スルガ銀行 株価 暴落。 スルガ銀行(8358)の株価はどうなる?巨額赤字ニュースで倒産の危険性はあるのか。シェアハウス破綻の影響が大きい │ サラリーマン研究者クロノの投資ブログ

【不祥事株投資】スルガ銀行(8358)株へ暴落注意報!?

スルガ銀行 株価 暴落

スルガ銀行 8358 の株価が大暴落中…今が株価の底値で買い時か? インカムゲイン重視で日米優良銘柄の積立投資を実行中の管理人のクロノです。 短期では株価は必ずしも業績や指標による割安感を反映しないため、運に頼った投資になってしまうからです…。 銀行銘柄は業界の成長性に乏しいため全体的にPERが低い銘柄が多く割安に感じます。 今回は「かぼちゃの馬車の事件」をきっかけに株価が大暴落中のスルガ銀行の株価について考えました。 指標や利回りを確認! PER・PBRから株価の割安感を考察 きっかけは女性専用シェアハウス「かぼちゃの馬車」を運営するスマートデイズの経営破たんでした。 かぼちゃの馬車の購入者への融資資料改ざんなど、スルガ銀行の杜撰な融資姿勢に批判が集まりました。 私には影響のない事件と思って傍観者だったのですが、驚いたことにソーシャルレンディングで影響がありました…。 SBIソーシャルレンディングの投資先がスマートデイズ関係者が運営する会社だったようです。 何につながりがあるか分からない世の中ですね…詳細は下記記事でご覧ください。 関連記事>>> さらには国内銀行では2013年のみずほ銀行以来、5年ぶりとなる一部業務停止がスルガ銀行に下りました。 一部業務停止命令の内容は 不動産投資向けの新規融資を6カ月間禁じる旨でした。 ニュース等で大きく報道されているため投資家以外にもスルガ銀行の株価の大暴落は知れ渡っています。 全ての情報が全員に正しく共有・理解されていれば今の株価は正当な評価でしょう。 しかし現実には様々な思惑や投機マネーが入り込むため株価は複雑に動きます。 大暴落したスルガ銀行の株価はすでに業績を反映した正しい株価なのでしょうか? それとも悲観した投資家による投げ売りで必要以上に下げているのでしょうか。 それではスルガ銀行の株価の変遷についてチャートを見てみましょう。 昨年は2500円前後だった株価が一時は500円近くまで下落…なんと五分の一です! 参照:SBI証券 スルガ銀行株価チャートより 9月には500円を下回る場面もありましたが現在では600円程度まで値を戻しています。 さすがに500円台は株価が安すぎると判断しての新規参入でしょうか。 さて、五分の一にまで大暴落したスルガ銀行の株価は本当にお買い得なのでしょうか? 現在の株価に基づいて今期の予想PERと実績PBRから考察してみましょう。 PERもPBRも値が小さい程、割安であることを示す指標になります。 業種間での値が大きくことなるため、今回は同業他社の銀行大手と比較します。 スルガ銀行と大手銀行のPERおよびPBRの比較 スルガ銀行 (8358):予想PER 8. 78倍 実績PBR 0. 41倍 みずほフィナンシャルグループ (8411):予想PER 8. 88倍 実績PBR 0. 56倍 三菱UFJフィナンシャル・グループ (8306):予想PER 11. 27倍 実績PBR 0. 6倍 三井住友フィナンシャルグループ (8316):予想PER 9. 41倍 実績PBR 0. 64倍 なんと!株価が大暴落してやっと他の大手銀行と同じ程度のPERです! PBRに関しては若干他行より低めですが大差はありません。 スルガ銀行はこれまで地銀の中でも飛びぬけた収益性の高さと成長で今後が期待されていた企業でした。 そのため将来の成長(EPS増加)を見込んで銀行業では珍しくPERが高めの銘柄だったのです。 それが今回の問題を発端に将来の成長性を悲観した投資家が投げ売りしたため業界標準の株価となったのです。 もちろん事件をきっかけに業績の悪化により収益低下(EPS低下)が低下したことも原因です。 1年前の株価から五分の一になってそろそろ買い得かな?と思っても指標的にはそうではありません。 また2500円程度に値を戻すだろうと飛びつくのは危険です。 配当利回りから長期投資に向いているか考察 つづいて配当利回りについて他行との比較を見てましょう。 今期の予想配当と現在の株価から予想配当利回りを算出しています。 スルガ銀行と大手銀行の配当利回りと配当性向の比較 スルガ銀行 (8358):3. 46% 配当性向 30. 75% 配当性向 31. 73% 配当性向 26. 60% 配当性向 29. しかし他行と比べるとそれほど利回りに大きな差がないのが良く分かります。 幸いなことに現時点では配当性向は他行とそれほど大差ありません。 すぐにタコ足配当になり、減配するリスクが特段高いようには思いません。 融資問題が一区切りついて現在程度の収益が今後も継続すると考えれば魅力的な配当利回りです。 しかし今後も融資問題が尾を引き業績のさらなる悪化が続けば減配も避けれません。 今回の一部業務停止命令後に大きな事件が続かなければ業績悪化も下げ止まるでしょうか? 今後の業績予想と管理人の投資スタンス これまでスルガ銀行の株価は高収益・高成長で銀行業の中でも比較的割高感がありました。 現在はその期待されていた分の株価が下落して、通常の銀行業の株価となっています。 したがって私はスルガ銀行の株価を高くも安くもない、中立として考えています。 今後スルガ銀行の株価が上昇するか、下落するかはある程度業績に沿って動くと考えています。 今のところ2019年3月期は第1四半期の決算情報までしか公表されておりません。 通期予想に関しては修正の可能性があると明記されており、今後も安心して保有しづづけるのは難しい株です。 参照: しかし 今回の業務停止処分程度であれば業績への影響はそれほど大きくないと予想します。 スルガ銀行くらいの規模の地銀がすぐに倒産することはないと思います。 諸問題を乗り越えて以前の高収益に戻り、再度EPSが100円を超えてくると予想すれば割安株です。 しかし スルガ銀行の高成長の裏には個人投資家への無理な融資が貢献していたことは疑いの余地がありません。 一部業務停止処分が明けて不動産投資用の融資が可能になってもそれほど利用者いないでしょう。 したがって急激な業績回復はほとんど期待できず、利回りの維持も疑問があります。 私が投資するなら銀行業に限定されたとしても他行を選びます。 実際NISAで数年前に購入した銀行株が放置されています…。 大手銀行は生き残りをかけてFinTech適応に向けてなりふり構わず手段をこうじるかもしれません。 スルガ銀行を含めて地銀には厳しい時代になるではないでしょうか? 金融セクターに投資資金を集中投資する前にFinTechの影響について一読しておくのをオススメします。 スルガ銀行株はサラリーマン投資家が仕事の合間に投資する銘柄としては難度が高いと思います。 高配当を狙うなら米国高配当株で積立投資する方がはかるにオススメです。 管理人クロノはソーシャルレンディングで資産運用中です。 株式投資と違い日々の値動きを気にせずに資産運用が可能なのがソーシャルレンディングです。 しかしながら最近になり事業者リスクが高まり、運用するSL業者の選別が重要になっています。 私が現在投資中のSLの中でも今オススメできるのはOwners Bookになります! 利回りはそれほど高くありませんが、不動産プロの目利きによる案件のレベルの高さがいいですね。 また、早期償還になった際に想定利回りが上昇することもあるので資産の運用効率も良くなりますね! 案件数はそれほど多くない上に人気化することも多いです。 まずは口座開設を済ませて、納得できる案件が出た際に少額から投資を開始するのをオススメします。 無料口座開設 公式サイト >>> クラウドファンディングでの投資を始める前の基礎としてオススメです。 ソーシャルレンディングやクラウドファンディングの違いを認識して投資を始めましょう。

