ハルジオン ヒメジョオン 違い。 ハルジオン 都会の植物

ヒメジオンは間違い?ハルジオンとヒメジョオンの違いと簡単な見分け方!

ハルジオン ヒメジョオン 違い

ハルジオンとヒメジョオンは、同じキク科ムカシヨモギ属の花でよく似ていて区別が難しく感じられる。 ハルジオンは花期が4~5月、ヒメジョオンは5~8月とズレているので、一緒に咲いているところを見かけることはあまりないが、いつの間にか入れ替わったかのようになっているので、ヒメジョオンをハルジオンがそのまま咲き続けていると錯覚してしまうことがあった。 そこで今回は花の見分けにトライしてみたい。 次の6枚の写真は「ハル」と「ヒメ」を交互に写しているので比較してみて頂きたい。 茎や葉の違いで区別することもできるが、歩いていて見かけた時に、一瞥して判らなければあまり価値がないように思える。 花びらだけで見分ける唯一の方法は花弁の幅(太さ)のようだ。 ハルジオンは糸のように細く、その分枚数が多めになっている。 ヒメジョオンも細いが、花弁としてのギリギリの幅はあるし、比べると確かに太い。 こうして並べて比べるとよくわかるが、現場で1種類だけが群生していると、確信が持てなくなることがある。 写真判定に持ち込むのも一手かもしれない。 下の写真は、左がハルジオンで、右がヒメジョオン。 白一色はヒメの方で、ピンク色もあるのがハル。

次の

ハルジオンとヒメジョオンの見分け方: 写真散歩 Refocus

ハルジオン ヒメジョオン 違い

ハルジオンとヒメジョオンには どんな違いが存在しているの? 5月頃に咲く花として ハルジオン を道端で見かけることがありますが、 ハルジオンの見た目はどことなく ヒメジョオン と似ていると思いますね。 そんな見た目が似てる ハルジオンとヒメジョオンには どのような違いがあるのでしょうか? スポンサードリンク ハルジオンとヒメジョオンの違い1:開花時期 ハルジオン とヒメジョオン の違いとして挙げあれるものが 開花時期の違い となっています。 つまり、 ハルジオンとヒメジョオンは 微妙に開花時期が異なっていて、 ハルジオンが咲き終わる頃には ヒメジョオンが咲き始める ということですね。 なので、 春頃に見かけたらハルジオン 夏頃に見かけたらヒメジョオン といった感じで見分けるといいでしょう。 スポンサードリンク ハルジオンとヒメジョオンの違いその2:花びら とはいっても 開花時期から ハルジオンとヒメジョオンの違いを見る というのは微妙にかぶる時期もあるので 難しい部分があるかと思います。 なので、 外見上からの ハルジオンとヒメジョオンの違いとして 簡単に見分けられる部分としては 花びら となってきます。 まずハルジオンの花びらは ピンクっぽい色になってて 糸のように細いのが特徴となってます。 その一方で ヒメジョオンの花弁はというと、 花びらが白くて幅があるのが特徴です。 上記の動画を見ても、 ハルジオンの花びらは 糸のように細いものが多くある印象ですが、 ヒメジョオンの花びらは ハルジオンに比べて幅が広くて 花びらだと分かりやすいですね。 だから、 ハルジオン:花びらが糸みたいな方 ヒメジョオン:花びらに幅がある方 といった感じで覚えておきましょう。 ハルジオンとヒメジョオンの違いその3:茎の中身 花びらだけでも 微妙に分かりづらいという場合は、 花の茎を折ってみると ハルジオン:中身が空洞になってる ヒメジョオン:中に白いものが詰まってる といった違いがあります。 なので、 どうしても見た目で ハルジオンとヒメジョオンの違いが分からないなら ちょっとかわいそうだけど 茎を追ってみて 中身があるかどうかで 違いを見分けておきましょう。 それ以外でも ハルジオンは茎を抱くように葉をつける ヒメジョオンを葉を真っすぐに付ける ハルジオンはつぼみときうなだれる ヒメジョオンはうなだれない といった違いがありますので、 これらの違いをチェックして ハルジオンとヒメジョオンを見分けましょう。 スポンサードリンク 関連記事はこちら•

次の

ヒメジョオンとは?特徴やハルジオンとの違い・見分け方を解説!駆除方法は?

ハルジオン ヒメジョオン 違い

ハルジオンとヒメジョオンは、同じキク科ムカシヨモギ属の花でよく似ていて区別が難しく感じられる。 ハルジオンは花期が4~5月、ヒメジョオンは5~8月とズレているので、一緒に咲いているところを見かけることはあまりないが、いつの間にか入れ替わったかのようになっているので、ヒメジョオンをハルジオンがそのまま咲き続けていると錯覚してしまうことがあった。 そこで今回は花の見分けにトライしてみたい。 次の6枚の写真は「ハル」と「ヒメ」を交互に写しているので比較してみて頂きたい。 茎や葉の違いで区別することもできるが、歩いていて見かけた時に、一瞥して判らなければあまり価値がないように思える。 花びらだけで見分ける唯一の方法は花弁の幅(太さ)のようだ。 ハルジオンは糸のように細く、その分枚数が多めになっている。 ヒメジョオンも細いが、花弁としてのギリギリの幅はあるし、比べると確かに太い。 こうして並べて比べるとよくわかるが、現場で1種類だけが群生していると、確信が持てなくなることがある。 写真判定に持ち込むのも一手かもしれない。 下の写真は、左がハルジオンで、右がヒメジョオン。 白一色はヒメの方で、ピンク色もあるのがハル。

次の