シャンデラ 特性。 【ポケモン剣盾】すりぬけ!夢特性シャンデラの捕まえ方紹介!

【ソードシールド】シャンデラの種族値、わざ、特性など能力と入手方法【ポケモン剣盾】

シャンデラ 特性

シャンデラ育成論「ポケモン剣盾(ソードシールド)」 シャンデラは第5世代から登場しているポケモンだ。 「ポケモン剣盾(ソードシールド)」での育成論について紹介していく。 ポケモン HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早 合計 シャンデラ 60 55 90 145 90 80 520 タイプ: ゴースト・炎 4倍弱点: なし 2倍弱点: 水・地面。 非常に高い特攻を持つのが特徴で、炎・ゴーストの攻撃範囲も広いので、攻撃能力は非常に高いと言える。 耐久と素早さも低くはなく並みレベルはあり、調整次第である程度の攻撃には耐えられる。 また、補助技も豊富にあり、様々な型が考案でき、相手に読まれにくいのも利点。 特性「すりぬけ」を選択した場合は、みがわりや壁を無視して攻撃でき、高い攻撃能力を確実に発揮することができる。 「すりぬけ」はダイマックスとも相性がよく「みがわり」による時間稼ぎを許さない。 ダイマックス時はシャドーボール、エナジーボールといった威力が高くない技も威力130となるため大幅な火力アップが期待できる。 ダイマックスという行動の選択肢の増加により、前作よりも強化されたポケモンと言える。 スポンサーリンク シャンデラの特性 もらいび (炎技を受けた場合無効にし、交代するまで炎技の威力が1. ) 考察 優先度が高いのは「すりぬけ」と「もらいび」 「すりぬけ」は使われることが多い「みがわり」や壁を無視でき、攻撃能力の向上に非常に役立つ。 特にダイマックスするつもりなら、ダイマックス技を「みがわり」などで防がれて時間稼ぎをされることを防ぐためにこの特性にするのをおすすめする。 「もらいび」は炎を無効にしつつ更に火力を上げられる。 例えばナットレイなど炎タイプが大きな弱点となっているポケモンともらいびシャンデラを採用しておけば、 ナットレイに炎技を撃ってくると思ったらシャンデラに交代する立ち回りが強力になる。 「ほのおのからだ」は接触技が多いノーマル・格闘がシャンデラに無効であり、 たとえ接触技を喰らっても確実に発動するわけでもないことから優先度はとても低い。 ダイマックス以外では撃ち逃げメインで動くなら、威力が高いので優先度が高い炎技だ。 だいもんじ 炎 110 85 火傷10% タイプ一致技。 オーバーヒートと違い連発できるのが長所。 威力は高めだがオーバーヒートに劣り、命中率がやや不安。 かえんほうしゃ 炎 90 100 火傷10% タイプ一致技。 威力は高くないが命中が安定しているのが特徴。 ただし、ダイバーンの威力がだいもんじやオーバーヒートに比べ10下がるので注意したい。 威力は低いが追加効果が強力。 耐久型向け。 ほのおのうず 炎 35 85 4~5ターンの間,毎ターン終了時最大HPの8分の1ダメージを与え、その間相手は交換できない。 タイプ一致技。 相手を拘束することができる。 威力は低めだが命中が安定しているのが特徴。 通りがよく炎技とあわせればほとんどの相手に等倍以上のダメージを与えられる。 たたりめ 霊 65・130 100 状態異常の相手に威力が倍。 「おにび」で状態異常にしてから使うといい。 ソーラービーム 草 120 100 溜め攻撃 用途はダイソウゲン、日照り状態でソーラービームの2通り。 ダイソウゲンの威力はエナジーボールより10高くなる。 炎が通らない水・岩対策として優秀。 「ダイサイコ」でサイコフィールドにすれば「かげうち」などの厄介な先制技を防ぐことができる。 クリアスモッグ 毒 50 必中 能力変化解除 積み技や相手が「じゃくてんほけん」発動後の対策となる。 「すりぬけ」ならば「みがわり」があっても有効だが、鋼には無効なので注意。 威力と自身の攻撃が低いために火力は全く期待できないが、追加効果で素早さ逆転を狙う用途には使える。 スポンサーリンク 補助技 技名 タイプ 命中 効果 備考 おにび 炎 85 相手を火傷状態にする。 物理アタッカーを機能停止できる。 特に呼ぶ岩タイプに負荷を与えられるので強力。 トリック 超 100 相手と自分の持ち物を入れ替える。 メガネやスカーフを相手に押し付けて機能停止を狙える。 