次の

【不祥事株投資】スルガ銀行(8358)株へ暴落注意報!?

スルガ銀行 株価 暴落

スルガ銀行・10日間・株価 予想期間(変更なし) 2018年9月1日~2018年10月31日まで 第三者委員会の報告書が提出されました 2018年9月7日、第三者委員会より調査報告書が提出され、公開されました。 スルガ銀行HP: 調査報告書が提出される前から報道されていた不正の内容が具体的に記載されています。 かみ砕いて内容を抜き出すと以下の通り。 顧客の自己資金、収入、金融資産の属性資料の偽装• 購入不動産の家賃を高く偽装、賃貸契約書も偽装、ついでに売買価格も偽装• 高い値段で売買契約書を結んだ後に売買価格変更の覚書を結んで勝手に価格変更• お金は無いし、払ってないけどお金を払ったことにして手付金領収書を偽装• 営業部門の役員が審査部門の部長をボコボコにして稟議を決裁させていた• 営業部門の役員が審査部門の人事も決めて、審査担当に自分の子飼いの行員を送り込んでいた• 違法建築だけど検査済証や確認済証を偽装して融資実行• ほぼ全行員が不正に気が付いていたけど見てみぬふりをした• 大方の役員が事実を知っていたと思うけど見てみぬふり• 支店長レベルも黙認したり自ら偽装を行った 特に驚いたのは• 実は空室だけど部屋にカーテンをかけて住んでいるように偽装して調査した人を騙す• 経営会議で決議した融資条件も無視して融資が行われていた• 審査部から出入り禁止にされた業者を名前を変えたり迂回して再度取り込んでいた サラッと書きましたがなかなか凄い不正です。 普通の銀行なら1回でも売買契約書の偽装をしたらクビになってもおかしくない事をほぼ全員が知っていたり関わっていたということは驚きです。 私の知っている某銀行でも売買契約書ほど重要ではない書類の偽装をした銀行員がいましたが、左遷されて今は子会社で警備員をしているそうです。 担保評価の方法• 不動産担保取得時の営業店における評価額算定は、路線価、基準地価、公示地価、売買事例、(外部業者の)評価システム等にて評価する。 収益還元法による担保評価額の 100%までの融資が許容されていた• 思いっきり不正があったようです。 担保評価は水増しされていました。 スルガ銀行は収益還元法を採用していたようです。 収益還元法とは簡単に言えば、年間家賃を期待収益率で割戻して担保評価額とする評価手法です。 期待収益率を下げると担保評価額は高くなり、期待収益率を上げると担保評価額は低くなります。 調査報告書を見る限り、期待収益率が特に定められていないようなので、ご都合主義で担保評価額が算出されていた可能性があります。 甘い担保評価でこの保全率となると…。 違法建築だけど検査済証や確認済証の偽装して融資実行• 一部の審査担当者が審査部限りの記録で200件以上の案件で「家賃設定に疑義あり」などと残す• 審査通過率99% 他にも違法物件を順法性が保たれているかのような偽装も行われていたようです。 本来違法物件は担保評価は0円か0円ではないにしても大幅に評価減します。 スルガ銀行の担保はかなり表面の数字よりも毀損している可能性が極めて高いです。 予想株価の変更理由 担保評価においても不正があった為です。 今は不動産市況が安定していますが、リーマンショック後のように不動産市況(価格)が崩れると大きな損失が出ます。 これだけ書くと大幅に目標株価を下げたいところですが、最近のスルガ銀行の株価の動きがおかしいように感じます。 もしかしたら外資ファンドなどに買収される事態もあり得るかもしれません。 本当は大幅な自己資本の毀損が予想できるので300円位にしたいのですが、市場に色々な思惑が錯綜していることから、短期的な予想株価は450円と変更しました。

