たかきチラシ。 習いごとや趣味の募集案内に使える無料チラシテンプレート

兵庫県/JR赤穂線沿線「かきまつり」リレーイベントの開催

たかきチラシ

ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2019 ゆうばりファンタランド大賞 ファンタジア国際映画祭2019(カナダ)ファーストフューチャーコンペティション入選 第五回新人監督映画祭 観客賞 第五回富士湖畔の映画祭 作品賞 監督賞最優秀助演俳優賞(遠山雄) 門真国際映画祭2019 最優秀ケータリング賞 最優秀監督賞 観客賞 最優秀助演女優賞(平栗あつみ) 第12回オホーツク網走映画祭 北斗七星賞Big Dipper award グランプリ 日本芸術センター 第11回映像グランプリ グランプリ JAPAN CUTS HOLLYWOOD2019 正式招待上映 2018年の「カメラを止めるな」に続き、2019年のゆうばり国際ファンタスティック映画祭2019で観客賞である「ゆうばりファンタランド大賞」の作品賞を受賞し、カナダのファンタジア国際映画祭の長編初監督コンペティション部門に正式出品された映画『いつくしみふかき』が、満を持して2020年4月17日(金)にテアトル新宿ほかにて公開されることが決定した。 psychocinematography. comで2019年の日本映画トップ10の1位に選ばれた本作は、劇団チキンハート主宰の遠山雄の親しい知人とそのお父さんについての実話で、ひきこもりの知人が葬儀で父親をかばいながらも謝罪をした姿が衝撃的だったことが映画化のきっかけ。 実際に知人が住んでいた長野県飯田市に、劇団員が実際に代わる代わる住み込んで、今回の映画化に漕ぎ着けた。 父親・広志役を、意外にも本作が映画初主演となる渡辺いっけいが、遠山の知人が基になったその息子・進一役を、遠山自身が演じ、W主演を飾る。 2人を取り持つキーとなる牧師・源一郎役に、ベテランの金田明夫、広志の舎弟・浩二を劇団チキンハートの榎本桜が演じるほか、三浦浩一、眞島秀和、塚本高史ら、本作監督の、劇団チキンハート演出の大山晃一郎と親交のある豪華な俳優陣が脇を固める。 30 年前。 母・加代子(平栗あつみ)が進一(遠山雄)を出産中に、あろうことか母の実家に盗みに入った父・広志(渡辺いっけい)。 30 年後、進一は、自分を甘やかす母親が見つけてくる仕事も続かない、一人では何もできない男になっていた。 その頃父・広志は、舎弟を連れて、人を騙してはお金を巻き上げていた。 ある日、村で連続空き巣事件が発生し、進一は母を始めとする村人たちに、「悪魔の子である進一の犯行にちがいない。 警察に突き出す前に出ていけ」と言われ、牧師のいる離れた教会に駆け込む。 「そっちに行く」という母親に「来たら進一は変わらない」と諭す牧師。 一方、父・広志は、また事件を起こし、「俺にかっこつけさせてください」という舎弟・浩二 (榎本桜)に、「待っているからな」と言っても、実際には会いに行かない相変わらずの男で、ある日、牧師に金を借りに来る。 「しばらくうちに来たらどうだ?」と提案する牧師。 牧師は進一のことを「金持ちの息子」だと嘘を吹き込み、進一と広志は、お互い実の親子だとは知らないまま、二人の共同生活が始まる。 監督:大山晃一郎 18歳の頃大阪芸大中退後上京、フリーの助監督に。 「リング」の中田秀夫監督や「沈まぬ太陽」の若松節郎監督の下、助監督として数多くの映画の製作現場で活躍。 2011年に初監督した短編映画「ほるもん」は2011年度ショートショートフィルムフェスティバルのNEOJAPAN部門に選出され、同団体が運営する「日本人若手監督育成プログラム」にも選ばれている。 他の参加作品に映画「溺れるナイフ」「怪談」「夜明けの街で」テレビドラマ「ROOKIES」「刑事7人」「BG」「警視庁捜査一課長」「遺留捜査」などがある。 また劇団チキンハート、大山劇団の作・演出家として年2回ペースで演劇公演も行っている。 本作が長編映画初監督作品。 未だに咀嚼しきれていないが 日韓の映画偏差値の差が露呈した昨今に もの凄い可能性を秘めた邦画が誕生したかも知れない この作品で描かれている様に 今もこの国の何処かの小さな半径 地域 による大きく伝統的な抑圧や軋轢が 進行形で行われているのではないだろうかと思わされた おそらく行われている TVでは表現出来ないタブーやコンプライアンスを映画と言う表現で描く自由度が失われつつある中 大山晃一郎監督はこの骨太かつ繊細な題材を握りしめてど真ん中に豪速球を投げ入れた 主演の渡辺いっけいさんや遠山雄さんをはじめキャスティング 遠山郷の美しさや飯田弁も不気味にハマりまくっていてる 観ちゃいけない 観たい 真実がそこにあった気がした 現代邦画の本来の武器・長所が詰まった傑作 劇場で受け止めるべし.