相手ダイマックスによる技縛り強制解除に注意。 トリックルーム 超 - 5ターンの間、素早さが低いポケモンから攻撃できるようになる。 中速であるため、自身への相性はあまりよくない。 ただし退場技が豊富。 相手が自身より速い場合は使ってもいい。 みがわり 無 - HPの4分の1を使って身代わりをつくる。 交代読みやふいうち回避に使っていこう。 ちいさくなる 無 - 回避率が2段階上昇。 無効タイプが多いので相手を起点にしやすく使う機会はある。 ダイマックス技は必中であるため不安定。 おきみやげ 悪 100 自分瀕死。 相手を拘束でき交代を防げるほのおとうずと組み合わせるといい。 退場技としても使える。 142族の ドラパルトを抜けるのが非常に重要。 ドラパルト抜きに調整されているポケモンを抜くためにも素早さは全振りにするのをおすすめする。 特性は攻撃面を重視する場合やダイマックスするつもりなら「すりぬけ」、 炎に弱いパーティメンバーのカバーを考えるなら「もらいび」を選択しよう。 技構成は炎技と「シャドーボール」・「エナジーボール」ほぼ確定。 残り1枠は「サイコキネシス」を選びフルアタにするか、先制「おにび」で物理アタッカーに対処するか、 「すりかえ」で相手の機能停止とこだわり解除を可能にするかの3択。 ダイマックスしないなら、対応できる相手が増える「おにび」「すりかえ」のどちらかがおすすめ。 ダイマックスすることでこだわりスカーフの効果は消えるが、交代せずともこだわり解除ができる。 「ダイサイコ」の先制技封じで、弱点をつかれる「ふいうち」や「かげうち」を使えなくでき強力なので、 ダイマックスするつもりなら「サイコキネシス」の優先度が上がってくる。 特攻は相手に負荷を与えるため全振りし、スカーフなしでは素早さに振っても抜けない相手が多いのでHPに全振りして耐久を高める。 特性は攻撃能力を上げる「すりぬけ」と繰り出しやすくなる「もらいび」のどちらかを選択。 ダイマックスするなら「すりぬけ」で「みがわり」の時間稼ぎを防いだほうがいい。 炎技は相手に最大の負荷をかけられる「オーバーヒート」の優先度がやや高い。 連続では撃ちづらくサイクル戦になりがちなので、炎を半減する水・岩・ドラゴンを後続で処理できるようにしておこう。 炎技と「シャドーボール」は確定で、サブウェポンは草技の優先度が高め。 ダイマックスするなら、ダイバーンで晴れさせることが可能でダイソウゲンの威力確保もできる「ソーラービーム」も候補。 ダイマックスする可能性が低いと考えるなら「エナジーボール」でいい。 加えて特性「もらいび」を選んでおけば炎も無効となり、起点にできるポケモンが多い。 よって、 起点にできるポケモンに繰り出し「ちいさくなる」を使って回避率を上げていく型。 回避率を上げた後は「みがわり」を使えば、相手が連続でこちらに攻撃を当てないと突破されなくなる。 みがわりを使える回数を多くするためHPは4n+1調整にしている。 ダイマックス技は必中なので、相手がダイマックスを使った後でこのシャンデラを出したほうがいい。 残り枠2つはゴースト技または炎技を覚えさせるといい。 マジカルフレイムがあれば、特殊アタッカーに対して役割を持ちやすい。 特攻に振っていないので、補助技もどれか一つは覚えさせたいところ。 「ほのおのうず」で拘束し、「のろい」をかける戦法も耐久型に刺さるので強力。 スポンサーリンク シャンデラのパーティメンバー考察 シャンデラは耐性が多いものの、弱点は水・地面・岩・ゴースト・悪と5タイプもある。 これらのタイプに強いポケモンをパーティメンバーに入れておきたい。 例えば、 サザンドラであれば、水・ゴースト・悪を半減し、地面を「ふゆう」で無効にできるのでおすすめだ。 シャンデラの対策 ポケモン剣盾のシャンデラは高い特攻と炎・霊・草の広い攻撃範囲、さらに「すりぬけ」により壁とみがわり貫通が可能。 攻撃能力は非常に高いといえ、受けられるポケモンは少ない。 あついしぼう カビゴンなら確実に受けきれるので対策となるが「トリック」に注意。 耐久と素早さは並みなので、高火力かつシャンデラの弱点をつけるポケモンで先制すれば倒しやすい。 サイクル戦になることも多く、「ステルスロック」を撒いていればシャンデラを消耗させられることが多い。 スポンサーリンク ポケモン剣盾(ソードシールド)で強くなりたい!勝ちたい!それなら育成論を見てみよう。 から各メニューを選択!.

