アイカ 洗面 台。 上に乗せる洗面ボウル・水栓が決定。AICA(アイカ)のスタイリッシュカウンター

我が家の造作洗面台は「AICA(アイカ)のスタイリッシュカウンター」を採用

アイカ 洗面 台

空間別にご紹介します【注文住宅入居前】 2018. 07 2020. AICA(アイカ)のスタイリッシュカウンター 今回のテーマは、 「 上に乗せる洗面ボウル・水栓 が決定。 AICA(アイカ)のスタイリッシュカウンター 」 わたしたちは、造作洗面台をAICA(アイカ)さんのスタイリッシュカウンターで造ってもらう予定です。 で、いまだに迷っているのが、設置する洗面ボウルと水栓😢 最終的に残ったのは、TOTOさんとリクシルさん。 最後の見積もりを出してもらいました👍 ということで今回は、AICA(アイカ)さんのスタイリッシュカウンターに乗せる洗面ボウルと水栓について、お話ししていきます。 リクシルさんのスタイリッシュな 水栓とスクエア ボウル 上図は、リクシルさんのルミシスという商品に装備されている洗面ボウルと水栓。 洗面ボウルは写真のものはワイドスクエアタイプで幅が650mmあるもの。 しかしをよく見ていくと、 この1段階下の大きさ・550mmのものがあるのです。 あまり幅が大きなボウルをセットしてしまうと、カウンターにモノがおきずらくなってしまいますしね。 わたしたちは、2ボウル式の洗面台を造作するので、こちらを2つチョイス💡 値段は洗面ボウルに取り付ける水栓と、給排水の仕方、トラップのタイプによって変わります。 わたしたちが選んだのは、上図の赤枠、一番オシャレな混合水栓セパレートタイプで、壁給排水、普通のPトラップ。 1セット146,600円なので、2セットで293,200円。 これは定価です。 それが卸値でいくらになるのかを工務店さんに確認したところ、1セット103,000円という結果に。 2セットで206,000円😊 ちなみにもちろん、排水トラップだけでなく、止水栓などの必要な部材はすべて揃っているのでご安心ください。 TOTOさんの 水栓とハーフベッセル ボウル 上図はTOTOさんのホームページから引用したものです。 気付かれた方もいらっしゃるかと思いますが、TOTOさんの持ち味は「ハーフベッセルボウル」👍 洗面ボウルの半分がカウンターに埋め込まれているため、とてもスタイリッシュに見え、かつ洗面ボウルを深く使えるのです。 また、上図のように、水栓をボウルの外から出すタイプ・上から出すタイプから選ぶことができるのです。 リクシルさんよりも、 自分の好みに合わせてセットすることができる😊 好みに合わせられると言えば、TOTOさんの洗面ボウルと水栓の組み合わせは、バリエーションが非常に多い。 定価は、洗面ボウルが40,000円・混合水栓が84,000円、それに加え排水金具と止水栓で35,000円程度、合計155,000円と言う結果に。 2セットで310,000円。 それが卸値でいくらになるのかを工務店さんに確認したところ、1セット87,000円という結果に。 2セットで174,000円😊 定価ではTOTOさんのほうが高いのに、最終的に安くなるということは、 やはりTOTOさんのほうが割引率が高いという結果に💦 でも実際採用したい組み合わせは上図のパターン。 洗面ボウルは500mmで、水栓は2ハンドルタイプでスタイリッシュに。 定価164,000円に水栓金具35,000円を足して、1セット合計約200,000円。 約4割強の割引が効いて、卸値ではおそらく1セット110,000円というところでしょう💡 そういうことか。 モノはすごくオシャレなのに・・・。 迷うなあ。 ちなみに、TOTOさんだと自動水栓も特長の一つです。 単水栓なら定価で10万円もしませんが、サーモ機能付きのタイプですとその1. 3倍の定価に。 予算がある方で、どうしても自動水栓ということであれば、TOTOさんに決まりですね👍 AICA(アイカ)さんのショールームで推奨ボウルになっているのか確認 AICA(アイカ)さんのショールームは、できるだけ行ったほうが良いかと。 細かい仕様も聞けますしね。 それぞれを卸値で購入したほうが、結果安くなるから💡 AICA(アイカ) さんで全部揃えてしまうと、定価35万円~40万円程度、割引率も1割程度にしかならないのです😨 しかも、写真からわかりませんが、埋め込み型にしてしまうと、カウンターの下から埋め込まれているボウルの側面が見えてしまうのです。 ですので、スタイリッシュカウンターのみを購入することに👍 そこで確認すべきは、洗面ボウル・水栓のために開ける、穴の大きさと位置。 リクシル・TOTOさんの商品であれば、取付推奨ボウルになっているようで、あらかじめどのあたりにどの大きさの穴を開ければ良いのか、すぐわかるそうです。 施主支給でスタイリッシュカウンターに取り付ける場合は、そこもすべて自分で計算して穴開けを依頼しなければなりませんので、注意しましょう😊.

