おでん リメイク レシピ。 おでん人気レシピ15選!つくれぽ1000超の1位は?【簡単&殿堂】クックパッド

おでん人気レシピ15選!つくれぽ1000超の1位は?【簡単&殿堂】クックパッド

おでん リメイク レシピ

お米・・・2合• おでんのつゆ・・・2合分• 塩・・・小さじ1• 青ネギ・・・少々• 油揚げ・・・お好みで 作り方• お米2合を研ぎ、30分おいておく。 釜にお米を入れて、おでんのつゆの残りを分量の線まで注ぐ。 塩を入れてよく混ぜ、炊飯器のスイッチを押す。 炊けたら、盛り付けてできあがり。 おでんのつゆの残りをアレンジしたリメイクレシピ「炊き込みご飯」です。 炊飯器の炊き込みコースがあれば、より簡単に作ることができます。 おでんのつゆが足りない場合は、代わりに水を足してくださいね。 お好みでしめじなどのきのこ類を入れるとより美味しくなりますよ。 おでんのだし・・・150~180cc• 卵・・・1個• ちくわ・・・1本• しめじ・・・適量• かまぼこ・・・適量• 水菜・・・適量 作り方• ちくわ、しめじ、かまぼこは食べやすい大きさに切っておく。 ボウルに卵とおでんのだし150ccを入れて、よく混ぜる。 茶碗蒸しの器に具を入れ、ボウルの中の卵とおでんのだしを流し込む。 鍋に蓋をし最初は強火で、卵液の表面が白っぽくなったら弱火にし、15分ほど加熱をする。 竹串をさして、卵がくっつかなければできあがり。 おでんのだしをリメイクした「茶碗蒸し」です。 器が大きい場合は、おでんのだしを多目にすると美味しく仕上がります。 180cc使いましょう。 卵が沸騰してしまうと、「す」が立つ原因になってしまいますので注意してください。 おでんのだしの旨味が引き立つ絶品茶碗蒸しです。 豚こま切れ肉・・・300g• じゃがいも・・・2個• 玉ねぎ・・・1個• おでんのつゆ・・・200cc• 水・・・100cc 作り方• 玉ねぎ、じゃがいも、にんじんは食べやすい大きさに切る。 フライパンに油入れて熱し、豚肉を炒める。 豚肉の色が変わったら、玉ねぎを入れ炒め、次にじゃがいもとにんじんを炒める。 具に油が回ったら、おでんのつゆと具がかぶるくらいの水を入れる。 フライパンに蓋をし、水分を少なくなるまで煮込んだらできあがり。 おでんのつゆをアレンジして作った「肉じゃが」です。 おでんのつゆをリメイクしていますので、味付けをしなくても大丈夫。 もし、味が薄ければ醤油やみりんを追加してくださいね。 いつもとはちょっと違う肉じゃがを食べたいときにおすすめです。 ご飯・・・4杯• 卵・・・4個• しいたけ・・・2個• ネギ・・・適量• おでんのつゆ・・・適量• 醤油・・・お好みで 作り方• 鍋にご飯とご飯がヒタヒタになるくらいのおでんのつゆを入れる。 薄切りしたしいたけを鍋に入れ、火をつけ沸騰したら弱火にしてかき混ぜる。 小口切りにしたネギを入れ、お好みで醤油を加える。 ご飯が煮たって来たら、溶き卵を円を描くように回し入れる。 卵が半熟になったらかき混ぜてできあがり。 おでんのつゆをリメイクした心も体も暖まる「卵雑炊」。 おでんのつゆが足りないときは、水を足してくださいね。 人参や三つ葉を入れても美味しく仕上がりますよ。 手間隙かけることなく簡単に作れるほっとする味です。 リメイクレシピは他にもたくさんありますので、是非関連記事を参考にしてくださいね。 鶏挽き肉・・・1パック• しいたけ・・・2枚• しょうが・・・1かけ• 豆腐・・・1丁• 卵・・・1個• 小麦粉・・・適量• 塩コショウ・・・適量• ごま油・・・少々• おでんのだし・・・適量 作り方• 白菜はざく切り、豆腐と長ネギは食べやすい大きさに、しょうがはみじん切り、しいたけはスライスしておく。 ボウルに鶏挽き肉としいたけ、しょうが、塩コショウ、卵、ごま油を入れ混ぜる。 鍋におでんのだしを入れて沸かし、タネをスプーンで成形しながら鍋の中に入れる。 空いたボウルに小麦粉、水を加えて混ぜ、スプーンで成形しすいとんを作り、同様に鍋の中に入れる。 鶏団子とすいとんの表面に火が通ったら白菜を加えて、ふたをし、弱火で煮る。 次に豆腐と長ネギを加え火が通るまで煮る。 味を見て塩を加えたらできあがり。 おでんの具・・・100g• おでんのつゆ・・・90cc• キャベツ・・・200g• 卵・・・1個• 薄力粉・・・90g• サラダ油・・・小さじ2• お好みソース・・・適量• マヨネーズ・・・適量• 青のり・・・適量 作り方• ボウルに薄力粉を入れ、おでんのつゆを加えながら混ぜる。 