屋根裏 の 殺人 鬼。 『屋根裏の殺人鬼 フリッツ・ホンカ』おぞましいが笑ってしまう怪作映画である「3つ」の理由

映画「屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ」のあらすじネタバレ!キャストや見どころ紹介!|映画ネタバレ感想情報館

屋根裏 の 殺人 鬼

解説 「ソウル・キッチン」「女は二度決断する」のファティ・アキン監督が、1970年代のドイツ・ハンブルクに実在した5年間で4人の娼婦を殺害した連続殺人犯の日常を淡々と描いたサスペンスホラー。 第2次世界大戦前に生まれ、敗戦後のドイツで幼少期を過ごしたフリッツ・ホンカ。 彼はハンブルクにある安アパートの屋根裏部屋に暮らし、夜になると寂しい男と女が集まるバー「ゴールデン・グローブ」に足繁く通い、カウンターで酒をあおっていた。 フリッツがカウンターに座る女に声をかけても、鼻が曲がり、歯がボロボロな容姿のフリッツを相手にする女はいなかった。 フリッツは誰の目から見ても無害そうに見える男だった。 そんなフリッツだったが、彼が店で出会った娼婦を次々と家に招き入れ、「ある行為」に及んでいたことに、常連客の誰ひとりも気づいておらず……。 2019年・第69回ベルリン国際映画祭コンペティション部門出品作品。 とにかく、自分がモテないことが腹立たしい、だが女性に対して敬意は持っておらず、ひたすら性的欲求を満たすものとして扱う。 気に入らなければ暴力に走り、最後には雑に殺してしまう。 本作は僕は『ジョーカー』とどうしても比べたくなってしまう。 『ジョーカー』もまた社会にはじかれ、殺意に目覚めてゆく男だったが、彼がそうなっていくわかりやすい理由が描かれていた(最後のシーンでそれは全てウソかもしれない可能性が示唆されるが、ここでは考えないことにする)。 しかし、フリッツ・ホンカがなぜあのような人物になったのかは明確な理由は示されない。 理由がわかれば、それに対して解決策を示せるが、理由がわからなければどうしようもない。 ホンカには救われる道はあったのだろうか。 どうすれば『ジョーカー』を生み出さずに済むかはわかっても、『フリッツ・ホンカ』に対してはどうすればいいのかわからない。 しかし、フリッツ・ホンカこそ実在の人物なのである。 ネタバレ! クリックして本文を読む 実在した殺人鬼、フリッツ・ホンカの日常を描く話。 彼の住んでる屋根裏のボロアパート、その汚さや廃れた雰囲気が抜群に味の出ている作品。 エンドロールでの実際の写真を見ればその再現の高さが伺える。 前半部分は何故?と思うほど呆れる理由で人を殺していく。 淡々と。 