クレジットカード おすすめ au。 auユーザーにおすすめのクレジットカードランキング!

au ウォレット クレジットカードの審査難易度とは?|クレジットカード審査まとめ.com

クレジットカード おすすめ au

本記事では、au PAYの仕組みやメリットから、組み合わせて使うおすすめのクレジットカードまでを徹底的に紹介していきます。 本記事を読むことで、あなたはすぐに自分がau PAYに合っているのかを知ることができ、かつau PAYを高還元で利用できるようになります。 すぐにau PAYのチャージにおすすめのクレジットカードを知りたいあなたは、以下から各カードの詳細をチェックできます。 au PAYとは?仕組みを解説 au PAYはauが運営するスマホ決済サービスで、スマホにダウンロードしたau PAYアプリを店員に提示するだけで支払いができる、現金、カード類が不要な決済手段です。 何故、スマホ1台で買い物ができるかと言えば、スマホ アプリ による決済と同時に、事前に現金やクレジットカードからチャージしたau WALLETの残高から利用額が支払われる仕組みだからです。 チャージして使うプリペイドカードのアプリ版というイメージが最も近いと言えます。 au PAYは全国150万ヶ所での買い物に利用でき、支払いは「au PAYで」と伝え、アプリのバーコード画面を店員の人に提示するか、店舗設置のQRコードをカメラで撮影するだけです カメラはアプリ内から起動。 au PAYは現金、カード類が不要ということ以外にも様々なメリットがあります。 次ではau PAY利用のメリットを紹介していきます。 au PAYのメリット au PAYには現金や他のスマホ決済サービスにはない様々なメリットがあります。 ここではau PAYを利用するメリットとして以下の2点を紹介していきます。 利用可能店舗数が多い au PAYはスマホ決済サービスの中でも特に利用可能店舗数が多いため、多様な店舗でスマホ決済を行いたいあなたにおすすめです。 というのも、au PAYはスマホ決済サービスの中で最も加盟店数が多い楽天ペイ 300万店 と提携し、楽天ペイ加盟店での支払いが可能だからです。 ちなみに、楽天ペイ、au PAYに次いで利用可能店舗数が多いのはLINE Payで、171万店舗となっています。 ポイント還元率0. 何故なら、au WALLET ポイントは1ポイント1円でau PAYの支払いに利用できるからです。 ちなみに、au PAYの利用で貯まるポイントは2020年5月からPontaポイントに変更となります。 Pontaポイントは1億の顧客基盤を誇る使い勝手の良い共通ポイントであるため、利便性がますます高まる形になります。 PontaポイントはローソンやライフなどのPonta提携店の買い物に利用できるロイヤリティ マーケティング運営の共通ポイントです。 auスマートパスプレミアム会員限定のau PAY利用特典3つ auユーザーがauスマートパスプレミアム会員 月額税込548円 に入会すると、50Gまでのデータをauのサーバーに預けられるなど、携帯利用に関する様々な特典を受けられますが、au PAYの利用に関しても以下の3つの特典が用意されています。 015 ポイント還元率1. 三太郎の日はポイント20%還元 auスマートパスプレミアム会員はau PAYマーケットでのポイント優遇特典を受けられるため、ネット通販をよく利用するなら入会は必須です。 au PAY マーケットは日用品やグルメ、ファッション、家電など、約3,000万の品ぞろえを誇る総合通販サイトで、auスマートパスプレミアム会員なら三太郎の日 毎月3. au PAYの利用で貯まるau WALLET ポイントは1ポイント1円でau PAYの支払いに利用できるため、月に13,000円利用すれば560ポイント貯まり、auスマートパスプレミアム会員の会費 月額税込548円 の元を回収できます。 au PAYのチャージ方法は5種類以上! au PAYはau WALLET残高から支払いをするアプリなので、au WALLETへのチャージが必要ですが、チャージ方法は多岐に渡り、街中、ネットからいつでもできます。 コンビニ ローソン 、セブン銀行ATMでの現金チャージが可能なほか、au WALLET サイトやアプリからチャージすることもできるからです。 au WALLET サイトやアプリからチャージする場合は以下の方法から選択できます。 auかんたん決済• じぶん銀行• クレジットカード 一部非対応• au WALLET ポイント・auポイント• au じぶん銀行口座やauかんたん決済であれば、リアルタイムチャージ オートチャージ も可能です。 リアルタイムチャージは決済時にau WALLET残高が不足している場合、不足分を自動的にチャージしたり、au WALLET 残高が設定額未満になると設定額が自動的にチャージされる機能です。 au PAYはクレジットチャージでポイント二重取りができる au PAYはクレジットカードからチャージすることにより、よりポイント還元率が高くなるため、ポイント高還元狙いのあなたはクレジットカードを入手しましょう。 クレジットカードはau PAY決済分とクレジットチャージ分のポイント二重取りができるからです。 クレジットカードからチャージすることで、クレジットカード利用分のポイントが貯まり、さらにau PAYで決済することでもポイントが貯まるのです。 au PAY決済分はポイント還元率0. クレジットカード 単体 や電子マネーといったキャッシュレス決済の平均的なポイント還元率が0. そこで次はau PAYに組み合わせるおすすめのクレジットカードを紹介していきます。 au PAYに支払いにおすすめのクレジットカード3選 ここではau PAYのチャージ用におすすめのクレジットカードとして、以下の3枚を紹介していきます。 何れもau PAYのポイント還元率を大きく高めてくれる1枚なので、気に入ったものを1枚は入手しておくことをおすすめします。 貯まるポイントは楽天スーパーポイントで、1ポイント1円で楽天市場や楽天ブックスなどの支払いに使うことができます。 クレジットカード1枚で、リアル店舗とネットの買い物両方を高還元にしたいなら楽天カードを使いましょう。 ミライノ カード GOLDには空港ラウンジサービスや最高5,000万円の海外旅行傷害保険、国内旅行傷害保険などが付帯しているのです。 ミライノ カード GOLDの利用 au PAYチャージ含む で貯まるポイントはミライノポイントで、ミライノポイントは1ポイント1円としてキャッシュバックに利用できます。 また、ミライノ カード GOLDは年会費が3,000円かかりますが、年100万円以上の利用があれば翌年度は無料となります。 年間のキャッシュレス決済額が100万円以上になるのであれば、まずミライノ カード GOLDを検討すべきと言えます。

