ご連絡ください 敬語。 お聞かせくださいの使い方!ご意見をお聞かせ願いますか等敬語・類語も

「ご連絡ください」の例文・敬語・類語・返信方法・使い方|メール

ご連絡ください 敬語

ビジネスシーンに出ると「ご連絡」という言葉を耳にしたり自分で使う機会が大変多いでしょう。 相手に連絡をするときは「ご連絡いたします」「ご連絡差し上げます」連絡をもらったら「ご連絡有難うございます」など、その活用は多く聞かない日がないほどです。 仕事では、相手からの連絡を催促したり依頼する場合もあるでしょうが、その時はどのように伝えるのが社会人として最適なのでしょうか? 今回は、返信や連絡を依頼するときの「ご連絡ください」ですが、相手に不快感を与えないような社会人としてのマナーをご紹介していきます 「ご連絡ください」の意味 昨今携帯電話の普及により、担当者と直接連絡が取れるようになったためその精度と密度は格段にアップしたとはいえ、ビジネスシーンにおいて相手と連絡が取れないことは珍しいことではありません。 そういったシーンなどで相手の連絡を請う言葉として「ご連絡ください」という言葉が使われます。 「連絡」には相手とつながることと言う意味があり、その手段については限定されていません。 電話やメールなど、手段は問いませんがとにかく相手とコンタクトを取りたいときに使用します。 「ご連絡ください」の使い方 「ご連絡ください」は相手とコンタクトを取りたい時に使用しますが、その前につく言葉や、末尾の締め方などによりその意味合いやニュアンスがわずかではありますが変わることがあります。 「ご連絡ください」のよくある言い回しと、そこに含まれるニュアンスの違いについては自分の中で整理しておきましょう。 「ご連絡ください。 」は敬語として正しいか 活用の前に、先ほどから出ている「ご連絡ください」ですがそのまま使ってはいけないのでしょうか。 間違いではありませんが「ください」と断定している文章のため、相手に強要するような印象を与えてしまう恐れがあります。 連絡を求める相手が決まった一人(組織)の場合はやんわりとした表現を心がけたほうが良いでしょう。 相手に落ち度(期限の過ぎた回答を返していないなど)のない場合は、こちらから連絡をお願いするという体での言い方をするのが一般的です。 」と言い切ってしまうこともあります。 「ご連絡くださいますよう」 先に出た「ご連絡ください」のやんわりとした優しい言い方がこの「ご連絡くださいますよう」です。 「~ますよう」と続くことによって命令形ではなくなり相手への強制の姿勢が見えなくなります。 しかし、やわらかい言い回しのため、必ず連絡が欲しいシーンでもあまり重要に受け取ってもらえない可能性もあります。 絶対に連絡を取りたい時には「必ず」や「〇月〇日までに」などを付けることでその本気度合いをアピールしましょう。 疑問形の形にはなっているものの、連絡を拒否されることはあまりないでしょう。 連絡の期限が差し迫っていたり、連絡の取れる時間が限られていたりなど相手に少々手間をかけさせることがわかっているのであればこういった表現を使うようにしましょう。 「~ありがとうございます」のように使われます。 省略し「ご連絡ありがとうございます」とも言われます。 【例】 ・「ご連絡いただきましてありがとうございます」 ・「ご連絡いただきまして恐縮です」 ・「こちらからご報告をしなくてはいけないところ、ご連絡いただきまして」 「ご遠慮なくご連絡ください」 こちらは他の「ご連絡ください」とは性質が異なり、相手側は必ず連絡をする必要はありません。 例えば営業マンが顧客に対して、または店員が客に対して使う言葉で、相手が遠慮してしまいそうなところをぜひに、というニュアンスが込められています。 相手に連絡を催促する、強要する意味合いはないので、わざわざ言わなくても良いセリフではありますが、相手に気を楽に持たせ自分を頼らせる定型的な語句ですので、一言添える気持ちで使ってみるとよいでしょう。 【例】 ・「何かございましたらご遠慮なくご連絡ください」 ・「ご質問などございましたら、ご遠慮なくご連絡ください」 ・「気になるところがございましたら、ご遠慮なくご連絡ください」 「ご連絡ください」の敬語 相手からの連絡ですので名詞の「連絡」には接頭語「ご」をつけて「ご連絡」とします。 