次の

フードセンターたかき 交り江店

たかきチラシ

<伝えることの例>• 開店のお知らせ• 新商品、新メニューの紹介• サービスの案内• イベント、キャンペーンの告知 など• 誰に伝えたいのか お客さまを具体的にイメージするのは、マーケティングで最も重要な工程の1つです。 なぜなら、自分に向けられた言葉だと感じてもらえなければ、読んでもらえないからです。 普段、人と話をするときも、相手の立場によって、声のかけ方や言葉づかいは変わりますよね。 同じように、読んでほしい方をイメージしながら、手紙のようにコピーを書くと、メッセージが伝わりやすくなります。 <配布方法の例>• カフェや美容室に置いてもらう• ポスティング• 交流会で配る など• チラシに含める要素 キャッチコピーでメリットを伝え、特典で行動を起こさせよう 準備ができたら、次は、より具体的な内容を決めます。 チラシに必ず入れなければならない要素は、「1. キャッチコピー」「2. メインの内容」「3. お問い合わせ先と地図」の3つ。 加えて、スペースに余裕があれば「4. お客さまの声」「5. 特典」も入れると効果的です。 キャッチコピー キャッチコピーとは、広告のウリ文句で、お客さまに行動を起こさせる短い文章です。 商品やお店の特徴ではなく、お客さま自身にとっての魅力をアピールします。 通販のチラシでよく目にする「40代から始めるダイエット」「1カ月で10キロ痩せたい方に」といった具合です。 メインの内容 主にビジュアルの要素が大切です。 チラシを見てもらうには、キャッチコピーと併せていかにインパクトを与えられるかが勝負。 資料になるチラシを何枚か集めておき、参考にするのも良い方法です。 本文は、準備編で書いておいたメモを意識して、わかりやすい言葉で書きましょう。 お問い合わせ先と地図 当たり前すぎて、忘れる方がいます。 営業時間、電話番号、公式ホームページのURL、メールアドレスなど、必要な情報を入れましょう。 ホームページのURLはQRコードを入れるのもオススメです。 お客さまの声 この商品は誰が買っているのか、どんな人が利用しているのかがわかると、同じターゲット層の方へのアピールになります。 主婦、事務職、看護師、年齢など、具体的な人物像がイメージしやすいほど効果的です。 ただし、ウソは禁物です。 実際のお得意さまの写真や声を入れる場合は、掲載許可を得ることもお忘れなく。 特典 プレゼントやクーポンなどの特典があると、つい行ってみたくなりますよね。 ただし、なるべく安売りはしない方向で特典を考えましょう。 なぜなら、安売りのときしかこないようになってしまうと、逆効果だからです。 内容が決まったら、いよいよキャッチコピーや本文を書き始めます。 といっても、すらすら書けたら苦労しませんよね。 そこで、伝わるキャッチコピーや本文を書くためのコツをいくつか紹介します。 長い文章が苦手な方でも大丈夫!短い言葉で箇条書きにしよう お店としては、こちらの熱い思いを伝えようと、つい長々と詳しい説明を書きたくなります。 しかし、広告の文章は「読んではもらえないものだ」という前提で書くことが大切です。 ざっくりとした説明、興味をひかない言葉は、まず読んでもらえませんし、記憶にも残りません。 10~20文字程度の箇条書きで、多くても5項目。 できるだけ具体的にメリットを書きます。 ポイント1:きれいにまとめようとしすぎない キャッチコピーというと、「かっこよくて印象に残る」というイメージがありますよね。 でも、チラシの場合、カッコイイ言葉に効果があるとは限りません。 どこかで聞いたことのある言葉、ありきたりな表現では、かえって気持ちが伝わらなくなってしまいます。 特に同業者と同じような表現は禁物。 似たような商品と思われると、価格で選ばれてしまうからです。 自社ならではの価値をアピールしなければなりません。 では、自社の個性が出て、お客さまに響く言葉は、どのように考えればいいのでしょう? 迷う場合は、お客さまからいただいた言葉がヒントになります。 特にお客さまからの褒め言葉は、最高のウリ文句です。 日頃からお客さまの感想や意見を集めておきたいですね。 お店や商品の紹介は、お客さまへ手紙を書くように、いつも使っている言葉で語りかけるように書いてみてはいかがでしょう。 プロをまねた文章よりも、等身大の文章の方がかえって会社やお店の個性が出ます。 ただし、専門用語、業界用語など、一般の方が使わない表現は、避けるべきでしょう。 できるだけかみ砕いた言葉を使ってください。 また漢字が多すぎると固い印象になるので、「下さい」は「ください」、「頂きます」は「いただきます」というふうに、なるべくひらがなを使いましょう。 効果のあるキーワード• 新しさ 例)「新商品」「新サービス」「New」など• 限定 例)「個数限定」「10名さま限定」「期間限定」など• 話題性 例)「ハリウッドで大流行」「注目!」「大人気!」「一番売れてます!」「店長おすすめ」など• 伝えたいことがもれなく書いてあるか。 パッと見てわかるか。 家族やスタッフにも見てもらうのもよいでしょう。 電話番号やメールアドレス、価格に間違いがないか、何度も確認しましょう。 電話番号やメールアドレスが間違っていると問い合わせしてもらえませんし、価格のミスは信用に関わります。 変換ミスによる漢字の間違いも起こりがちです。 確認作業は1文字ずつ、辞書をひきながら、ていねいにしましょう。 チラシは1回配っただけでは、あまり効果がないかもしれません。 大企業でもいろいろなパターンを考えて、どれだけの効果があったのか検証しています。 自分でつくるチラシなら、コストは印刷代だけで済みます。 効果がなければ、また違うパターンをつくればいいのです。 次もつくることを前提に、要素を絞り込み、検証を繰り返していきましょう。 つくるたびにうまくなり、お客さまへの認知も広がっていきます。 ぜひ、何度も挑戦してみてくださいね。

