墓地 比較。 公営墓地とは?費用やメリットデメリットを徹底解説!

霊園・墓地・墓所の3つの意味と違いを比較!

墓地 比較

寺院墓地と共同墓地の規約の違い 墓地には、宗教法人である寺院が墓地を経営し、お寺などの境内にある寺院墓地と、普通の共同墓地がhあります。 寺院墓地の規約 寺院墓地では、墓地の経営そのものが、その寺院が行う宗教活動と一体になっています。 墓地の管理規約の中にも宗派宗教的な要素が盛り込まれることになります。 共同墓地の規約 一方、共同墓地は、直接の宗教活動とは関係ありません。 確かに墓地自体が宗教的な存在で、法律にも国民の宗教的感情に適合するように行わなければならないと規定されています。 しかし、それは広い意味での宗教性であって、特定の宗教活動を盛り込むというものではありません。 共同墓地には、公営と私営のものがあります。 私営墓地 私営のものの中には、その経営母体が宗教法人であるケースもありますが、その場合でも墓地の利用について、宗派を問わないとするものならば内容は一般のものと変わりません。 また、私営の墓地は経営するには知事の許可が必要で、管理規約などについても審査されるため、個々の規約の内容に大きな差は生じないと思われます。 ただし、細かなところは違うことも多いので、検討にあたってっは、規約を確認しましょう。 特に、私営の墓地のなかには、規模が小さく経営主体が弱いところもありますので、注意が必要です。 公営墓地 公営の墓地は、主として市町村の経営が多いです。 また、都営霊園のように都道府県が経営するものもあります。 公営の場合には、元より特定の宗教活動は許されません。 そのため、墓地の管理規約も宗教性の薄いものになります。 公営の墓地の管理規約は、条例に基づくものが多く、比較的その内容は画一的です。 注意しないといけない使用規定 通常、どこの墓地にも使用規定があります。 ただ、寺院墓地では使用規定を文書化していないところもあります。 その内容は、さまざまですが下記の7項目については注意しましょう。 規定に違反すると、使用権を取り消されてしまうこともあります。 1.宗旨・宗派の規定 公営墓地では宗旨・宗派の規定はありませんが、寺院墓地と宗教法人が経営する民営墓地では、原則として〇〇寺の檀信徒とするなどと定められていることがあります。 宗旨・宗派不問と宗旨不問の違い 墓地の規定に宗旨・宗派不問という言葉を見かける場合もあります。 これは、仏教、神道、キリスト教、などの宗教を問わず、また無宗教であってもお墓を建てて構わないという意味です。 一方、宗派不問は、仏教に限るが何宗でも構わないということです。 ただし、多くは在来仏教に限るとしています。 在来仏教一覧 2.墓石を建てなければならない期限 生前にお墓を取得する場合、遺骨がなくても定められた期限内に墓石を建てなければならないところもあります。 更地のまま放置してはいけないということです。 3.管理費の支払い方法 1年ごとに年間管理費を支払うのが一般的ですが、数年分をまとめて前納する決まりがあるところもあります。 4.石材店や墓石の種類の指定 公営墓地では、石材店を自由に選ぶことができます。 一方、民営墓地では、指定石材店制度が定められているところが多く、数社~数十社の石材店の中から選ぶことになります。 寺院墓地の場合、制度化はされていませんが、それぞれの宗派に沿った墓石工事に慣れていて、その墓地での施行実績のある石材店を紹介することもあります。 5.埋蔵者の条件 原則として3親等以内の親族まで、といった制限がある墓地もあります。 条件が合うかどうか確認しましょう 6.承継者の条件 承継者がいないと使用できない墓地、さらに、承継者は原則として3親等までなどの制限がある墓地もあります。 7.永代使用権の取り消し条件 第三者への譲渡・転貸、目的外の使用など禁止項目に違反したときや、管理費を一定年数以上滞納した場合などには、使用権を取り消す旨の規定が定められています。 墓の敷地、墓石などの規格 墓の敷地や墓石に関しては、法律上は特段の制限や基準はありません。 ただし、死体の埋葬、焼骨の埋蔵は知事の許可を受けた墓地でなければできないので、霊園・墓地からの制約を受けることになります。 墓地によっては、墓石の大きさや形状まで規制している場合があり、その規則に従って墓地の永代使用権を購入した以上、規則は守らなければなりません。 違反すれば、使用契約を解除されて使用権を失うこともあります。 しかし、墓石の大きさや形状まで規制している霊園・墓地はそれほど多くありません。 また、墓地の永代使用権分譲については、区画に分けていても数区画買ってあわせて大きな敷地にして、大きな墓を建てることができる霊園もあります。 そもそも区画自体に大小の差のある場合もあります。 墓地の敷地は、〇〇聖地として数えるところが多いですが、一聖地が何㎡かという決まりはなく、霊園によって異なります。 また、二聖地が一聖地の倍かというとそうではない場合もあります。