次の

au PAY(エーユーペイ)のお得な使い方!便利なスマホ決済を徹底解説

クレジットカード おすすめ au

4 【ポイント・マイル】 Suicaチャージで1. 【付帯サービス】 一応旅行保険がついていますが、内容は微妙なので他のクレジットカードの保険を頼ります。 【会員専用サイト】 それなりに見やすいです。 Suicaチャージ時の反映も早い。 アプリがあるといいんですけど、ないですね。 【申込手続き】 画面に従って入力していけばWeb申込は難しくありません。 【デザイン】 デザイン性はないです。 【ステータス】 ステータス性を求めるカードではないです。 【総評】 年会費無料で持てるビューカードという点に意味があります。 Web明細だと年間最大600ポイント付与されるのでお釣りが出ます。 モバイルSuicaユーザーに特におすすめです。 4 ルミネで買物をすると5%オフ、年に何度か10%オフになるとのことで作りました。 本やCDも割引になるというのが魅力です。 ルミネスタイルという優待サイトもあるようです。 カードデザインは特別ださくもなく普通、Suicaが搭載されているのでエンボスレスになっています。 年会費無料のビックカメラSuicaカードとの一番の違いは、定期券をカードに載せられるか(別にSuica定期券を発行する必要があるかどうか)という点にあります。 カードを減らしたい人には一体型がおすすめです。 Suica定期券(私鉄経路含)をビューカードで購入するとJREポイントが1. 5%たまります。 モバイルSuicaとモバイルSuica定期券とを利用する場合はさらにポイントがたまります。 現時点では初年度無料のため、ルミネの利用頻度を確認して、次年度以降継続するのか、ビックカメラSuicaカードにするのか(もしくは併用するのか)選んでもいいかもしれません。 5 これまでアメックスは持っておりませんでしたが、色々な事情からアメックスに切り替えることにしました。 発行手続は非常にスムーズで早いと思いました。 また、カードは券面が思った以上に高級感があり、同時に目立ち過ぎないさりげなさもあって、とても良いです。 個人的に最も気に入っているのが、申込時には存在さえ認知していなかった「ワランティー・プラス」と「ホームウェア・プロテクション」という付帯保険サービスです。 前者はアメックスで購入した製品の保証期間を「メーカー保証+2年間」延長してくれるもので 詳細はご自身でご確認ください 、これがあればメーカーの延長保証に入ることが基本的に不要になります。 後者はアメックスで買っていないものであっても、自宅にある家電製品やPC、カメラ等 ただし色々と例外もあります の盗難・破損・水没等による修理費用を購入から3年間保証してくれるもので、修理費用の見積書さえあれば保険金が振り込まれるという、非常に太っ腹なサービスです。 年会費がそこそこ高いことは事実ですが、月1万2千円程度と割り切るならば、付帯サービスも含めて満足感は高いカードではないかと思います。 年会費の安い他のプラチナカードにするくらいなら、年会費1-2万円程度で満足できるゴールドカードが色々とありますので、そうしたゴールドカードを持たれた方が良いでしょう。 本カードはそういうことをあまり気にされない方に持つことをお勧めします。 を利用。 よってポイントはそれなりによく貯まります。 ポイントの使い勝手が良いです。 携帯代の支払いにも使えるし、プリカへチャージすることもでき、そのチャージをauペイスマホ決済で使えます。 