次の

【不祥事株投資】スルガ銀行(8358)株へ暴落注意報!?

スルガ銀行 株価 暴落

スルガ銀行・10日間・株価 予想期間(変更なし) 2018年9月1日~2018年10月31日まで 第三者委員会の報告書が提出されました 2018年9月7日、第三者委員会より調査報告書が提出され、公開されました。 スルガ銀行HP: 調査報告書が提出される前から報道されていた不正の内容が具体的に記載されています。 かみ砕いて内容を抜き出すと以下の通り。 顧客の自己資金、収入、金融資産の属性資料の偽装• 購入不動産の家賃を高く偽装、賃貸契約書も偽装、ついでに売買価格も偽装• 高い値段で売買契約書を結んだ後に売買価格変更の覚書を結んで勝手に価格変更• お金は無いし、払ってないけどお金を払ったことにして手付金領収書を偽装• 営業部門の役員が審査部門の部長をボコボコにして稟議を決裁させていた• 営業部門の役員が審査部門の人事も決めて、審査担当に自分の子飼いの行員を送り込んでいた• 違法建築だけど検査済証や確認済証を偽装して融資実行• ほぼ全行員が不正に気が付いていたけど見てみぬふりをした• 大方の役員が事実を知っていたと思うけど見てみぬふり• 支店長レベルも黙認したり自ら偽装を行った 特に驚いたのは• 実は空室だけど部屋にカーテンをかけて住んでいるように偽装して調査した人を騙す• 経営会議で決議した融資条件も無視して融資が行われていた• 審査部から出入り禁止にされた業者を名前を変えたり迂回して再度取り込んでいた サラッと書きましたがなかなか凄い不正です。 普通の銀行なら1回でも売買契約書の偽装をしたらクビになってもおかしくない事をほぼ全員が知っていたり関わっていたということは驚きです。 私の知っている某銀行でも売買契約書ほど重要ではない書類の偽装をした銀行員がいましたが、左遷されて今は子会社で警備員をしているそうです。 担保評価の方法• 不動産担保取得時の営業店における評価額算定は、路線価、基準地価、公示地価、売買事例、(外部業者の)評価システム等にて評価する。 収益還元法による担保評価額の 100%までの融資が許容されていた• 思いっきり不正があったようです。 担保評価は水増しされていました。 スルガ銀行は収益還元法を採用していたようです。 収益還元法とは簡単に言えば、年間家賃を期待収益率で割戻して担保評価額とする評価手法です。 期待収益率を下げると担保評価額は高くなり、期待収益率を上げると担保評価額は低くなります。 調査報告書を見る限り、期待収益率が特に定められていないようなので、ご都合主義で担保評価額が算出されていた可能性があります。 甘い担保評価でこの保全率となると…。 違法建築だけど検査済証や確認済証の偽装して融資実行• 一部の審査担当者が審査部限りの記録で200件以上の案件で「家賃設定に疑義あり」などと残す• 審査通過率99% 他にも違法物件を順法性が保たれているかのような偽装も行われていたようです。 本来違法物件は担保評価は0円か0円ではないにしても大幅に評価減します。 スルガ銀行の担保はかなり表面の数字よりも毀損している可能性が極めて高いです。 予想株価の変更理由 担保評価においても不正があった為です。 今は不動産市況が安定していますが、リーマンショック後のように不動産市況(価格)が崩れると大きな損失が出ます。 これだけ書くと大幅に目標株価を下げたいところですが、最近のスルガ銀行の株価の動きがおかしいように感じます。 もしかしたら外資ファンドなどに買収される事態もあり得るかもしれません。 本当は大幅な自己資本の毀損が予想できるので300円位にしたいのですが、市場に色々な思惑が錯綜していることから、短期的な予想株価は450円と変更しました。

次の