ツクヨミ 適正。 【モンスト】ツクヨミ廻の評価/性能とわくわくの実!運極おすすめ度

【モンスト攻略】ツクヨミ【超絶】の適正キャラとギミックを紹介

ツクヨミ 適正

ロボザコが起爆ターンの短い地雷を展開してくる上に被ダメージも大きいため、パーティー編成は MSか飛行持ち中心がおすすめです。 また、対策必須ではありませんが、ワープやブロックも登場するため、AWやAB持ちもいると安定した攻略が可能となります。 反射タイプを多めに編成しよう 各ステージに 貫通制限ザコが複数体登場します。 貫通制限ザコは相互蘇生を行うため、反射タイプを多めに編成して同時撃破を意識しましょう。 また、貫通制限以外のザコは内部弱点を持つため、貫通タイプも1~2体編成しておくのがおすすめです。 運枠は無しでもOK ツクヨミ廻のクエストでは、ノーコンクリア報酬で、 必ずツクヨミ廻が1体ドロップします。 ラックボーナスからは通常のツクヨミがドロップする可能性があります。 余裕があれば、運枠を連れて行くのも良いですが、ラック上げはを周回した方が効率が良いです。 そのため、ツクヨミ廻は適正キャラで固めて、安定周回しましょう。 1:貫通制限3体の同時撃破• 2:弱点のある雑魚2体の同時撃破 一手目のキャラが反射タイプの場合は、横に並んだ貫通制限雑魚3体を同時に撃破します。 貫通制限は貫通制限同士を毎ターン蘇生、弱点のある雑魚は弱点のある雑魚同時で毎ターン蘇生し合うので必ず同時撃破をしていきましょう。 第2戦:縦に並んだ貫通制限から撃破 攻略手順• 1:貫通制限3体の同時撃破• 2:弱点のある雑魚4体の同時撃破 貫通タイプで弱点雑魚を一筆書きする際に貫通制限が邪魔になってきます。 ですので、貫通制限雑魚3体から同時に撃破をしていきましょう。 攻略手順• 1:貫通制限3体の同時撃破• 2:弱点のある雑魚2体の同時撃破• 3:中ボスの撃破 被ダメの原因や、貫通タイプの動きの邪魔となるので、まずは貫通制限雑魚3体から倒していきましょう。 また、中ボスの放つホライゾンレーザーは強力ですので、なるべく中ボスの隣には立たない様に注意が必要です。 第4戦:倒しやすい配置を意識しよう 攻略手順• 1:貫通制限4体の同時撃破• 2:弱点のある雑魚4体の同時撃破 第4戦は貫通制限を4体同時の撃破、弱点雑魚も4体同時撃破が必要となります。 位置取りが悪いと4体同時撃破が難しいので、同時に倒しやすい位置にいることを意識しましょう。 第5戦:同じく倒しやすい配置を意識しよう 攻略手順• 1:貫通制限3体の同時撃破• 2:弱点のある雑魚3体の同時撃破• 3:中ボスの撃破 中ボスの2戦目も同じく、貫通制限雑魚、弱点のある雑魚から優先的に倒していきましょう。 また、貫通タイプの場合、ブロックを利用して中ボスの弱点往復をしてHPを削っていきます。 ボスのHP 約460万 攻略手順• 1:貫通制限2体の同時撃破• 2:弱点のある雑魚2体の同時撃破• 3:ボスの撃破 ボス戦でも、これまでと同じ手順で敵を倒していきましょう。 また、5ターン目にボスが敵全体を攻撃力アップをします。 それまでに雑魚敵を撃破しないと、雑魚敵も攻撃力アップし被ダメの原因となりますので、それまでに雑魚処理を終えましょう。 ボス第2戦:一筆書きしやすい配置を意識しよう ボスのHP 約500万 攻略手順• 1:貫通制限3体の同時撃破• 2:弱点のある雑魚3体の同時撃破• 3:ボスの撃破 貫通タイプで弱点雑魚を一筆書きする時に貫通制限雑魚が非常に邪魔な位置にいるので、貫通制限雑魚は手早く処理をしていきます。 邪魔な雑魚敵を倒した後は、弱点を意識しつつボスを殴っていきましょう。 ボス第3戦:SSでボスに攻撃と雑魚処理をしよう ボスのHP 約560万 攻略手順• 1:貫通制限3体の同時撃破• 2:弱点のある雑魚3体の同時撃破• 3:ボスの撃破 SSを使ってボスのHPを削りつつ、雑魚処理をしていきましょう。 また、貫通制限の真横に弱点があるときは、ボスと貫通制限雑魚の間をカンカンする様に弾くとダメージを稼ぎやすいです。 適正キャラと安定攻略・周回パーティー.