次の

【ポケモン剣盾】シャンデラの育成論と対策【唯一の炎霊!最強火力お化け】

シャンデラ 特性

【ポケモン剣盾】シャンデラの育成論と対策【唯一の炎霊!最強火力お化け】 こんにちは 44 です。 やってますか? 今回はトップクラスの特殊火力を誇るシャンデラについて育成論と対策を考えていきたいと思います。 シャンデラは好きなポケモンで結構高めの順位でも使っているのでこちらもどうぞ。 「」 「」 シャンデラの基本ステータス という神サイトを見てみると、下記のようなステータスになっています。 【シャンデラの特徴1】全ポケモントップクラスの特殊火力 シャンデラといえば特攻種族値145という全ポケモンの中でも屈指の火力です。 特攻種族値145のポケモンは他には• ムゲンダイナ• サニゴーン• クワガノン しかいません。 この中でもシャンデラは炎タイプなのでダイバーンで日照りにすることでさらに1. 5倍にすることができ、「いまひとつ」のはずの相手にもほとんどの場合ダイバーンで7〜8割のダメージを入れることができるので受け交換が成立しないことも多いです。 【シャンデラの特徴2】唯一の炎・霊複合タイプ シャンデラはガラルで唯一の炎・霊の複合タイプとなっていて、9タイプを半減以下に抑えることができるようになっています。 ただ、弱点が• ゴースト• じめん• みず と環境に多くほぼすべての選出ポケモンが覚えているタイプを弱点とするので、適切に扱えば強いものの基本的には扱いが難しいポケモンだと言えるでしょう。 【シャンデラの特徴3】微妙な素早さと意外と高い耐久性能 シャンデラの素早さ種族値は80族となっていますが、ここのラインはトゲキッス・サーナイト・ヌメルゴンなどの同速ポケモンや素早さ調整を施したポケモン、81族にはギャラドスやミロカロスといった環境に頻繁に見かけるポケモンがたくさんいるラインとなっており、非常に微妙な素早さです。 そのため、ここを抜けるためにこだわりスカーフをもたせたり、逆に最遅きあいのタスキにしてトリックルーム運用することで先制できる盤面を増やして持ち前の超火力を押し付けられるようにする立ち回りが多いですね。 そしてシャンデラの耐久方面をみてみると、防御も特防も種族値90となっておりそこそこ高いです。 反面HP種族値は60と非常に低く、努力値を振らないと紙耐久になります。 ただしH252まで努力値をふると、タイプ不一致の弱点くらいなら耐えることができるまで耐久を上げることができます。 はりきりいのちのたまアイアントのダイロックもダイマックスで耐えてダイバーンで切り返すことができます。 【シャンデラの特徴4】特性すりぬけ・もらいび シャンデラの特性は3つあります。 もらいび:『ほのお』タイプの技のダメージや効果を受けず、以後自分の『ほのお』タイプの技の威力が1. 5倍になる。 /『てもち』にいると、ポケモンのタマゴが2倍かえりやすくなる。 必要な歩数が半分になる• すりぬけ(夢特性):相手の『オーロラベール』『リフレクター』『ひかりのかべ』『しろいきり』『しんぴのまもり』『みがわり』の効果を受けない。 もらいびはアイアント・ナットレイ・アーマーガアなど炎弱点のポケモンと組むことで発動しやすくなっていて、うまく発動できればあとはダイバーン連打が非常に強力な特性です。 ほのおのからだは主にタマゴ孵化を早める目的で使われます。 すりぬけはみがわりや壁貼りを無視して攻撃できるので、エルフーンやオーロンゲなどに強く出ることができます。 夢特性シャンデラの入手方法を紹介をしているトレーナーがいたのではっておきますね。 シャンデラの育成論と戦い方 シャンデラも昔からいるポケモンなのでさまざまな型がありますが、シャンデラ初心者でも使いやすいと思われる型をご紹介します。 育て慣れた人は環境に合わせて微調整をかけていたりします。 【シャンデラの育成論1】速攻スカーフシャンデラ• 特性:すりぬけ• 個体値:A抜け5V• もちもの:こだわりスカーフ• わざ:かえんほうしゃ・エナジーボール・シャドーボール・トリック 特徴・戦い方: 基本的な立ち回りは初手で出して1〜1. 