e,n,o :t. event. target t. removeEventListener? removeEventListener e,n,o :t. 0,buttons:"auto",fullScreen:! 1,noScrollbars:! 1,bodyClass:"baguetteBox-open",titleTag:! 1,async:! 1,preload:2,animation:"slideIn",afterShow:null,afterHide:null,onChange:null,overlayBackgroundColor:"rgba 0,0,0,. gif jpe? target. stopPropagation? stopPropagation :t. stopPropagation? stopPropagation :t. stopPropagation? stopPropagation :t. 0 ,R. changedTouches[0]. pageX,R. changedTouches[0]. preventDefault? preventDefault :t. touches[0] t. changedTouches[0];e. pageX-R. 0,h :e. pageX-R. count--,R. count.

次の