たかはし 智秋 声優。 たかはし智秋「LADY LUCK」

【デスチャ】TVCM 浄火のデメテル編(CV.たかはし智秋)

たかはし 智秋 声優

『THE IDOLM STER』三浦あずさ役などで知られる声優・たかはし智秋が、2020年2月18日に自身のTwitterにて、急性虫垂炎のため入院していることを発表した。 あわせて現在の状況について「病状は軽く、来週には復帰する予定です」と報告している。 私、たかはし智秋は、現在、急性虫垂炎の為入院しております。 昨夜未明、急な腹痛で救急搬送され、そのまま入院となってしまいました。 関係者の皆様、ファンの皆様に、多大なご迷惑とご心配をおかけしてしまうことを、心よりお詫び申し訳上げます。 また、病状は軽く、来週には復帰する予定です。 — たかはし智秋 chiaking58 たかはしは2月18日16時過ぎ、自身のTwitterで「私、たかはし智秋は、現在、急性虫垂炎の為入院しております。 昨夜未明、急な腹痛で救急搬送され、そのまま入院となってしまいました」とツイート。 続けて「関係者の皆様、ファンの皆様に、多大なご迷惑とご心配をおかけしてしまうことを、心よりお詫び申し訳上げます。 また、病状は軽く、来週には復帰する予定です」と、関係者やファンへ向けての謝罪と共に、早期退院予定であることも明かした。 たかはしのTwitterには、声優・井上和彦が送った「早く良くなってねー!」というリプライをはじめ、「軽い症状で良かったです。 ゆっくり休んで元気になってください」「ゆっくり養生なさってくださいね!!!いつまでも待っていますよ!!」「どうかご無理なさらずお大事になさってください」「症状が軽いという事ですが、しっかり治して下さいね」「1日でも早くお元気になられますよう祈っております。 どうかご無理なさらず……」といった声が届いている。 《小野瀬太一朗》.

次の

声優・たかはし智秋、右足アキレス腱断裂「全治3〜6ヶ月」

たかはし 智秋 声優

たかはし智秋(たかはし 、本名 ~ 自称 自傷歳)は、出身のサムカイ。 称はチアキング(ちあking)。 である。 ではない。 概要 から、、、などで活動している。 代表作はの、 版&「ス」 の速瀬、(版及び劇場版)のオモッなど。 番組等での本人とはかけはなれたを演じることがほとんどである。 幅は較的広く、系や系、系など様々な役をこなす。 では役に抜されたが、むしろ役としての出演の方が圧倒的に多く、のの多くはのによるものである。 エピソード• 会ったときのは「」 短縮形「」 、別れるときのは「」(短縮形「」)。 「寒い」をこよなく、その寒さから、に対抗した「」、カワに対抗した「サムカワ」を標榜している。 も独創的なのは、・をめろめろにした。 そしてに石を投げられた。 好きなは。 やの隠し味にを使い、すさまじい味での出演者を戦慄させたことも。 ちなみにそのときのはの()により「」と命名された。 柄や露出度の大きい系衣を好むが、「」での活動中は封印されていたらしい。 若年者でも安心して購入出来る露出等のい健全な誌"bra"号に達に負けないのセク" "5を披露。 号ではで再登場。 すばらしい歌唱を持つ。 好きなのは、、などである。 も得意。 その歌唱の高さやの広さを買われて、頃からの「」や、の「()」に出演している。 界における三大の一人。 描く絵はな心の児童の描く絵の如く、アドな至高の作品として称えられている。 の名前はではい。 番組ので憧れの人、に会い、緊のあまり自分を見失ってしまった。 に出演した際、の一人と意気投合、凄まじいまでのを生み出す。 「初めて仲良くできるさんが現れたと思って」との事。 同番組のとはのっぷりを抑えるための援護を期待していたのだが、な人が一人増えただけだった。 放送の「中が気になったから」にて、当日のーク和恵(・)に惚れしたことを。 本人く「好きになるのはそっちのの人ばかり・・・」• やが好きらしい。 他人のそらじお。 「ANI-- 」にて、初体験はらしい 信仰(23歳教) 「」なる団体を作り、でのである いろいろな意味で同い年 を「患部」 =幹部、は脱退したと思われる として巻き込んだ。 放送の「ANI-- 」でのを新たにとして迎い入れる。 の年齢は歳となる。 に13回の歳のを出度く迎えた。 主な出演作品 アニメ• (上、屋の、)• (井美子)• ((夫人))• (明羽)• (紀奈子)• (・)• (・)• (臣子)• (ケオス=)• (甘露寺)• (ア・)• (ェコ)• (&)• (スゴスゴダー、チョリー・ムカムカ、モミ村子)• (の、の、ほか多数)• (亜矢)• (第2作)(オモッ)• (オダさま)• (リナ・タチバナ)• (・グット)• おとなの防具屋さん(・ローエ)• () ゲーム• (イシュ)• (・)• (優、美)• (皆蜜子)• (メドリ)• (ェコ)• ふぁいなりすと(園部)• (ベル)• (速瀬)• (ゲツ)• G (ゴ)• ピカルの(「ゴピ」のの。 上記「G 」の)• 妻と罰()• 関連動画 多才の一に。

次の

たかはし智秋 公式ブログ Powered by LINE

たかはし 智秋 声優

これまで…色々な誕生日を迎えてきました。 嬉しい誕生日、楽しい誕生日、幸せな誕生日、派手な誕生日、悲しい誕生日、悔しい誕生日、辛い誕生日、寂しい誕生日、普通の誕生日… 今年は、そのどれでもなく、今まで経験したことのない、なんとも言えない、わけのわからない感情の誕生日。 42年間生きてきて、43年目の人生が始まったけれど… この42年間のことは置いといて、43年目からは、またやり直しで。 初心忘れるべからずと言いますが、その初心すらなくて。 ゼロから? 1から? いや、まだ生まれてもいない… お腹の中にもいない… おしべとめしべがまだ出会ってもいない… この世に存在できるかどうかもわからない… 43年目は、この状態からとなっておりますので、よろしくお願いします。 目に見えない大きな何かから、そう言われているような。 そんな気持ち。 ワタクシの座右の銘… 「向かうところ道なし」 道どころか、向かうところも何もなし。 ウィルスにおびえ、多くの方が日常を失い、疲れ果て、途方に暮れ… 本当に、由々しき事態。 ずっと、この座右の銘を掲げていられたワタクシは、とても恵まれていて、幸せだったのだと、しみじみ思いました。 もちろん、置かれている立場や環境は人それぞれなので、価値観は多様ですが、不安定な情勢であることは間違いない。 今後…世界がどうなるかわかりませんが… ワタクシがまだ生をも享けていない、未知なるものであるとするのならば、逆に、 なんとでもなる。 なんにでもなれる。 どこにでも向かえる。 どこでも道である。 とはいっても、すぐに何かをするわけではないですし、今はとにかく何もできないけれど。 このstayhome生活の中で、お誕生日を迎え… 今までは考えたこともなかった、自分の新しい気持ちに気がつけたことは、"前向きなこれから"に繋がっていくような気がします。

次の