5体ほどをもっていく役割です。 初手で出てきそうなポケモンを倒せそうであれば選出していいでしょう。 ただ殴るので初心者でも扱いやすい型です。 (このシャンデラを抜けるポケモンは多くないので、何回か戦っているとこのポケモンは倒せる、このポケモンは無理というのが分かってくると思います。 ) 2体以上このシャンデラで倒すことを目指すには、技をこだわっているため交代先のポケモンを用意する方が安定します。 シャンデラの弱点であるじめん・ゴースト・あく・いわ・みずに強く、交代読みで交代先の弱点をうつにはリスキーで交代後も先制しやすいサザンドラ(弱点の格闘・フェアリー・虫・氷はシャンデラにうちにくい。 ドラゴンには注意)などのポケモンを置くといいでしょう。 個人的な経験からすると2体目はミミッキュも出てきやすいので、ミミッキュに後出しできるアーマーガアなどもいいでしょう。 (剣の舞率が高いので化けの皮を剥がすほうが優先かもしれませんが、交代判断はそのときの環境におけるミミッキュが取りやすい行動に依存します。 ) S80族は最速スカーフ個体であれば、こだわりスカーフを持たないアギルダーまでのポケモン(テッカニンは無理)を抜くことができます。 ・サザンドラ(要注意):あくのはどう ・ヒヒダルマ(要注意):じしん ・ドラパルト:シャドーボール・ゴーストダイブ ・オノノクス(要注意):じしん ・ドリュウズ:じしん・がんせきふうじ・いわなだれ ・ロトム系:あくのはどう・シャドーボール S80族を超え、環境にいるポケモンでスカーフを持っている可能性がそこそこあり、シャンデラに有効打点を持つ=驚異となるのがこれらのポケモンです。 サザンドラ・ヒヒダルマ・オノノクスはスカーフ率が高いので要注意です。 相手パーティにいたらシャンデラは出さないか、慎重な立ち回り(2体目以降に出してスカーフ持ちかバトル中に確認の一手をうってから動く、ダイマックスで耐える、初手シャンデラがやられても勝ち筋を追える選出をするなど)をします。 ドヒドイデなど受けポケモン相手にはトリックでスカーフを押し付けて機能制限をして、シャドーボールやエナジーボールで特防を下げて崩しながら倒すことを目指します。 性格・個体値・努力値: Sはおくびょうであれば236をふれば最速ドラパルトまで抜けるので、ここまでふれば基本的には十分ですが、他のところに振ったところであまり効果は感じられなかったので80族の同速の可能性を考えてぶっぱでいいと思います。 Cももとの種族値が145と高いとはいえ、性格補正なしなのでぶっぱにしないと返り討ちにされることもあるのでぶっぱが安定です。 スカーフ持ちが減ってきたなど、性格補正をひかえめの準速高火力にする場合はSラインを準速ドラパルト抜きのS236か、最速インテレオン抜きのS212でもいいでしょう。 わざ: シャンデラはいろいろなわざを覚えますが、命中安定=安定した戦いができる構成がこの構成です。 他には下記のような用途に応じて入れ替えましょう。 ・オーバーヒート・だいもんじ:あと少しで落とせず返り討ちにされるポケモンが増えてきたときに ・ソーラービーム:ダイマックスで戦う機会が多いときやコータスなどの晴れパで使うときに ・サイコキネシス:ドヒドイデなどの打点を強くしたいときに ・あくのはどう:ひるみを狙うときに。 ダイアークで特防ダウン崩しを狙うときに。 性格が違いますがひかえめ型スカーフシャンデラを紹介をしているトレーナーがいたのではっておきますね。 【シャンデラの育成論2】トリルエースシャンデラ• 特性:すりぬけ• 個体値:S逆V、A抜け4V• もちもの:きあいのタスキ• わざ:かえんほうしゃ・エナジーボール・シャドーボール・トリックルーム 特徴・戦い方: 基本的には初手トリックルームをうってから戦います。 性格補正が乗っているのでスカーフ型より火力が出てダイマックスも切りやすいのがいいところですね。 S逆V+性格補正でさらに下げることで無振り56族(オーロット)と同速になるので、一般的な鈍足ポケモンにはトリックルームを打たずにそのまま攻撃、中速以上のポケモンにはトリックルームをうってから攻撃と両方に対応できます。 