スキャン スナップ ix1500。 液晶が付いただけじゃなかった! ScanSnap iX1500の劇的進化

[ScanSnap]新製品ScanSnap iX1500でA3版をそのままスキャンしたらうまくいったよ | ツインズパパの徒然日記 Ver.2

スキャン スナップ ix1500

デザインも一新されて、ホワイトを基調にしたシンプルなスタイルに。 リビングルームなどに置いて使っても違和感がない• 本体に液晶画面が付いた点が大きな進化。 スキャンしたい書類をセットしたら液晶画面をタッチするだけで使える• 従来は使い分けされていたソフトウェアをひとつにまとめた「ScanSnap Home」• 液晶画面に表示できる新しいプロファイルも「ScanSnap Home」から。 左側のテンプレートから選んで、詳細を設定できる• 新規で作ったプロファイルはこのように表示される。 ユーザーごとにアイコンの色が変えられるので複数人でも使いやすい• メンテナンスのタイミングも液晶画面に表示されるので、ガラス面が汚れてデータに変な筋が入るなどのリスクも少なくなる ドキュメントスキャナーは、高速で用紙の連続取り込みができるスキャナー。 大量の書類も一気に自動でスキャンしてデータ化できる。 家庭用ドキュメントスキャナーのジャンルは、PFUの「ScanSnap」の独壇場だ。 ScanSnap「」は、前モデル「iX500」から6年ぶりにリニューアルした新モデル。 ハードウェアもソフトウェアも大幅に進化した。 最大のポイントは液晶パネルを搭載したことで、クラウドと組み合わせて、パソコンなしでもさっと手軽にペーパーレスを実現できるようになったこと。 性能も使い勝手も向上した最新モデルの実力を検証してみよう。 液晶パネルとクラウドで使い勝手が大きく向上 iX1500のリニューアルのポイントはたくさんあるが、4. 3インチで見やすい大画面タッチパネルを搭載したことがもっとも大きい。 これによって用途に合わせたさまざまなスキャンが、パソコンを使うことなく液晶をタッチするだけで可能になった。 もちろん従来モデルでも単純なスキャンだけならボタンを押すだけで可能だった。 しかし例えば書類と名刺でスキャンの設定や保存先を変えている場合には、パソコンで設定を記録したプロファイルを変更してからスキャンする必要があった。 また家庭やオフィスなど複数のユーザーで利用する場合にも、スキャンしたデータの保存先を変えるためにパソコンを使う必要があった。 しかし本機なら、あらかじめいくつかの設定を用意しておいて、液晶画面上に表示されるアイコンをタッチするだけでいい。 例えばオフィスで使うなら、個人ごとに異なる保存先を設定したプロファイルを作成しておけばいい。 無線でネットワークにつながっていれば、保存先をDropboxやOneDriveなどに設定にして、パソコンなしでもスキャンしたデータを直接自分のスペースに保存できる。 ユーザーごとにアイコンの色を変更できるので、ビジネスや家族などの複数人で使用するときも自分のアイコンが見つけやすく、迷わずにスキャンできる。 液晶画面が付いたことで、このような複数人数での使い勝手が大幅に向上した。 パソコンを開かなくてもいいので、設置場所の制約も受けない。 今回のモデルはホワイトを基調としたシンプルなデザインに一新され、家族みんなで使えるようにリビングなどに置いても違和感がない。 ソフトウェアもひとつにまとまって使いやすく 従来モデルでは、使用するソフトウェアがいくつも用意されていた。 ドライバ、ファイル整理・閲覧用、クラウド用、名刺管理など、いくつものソフトを使い分ける形になっていた。 今回それらが「ScanSnap Home」というひとつの統合ソフトウェアにまとめられてわかりやすくなった。 Windowsならエクスプローラー、Macならファインダーのようなファイル管理ソフトで、ファイルの閲覧からプロファイルの設定まですべてできるので便利だ。 またソフトウェア的に向上した点もいくつかある。 例えば「自動ファイル名生成」は、スキャンした原稿の内容をデジタルで認識して自動でファイル名を生成する機能。 ファイル名が内容の一部を含んだものになるので、従来のような日付だけのものよりもはるかにわかりやすい。 ファイル名は書類のタイトルや冒頭などから自動的に抽出されるが、それらのファイル名が適切でなく修正をした場合には、その修正内容を学習して次回からそれを反映したものになる。 じっさいに本体の液晶画面から「おまかせスキャン」で、A4サイズの領収書をスキャンしてみた。 高速に読み取った後にScanSnap Homeにデータが表示。 ファイル名にはたしかに日時とともに「領収書」という文字が記載されていた。 同様に名刺やレシートなどのスキャン時には、名前や会社名などの文字データが抽出される。 液晶画面から「名刺を管理」で名刺20枚をスキャンしてみたところ、わずか18秒でスキャンは完了。 ScanSnap Homeで確認すると、名前や電話番号などの情報が自動的に読み込まれている。 これだけでも非常に便利だが、抽出された不完全なデータ部分を手作業で修正すれば、ソフトウェアが学習し、使っていくうちにより正しい内容で抽出できるようになる。 さまざまな手間が軽減できるようになった プロファイルの作成や設定などもScanSnap Homeから行える。 「新規プロファイル追加」を選ぶと、ビジネスやパーソナルなどのカテゴリーにさまざまなテンプレートの並ぶ画面が表示される。 基本的にはそこから選んで、細かい部分を自分の環境にあうように修正すればいい。 学校に通う子どものいる家庭なら学校から配られてくる大量のプリントの管理に悩まされているだろう。 そのときに「学校の配布物を後で見る」を選んで、とにかく取り込んでおけばいい。 データとして保存しておけば、必要な情報は簡単に探せるので、後でプリントを探し回る手間はなくなる。 ScanSnap Homeではさまざまなクラウドサービスとも連動している。 文書などのクラウド保存にEvernoteを指定したり、家計簿などでマネーフォワード クラウドやFreeeなどを指定したりして、直接データを送ることができる。 最近ではスマホの撮影でレシートを取り込めるサービスも多いが、それもレシートがたまると案外面倒だ。 たまったレシートは、一気にスキャンしてしまうだけですむので、大幅に手間が軽減できる。 またスキャンを繰り返していると、スキャナーのガラス面が汚れてくることがあり、データに筋が入ってしまったりする。 大量スキャンをした後に、そうした汚れに気づいて困ることもある。 本機では設定画面にメンテナンスの表示があり、汚れを自動検出してクリーニングアラームを通知する。 液晶に表示された通知を見れば、スキャンの前に汚れを拭き取ることが可能だ。 細かいようだが、実際に使い込むと、この仕様は非常に有効で便利なことがわかる。 「」は、従来モデルからの仕様は大きく変わらず、液晶が付いたくらいだと思っていたのだが、実際には大きな進歩を果たしていた。 オフィス用品としてだけではなく、家族みんなで使える高性能な事務用品というべき便利なアイテムだ。