こういう殺人鬼が主人公の作品は大体が理不尽で自分勝手な理由があり、人を殺すのだが、この作品はそれに加えてフリッツ本人のだらしなさや醜さが精神的、生理的に見る者の憎悪をより膨らませてくれる。 スクリーンに映る理解ができない描写に苛立つ自分に鑑賞中気づくことかと。 だが、そんな彼も酒さえ飲まなければ、無害で普通の中年。 ごく普通なのだ。 けれど、孤独を埋めるために酒を飲む。 自分の理性をコントロールできない彼はいつも暴走する。 無理強いな愛を一方的に伝え、バーに蔓延る老売春婦を自宅に無理やり連れる。 抵抗され、思い通りに行かなければ殺す。 ただそれだけ。 それが彼の日常。 後半部分の、孤独を埋めるため酒に頼る彼の姿、一度は酒を辞めようと努力する姿にどこか心当たりがあるようなそんな気がしたのも事実。 彼の場合、不器用で上手に人を頼る事ができず、それゆえ"殺人"という禁忌に手を染めたのではないのかなと。 つまみは問題じゃない。 ただひたすらにジンやウォッカを飲み続けるだけが生きがいの様な人々がたむろする一杯飲み屋に、もう顔が割れているはずの殺人鬼が、女を求めて夜な夜な現れるシチュエーションがいかにも終戦後の場末ムード。 それでもいくらかは明るい男どもに較べ、苦虫を噛み潰し絶望感漂う肥った女達のなんと暗いことだろう。 これらの秀逸なシーンが映画を引き立てる。 そんな場に、じわっと顔を出すのは戦争の悲劇。 戦禍を被ってきた人達の姿だ。 主人公が住む四畳半ほどの屋根裏部屋は、頭が触れる様な斜めに走る梁の周りの壁一面にヌード写真がビッシリ貼られ、酒瓶が散乱した臭っさい空間。 そこで展開される常軌を逸したアルコール依存とセックスと暴虐の限り。 戦争なんてもっと酷いことをやってると言わんばかりの暴力性は、チラッと出てくるフランクフルトソセージに象徴されるカットに帰着する。 面白い映画だ。 一番怖いのは元将軍とかいう大男の存在だが、こいつは怖い。 KG/Pathe Films S. /Warner Bros. 「デスカムトゥルー」 C IZANAGIGAMES, Inc. All rights reserved. 「ソニック・ザ・ムービー」 C 2020 PARAMOUNT PICTURES AND SEGA OF AMERICA, INC. ALL RIGHTS RESERVED. 「エジソンズ・ゲーム」 C 2018 Lantern Entertainment LLC. All Rights Reserved. 」 C 2019 Sony Pictures Television Inc. and CBS Studios Inc. All Rights Reserved. 「ドクター・ドリトル」 C 2019 Universal Pictures. All Rights Reserved.