原則訓読みの言葉には「お」、音読みの言葉には「ご」を使用します。 反対に連絡をするというシーンの場合も「連絡」ではなく「ご連絡」となります。 これは単なる連絡をしますという意味ではなく、「相手に連絡をする」行為になるため、自分の行動に対して「ご」を付けることは正しい文法と言えます。 「御(ご)」「お」は動詞に付属する場合、そのあとに続く文章によって意味合いが異なります。 「ご~なさる」であれば尊敬語、「ご~いたす」であれば謙譲語となります。 「ご連絡」としていても後に「いたします」としてしまうと謙譲表現となってしまいますので気を付けてください。 「ご連絡ください」の敬語・謙譲語 「ご連絡ください」に対して返事をするときは自分のことですので謙譲語の表現に修正をする必要があります。 「ご連絡」にかかわる尊敬と謙譲の表現はセットで覚えておきましょう。 メールや手紙の場合、相手にその口調や表情はわかりませんので言葉のニュアンスのまま伝わってしまいます。 「ご連絡ください」は連絡を要求したり催促する内容ですので、キツくならないようにより注意する必要があります。 「恐れ入りますが」「ご多忙のところ恐縮ですが」「お忙しいところ申し訳ありませんが」などのクッション言葉をかませることも有効です。 連絡を請う場合、その連絡先と期限を記載しておくと丁寧でしょう。 また、「ご連絡ください」はそ、その連絡方法を指定していませんので、希望がある場合はその種類も伝えるようにするとスマートです。 電話・口頭 電話などの口頭では、口調や声音からある程度ニュアンスが伝わりますので、メールや手紙などの文書ほど堅苦しい文章にする必要はありません。 また、相手から「ご連絡いたします」などと提案をもらえることが多いと思われますので、その場合はあえてこちらから「ご連絡ください」と重ねて伝えることはありません。 連絡先のことや連絡方法、期限などの指定がある場合は、 ・「わたくし本日はこの後外出いたしますので携帯電話の方へご連絡ください」 ・「メールでご連絡いただけますようお伝えください」 ・「本日中にご連絡いただけますか」 などのように伝えます。 「ご連絡ください」と「ご連絡下さい」の違い 「~ください」という表現は感じで「~下さい」と書きますが、この「下さい」は誤った表記として先輩や上司から注意を受けたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。 「ください」と「下さい」には明確な違いがあり全く違うものを指すのですが、読みが同じため混同してしまう方が多いようです。 「下さい」と「ください」の違い 「~下さい」 「下さい」は「コーヒーをください」「この本を下さい」といった実質動詞(「くれ」の尊敬・丁寧表現)の場合は、「下さい」と漢字書きにします。 また「下る」は上から下への動作のため、「下げ渡す」意味を含んでおり、上から目線と受け取られますので気を付けましょう。 「~ください」 「おかけください」「ご覧ください」といった補助動詞(何かをお願いするときや、敬意を表す尊敬・丁寧表現)の場合は、「ください」とひらがなで書くようにします。 「ご連絡下さい」は誤った表現なのか 「連絡」を「くれ」と言う意味で考えれば「下さい」という表記も間違いではないと思われるでしょうが、「下さい」という言葉のニュアンスを考えるとき、何かを相手に依頼する際の適切な表現ではないと考えられます。 この場合は何かを依頼するときの表現として「ください」であらわすのが得策でしょう。 官公庁や企業ホームページでは「下さい」を使用せず、「ください」で統一するようなルールになってます。 正しく使い分けをできるようにしておきたいものですが、自信がなければかな書きが無難でしょう。 「ご連絡ください」の上司への伝え方 上司に連絡をしてほしい旨を伝えるシーンは2つパターンがあり性質が少々異なります。 このように「自分以外の人への連絡を依頼する場合」にも「ご連絡ください」を使うことができます。 そのため上司へ「ご連絡ください」を使用するときにはその目的語(だれに)を明確にすることが必要です。 「ご連絡ください」の類語.

