中村うさぎ 車椅子。 マツコ・デラックスと中村うさぎの仲は?現在は病気で車椅子?画像

オムツして車椅子に乗っている娘よりも両親の方がピンピンしているけどねw

中村うさぎ 車椅子

アナタが生きてるだけでワタシは この20年間、私たちはいろいろなものを乗り越えてきた。 私の浪費癖による経済的危機はしょっちゅうだったし、 私がホストやウリセンとの恋愛にハマって夫を心配させたことも1度ならずあった。 どちらかといえば私のほうが迷惑かけまくりだったが、それでも夫は 「あなたはそんなふうにしか生きられない人だから」と受け入れてくれた。 特に数年前、私が大病して身体が不自由になってからは、献身的に介護してくれる夫に心から感動した。 こんなダメ妻なのになんでここまでしてくれるんだろうと不思議に思い、あるとき聞いてみたことがある。 「ねえ、あんた、なんでここまでしてくれるの? 私なんかあんたに迷惑かけるばかりで何もしてあげられないのに」 すると夫はこう答えた。 「 アナタは自分で気づいてないと思うけど、今までずっとワタシをたくさん助けてくれてたの。 だからワタシはアナタの世話ができてうれしいの」 「でも車椅子だしウンコ垂れ流しの妻だよ」 「 いいの。 アナタが生きてるだけでワタシは幸せなの」 そんな言葉を誰かに言ってもらえるなんて思いもよらなかった。 私は自分のためにしか生きてこなかった人並みはずれたエゴイストである。 夫のためにも誰のためにも生きてこなかった。 そんな人間に「生きてるだけでいい」なんて言ってもらえる資格があるだろうか? でも、私もまた、夫が生きてくれてるだけで幸せだといつしか思うようになっていた。 たとえ私が死んでもこの人だけは幸せに生きていってほしいなぁ、と心から願っている。 そこにはもちろん感謝や贖罪も含まれるが、それだけではなく、自分より大事な存在だからだ。 たぶん、この説明し難い「情愛」こそが夫婦愛なんだと思う。 私たちは紛れもなく「夫婦」であり「家族」なのだ。 (文/中村うさぎ).