次の

我が家の造作洗面台は「AICA(アイカ)のスタイリッシュカウンター」を採用

アイカ 洗面 台

標準仕様の洗面台があると思いますが、それを変えられるか、アイカ工業の製品を入れれるか確認しましょう。 そして、ネットのカタログに金額も書いてあるので、仕入れ値を確認してもらい、およそいくらくらい増額になるのか把握しておきましょう。 アイカ工業株式会社 スタイリッシュカウンターカタログ この2点がクリアできれば次のステップに移ります。 次はショールームに行きます。 ショールームは東京、名古屋、大阪、福岡しかありません。 これ以外では大手メーカーのショールームなんかに入っていることがありますが、種類が少ないのでこの4つのどれかに行くことをおすすめします。 アイカ工業の洗面台の購入手順2「ショールームに行く前に準備すること」 次にショールームに行く前に準備しておいた方がいいことを解説します。 画像引用 アイカ工業株式会社 スタイリッシュカウンターカタログ なので、ハウスメーカーや工務店の担当者と一緒に図面を確認し、カウンターとボウルのサイズを話し合って決めておきましょう。 ある程度の色を決めておこう 全部で100色以上の色から選べるので、ある程度は色をしぼっておきましょう。 グレーだけでも種類がかなりあります。 画像引用 アイカ工業株式会社 スタイリッシュカウンターカタログ なので、鏡、棚、コンセントの位置などを決めておいた方が話がはやくすすみます。 こちらも担当者と話しておきましょう。 アイカ工業の洗面台の購入手順3「ショールームに行く」 最後はショールームにいきます。 これまでに担当者と十分に話してなければ、必ず一緒についてきてもらってください。 話していても、担当者がいた方が安心なので、できれば来てもらいましょう。 ショールームではスタッフと一緒に、各パーツを一つずつ決めていく形になります。 決める項目 ・素材 ・サイズ(奥行・長さ・幅) ・断面形状 ・色 ・特注加工の有無 ・ボウル ・水栓金具 ・排水金具 ・排水トラップ 項目が多いので、事前の準備が大事になってきます。 こちらをハウスメーカーや工務店の担当者に渡せば、施主のやることは終了となります。 その後の流れ ハウスメーカーや工務店の担当者に打ち合わせシートを渡したあとは、担当者がアイカ工業にシートを提出します。 数日後にアイカ工業から正確な仕入れ値が届くので、ハウスメーカーや工務店がそれに利益を上乗せして最終金額が決定します。 最後に このような流れで行えば、取り扱ったことのないハウスメーカーや工務店でもスムーズに購入できると思います。 アイカ工業スタイリッシュカウンターはとてもおしゃれでかっこよく、サイズも自由にオーダーできるので、造作にしようとしている方には、本当におすすめです。 ぜひ検討してみてください! それではまた! mae3.

次の

アイカ工業スタイリッシュカウンターの購入手順[スムーズに購入するための流れ]