次の

霊園と墓地の違いって? それぞれのメリット、デメリットを比較|お墓について|お墓の値段や正しい選び方などのお役立ち情報【墓石、墓地などお墓の事なら全国優良石材店の全優石】

墓地 比較

納骨堂の特徴 一般的な墓石のあるお墓が一軒家だとするならば、 納骨堂は集合住宅と捉えられるでしょう。 納骨堂では施設をいくつかの区画で分ける、仏壇をたくさん用意するなどの方法で、たくさんの遺骨を納めます。 その特徴は大きく分けて4つあります。 1:便利なお参り 屋内施設であるため、天候に左右されずにお参りをすることが可能です。 駅から徒歩圏内という施設は多くあります。 2:費用が比較的割安に 納骨堂は墓石を使わないため、 一般的な墓地よりも費用を安く抑えられることが多いです。 横浜エリアの場合、霊園の区画代も高くなってしまいますが、ひとつの場所に多くの遺骨を収める納骨堂はその費用も抑えられます。 3:遺骨の安置方法は4タイプ• 収蔵棚式• ロッカー式• 納骨壇式• 自動搬送式 納骨堂の遺骨の安置方法は、主にこの4タイプに分けられます。 タイプによって費用は変わってきます。 4:お墓の管理・供養の心配なし 屋内施設であるため基本的にお墓の掃除をする必要はありません。 また、 永代供養式を選べば安置期間を過ぎても納骨堂で合祀を行ってくれます。 継承者がいないという方も安心です。 納骨堂の4つのタイプ 先述した通り、納骨堂には主に4つのタイプがあります。 その特徴を見ていきましょう。 1:収蔵棚式 数段ある棚に複数の骨壺を納めるタイプです。 個別のスペースはありませんが、比較的費用を安く抑えられます。 2:ロッカー式 ロッカーのように並んだ個別の棚に、骨壺を納めるタイプです。 遺影を飾れるなど、収蔵棚式に比べて個人のスペースを利用できるという特徴があります。 3:納骨檀式 仏壇が並んだタイプです。 上段と下段に分かれており、位牌と遺骨を分けて収納することができます。 4:自動搬送式 参拝スペースと遺骨の安置場所が分かれており、ICカードなどを使うことで遺骨が自動的に参拝場所に運ばれてくるタイプです。 横浜市の納骨堂の費用相場 それでは、横浜市の納骨堂の費用相場を、全国の各都市の平均永代使用料の相場と比較してみましょう。 地域別料金 横浜市 札幌市 大阪市 福岡市 一般墓 117. 69万円 61. 20万円 166. 22万円 24. 34万円 納骨堂 109. 97万円 103. 69万円 95. 76万円 74. 50万円 横浜市は全国の政令指定都市の中では、比較的高めになります。 ただし、広い横浜市において納骨堂の費用は、施設の立地によってかなり違いがあります。 中心部に位置する納骨堂はアクセスの良さや最新施設のある場所も多く、その分費用は高めになることが多いです。 対して横浜市郊外の納骨堂は、寺院が管理する一般墓地の敷地の一角にあることも多く、費用は安めになることも。 納骨堂のタイプによっても費用にはかなり違いがあるので、平均値は目安として、各施設の値段設定をしっかり確認しましょう。 【横浜市(神奈川)の納骨堂】人気ランキングTOP10 ここからは横浜市にポイントを絞って、ランキング形式で人気の納骨堂をご紹介します。 横浜市には、寺院の一角に建立された小規模な納骨堂が多くあります。 そういった寺院は墓石型のお墓がメインであるため、納骨堂は比較的安くなっている場合も多く、人気が高まっています。 歴史の長い寺院が納骨堂を建立するということは、寺院にとっても新たな取り組みであるといえるでしょう。 こうしてさまざまなニーズに応えられるように、時代に合わせて寺院も変化していくのですね。 JR根岸線本郷台駅から徒歩約14分の立地• 従来のお墓に近い屋外設置ののうこつぼ• 地域の方に親しまれる歴史の深い永林寺の管理 最寄り駅から徒歩のほか、バス利用ならバス停より徒歩約1分でアクセス可能。 駐車場もあり、お車での参拝も安心です。 永林寺敷地内には、地域の方が利用する保育園「かつら愛児園」も。 歴史のあるお寺であると同時に、街に寄り添う施設でもあります。 従来のお墓のように屋外に設置されたのうこつぼは、継承者がいない方にも安心の永代供養墓。 継承者が不在になるとその後は、合祀となります。 永代使用料は直接お問い合わせください。 自分の目的に合った納骨堂選びをしましょう 納骨堂といっても、施設によってさまざまな納骨方法があり、納骨できる霊位の数などにも違いがあります。 横浜市の場合、駅から近いアクセスの良い施設と、自然の豊かな郊外の施設とでも費用には大きな差があるでしょう。 また、従来のお墓とは違う納骨堂は、ご家族に納得していただくことも大切です。 どんな点を重視にするのかを意識して、ぜひご家族と一緒に納得のいく納骨堂選びをしてくださいね。