次の

映画「屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ」のあらすじネタバレ!キャストや見どころ紹介!|映画ネタバレ感想情報館

屋根裏 の 殺人 鬼

解説 「ソウル・キッチン」「女は二度決断する」のファティ・アキン監督が、1970年代のドイツ・ハンブルクに実在した5年間で4人の娼婦を殺害した連続殺人犯の日常を淡々と描いたサスペンスホラー。 第2次世界大戦前に生まれ、敗戦後のドイツで幼少期を過ごしたフリッツ・ホンカ。 彼はハンブルクにある安アパートの屋根裏部屋に暮らし、夜になると寂しい男と女が集まるバー「ゴールデン・グローブ」に足繁く通い、カウンターで酒をあおっていた。 フリッツがカウンターに座る女に声をかけても、鼻が曲がり、歯がボロボロな容姿のフリッツを相手にする女はいなかった。 フリッツは誰の目から見ても無害そうに見える男だった。 そんなフリッツだったが、彼が店で出会った娼婦を次々と家に招き入れ、「ある行為」に及んでいたことに、常連客の誰ひとりも気づいておらず……。 2019年・第69回ベルリン国際映画祭コンペティション部門出品作品。 とにかく、自分がモテないことが腹立たしい、だが女性に対して敬意は持っておらず、ひたすら性的欲求を満たすものとして扱う。 気に入らなければ暴力に走り、最後には雑に殺してしまう。 本作は僕は『ジョーカー』とどうしても比べたくなってしまう。 『ジョーカー』もまた社会にはじかれ、殺意に目覚めてゆく男だったが、彼がそうなっていくわかりやすい理由が描かれていた(最後のシーンでそれは全てウソかもしれない可能性が示唆されるが、ここでは考えないことにする)。 しかし、フリッツ・ホンカがなぜあのような人物になったのかは明確な理由は示されない。 理由がわかれば、それに対して解決策を示せるが、理由がわからなければどうしようもない。 ホンカには救われる道はあったのだろうか。 どうすれば『ジョーカー』を生み出さずに済むかはわかっても、『フリッツ・ホンカ』に対してはどうすればいいのかわからない。 しかし、フリッツ・ホンカこそ実在の人物なのである。 ネタバレ! クリックして本文を読む 実在した殺人鬼、フリッツ・ホンカの日常を描く話。 彼の住んでる屋根裏のボロアパート、その汚さや廃れた雰囲気が抜群に味の出ている作品。 エンドロールでの実際の写真を見ればその再現の高さが伺える。 前半部分は何故?と思うほど呆れる理由で人を殺していく。 淡々と。 こういう殺人鬼が主人公の作品は大体が理不尽で自分勝手な理由があり、人を殺すのだが、この作品はそれに加えてフリッツ本人のだらしなさや醜さが精神的、生理的に見る者の憎悪をより膨らませてくれる。 スクリーンに映る理解ができない描写に苛立つ自分に鑑賞中気づくことかと。 だが、そんな彼も酒さえ飲まなければ、無害で普通の中年。 ごく普通なのだ。 けれど、孤独を埋めるために酒を飲む。 自分の理性をコントロールできない彼はいつも暴走する。 無理強いな愛を一方的に伝え、バーに蔓延る老売春婦を自宅に無理やり連れる。 抵抗され、思い通りに行かなければ殺す。 ただそれだけ。 それが彼の日常。 後半部分の、孤独を埋めるため酒に頼る彼の姿、一度は酒を辞めようと努力する姿にどこか心当たりがあるようなそんな気がしたのも事実。 彼の場合、不器用で上手に人を頼る事ができず、それゆえ"殺人"という禁忌に手を染めたのではないのかなと。 つまみは問題じゃない。 ただひたすらにジンやウォッカを飲み続けるだけが生きがいの様な人々がたむろする一杯飲み屋に、もう顔が割れているはずの殺人鬼が、女を求めて夜な夜な現れるシチュエーションがいかにも終戦後の場末ムード。 それでもいくらかは明るい男どもに較べ、苦虫を噛み潰し絶望感漂う肥った女達のなんと暗いことだろう。 これらの秀逸なシーンが映画を引き立てる。 そんな場に、じわっと顔を出すのは戦争の悲劇。 戦禍を被ってきた人達の姿だ。 主人公が住む四畳半ほどの屋根裏部屋は、頭が触れる様な斜めに走る梁の周りの壁一面にヌード写真がビッシリ貼られ、酒瓶が散乱した臭っさい空間。 そこで展開される常軌を逸したアルコール依存とセックスと暴虐の限り。 戦争なんてもっと酷いことをやってると言わんばかりの暴力性は、チラッと出てくるフランクフルトソセージに象徴されるカットに帰着する。 面白い映画だ。 一番怖いのは元将軍とかいう大男の存在だが、こいつは怖い。 KG/Pathe Films S. /Warner Bros. 「デスカムトゥルー」 C IZANAGIGAMES, Inc. All rights reserved. 「ソニック・ザ・ムービー」 C 2020 PARAMOUNT PICTURES AND SEGA OF AMERICA, INC. ALL RIGHTS RESERVED. 「エジソンズ・ゲーム」 C 2018 Lantern Entertainment LLC. All Rights Reserved. 」 C 2019 Sony Pictures Television Inc. and CBS Studios Inc. All Rights Reserved. 「ドクター・ドリトル」 C 2019 Universal Pictures. All Rights Reserved.