次の

一から作るチラシの作り方の基本!エクセルで作る全13の手順

たかきチラシ

<伝えることの例>• 開店のお知らせ• 新商品、新メニューの紹介• サービスの案内• イベント、キャンペーンの告知 など• 誰に伝えたいのか お客さまを具体的にイメージするのは、マーケティングで最も重要な工程の1つです。 なぜなら、自分に向けられた言葉だと感じてもらえなければ、読んでもらえないからです。 普段、人と話をするときも、相手の立場によって、声のかけ方や言葉づかいは変わりますよね。 同じように、読んでほしい方をイメージしながら、手紙のようにコピーを書くと、メッセージが伝わりやすくなります。 <配布方法の例>• カフェや美容室に置いてもらう• ポスティング• 交流会で配る など• チラシに含める要素 キャッチコピーでメリットを伝え、特典で行動を起こさせよう 準備ができたら、次は、より具体的な内容を決めます。 チラシに必ず入れなければならない要素は、「1. キャッチコピー」「2. メインの内容」「3. お問い合わせ先と地図」の3つ。 加えて、スペースに余裕があれば「4. お客さまの声」「5. 特典」も入れると効果的です。 キャッチコピー キャッチコピーとは、広告のウリ文句で、お客さまに行動を起こさせる短い文章です。 商品やお店の特徴ではなく、お客さま自身にとっての魅力をアピールします。 通販のチラシでよく目にする「40代から始めるダイエット」「1カ月で10キロ痩せたい方に」といった具合です。 メインの内容 主にビジュアルの要素が大切です。 チラシを見てもらうには、キャッチコピーと併せていかにインパクトを与えられるかが勝負。 資料になるチラシを何枚か集めておき、参考にするのも良い方法です。 本文は、準備編で書いておいたメモを意識して、わかりやすい言葉で書きましょう。 お問い合わせ先と地図 当たり前すぎて、忘れる方がいます。 営業時間、電話番号、公式ホームページのURL、メールアドレスなど、必要な情報を入れましょう。 ホームページのURLはQRコードを入れるのもオススメです。 お客さまの声 この商品は誰が買っているのか、どんな人が利用しているのかがわかると、同じターゲット層の方へのアピールになります。 主婦、事務職、看護師、年齢など、具体的な人物像がイメージしやすいほど効果的です。 ただし、ウソは禁物です。 実際のお得意さまの写真や声を入れる場合は、掲載許可を得ることもお忘れなく。 特典 プレゼントやクーポンなどの特典があると、つい行ってみたくなりますよね。 ただし、なるべく安売りはしない方向で特典を考えましょう。 なぜなら、安売りのときしかこないようになってしまうと、逆効果だからです。 内容が決まったら、いよいよキャッチコピーや本文を書き始めます。 といっても、すらすら書けたら苦労しませんよね。 そこで、伝わるキャッチコピーや本文を書くためのコツをいくつか紹介します。 長い文章が苦手な方でも大丈夫!