次の

ScanSnap「ix1500」と「ix500」と比較して便利になった3つの機能(オフィス編)

スキャン スナップ ix1500

スポンサーリンク Scansnapのスキャン画質 Scansnapのスキャン時の画質には「ノーマル」「ファイン」「スーパーファイン」「エクセレント」の4つがあります。 ちなみにスキャンする際の画質のdpiはそれぞれでこのようになっています。 カラー グレー ノーマル 150dpi 300dpi相当 ファイン 200dpi 400dpi相当 スーパーファイン 300dpi 600dpi相当 エクセレント 600dpi 1,200dpi相当 この画質の違いによりどのような違いが出るのか、4つのポイントで比較をしてみました。 スキャンしてから保存までの速度 2. ファイルサイズの差 3. スキャンデータの綺麗さ 4. テキスト化の正確性 スキャンしてから保存までの速度 それぞれの画質でスキャン速度にどれくらいの違いがでるのか調べてみました。 テストで利用したのは「原価計算基準」というちょっと硬めの内容の文章。 全部で16ページあり、1ページあたり600~2,000文字でトータル文字数としては約24,000字。 保存するファイル形式の設定は以下で統一しています。 ・ファイル形式:PDF ・テキスト認識の選択:検索可能なPDFにする ・対象ページ:全ページ 画質 ボタンを押してから保存までの時間 ノーマルとの差 ノーマル 24. 26秒 ーー ファイン 26. 38秒 2. 12秒 スーパーファイン 32. 23秒 7. 97秒 エクセレント 87. 47秒 63. 21秒 ファイルサイズの差 画質の差でファイルサイズは変わります。 画質 ファイルサイズ ノーマルとの差 ノーマル 1,222KB ーー ファイン 1,624KB 約1. 33倍 スーパーファイン 2,386KB 約1. 95倍 エクセレント 4,590KB 約3. 76倍 スキャンデータの綺麗さ スキャンしたデータをどのように利用するかによって、どれくらいの画質が必要となるかは違うでしょう。 私的にはそんな綺麗さは必要ないだろうと思いますが、どれくらいの違いが出るのか調べてみました。 元PDFキャプチャ ノーマル(300dpi相当) ファイン(400dpi相当) スーパーファイン(600dpi相当) エクセレント(1,200dpi相当) テキスト化の正確性 Scansnapではスキャンしたデータを検索可能なPDFにすることが可能です。 画像から文字を抽出する技術「OCR(Optical Character Recognition:光学文字認識)」が使われています。 これによりPDF内で全文検索が可能なPDFファイルに変換されるわけです。 ではどの画質でも問題なくOCRが働くかというとそういうわけではありません。 基本的に画質が良い方がOCRが効果的に働きます。 どのような違いが出るか見てみましょう。 元PDF文書 わが国における原価計算は,従来,財務諸表を作成するに当たって真実の原価を正確に算定表示するとともに,価格計算に対して資料を提供することを主たる任務として成立し,発展してきた。 しかしながら,近時,経営管理のため,とくに業務計画および原価管理に役立つための原価計算への要請は, 著しく強まってきており,今日,原価計算に対して与えられる目的は,単一ではない。 すなわち,企業の原価計算制度は,真実の原価を確定して財務諸表の作成に役立つとともに,原価を分析し,これを経営管理者に提供し,もって業務計画および原価管理に役立つことが必要とされている。 したがって,原価計算制度は,各企業がそれに対して期待する役立ちの程度において重点の相違はあるが,いずれの計算目的にもともに役立つように形成され,一定の計算秩序として常時継続的に行なわれるものであることを要する。 ここに原価計算に対して提起される諸目的を調整し,原価計算を制度化するため,実践規範としての原価計算基準が,設定される必要がある。 