次の

屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ : 作品情報

屋根裏 の 殺人 鬼

30代で世界三大映画祭の主要賞受賞という快挙を成し遂げ、2018年公開の『女は二度決断する』でも話題を呼んだファティ・アキン監督が、次の題材に選んだのは、自身の生まれ育ったドイツ・ハンブルクに実在した連続殺人犯だった。 ホンカは遺体をバラバラにして一部は外に捨てたものの、残りを部屋に隠していたため、たまたま起こった火事で遺体が発見され、逮捕された。 ファティ・アキン監督「僕の育ったハンブルクでは、彼は民話的な存在になっているんです。 彼が逮捕されたあと、1980年くらいまで及んだ裁判があるんだけど、かろうじて僕にも裁判のニュースの記憶はありますね。 僕が10代のときに彼が退所したんですが、それまで刑務所ではなく閉鎖病棟のようなところにいたんですよ。 そのころに、彼が釈放されるべきなのかそうでないのかという議論があったのを覚えています。 ハンブルク含めドイツの北の方ではそこそこ知られていたんだけど、全国区での知名度はそれほどなかった。 原作小説「The Golden Glove」やこの映画を通して、ドイツの愚かな彼のことを世界が知ることになったわけですね。 学生時代にわりと近くに住んでいたんだけど、絶対近くに行かなかったんです。 一度だけ、タバコを切らしたときに買いに行ったくらいかな。 そのバーは、入り口の所に 「ここがホンカの場所だった」とメッセージが書いてあるんですよ。 観光名所になっているというわけではないけど、このインタビューを読んで「行ってみたい!」と思う人にとってはそうなるのかもしれません。 初めて行った人は、「思ってたよりもひどくないね」とおっしゃいますよ 笑 」 映画のベースとなっているのは、ドイツのエンターテイナーで作家のハインツ・ストランクが、同事件を加害者目線で綴りベストセラーとなった小説「The Golden Glove」。 アキン監督は、自分が生まれ育った地の殺人犯を題材にしたこの小説に魅了され、ホラー映画として映画化することを決めたという。 原作者のストランクは、劇中でバーの客としてカメオ出演も果たしている。 アキン監督「もともと作家だとチャールズ・ブコウスキーやミラー、バロウズなんかが大好きで。 前からブコウスキーは脚色したいと思っていたんですが、原作者もブコウスキーが好きなんですよ。 そこで気が合ったんでしょうね。 原作小説を読んだときに、僕は挑戦を突きつけられたような気がしたんです。 ムーディと言ったらいいのかな、殺人の場面であったりバーの場面であったり、独特のムードがある描かれ方だったんです。 それを果たして自分の映画のテクニカルなスキルで映像化できるだろうかという挑戦ですね。 それと同時に、ずっと作りたかったホラー映画を撮るチャンスでもあった。 僕はホラー映画が好きなんですよ。 いま映画監督をやってるのもホラーというジャンルへの想いがあったから、という部分があって。 日本公開未定)、こういった作品が大好きです。 自分だったらどんなホラー映画を作るだろうかと考えたときに、そもそも自分が怖いものはなんだろうかと突き詰めていくと、僕は幽霊がそんなに怖いわけではないと気付いた。 その感想を伺うと、作り手としての喜びに満ちた回答が返ってきた。 アキン監督「作ってる過程は、ホラーというジャンルを学んでいるような気持ちでした。 エンターテイメントとして楽しめるものを作ると同時に、学びを得ているような部分があったんです。 これはほんとうに正直な気持ちなんですが、これまで作ったすべての映画において、満足していないんですよ。 観客の体験として妥協してもらっているわけでは決してないけれど。 作り手として、金銭的だったり自分の忍耐が足りなかったり、誰かを傷つけないために妥協してしまう、ということが毎回あった。 その妥協を一切していないのが今回の作品なんです。 なので色んなことを学んだし、作るのも怖かったけど、それがあの小説が突きつけてきたチャレンジだと思ったし、念願のホラー映画を作るチャンスでもあったから。 それにあわせて今回の映画を3ヶ月前倒しにして撮影したので、スタッフの気が狂いそうになりましたけど 笑。 ただ、この作品を撮ったらわざわざアメリカまで行ってキングの脚色のホラー映画を撮る必要もないなというくらい充実を感じてしまったんですよね。 結果的に、タイミングがあわなくて企画は頓挫してしまったんです。 でもそれでもまったくがっかりしなかったくらい、 本当にこの映画で充実していたんです」 『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』 2月14日(金)より、ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国ロードショー.

次の