次の

【モンスト】ツクヨミ零【超絶】攻略の適正キャラランキング/ツクヨミゼロ

ツクヨミ 適正

例えば、アンチ重力バリアもちのキャラがロックされると、重力バリアに動きを止められてしまう。 BATTLE1から3は、全敵がほぼ毎ターン蘇生されるが、たまに一部の敵しか蘇生されないときがあるので、法則性があるか検証したい。 1ターンですべての敵を倒すのが理想だが、ハートが出現しないので少しでも多くの敵を倒し受けるダメージを減らす必要がある。 パーティー編成について、まず反射タイプと貫通タイプの選択だが、道中のザコ敵をまとめて効率よく倒すためにはアンチ重力バリアもちの反射タイプを選択したい。 貫通だと1回当たっただけでは倒しきれず、減速してしまい複数体を攻撃できない。 友情コンボは、レーザー無効バリアが多いこのクエストでは、ワンウェイレーザーやクロスレーザーは有効ではない。 ホーミング吸い込みがいるが、確実にダメージを稼いでいくならアリだ。 そもそもザコ敵は体当たり1回で倒せるので、アビリティ重視で選ぼう。 ホーミング吸い込みモンスターは必中ホーミング攻撃を撃つので、出来る限り倒しきり、数体しか復活しないときまで粘る。 右上に位置するモンスターが倒しにくい。 たてがみのモンスター レーザー無効バリア、ホーミング吸い込み 2体、ビゼラー レーザー無効バリア が出現。 このマップではアビリティロックもち敵は出現しない。 ビゼラーの爆発攻撃に当たると、自キャラの攻撃力がダウンする。 BATTELE1同様に、ホーミング吸い込みモンスターをなるべくまとめて処理したい。 全敵がほぼ毎ターン蘇生される。 たまに一部の敵しか蘇生されないときがあるようだ。 たてがみのモンスター レーザー無効バリア、ホーミング吸い込み 3体、左下の敵 GB が出現。 鎧の敵は単一方向レーザーを撃つが、攻撃力は高くない。 BATTLE1、2と同様にできるだけまとめて倒す。 中ボスを倒すとまわりの敵は消えるが、中ボスを集中的に攻撃するというより、まわりのザコ敵、とくにホーミング吸い込みモンスターと魔術師を毎ターン倒しつつ、中ボスにダメージを与えていくことを意識する。 右下のビゼラーは攻撃力が高い近距離拡散弾、左下のビゼラーは攻撃力ダウンの爆発なので、近くにいなければダメージを抑えられる。 ツクヨミは2ターン毎に蘇生(実質毎ターン)、9ターン毎にワープ、11ターン毎に必中ではないが全体攻撃のアビリティロックを撃つ。 蘇生は2キャラずつのことが多いようだ。 マップ上部の敵が出す。 ツクヨミが9ターン毎に出現させる。 BATTLE 4と同様に中ボスを倒すとまわりの敵は消える。 このBATTLEでもホーミング吸い込みモンスターと魔術師を必ず毎ターン倒すことを意識したい。 闇属性ティアマトは3ターン毎に毒を放出、5ターン毎に燃える地面ができる火の弾を撃つ。 蘇生は2体ずつのパターンが多いようだ。 触れるとダメージを負う。 ボスを倒せばザコ敵も消えるが、ここでも中ボス戦と同じく、ホーミング吸い込みモンスターと魔術師を倒し続けよう。 右上のビゼラーは攻撃力の高い近距離拡散弾を撃つタイプて、鎧の敵は一方向へのレーザーだ。 ボスは1ターン目にアビリティロック落雷(以降6ターン毎)、4ターン毎に攻撃力ダウンの白爆発を撃つ。 10ターン後の攻撃は不明だが、ほとんど直接攻撃してこない。 蘇生も全復活ではないので、ザコを倒し続けるのは比較的容易だ。 闇属性ティアマトはBATTLE 5のときよりもHPは低い。 このマップでも1ターン目に必中のアビリティロックを撃たれるが、次のターンで解除される。 攻撃パターンはBOSS戦1と同じと考えて良い。 ボスを倒せばザコ敵も消える。 優先して倒すのは魔術師2体をとにかく倒していこう。 分割DWも2体同時に貼られると動きが制限されてしまう。 残っているストライクショットを使い、一気に倒してしまいたい。

次の

【モンスト】ツクヨミ廻(回)の適正/適性キャラと攻略パーティー

ツクヨミ 適正

5 キャラの点数全体見直しのため、点数を変更。 0 キャラの点数全体見直しのため、点数を変更。 5 汎用性や適正クエストでの活躍度は非常に高い。 しかし火力面では他の9. 0には劣るため、点数を8. 5に変更。 0に修正。 5 ワープのクエストが増えたこと、神キラーや乱打回復SSで輝くクエストが増えたため8. 5点を維持。 での活躍はもちろん、多くのクエストに連れていくことが可能。 威力は弱点ヒットで約80万と高く、HPを 4万回復できるため、攻守ともに優れている。 ダメージ源としてだけではなく、ピンチ場面では回復役としても使える。 ギミック対応力の高いWアビリティ ツクヨミはMSとゲージショットでAWを持つ。 ワープの影響を受けずに、高スピードで多くの地雷を回収可能。 特にでは立ち回りやすい。 雑魚とボスに対し強力なWキラー ツクヨミは獣キラーで、ガスマスクやバッファロー等の獣族の雑魚を素早く処理できる。 また神キラーはで出現する、ティターンなどに高火力を出せる。 クエスト次第では雑魚戦、ボス戦ともに火力を出しやすい。 1発当たりの威力は低く、ステージ上の敵をランダムに攻撃するため、狙った敵を攻撃することはできない。 また、ビットンやシールドにもヒットするため、安定してダメージを与えることが難しい。 決定打にかけるSS SSの乱打回復は安定したダメージとHPを回復することはできるが、期待以上のダメージを出すことはできない。 あとひと押しという場面では、火力不足と感じることが多い。 ツクヨミの総合評価と使い道 ツクヨミは汎用性の高いWアビリティと、2つのキラーを持ち活躍の場が多い。 手持ちが増えてきても使える場面は多いので、 優先して育てておこう。 40 タス後限界値 21302 21211 402. 他のクリア報酬からは通常のツクヨミ、獣神玉、亀がランダムでドロップする。 40 タス後限界値 21302 21211 402.

次の