Wowma! はたしかに楽天などと比べるとやや高いと思いますがポイント交換50%増量キャンペーンや使いやすいクーポンなどがよくあるのでそれらを上手く利用すれば決して悪いショッピングサイトではないと思います。 それからauペイ、プリカ、カードとも使用後メール届くので安心です 【付帯サービス】海外旅行保険、お買い物補償などあります 【会員専用サイト】auペイ(カードアプリ)使いやすい、分かりやすいと思います 余談かもしれませんがauアプリじたいは種類多すぎると思います… 【申込手続き】普通だと思います。 スマホからもできます 【デザイン】シルバーデザイン個人的にはシンプルで好きです 【ステータス】 【総評】auユーザーならおすすめします ポイントの使い勝手はとてもいいです auペイもう少しお店増えてキャンペーンとかどんどんしてくれるともっとおすすめできるのだけど• 5 グリーン約1100円(月額) ゴールド約2500円(月額) プラチナ約12000円(月額) 上記の値段を検討し、維持費とサービスの内容でグリーンはお得だと思い申し込みました。 地方出張で飛行機に乗る機会が多いビジネスマンの方はラウンジが使えるのでオススメのカードだと思います。 また、アプリ提携の目安額が微妙に分かりづらいので最初の3ヶ月間くらいは使用額に注意が必要です。 特にゴールドの招待日和が要らないという方は緑でいいと思います。 また、SPGも検討しましたが特定のサイトから予約することで部屋のアップグレードが出来るだけであり年1,2回しか泊まらないなら一休などから申し込むで十分だと思いました。 無料招待券はお得ですが、マリオネットグループが旅行先にあるのかも謎です。 国内旅行のみの私にはまず要らない特典だと思いました。 以上のことから、緑を選択し、その選択に満足しています。 プラチナはロマンあるのでいつか使用してみたいです…ゴールドがメタルカードしてくれたら、コスト度外視で一度使ってみたいです。 入会特典やポイント還元率、年会費などクレジットカードを選ぶときに気になること、疑問に思っていることを「よくある質問」にまとめました。 クレカ選びの参考にしてみてください。 Q クレジットカードのメリットとは? A手持ちの現金がない場合はもちろん、かざすだけで支払いが完了するコンタクトレス決済(非接触型決済)など便利な機能を活用できたり、2020年9月からは、キャッシュレス決済で使えるポイントがもらえる「」に合わせたキャンペーンが開催されるなど、メリットは多いです。 Q ポイント還元率とは? Aクレジットカードの利用した金額にたいして、いくら相当のポイントが戻ってくるかを表したものです。 クレジットカードで支払った際に貯まるポイントが、「いくらの価値と交換できるか」を示したものになります。 初めてクレジットカードを作るなら、ポイント還元率が大きいカードを選ぶのも良いでしょう。 Q 即日で発行できるカードはありますか? Aはい。 申込のタイミングにもよりますが、最短即日で発行できるクレジットカードがあります。 クレジットカードの受け取りは郵送が多いのですが、即日発行のカードを受け取るには、ネットで申し込みをしてから受け取る方法と店舗や店頭に直接訪問する方法があります。 本人確認書類、運転免許証やパスポートなど、身分を証明できる書類が必要になる場合が多いので注意しましょう。 Q クレジットカードの選び方は? A年会費の有無、ポイントやマイルなどの貯めやすさなど、ご自身の生活スタイルにあった選び方をおすすめします。 クレジットカードをはじめて持つ方や2枚目のカードを探している方には、年会費が無料のクレジットカードから探しはじめても良いかもしれません。