卵、キャベツ、おでんの具をボウルに入れ、さっくりと混ぜる。 生地を流し6分ほど焼いてひっくり返し、さらに6分ほど焼く。 ソース、マヨネーズ、青のりをかけてできあがり。 おでんのつゆと具を使って作る「お好み焼き」。 おでんの旨味がしっかり出るので、調味料なしで絶品お好み焼きになります。 しっかり固まるまで待ってひっくり返すと失敗しませんよ。 おでんのじゃがいも・・・2個• おでんの卵・・・1個• 枝豆・・・適量• マヨネーズ・・・適量• 七味・・・適量• 塩・・・適量• こしょう・・・少々 作り方• 枝豆は耐熱容器に入れラップをし、レンジで加熱し冷ましておく。 おでんの具のじゃがいもと卵はボウルに入れ、木べらなどでつぶす。 練り物がある場合は、食べやすい大きさに切っておく。 冷めた枝豆と練り物をボウルに入れ、マヨネーズを加え塩コショウで味を整えたらできあがり。 おでんの具をアレンジした子供から大人まで大好きな「ポテトサラダ」のレシピです。 枝豆を入れることで彩りがきれいなサラダになりますよ。 あと一品ほしいときに重宝します。 黒ごま・・・少々• ちくわ・・・1本• こんにゃく・・・30g• 大根・・・30g• ごぼう・・・30g• 卵にごまを振っておく。 ちくわは半分に切って、手前から巻き串に刺しておく。 こんにゃく、大根、ごぼうは食べやすい大きさに切り、フライパンで焼き鳥の缶のたれを加え炒める。 ごまを振った卵と串に刺さったちくわを添えて皿に盛り付けたらできあがり。 おでんの具をリメイクした「筑前煮」のレシピです。 使っている食材はヘルシーなものばかりなので、ダイエット中でも安心して食べることができます。 お弁当の中身としても喜ばれますよ。 リメイクレシピは他にもたくさんありますので、関連記事を参考にしてくださいね。 残ったおでん・・・適量• 豚バラ肉・・・100g• キムチ・・・100g• お酒・・・大さじ1• コチュジャン・・・大さじ1• にんにく・・・小さじ1• ネギ・・・1本• きのこ・・・適量 作り方• 豚肉、豆腐、野菜類は食べやすい大きさに切っておく。 フライパンで豚肉とキムチを炒め、豚肉の色が変わったら大根を加えさらに炒める。 お酒を加えて混ぜ、おでんの残りを投入する。 コチュジャン、にんにく、ひたひたになるくらいの水を加えて蓋をして煮る。 その他の具を加えて火が通ったらできあがり。 おでんを丸ごと使ってリメイクした「キムチ鍋」。 水の量とコチュジャンの量はお好みによって調節してくださいね。 〆はうどんやラーメンにすると二度美味しいですよ。 リメイクレシピは他にもたくさんありますので、関連記事を参考にしてくださいね。 焼きそばの麺・・・2袋• こんにゃく・・・1個• 牛スジ・・・1本• ちくわ・・・1本• ごぼう巻き・・・1本• がんもどき・・・1個• 刻みネギ・・・少々• 鰹節・・・少々• おでんだし汁(ソース用)・・・50cc• おでんだし汁(ほぐし用)・・・20cc• ソース・・・少々 作り方• おでんの具の牛スジ、ちくわ、がんもどき、ごぼう巻きを食べやすい大きさに切っておく。 フライパンにサラダ油大さじ1と麺、だし汁20ccを入れて麺をほぐす。 麺に焼き目がついたらひっくり返し、両面焼き目をつける。 フライパンに切ったおでんの具を投入する。 ソースとだし汁を混ぜておき、麺と絡める• 刻みネギと鰹節をかけてできあがり。 おでんの具をリメイクした「焼きそばのレシピ」です。 具はより小さく切ると麺と絡みやすくなります。 たくさん作ってしまったおでんの具を活用することでいつもとは違う焼きそばになりますよ。 リメイクレシピは他にもたくさんありますので、関連記事を参考にしてくださいね。 おでんの残り・・・適量• 玉ねぎ・・・1個• 人参・・・1本• ネギ・・・1本• 茹でたほうれん草・・・適量• カレールー・・・1箱 作り方• 玉ねぎ、人参、ねぎ、おでんの具を食べやすい大きさに切っておく。 鍋に水を入れ火にかけ、固いものから鍋に投入し煮る。 別の鍋に湯を沸かし、うどんを茹でる。 具材がやわらかくなったら、カレールーを溶かし味を調節し、茹でたほうれん草を加えてできあがり。 おでんを丸ごとリメイクした「カレーうどん」。 肉を入れるとボリュームアップしますよ。 おでんからいい出汁が出て、美味しいカレーうどんに。