短い言葉で箇条書きにしよう お店としては、こちらの熱い思いを伝えようと、つい長々と詳しい説明を書きたくなります。 しかし、広告の文章は「読んではもらえないものだ」という前提で書くことが大切です。 ざっくりとした説明、興味をひかない言葉は、まず読んでもらえませんし、記憶にも残りません。 10~20文字程度の箇条書きで、多くても5項目。 できるだけ具体的にメリットを書きます。 ポイント1:きれいにまとめようとしすぎない キャッチコピーというと、「かっこよくて印象に残る」というイメージがありますよね。 でも、チラシの場合、カッコイイ言葉に効果があるとは限りません。 どこかで聞いたことのある言葉、ありきたりな表現では、かえって気持ちが伝わらなくなってしまいます。 特に同業者と同じような表現は禁物。 似たような商品と思われると、価格で選ばれてしまうからです。 自社ならではの価値をアピールしなければなりません。 では、自社の個性が出て、お客さまに響く言葉は、どのように考えればいいのでしょう? 迷う場合は、お客さまからいただいた言葉がヒントになります。 特にお客さまからの褒め言葉は、最高のウリ文句です。 日頃からお客さまの感想や意見を集めておきたいですね。 お店や商品の紹介は、お客さまへ手紙を書くように、いつも使っている言葉で語りかけるように書いてみてはいかがでしょう。 プロをまねた文章よりも、等身大の文章の方がかえって会社やお店の個性が出ます。 ただし、専門用語、業界用語など、一般の方が使わない表現は、避けるべきでしょう。 できるだけかみ砕いた言葉を使ってください。 また漢字が多すぎると固い印象になるので、「下さい」は「ください」、「頂きます」は「いただきます」というふうに、なるべくひらがなを使いましょう。 効果のあるキーワード• 新しさ 例)「新商品」「新サービス」「New」など• 限定 例)「個数限定」「10名さま限定」「期間限定」など• 話題性 例)「ハリウッドで大流行」「注目!」「大人気!」「一番売れてます!」「店長おすすめ」など• 伝えたいことがもれなく書いてあるか。 パッと見てわかるか。 家族やスタッフにも見てもらうのもよいでしょう。 電話番号やメールアドレス、価格に間違いがないか、何度も確認しましょう。 電話番号やメールアドレスが間違っていると問い合わせしてもらえませんし、価格のミスは信用に関わります。 変換ミスによる漢字の間違いも起こりがちです。 確認作業は1文字ずつ、辞書をひきながら、ていねいにしましょう。 チラシは1回配っただけでは、あまり効果がないかもしれません。 大企業でもいろいろなパターンを考えて、どれだけの効果があったのか検証しています。 自分でつくるチラシなら、コストは印刷代だけで済みます。 効果がなければ、また違うパターンをつくればいいのです。 次もつくることを前提に、要素を絞り込み、検証を繰り返していきましょう。 つくるたびにうまくなり、お客さまへの認知も広がっていきます。 ぜひ、何度も挑戦してみてくださいね。

次の