しかしながら,近時,経営管理のため, とくに業務計画および原価管理に役立つための原価計算への要 綱は,著しく強まってきており,今日,原価計算に対して与えられる目的は, 恥一ではない。 すなわち,企業の原価計算制度は,真実の原価を確定して財務諸表の作成に役立つとともに,原価を分析し,これを経営管理者に提供し,もって業務計画および原価管理に役立つことが必要とされている。 したがって,原価計算制度は,各企業がそれに対して期待する役立ちの程 座において重点の相違はあるが,いずれの 31・算目的にもともに役立つように形成され,一定の計算秩序として常時継 親的に行なわれるものであることを要する。 ここに原価計算に対して提起される諸目的を調整し,原価計算を制度化するため,実践規範としての原価計算基準が,設定される必要がある。 ほぼ正確ですが、いくつか間違って認識している部分があります。 この場合PDF検索をかけても引っかかりません。 ですので、ある程度の画質でスキャンした方がいいでしょう。 ちなみに今回は「ファイン」「スーパーファイン」「エクセレント」でスキャンしたものは、100%正確にテキスト化されました。 まとめ 私の場合、基本的に画質は「ファイン」でスキャンしています。 「ファイルサイズ」「スキャンスピード」「綺麗さ」「テキスト化」の点で一番バランスがいいからです。 ちなみに電子帳簿保存法に対応する場合には、「ファイン」以上でスキャンする必要があります。 そして速度的に「Scansnap ix500」がおすすめです。

次の

ScanSnap カタログ/マニュアル : 富士通

スキャン スナップ ix1500

ScanSnap Homeの「スキャナーの選択」のリストで、使用しているScanSnapを選択していますか? 以下の手順で、「スキャナーの選択」のリストに設定されているScanSnapを確認してください。 Windows• ScanSnap Homeのメイン画面左上の[Scan]ボタンをクリックして、スキャン画面を表示します。 メイン画面が表示されていない場合は、を参照してください。 「スキャナーの選択」に、使用しているScanSnapが表示されているか確認します。 別のScanSnapが選択されている場合は、使用しているScanSnapを選択してください。 Mac OS• ScanSnap Homeのメイン画面左上の[Scan]ボタンをクリックして、スキャン画面を表示します。 メイン画面が表示されていない場合は、DockのLaunchpadをクリックすると表示されるアプリケーションの一覧から、「ScanSnap Home」アイコン をクリックしてください。 「スキャナーの選択」に、使用しているScanSnapが表示されているか確認します。 別のScanSnapが選択されている場合は、使用しているScanSnapを選択してください。 「スキャナー」タブは、コンピューターの画面右下の通知領域にあるScanSnap Homeのアイコンから開く、ScanSnap Homeのメニューからも表示できます。 ScanSnap Homeのメニューの詳細は、を参照してください。 [修復]ボタンをクリックし、表示されるメッセージに従って修復します。 Mac OS• ScanSnap Homeのメイン画面を表示します。 DockのLaunchpadをクリックすると表示されるアプリケーションの一覧から、「ScanSnap Home」アイコン をクリックしてください。 「スキャナー」タブの「スキャナー情報」にあるScanSnapのリストから、使用しているScanSnapを選択します。 ウイルス対策ソフトでScanSnap Homeが使用しているフォルダーを監視していませんか? (Windows) ウイルス対策ソフトを使用している場合は、以下のファイルおよびフォルダーを監視対象から除外するように設定してください。 ウイルス対策ソフトの監視対象から除外するファイル• PfuSsMon. exe• PfuSshImgProc. exe• PfuSshImgMonitor. exe• SshRegister. exe ウイルス対策ソフトの監視対象から除外するフォルダー•

次の