次の

au WALLET クレジットカードの評判や口コミ審査情報を紹介

クレジットカード おすすめ au

おすすめゴールドカードランキングの根拠と選び方 このページで紹介するゴールドカードは、以下の理由で選んでいます。 年会費 年会費を上回る特典付きでコスパがいいか。 家族カードやETCカードの年会費含む ポイント還元率 ポイントが貯まりやすいか。 貯めたポイントを使いやすいか 特典 会員限定イベントやプライオリティパス、提携ショップでの割引などの特典の充実度 旅行保険 国内・海外旅行保険の補償額。 自動付帯なら高評価 提携サービス マイルへの交換、他社ポイントへの交換、電子マネーへのチャージ、Apple Pay対応 補償 ショッピング補償、不正利用・盗難された際の補償、日本語対応のカスタマーサービス ゴールドカードは、付帯する特典が異なり、使う人によってメリット・デメリットがあります。 あなたがゴールドカードを選ぶ際も、これらの特徴をふまえて選ぶと最強の1枚がみつかります。 人気のおすすめゴールドカード 専門雑誌でも高い評価を獲得している人気カード。 知名度もあり、特典も満載。 迷ったら選びたいゴールドカードです。 携帯電話端末の紛失や修理でかかる費用を最大10万円まで補償してくれるdカードケータイ補償も付いています。 最高1億円の海外旅行保険や空港ラウンジ無料といった特典も充実。 dポイントを貯める最強にお得なカードです。 com、Booking. comなど)で還元率2. はじめてのゴールドカードにもおすすめです。 1位三井住友カード プライムゴールド 20代でも発行できるゴールドカード 三井住友カード プライムゴールドは、満20歳以上30歳未満の方でも申し込めるゴールドカードです。 満30歳を迎えると三井住友カード ゴールドにランクアップできます。 空港ラウンジ無料、ゴールド会員専用デスク、ドクターコール24、最高5,000万円の旅行保険と特典も充実。 年会費も安いので、はじめてのゴールドカードにおすすめです。 申し込み対象 満20歳以上30歳未満で、本人に安定継続収入のある方 特徴 20代でも発行できるゴールドカード 満30歳を迎えると三井住友カード ゴールドにランクアップ 空港ラウンジ無料。 5倍(還元率0. 利用金額に一律の制限なし カード会員だけの特別イベント 最高1億円の旅行保険 国際ブランド Diners Club 年会費 初年度:22,000円 翌年以降:22,000円 家族カード:5,000円 ETCカード:無料 ポイント還元率 ダイナースクラブ リワードポイント:基本還元率0. 5倍(還元率1. 正しい詳細に関しては株式会社セディナの公式ページをご確認ください。 空港ラウンジもOK。 1位DELTA スカイマイル アメックス ゴールドカード デルタ航空「ゴールドメダリオン」付与!スカイマイルを貯めるならこれ! デルタ航空の上級会員資格である「ゴールドメダリオン」が無条件で付帯。 世界のスカイチーム・ラウンジが無料で使える他、優先チェックイン、優先搭乗、無償アップグレードなど、デルタ航空のサービスが上質に。 また、カードでの支払い100円につき1スカイマイル貯まり、入会で8,000マイル、継続で毎年3,000マイルもらえます。 海外旅行保険も最大1億円付帯し、ゴールドカードとして申し分ないカードです。 25倍 ・デルタ航空への支払いで3倍 ・デルタ航空の航空券購入で1米ドルにつき8マイル ・入会で8,000マイル、継続で毎年3,000マイルもらえる ・デルタ航空ファーストフライトボーナス10,000~25,000マイル ・1年間のカード利用金額の合計が100万円毎に5,000マイル ・スカイマイル ショッピングでスカイマイルが貯まる 特典 デルタ航空ゴールドメダリオン付与(スカイチーム・ラウンジ無料、優先チェックイン・優先搭乗、優先荷物取扱い、キャンセル待ち優先、無償アップグレード、直接発券手数料無料)、空港ラウンジ無料、手荷物無料宅配サービス、無料ポーターサービス、京都観光ラウンジ無料など 旅行保険 海外:最高5,000万円(自動付帯)最高1億円(利用付帯) 国内:最高5,000万円(利用付帯) 提携サービス スカイマイル交換可(デルタ航空、スカイチーム加盟航空会社、スカイマークの特典航空券に交換)、Apple Pay対応 補償 ショッピング保険、キャンセル補償、返品補償、不正利用・盗難された際の補償、日本語対応のカスタマーサービスなど 特徴 入会ボーナスと継続ボーナスでスカイマイルがもらえる 普段の買い物でスカイマイルが貯まる 空港ラウンジ無料 国際ブランド VISA 年会費 初年度:18,000円 翌年以降:18,000円 家族カード:9,000円 ETCカード:無料 ポイント還元率 スカイマイル:基本還元率1. はじめてゴールドカードの発行を検討している方は、以下を参考にしてみてください。 