次の

昨晩の残り物「おでん」を美味しく変身!リメイクレシピ5選

おでん リメイク レシピ

さて、そのおいしいおダシが決め手のおでんですが、たくさん作りすぎて残ったとき、翌日はそのまま食卓に並べていませんか? さらに、具がなくなった残り汁を捨ててしまっていませんか? いろいろな具が入っていたからこそ、旨味がた~くさん詰まっているおでんの汁。 【調理手順】 1、おでんの残りの具を細かく刻む。 2、さらに人参、ごぼう、きのこ、鶏肉などお好きな具も刻む。 ひじきもイイですね~。 おでんの残りの具は、ちくわ、さつま揚げ、こんにゃくがおすすめ。 もしおでんの具が残っていなくても、汁さえあればじゅうぶんおいしいです。 残り汁が濃い場合や、足りない場合は、お水 またはだし汁 を追加してください。 旨味がギュっと凝縮された炊き込みご飯、炊けたときのいい香りがたまりませんよ。 残りカレーから作るより絶品!? おでんの具がある場合はお好みで切っておいてください。 2、おでんの残り汁に、足りない分の水を入れ 全部で600ccほどが目安 、火にかける。 3、具を入れ、さらに加熱。 具に火が通ったら、カレールーを2~3個入れて溶かし、水溶き片栗粉でとろみをつける。 4、別のお鍋で茹でたうどん 2玉 を器に盛り、カレーをかける。 ダシの効いた、本格的な味。 家族に出しても「おでん」とは気づかないかも? おつゆを最後まで飲み干したい……! 驚きのおいしさです。 2、おでんの残った具(好きなだけ)と、千切りキャベツ200gを混ぜ合わせる。 3、あとは普通のお好み焼きのように焼いてソースなどをトッピングするだけ! おでんでお好み焼き!? あまり想像できないかもしれませんが、ダシが決め手のお好み焼きにはおでんの残り汁がぴったりなんです。 具はこんにゃくや、牛スジがおすすめ。 ちゃんとお好み焼きの味! 脱帽です……。 2、しいたけ、しめじ、カニカマ、枝豆などお好きな具材を用意する。 5、鍋にふたをして、強火で加熱。 沸騰したら弱火にして10分、火を止めて余熱でさらに5分おいて蒸らす。 蒸し器がない方でも作れる!お鍋でできる絶品茶わん蒸しレシピ。 おでんの具は食べきってしまった……という時には大活躍&大変身のメニューです。 火傷には注意してくださいね。 汁が少なければ、お水を足してください。 2、焼鮭をほぐしながら入れ、を入れ、コトコトと加熱。 鮭フレークでもOK! 3、溶き卵をを入れ、卵に火が通ったら完成!最後にごま油をたらしてもおいしいです。 ご家庭のおでんでなく、コンビニで買ったおでんでも。 翌日ではなく、おでんのシメとしてもいいですね。 おでんの残り汁で美味しい料理を作ろう! 冬が近づいてくるとなんだか食べたくなるおでんですが、続くとチョット飽きてきちゃう……。 そんな時はおでんリメイクレシピをお試しください。 残り物を翌日別のものにリメイクすると、グッと料理の腕もあがってしまいます! でも実際、リメイク料理はとっても簡単なので、チャレンジしてみてはいかがでしょうか? 【おすすめ記事】.