ただ、その判断はポケモンを見ただけでSラインを判断できるようにならないとできないので、中級者向けの型かもしれません。 はポケモンでタイプ相性と同じくらい重要な知識なので、この型を使う場合はよく見かけるポケモンはS種族値を覚えておくといいかもしれません。 初手対面のポケモンがシャンデラがダイマックスすれば確定や高乱数1発でもっていけるポケモンの場合、トリックルームからダイマックス連打で勝てることもたびたびあります。 初手要注意で環境によくみかけるポケモンは下記です。 ・ドリュウズ:ほぼ襷持ちなので襷潰して後続で処理。 ・ブラッキー:かえんだまローブシンに交代推奨 ・シザリガー:襷発動させて後続先制技持ちで処理 ・ドサイドン:ダイマックスで処理か相手がダイマックスするまで後続に交代して温存 ・ドヒドイデ:ダイバーン2連が決まれば乱数で倒せるが初手じこさいせいの場合無理 ・バタフリー:眠るので無理 トリックルームを使うので、ローブシンやドサイドンなどのトリックルームエースをもう1体採用しておくと柔軟に戦うことができるでしょう。 また、ステルスロックをまかない相手の場合は相手のダイマックスのストッパー兼切り返しとしても活躍してくれることがあるので、相手の選出を見てステルスロックをまきそうなポケモンがいなければ交代して後半に温存してもいいでしょう。 性格・個体値・努力値: トリックルーム運用なので最遅がおすすめです。 最遅にしない場合はS60族もしくはバンギラスのS61族抜き調整がいいでしょう。 Sに振らない分、残りはHPにぶっぱすることで足りない種族値を補って耐久を上げられます。 物理も特殊もうたれやすいポケモンなので、どちらにも対応できるようにHPに全振りがおすすめです。 きあいのタスキがあるのでHPぶっぱは不要と考えるかもしれませんが、HP全振りするとドリュウズ程度のダイロックを襷なしで耐えたり、交代で出てきたカバルドンやバンギラスの砂でやられずにもう一回動くチャンスができることもあったり、ダイマックスすると耐久が更に上がるのでぶっぱがいいでしょう。 (他にふるステータスもないですからね) わざ: やはり命中安定かつ威力もそこそこのかえんほうしゃ・シャドーボール・エナジーボールの構成が使いやすいです。 他の候補としてはスカーフ型では採用できなかった変化技を入れるのもありです。 ・ちょうはつ:受け相手に。 ただし返り討ちにあいやすい。 ・みがわり:受け相手に。 あまり長持ちはしない。 参考:「」 その他の型 メガネ型を紹介をしているトレーナーがいたのではっておきますね。 また、全般的な育成論を動画で上げているトレーナーもいたのではっておきますね。 シャンデラの対策 HPぶっぱだとタイプ不一致弱点くらいなら耐える耐久を持つシャンデラですが、タイプ一致であれば確定1発で落とせます。 これらのポケモンであればシャンデラの攻撃を耐えて返り討ちにすることができるでしょう。 ステルスロックも炎タイプでしかもきあいのタスキを持っている可能性が高いシャンデラには効果的です。 ただし襷型の場合は初手で出てくる事が多いため、あくびや吹き飛ばしと合わせて採用するのがいいでしょう。 まとめ:【ポケモン剣盾】シャンデラの育成論と対策【唯一の炎霊!最強火力お化け】 いかがでしたでしょうか。 超火力を出せる特攻種族値を持ちながら、微妙な素早さから安定して使いにくいポケモンシャンデラ。 スカーフやトリックルームで上から殴れるように工夫してあげることで、使いやすいポケモンになるでしょう。 もちろんこだわりメガネなど他の型も使い方によっては活躍できるので、自分なりの育成を考えて育ててみてはいかがでしょう。 では、今日もポケモン剣盾楽しみましょう! 他の構築については下記記事もおすすめです。 「」 長時間座ってポケモンやってると腰やお尻が痛くなる方は、ゲーミングチェアがコスパ最強でおすすめです。 このブログでは毎日更新で「過去の自分が知りたかったこと」をジャンル問わず書いているので、もしあなたの役にも立ちそうなことを書いていたらまた読みに来てください。