次の

永代供養の善勝寺|一般霊園墓地との比較表

墓地 比較

樹林墓地 樹林は、樹林の下に (共同の埋蔵場所)が設置してあります。 他の方のごと一緒に合わせて埋蔵します。 合葬 合祀 です。 埋蔵場所の指定はできません。 遺骨を袋に入れて埋蔵します。 ではなく納骨袋に入れることによって、直接土に触れて眠ることができます。 遺骨の状態は、されたままの遺骨か、もしくは粉状の遺骨(粉骨)した遺骨のどちらか選ぶことができます。 粉状遺骨のほうが使用料が抑えられます。 樹木墓地 樹木墓地では、樹木の周りにご遺骨を 個別に埋蔵します。 1体ずつ埋蔵されます。 カロート 共同の埋蔵場所 は設置してありません。 個別に埋蔵されますが、埋蔵場所の指定はできません。 遺骨は火葬されたままの遺骨です。 粉状遺骨は受付けていません。 遺骨を納骨袋に入れ、直接土に触れる形で埋蔵されます。 [PR] 「家の解体を考えているのだけど、どこに相談すればいいの?」 「解体業者を選ぶときに気をつけたほうがいいことは?」 「解体業者ってどうやって探せばいいの?」... [PR企画] 一年中お花の絶えない江戸川区の永代供養墓「久遠廟」 妙泉寺 永代供養墓「久遠廟」... 「ずっと家にいて終活が進まない」 「そろそろ納骨したいのに見学ができない」 そんなお悩みを少しでも解決すべく、青山霊廟 東京都港区北青山2-12-9・外苑前徒歩2... 【PR】不安定な世情の中、終末期について意識させられ、ご不安に思われる方も増えてきています。 エンパークでは、こんな世情だからこそ、心配されている方が増えている「葬儀・... [PR] 葬儀を終えて納骨先を探そうと調べてみると、想像以上に選択肢が多くて悩むことも少なくありません。 墓地や霊園だけでなく、屋内の納骨堂や永代供養墓、樹木... あわせて読みたい.

次の