次の

フードコーディネーターに聞く、おでんを最後の1滴まで楽しむ、リメイクレシピ

おでん リメイク レシピ

寒い冬にぴったりの食べ物といえばお鍋ですが、もう一つ外せない食べ物といえば…そう、おでん! 家族で食べると身も心も温まり、お酒のおつまみとしても最高の一品と言えますよね。 でも、家でおでんを作るとどうしてもだしが残ってしまいがち。 だしだけだとどのように調理すれば良いのかわからないので、勿体無いとは分かっていても捨ててしまっている… なんて方、いらっしゃいませんか? 実はこのおでんの残り汁、たくさんの使い道があるのです! お料理初心者にとって一番難しいのが味付け。 しかし、たくさんの具材からうま味がたっぷり出ているおでんの残り汁は、だしが効いて香りも味付けも完成しているので、どんな料理も手軽に作れてしまうのです! 今回はそんなおでんの残り汁を使った数あるリメイクレシピの中から、誰でも簡単&失敗なく再利用出来るレシピをご紹介します。 おでんだしの再利用!リメイクレシピ7選 1. 雑炊 王道!シンプルに雑炊でいただきましょう。 だしにご飯を入れ煮立ってきたら、溶き卵を回しかけ蓋をします。 トッピングはお好みでネギを散らしたり、海刻み海苔をまぶせば完成! 具材から出たうま味がお米一粒一粒まで染みていて、何杯でもお代わりしたくなる 最高の一品になります。 また、洋風アレンジとしてトマトケチャップ、ピザ用チーズをプラスするとリゾットに大変身! おでんを食べ終わった後の〆料理としても良いですね。 だし巻き卵 おでんの残り汁を使うだけで居酒屋や料亭で食べるようなだし巻き卵が簡単に作れます。 だしが多いと巻きにくくなりますので、お好みで調整してください。 こちらは卵一つあれば出来る一品なので、チャレンジしやすいのではないでしょうか? だしと卵の優しいコラボレーションでなんとも ホッとする味に仕上がります。 また、お好みで刻みネギや紅ショウガを加えると、さらに本格的なだし巻き卵の出来上がり! たまご好きさんには是非試していただきたい一品です。 お浸し 小松菜やホウレン草のお浸しに、だしを使うだけです。 野菜を湯がいて水気を切って、だしを加えるだけなのでとっても簡単! 味見をしてみて、必要なら砂糖、醤油で味を調整してください。 出来立てよりも冷めてからの方が味が馴染んでさらに美味しくなりますよ。 スポンサーリンク 4. うどん 具材のうま味たっぷりのだしを使えば、思わず最後の一滴まで飲み干したくなる美味しいうどんになります。 お好みで味噌をプラスしたり、カレールーまたはカレー粉を入れたりと、うどんだけでも幅広いアレンジが出来ます。 顆粒だしでは表現出来ないコクやうま味が詰まった美味しいうどんになりますので、色々試してみてはいかがでしょうか。 また、うどんが合うならパスタだって合わないわけがないのです。 ニンニクチューブとネギさえあれば、うま味たっぷりで本格的な和風パスタの出来上がり! お好みでブラックペッパーを振るとさらに美味しくなるんだとか。 だし多めに作ってスープパスタにするのも良いですね。 炊き込みご飯 ご飯を炊く時に入れる水の代わりにだしを使うだけで、本格的な炊き込みご飯が出来ちゃいます! お米を研いで炊飯器へ入れ、だしを入れたら一度味見をしておきましょう。 汁の味が濃いと思ったら水を足して、反対に味が薄いと思ったら醤油小さじ1とみりん小さじ1を何回か加えて味を調整してください。 残ったおでんの具材があれば、細かく切って上に乗せて炊けば完成! 残ったおでんの具材があれば炊き込みご飯のためにわざわざ食材を買い足さなくて済むので経済的。 お米さえあればすぐに出来るのも魅力的ですよね。 練り物の良いだしが効いているので、 いつもと違った奥深い味の炊き込みご飯の出来上がりです。 お好み焼き 驚きの変化球!お好み焼きにもなるんです。 キャベツ、薄力粉、卵を追加してだしと混ぜればタネの完成。 豚玉がお好きであれば豚バラ肉をカリカリに焼いてから、上にタネを流し込んで焼いていきましょう。 残ったおでんの具材があれば、細かく刻んでタネに入れると うま味たっぷりの和風のお好み焼きになります。 茶碗蒸し 茶碗蒸しって作るのが難しそうなイメージがありませんか? だしが命と言っても過言ではない茶碗蒸し。 カップ1杯のだしに対して、卵1個をプラスするだけで簡単に出来るのです。 一から作ると手間がかかりますが、これならとっても簡単に繊細な味の茶碗蒸しが作れます。 おでんの具材が余っていればそれらを入れても良し、鶏肉やかまぼこを入れて食べ応え満点にするのも良し。 最後に飾りの三つ葉を乗せれば、 本格的な茶碗蒸しの出来上がりです。 まとめ おでんの残り汁一つでこんなにもアレンジが出来るなんて、毎日晩御飯の献立に頭を悩ます主婦にはありがたいですよね。 二度楽しめるだけでなく、どんな料理も手軽に作れて失敗なし! リメイクレシピ、是非一度試してみてはいかがでしょうか?.

次の