アイカ 洗面 台

Instagramを見るとオシャレな造作洗面台がいっぱい。 どれも素敵で憧れます! ・・だけど、実際使い勝手悪くないのかな?高そうだし。 種類も色々あって何を選べばいいのか迷う。。 私は一般的な洗面台(LIXILやPanasonicなどのメーカーが出している、鏡・洗面ボウル・水栓等が一体型になっているタイプ)ではなく、造作洗面台を選びました! しかしもちろんメリット・デメリットがあります。 お手入れのしやすや、使い勝手がとても大事な洗面台。 私自身、採用するかどうかもとても悩みました。 そして、どんなものを選ぶかもとても悩みました。 造作洗面台のメリット・デメリット まず私の考えは抜きにして、 客観的に造作洗面台についてのメリットデメリットを見ていきましょう。 メリット• 見た目がオシャレ• 鏡、洗面ボウル、水洗など自由にカスタマイズ可能• 空間に合わせた柔軟な設計 造作洗面台の一番のメリットは見た目の良さでしょう。 あとは自分好みのテイストにできること。 鏡、洗面ボウル、水栓、引き出し、タイルを貼ったり、細かく指定できますので、デザインや見た目のこだわり派にはオススメできます。 また間取りに合わせて柔軟にサイズを調整できるため、空間に馴染みやすくなります。 デメリット• 割高になる可能性がある• 機能性(主に掃除のしやすさ)が劣る 逆にデメリットは、一般的な洗面台の既製品(一体型)と違って、選ぶパーツが様々になるが故にコストアップになる可能性が高いこと。 もちろん、安い部材を使ったり、装飾はなるべく少なく、扉はつけない(オープン収納)とするならば、以外にコストは抑えられます。 逆に言えば、細部までこだわり抜くか、こだわりたい所だけお金をかけるかの選択はできるということです。 一番のデメリットとしては、メンテナンス性でしょう。 水回りなので水滴が周りに飛び散ったり、水栓部分に水が溜まったりします。 既製品の場合は水栓と洗面ボウルが一体になっているのでお手入れも容易です。 また部材がお手入れしにくいもの(木製)にすると、耐久性に注意が必要になります。 なぜ造作洗面台を選んだのか? 正直言うと私にとってはデメリットが非常に大きく、造作洗面台を採用するのを迷っていました。 オシャレな造作洗面台がいいけど・・お手入れ的に不安が残ります。 劣化しやすく、お手入れしにくないか?• 水はねしいやすいのではないか?• オシャレを優先して収納力が足りなくならないか? 不安点が多い造作洗面台。 ではなぜ私はデメリットの多い造作洗面台を選んだのでしょうか? それにはちゃんとした理由があります。 なぜなら・・• それらの不安を払拭できたから!• 造作洗面台であれば、カウンターを設けて、自由にサイズも位置も調整可能。 自分にとっての使い勝手を叶えられます。 メイクスペース• 洗濯物を畳む• 洗面台で洗ったものの一時置き• アイロンがけ 等々、色々な用途の作業台として使えるんです。 こちらはカウンターに使う素材を「メラミン」素材に変えることで解決しました。 もともと防水加工をした木製のカウンターを使う予定だったのですが、あくまでも塗装です。 耐久性としては一般的な既製品に劣ると思ったため、こちらの素材をメラミン樹脂にしました。 心配だった水濡れ、お手入れのしやすさは問題なさそうです。 見るからに収納する場所がありません・・。 もちろんカウンター下に収納は作れますが、扉をつけるだけでもお金がかさんで行きます。 私は「三面鏡」と「ニッチ収納」を作ったことで、収納力を増やすことにしました。 三面鏡があればかなりの収納力が期待できるのと、近くの壁にニッチ収納を作ったので小物も置けます。 しかし、シャワー付き水栓にすれば水圧も分散されるので大きく水はねはされないと予想されます。 さらに、洗面ボウルが小さい場合は水が外に飛び出す可能性も。 私が選んだ洗面ボウルもそこまで大きくないサイズです。 が、カウンターがメラミンなので万が一濡れても拭けば良い!ので私としては問題ありませんでした。 わが家の造作洗面台のスペック ではでは、お待たせいたしました。 実際採用した造作洗面台をご紹介します。 こちらです!! 造作洗面台イメージ まだ未完成のため、完成イメージのイラストです。 では、部位ごとに細く見ていきましょう。 スッキリしたシャープなデザイン• 置き型なので、水洗と一緒に掃除がしやすい サンワカンパニーのシンプルな洗面ボウルです。 こちら実物をサンワカンパニーショールームへ行ってみてきました。 写真の通りシンプルでかっこよかったです。 ほぼ平らなので、水はけ的には一般的な洗面ボウルより悪いのかな?と思われます。 余談ですが、、当初はInstagramではおなじみ「病院用シンク」を選ぶ予定でしたが、かなり幅が広く、わが家で設置するとカウンター部分がかなり狭くなってしまいます。 また、デメリットとして、洗面ボウルに水洗がつけられず、カウンターに直接つけることになるので、水洗の根元に水がたまりやすく、ズボラな私はお手入れが不安。 なので、こちらは見送りました。 シャワータイプで水はね防止• 水洗が伸びるので掃除がしやすい 造作洗面台で使える水栓は、シャワー付き+水栓が伸びるタイプが少ないです。 人気なタイプとしては、他社メーカーでオシャレな壁付けタイプがあります。 が、上記の2つは外せないポイントだったので、こちら一択でした。 カウンター:アイカ工業(メラミンカウンター)• 薬品等への耐薬品性に優れている• 熱に強い メラミンカウンターは合板の上にメラミン化粧板を貼り付けてあります。 水にはもちろんですが、薬品等への耐薬品性に優れているそうです。 (アイカ工業公式HPより) カウンターの上では化粧品を扱うため、お手入れも問題なく行えそうです。 Instagramでも人気があります。 お手入れ簡単なので、メンテナンス製で不安があったりする方にぴったりだと思います。 もちろんデザインもおしゃれですよ! オススメの情報収集方法• Instagramのハッシュタグ 造作洗面台• 住宅設備品を作っているショールームへ行く 私が実際に行った方法です。 特に、Instagramは情報の宝庫で、とても参考になります。

次の