次の

「してください」の正しい敬語の使い方と意味、「して下さい」との違い

ご連絡ください 敬語

「届く」を敬語(謙譲語・丁寧語)に変換する場合の使い方についてみていきます。 「届く」という言葉はビジネスシーンで使うケースが多いため、なるべく丁寧な言い方に変換したいところです。 しかし「届く」には敬語表現がありません。 「届く」のように、言葉そのものに敬語 謙譲語 が無いパターンというのは幾つかあります。 ビジネス上で敬語のやりとりができるという事は最低条件になりますので、できる限りしっかり覚えておきましょう。 届くの主語は「物」のため敬語に変換できない 届くの主語は「物」のため敬語に変換できません。 敬語に変換すればいいじゃないかという話しですが、そもそも、「届く」の主語は「物」なので「物」に対して敬語を使うことはできません。 敬語を使うのは「人」に対してです。 つまり、FAX様が届かれました、到着されましたという敬語には変換できないのです。 同じく「ございます」の敬語の使い方にも注意 届く以外に敬語で間違いやすいのは「ございます」と「いらっしゃいます」です。 それではどう変換すればいいのでしょうか。 正しい) Aさんはお茶でございますね。 誤り ) Aさんはお茶でいらっしゃいますね。 「届く」は敬語ではなく丁寧語で使用 先述したように敬語は人に対してしか使えません。 人が対象になることがない「届く」という動詞を尊敬語にするのは不可能です。 そのため「届きました」「届いております」などが限界です。 社内での会話やメールなどでは、丁寧語まで使えれば充分と言えるでしょう。 どうしても謙譲語を使う場合は、別の言葉に変換する必要があります。 丁寧語なら「届く」を「届きます」と変換 「届く」は丁寧語を使うのが精一杯で、「届きます」「届きました」と丁寧表現にすることはできます。 もしも、どうしても敬語を使いたい場合は別の言葉を使います。 「ファックスはお届きになりましたでしょうか?」正しくは「ファックスは届きましたでしょうか?」。 物や自然現象について、「お届きになる」など、「お~になる」と尊敬語にする必要はありません。 「届いておりますでしょうか」は間違った丁寧語? 「届く」は敬語ではなく丁寧語で使用する際につい、「届いておりますでしょうか」といいたくなりますが、はたして間違っている敬語でしょうか。 ビジネスシーンにおいて、「届いておりますでしょうか」は、荷物やFAXの状況確認で使われます。 しかし、本当に「届いておりますでしょうか」を使い続けていいのでしょうか。 使い方としては間違っていない 「届いておりますでしょうか」は敬語の使い方としては間違っていません。 「おる」は謙譲語で丁寧語にはならないように思えます。 しかし「おる」は謙譲語・丁寧語のどちらでも使えるため、「届いておりますでしょうか」をビジネスシーンで使っても問題はありません。 敬語を使うため「届く」は別の言い方に変換 「届く」を敬語にしたいのなら「届く」というのを別の言い方に変換してみましょう。 「配達」という言葉に変える方法もありますし、もし受け取る側なら「受け取る」に変換でもいいでしょう。 日本語には同じ意味を持つ表現の言葉が幾つもありますので、自在に使いこなす事が求められます。 「届く」「届いた」「届きました」「届ける」など。 言い回しを換えるだけで相手の受け取る印象も変わってきますので、文章におこす際などは工夫してみてください。 「届きました」を敬語の「受領・頂戴いたしました」に変換 「届く」は主語が物のため敬語が使用できません。 ですので、「届く」という言葉を違う言葉に変換してみましょう。 受領をさらに「拝受」と変換 「メールを拝受しました」あまり一般的ではないが、重要な取引先や目上の人に使いたいのが「拝受」です。 多用するとただ「うっとうしい」だけなので注意が必要です。 ここ一番というときに用いたいです。 「拝」にすでに謙譲の意味があるため、シンプルに「拝受しました」と表現しましょう。 「拝受いたしました」としないように。 「届く」は敬語に変換できないので違う言葉で代用 今回は届くを敬語(謙譲語・丁寧語)に変換する場合の使い方についてみてきましたが、いかがでしたか。 これで「届きました・届いた・届いていない」を使うときは困らないですよね。 「届く」は基本的に敬語に変換できないので、丁寧に言いたいときには到着など別の言葉に置き換えましょう。 日本語は難しいですから、そのままの状態では敬語に変換できないものが多々あります。 そうした場合は別の言葉に置き換えて、その上で敬語に変換するという方法を覚えておきましょう。 昔は辞書を引いて調べるという方法が一般的でしたが、今はネットですぐに敬語の使い方などを調べる事ができます。 解らない時はすぐに調べるというクセをつけるようにしましょう。

次の

急ぎの対応を敬語で相手に伝える方法

ご連絡ください 敬語

「お知らせ」は「知らせの内容や伝えること、通知」を意味しており、「ご連絡」と同じような意味になります。 しかし、「ご連絡」は口語や書き言葉の両方で使いますが、「お知らせ」は書き言葉で使うことがほとんどです。 また「お知らせください」は「教えてください」という意味として捉えることができます。 例えば、ビジネスでは打ち合わせの日時などを知りたいので連絡をして欲しい場合などに使用します。 「お知らせください」は「お」がついて丁寧語となりますが、「ください」という口調が強い印象を与えてしまうので、目上の人への敬語としては好ましくありません。 この場合は「お知らせいただきたく存じます」などとしましょう。 お返事ください 「ご連絡ください」はビジネスの会話ではそのまま使っても間違いではなく、そこまで失礼にはあたりません。 親しい間柄の人には問題ないでしょう。 会話は声や態度からも人の敬意を感じることができるので、言葉だけに意識がとらわれません。 しかしときに「ご連絡ください」の「ください」という言葉が相手にとって強い口調のような印象に感じてしまう場合があります。 そこでビジネスにおいては、強引ではなく待っているという事を伝えるように表現するとやわらかい印象になります。 例えば「ご連絡お待ちしております」のようにすると、相手に強いることにならず失礼になりません。 できれば目上の人には「ご連絡お待ちしております」や「ご連絡お願いします」と言った方が印象が良くなります。 メール.

次の