次の

中村うさぎさん、3回も死にかけた…壮絶な入院生活を語る― スポニチ Sponichi Annex 芸能

中村うさぎ 車椅子

今日、ウンコ漏らしちゃったよ。 盛大に。 最初、ベッドで寝てる時に急激に便意を覚えてさ、あまりに急激だったから、もう一刻も我慢できない感じだったわけよ。 それでも脂汗垂らしつつ我慢して、車椅子でトイレに行ったの。 で、白く輝く便器を見た途端に、何だろう、張り詰めていた糸がプツンと切れて、決壊してしまったのです、肛門が。 もう、あっという間にウンコまみれよ、あたし。 その一部始終を夫に見られたんだけどさ、彼がしみじみ言うには、「人のウンコって見たくないね。 」 うん・・・そうだろうね。 あたしだって見たくないよ、他人のウンコなんて。 それでもあたしの太ももや便器に付着したウンコを彼が全部拭いてくれて、本当に助かりました。 ありがとう、夫。 で、ウンコは、オムツにも着てたジャージにも付いちゃったので、持って帰って洗っていただくことにして、あたしは今、赤いチェックの短パン履いてる。 ま、これはこれでカワイイからいいんだけどさ。 では、真夜中のウンコ漏らし報告は以上。 また明日ね! タカナシクリニック 予約 03-5366-8920 火〜金:11:00〜14:45、15:45〜19:30 土曜:12:00〜14:45、15:45〜19:30 休診日:日曜日、祝日、月曜日 当ブログは次のランキングサイトに参加しています。 ・ うさぎさん、 この前、食べ過ぎて胃がびっくりしちゃったんじゃない? 旦那さん、偉いなぁ〜。 家で親や配偶者の介護してる人って居るじゃない。 頭が下がるよ。 結局、介護ってうんこ、おしっこの問題だからね。 私は夫でも親でも他人のうんこ、触れないな。 自分の子供のおむつは平気だったけどね。 大人は量も臭さも違うからね。 絶対、後かたずけしなきゃいけないとしたら、マスクしてビニール手袋でやるわ。 看護師さんは、仕事とはいえ、嫌がらず下の世話をしてササッとしてるよね。 すごいよなぁ〜。 労働量と責任の割には薄給だしな。 うるさくて、気難しい患者もいるしな。 ほんと、気が抜けなくて大変な仕事だよ。 だから、うさぎさん、看護師さんに当たらないでね。 うさぎさんは、周りに心配してくれる人がいっぱいいて幸せだね。 うさぎさんも、その人たちに良くしてあげるからだろうね。 人徳ってやつか? また漏らしたんですね... うさぎさんにはぜひ脱糞の快感について本腰を入れて考察していただきたい 前にちょろっと書いてた気がしますが。 あの心地良さは一体何なんでしょう? それと、スカトロについてもぜひ!前に読んだ心理学の本 確か『野生の知能』間違ってたらすいません に人間は本来、本質主義者で何かを目にすると、その裏側にある物事をつい考えてしまうと書いてました。 ワイン好きならそのワインが、どこの葡萄畑の葡萄からできていて樽は何でとか、あと、本で示されていた例だと、ヒトラーが身につけていた服を着るのをたいがいの人が嫌がったり。 それと、一緒でうんこもそそられる女の体内から出てきたものだから興奮するんだ、という意見です。 一理あるというか、百里くらいありそうで僕は経験的に ゲロが好きです 納得したのですが、うさぎさんはどう思いますか? 今日数日ぶりにうさぎさんのブログを読ませて頂きました。 日々元気になってるんだなぁと嬉しく思いました。 病院関係者が入院患者に怒られるなんて本望だと思いますよ。 だって入院患者の方がね、俯いて暗い顔をしていたらその方がツライですよ。 怒るってものすごくパワーがいることで、怒ろうと思っても怒れるものじゃないんです。 一時はグッタリなうさぎさんならわかると思います。 体調が悪い時は怒るエネルギーにまで力が回らないんですから。 うさぎさんがそこまで元気になられて本当に嬉しく思います。 そして、怒りって生きるパワーになるんですよ。 だから怒ることはすごく良いことだと思います。 うさぎさんにキツイ言葉でコメントしてる人たちは、入院生活なんてしたことないのでしょうね。

次の

中村うさぎの現在は車いす生活?ブログで病気の原因を発表?画像あり

中村うさぎ 車椅子

中村うさぎさんは、「借金で税金が払えないキャラ」で人気を博していたのですが、突然「整形キャラ」に変貌を遂げました。 中村うさぎさんは、もともと不細工というわけではありません。 そんな中村うさぎさんが、なぜ美容整形することになったのか?と言うと、女性誌の企画がきっかけだったんです。 その企画は、「40代前半の女性が、どれだけ奥菜恵に近づけるのか?」というもの。 雑誌のスタッフから、「プチ整形が流行り始めてるからチャレンジしてみない?」と誘われたんだそうです。 しかし、当初の中村うさぎさんは、整形は怖いイメージがあったので断っていました。 でも、何度か誘われるうちに、好奇心が勝って整形を受けることになるのです。 そうすると、思ったより痛くなかったそうで、「美容整形ってこんなに凄かったんだ!」と感動したと語っています。 その結果、奥菜恵さんを目指してどんどん整形を繰り返し、約12箇所もいじることに。 そして、「元祖美魔女」と呼ばれるほどの美貌を手に入れてたのです。 point 426 1 この画像をご覧になってみてください。 この顔は、中村うさぎさんの顔なんです。 先ほど紹介した、元祖美魔女と呼ばれた中村うさぎさんの顔とは、まるで別人ですよね。 どうしてこのような顔になってしまったか?と言うと、ある病気が影響しているんです。 それは、スティッフパーソン症候群というものです。 これは、手足が思うように動かなくなり、日常生活に支障をきたす病です。 中村うさぎさんは、不幸にもこの病気にかかってしまい、治療を受けることになったのですが、その時に使ったステロイドの副作用で、ご覧のようなムーンフェイスになってしまいました。 この表情の変化は、ステロイドの影響だけではなく、「繰り返した美容整形の影響も少なからずあるだろう」と言われています。 中村うさぎさんのこの変化は、多くの人たちの心配を誘うことになったんです。 point 354 1.

次の