幸楽苑 営業 停止。 「大量閉店」の幸楽苑の今後が不安視されるワケ 「業態転換」は別のリスクを伴う

「大量閉店」の幸楽苑の今後が不安視されるワケ 「業態転換」は別のリスクを伴う

幸楽苑 営業 停止

台風19号で福島県の工場が操業中止 10月が大幅マイナスだったのは、台風19号の影響が大きい。 台風19号は土砂災害や河川の氾濫などを引き起こし、東日本を中心に各地に甚大な被害をもたらした。 幸楽苑HDも福島県郡山市にある工場が浸水被害に遭い、10月13日に同工場の操業停止を余儀なくされている。 これにより東北を中心に約240店が休業に追い込まれた。 これは全店のほぼ半数に当たる。 翌11月に郡山工場は操業を再開することができ、休業した店舗は営業を順次再開した。 ただ、休業の影響や食材の供給がしばらく滞ったことなどが影響し、11月の既存店売上高は11. 8%減と大きく落ち込んだ。 12月も6. 7%減とマイナスが続いている。 もちろん、こうした状況に対して幸楽苑HDは手をこまぬいていたわけではない。 これまでにいくつか対策を講じてきている。 例えば、通常税込み440円の「中華そば」を、期間と数量を限定して10円で販売するなどして集客を図った。 だが、客足は完全には戻らず、抜本的な対策には至っていない。 一度離れた顧客を取り戻すことは難しく、当面は厳しい状況が続きそうだ。 投資の世界には、これを表す「卵を1つの籠に盛るな」という格言がある。 同じことが経営の世界でも言える。 幸楽苑HDは台風19号による被害を受けて、「いかなる局面でも利益を確保しうる利益体質の構築を推し進める」方針を表明している。 この危険性を意識してのことだろう。 その一環が、今回の51店の閉鎖と業態転換だ。 同社は「幸楽苑」を中心としたラーメン事業が全売上高の9割を占めている。 これは特定の対象に依存している状態で、リスク分散化ができていない水準と言えるだろう。 そこでラーメン店の一部を業態転換してラーメン以外の事業を育て、「いかなる局面でも利益を確保しうる利益体質の構築」を実現したい考えだ。

次の

幸楽苑 矢吹店

幸楽苑 営業 停止

Contents• 「幸楽苑」閉店の理由は? 「幸楽苑」の大量閉店の理由は何でしょうか? 19年10月の台風19号で起きた水害により郡山工場(福島県)が操業停止した結果、約250店舗への食材供給がストップしており、この経験を踏まえ、「いかなる局面でも利益を確保しうる利益体質の構築」するためとしています。 大きな要因は、台風19号による被害により、低収益店舗の閉店を決定した事ですね。 さて、閉店する51店舗と閉店時期はいつなのでしょうか? 「幸楽苑」閉店51店舗と閉店時期は? 「幸楽苑」の閉店51店舗はどこなのでしょうか? 調べてみましたが、詳細はまだ出ていませんでした。 閉店時期は以下になります。 東海地域が27店舗と半数以上を占めています。 店舗などの詳細が分かり次第、追記しますね! 【閉店予定 計:51店舗 】 2019年12月:30店舗 東北2店舗、関東6店舗、北陸甲信越1店舗、東海21店舗 2020年11月:37店舗 東北1店舗、関東2店舗、東海4店舗 2020年12月:12店舗 東北2店舗、関東5店舗、東海2店舗、関西3店舗 2020年13月:31店舗 関東1店舗 2020年14月:31店舗 関西1店舗 参照元: ネット上の声 ネット上の声を調べてみました! 幸楽苑 51店舗の閉店を発表 2020年1月6日 幸楽苑やらいきなりステーキやら… 大変だな。。 — summer summer24964517 幸楽苑は方向性を誤った気がするけどな。 安定で気軽に腹いっぱいが魅力だったんだけど。 ケチ臭くなるわ、高くなるわじゃ、他の物食べますよ。

次の

大量閉店の幸楽苑の今後が不安視されるワケ 業態転換に伴うリスク

幸楽苑 営業 停止

都内にある幸楽苑=2019年6月5日 関東・東海地方中心に約1割を閉鎖 1月6日、ラーメン店「幸楽苑」を展開する幸楽苑ホールディングス(HD)は、全店の1割に当たる51店を2019年12月から20年4月にかけて閉店すると発表した。 関東や東海地方の不採算店を中心に閉鎖する。 一部の店舗は業態転換を進めるという。 少し前まで、幸楽苑の業績は悪くはなかった。 国内直営既存店売上高は、19年8月まで11カ月連続で前年を上回っていた。 大幅増を達成した月も少なくなく、18年12月は前年同月比9. 8%増、19年2月は11. 1%増、3月は10. 1%増とそれぞれ大きく伸びている。 前年同月が悪すぎた面もあるが、いずれにせよ業績が上向いていたことは間違いない。 ところが、19年9月から12月までの4カ月は前年を下回ってしまった。 10月に至っては30. 7%減と大幅マイナスだ。 それまでの好調から一転して悪化している。

次の