次の

【ポケモン剣盾】シャンデラの育成論と対策【唯一の炎霊!最強火力お化け】

シャンデラ 特性

図鑑説明 たましいを すいとって もやす。 ほのおを して あいてを さいみんじょうたいに する。 シャンデラの ほのおに つつまれると たましいが すいとられ もやされる。 の からだ だけが のこる。 あやしげな ほのおで もやされた たましいは いきばを なくし この よを えいえんに さまよう。 びた に すみつく。 うでの ほのおを あやしく し あいてを さいみんに かけるぞ。 シャンデラを の かわりに していた やしきでは そうしきが たえることが なかった という。 が闇の石を使うことによりする。 の切り札で、と配色やが似ている。 のように秘的にもどこかさを漂わせる鳴きは、このにピッタリといえる。 是非の図鑑で聞いて見て欲しい。 ほどではないが図鑑の説明が結構怖い。 最大の特徴は というな特攻の高さで、以外では第五世代まで単独の座にいていた。 第六世代ではというが登場し、特攻単独ではなくなってしまった。 が、そのや、である、、ですら特攻はであり、それらともわずか5しか違わないのである。 特攻お化けの名はじゃない。 この特攻から放たれるを食らった日にはどころか魂すら残らないことだろう。 反面、防御面は並み…と思いきやそこそこのもあり、の程度なら割と耐えられる。 素さもと遅いというわけでもなく、全体的に駄の少ないとなっている。 ならではの補助技も豊富で、アタッももこなせて構成がにくいのも強みの一つ。 欠点としては、・岩・地面・・悪の5種類と弱点がやや多いこと。 やには注意しなくてはならない。 浮いていそうな気がするが「」は持ってない。 は第5世代では解析により「」といわれていたが解禁されなかった。 第代では「すりぬけ」になっている。 、身代わりをぶちやぶって攻撃を当てることができるため、の補助にとっては選出が困難になるのような存在である。 10速い素さ、脅威の特攻のなとに対して有効な。 他にも炎ではがいるなど、にとってはかなりの痛手となっている。 ので開催されたのでは、総数約00票のうち票を獲得し、のに票以上の大差をつけての座に然とくことになった。 で、とっても強くて、使いやすいである。 関連動画 関連静画 関連項目• 特攻お化け.

次の