ステータス ゴールドカードは、一般カードと比較して、審査が厳しい。 そのため、 持っているだけでも社会的信用の証明になることも 年会費 ゴールドカードの 年会費は、1万円~3万円が相場。 一般カードのように年会費永年無料のカードはほとんどありません ポイント還元率 同じカード会社が、一般カードと格上のゴールドカードを発行しているケースは多々あります。 ゴールドカードの方が、 ポイント還元率がアップする傾向にあります 特典 ゴールドカードは、 一般カードにはない特典が満載。 会員限定イベントやプライオリティパス、レストラン割引など年会費の元を取れるほど、充実しているカードも 旅行保険 ゴールドカードは、 補償額が5,000万円~1億円と高く自動付帯のカードもたくさんあります。 一般カードは、旅行保険が付帯していない、付帯していても補償額が安く利用付帯です 補償 ゴールドカードは、ショッピング補償などの補償額が高いです。 また、 カスタマーサービスがしっかりしていて、24時間通話無料で海外から日本語対応してくれるカードも。 一般カードで、満足な対応を得られないと感じれば、ゴールドカードを検討してみましょう。 プライオリティ・パス 例えば、プライオリティ・パスは、ゴールドカードやプラチナカードに付帯している特典として定番です。 国内外1,000ケ所以上の空港VIPラウンジを利用できます。 空港VIPラウンジでは、以下のようなサービスが受けられます。 利用方法は、搭乗券とカードを受付で提示するだけです。 上記は、羽田空港の第2旅客ターミナルにあるです。 座席数140席もあり、広々としたきれいなラウンジです。 ソフトドリンクは、コーヒー、オレンジジュース、ミルク、青汁、トマトジュースなどがフリードリンクで飲み放題です。 出発保安検査場通過後のエリアにあるので、出発までの間、ゆっくりと過ごせます。 電源コンセントもあるので、スマホを充電したり、パソコンで仕事をしたりすることもできます。 雑誌や新聞もあり、暇な時間も有意義に過ごせます。 空港ラウンジは、ラウンジによって特色があります。 上記は、羽田空港の第2旅客ターミナルにあるです。 出発保安検査場通過前のエリアにあるので、空港に早く着きすぎた場合でも休憩できます。 パソコンができるスペースもあります。 本来は有料の空港ラウンジを無料で使えるので、この特典は素晴らしいです。 私もよく利用しています。 レストランのコース料理が無料 には、「ゴールド・ダイニング by 招待日和」という特典が付いています。 「ゴールド・ダイニング by 招待日和」は、国内外約200店舗のレストランで、 コースメニューを2名以上で予約すると1名が無料になります。 私も妻と招待日和を利用して、伊勢海老のコース料理を食べてきました。 大阪にある「活 伊勢海老料理 中納言」というレストランです。 伊勢海老と国産牛フィレ肉の石板焼が付いた「喝采」という一番人気のコース料理。 料金は、一人15,500円(税抜)です。 アメックスのゴールド・ダイニング by 招待日和は、1店舗につき半年に1回利用できます。 いろんなお店に、格安で何度も行けるので、めちゃくちゃお得です。 記念日やお祝い、接待、年に一度の贅沢で利用すれば、家族や友人を喜ばせられます。 ゴールドカードの注意点 申し込みの年齢制限や審査 ゴールドカードは、一般カードと比較してステータスが高いです。 そのため、申し込み基準が厳しいです。 申し込みの際は、以下をチェックしておきましょう。 チェックポイント 年齢:通常18歳以上の年齢制限が、ゴールドカードは20歳以上の場合が多い 職業:学生や専業主婦など安定した収入がない方は審査に通りにくい 利用履歴:過去のカードの利用における、支払いの延滞やトラブル なお、ゴールドカードの審査は、必ずしも年収が高くなければ、通らないわけではありません。 年収500万円前後でも審査に通ることはあります。 また、学生や専業主婦でゴールドカードを使いたければ、本会員と同等の特典が付帯された、家族カードを発行するといいでしょう。 ゴールドカードのメリットとデメリットを詳しく知りたい方は、以下ページも合わせてご覧ください。 ゴールドカードのメリットとデメリット.

次の