古稀 プレゼント。 古希祝いに人気のプレゼント10選!フラワーギフトなどのおすすめや喜ばれるメッセージ文例も紹介

【古希祝い】70歳のお祝い!古希のプレゼント探しに役立つ由来や風習をご紹介

古稀 プレゼント

今回は、 古希の お祝いのプレゼントに相応しいお品物についてリサーチしてみました。 古希のお祝いとして人気の高いプレゼントを11ほど選びましたので、どうぞ参考にしてください。 その中の一つに「古希」のお祝いがあります。 長寿の祝いは60歳の還暦から始まり、70歳に達したときには古希の祝い、80歳に達したときには傘寿の祝い、そして88歳になったときには米寿の祝いがあるのです。 60歳の「還暦」は、最初のお祝いであり、最も有名な長寿のお祝いでしょう。 赤いちゃんちゃんこをプレゼントする慣例があるため、多くの人が悩まずにパーティーなどを開催することができるでしょうか。 その点、70歳になった記念の「古希」のお祝いに何をするのか?何をプレゼントするのか?をイメージできていますでしょうか。 どのようなものをプレゼントすればよいのか分からずに、困ってしまう人も大勢いると考えられます。 実は、「古希」の祝いには、いつにパーティーしましょうという決まりはありません。 お祝いの内容やプレゼントなども明確には決められておらず、当人が希望する日時で当人が希望することをすれば良しとされています。 お祝いの席を設ける日については、当人の誕生日や敬老の日に一緒に催すケースが多くなっています。 また、お祝いの方法も、本人の好きなものを食べて過ごすケースが多くなっているのです。 また、人によっては食事だけでなく、贈り物を選ぶ方もいるでしょう。 実際に専門店などでは「古希」の祝い用のギフト商品などを取り扱っているお店もあります。 しかし、実際に「古希」のお祝いでは、どんなプレゼントを贈ったら良いのでしょうか? 「古希」の贈り物の選び方・選ぶ基準・おすすめのプレゼントを贈り物を、この後詳しく解説していきたいと思います。 しかし、プレゼント選びの際には独特な注意点があります。 しっかり考えてプレゼント選びをしないと、場の雰囲気が悪くなってしまうことが考えられます。 具体的にはどのような点に留意して古希のプレゼント選びをすればよいのでしょうか。 最も気をつけなければならないこととしてまず挙げられるのが、「本人を年寄り扱いしない」ということです。 例えば、70歳の古希となると、杖やシルバーカーなどは実用性の高いものに目がいってしまうかもしれません。 本人がまだ自分は若々しく健康であると考えている場合、このような品物を送ってしまうと、本人のプライドを傷つけてしまうことになりかねませんよね。 古希の祝いは長寿を祝う席であるため、健康志向な品物を送るのは決して悪いことではありませんが、あまりにもお年寄り向けの実用品を送ってしまうと本人はショックを受けてしまうことが多いのです。 実用的なお年寄り向けの品物よりも、本人の趣味や嗜好にあったものを送るほうが喜ばれます。 また、場の雰囲気を盛り上げることができます。 それから、古希の贈り物を贈る際に熨斗をつけた方が良いのか迷ってしまう人もいるのではないでしょうか。 結論から言うと、古希は熨斗はつけて問題ありません。 感謝の気持ちを伝えやすくなるのでむしろつけたほうが良いと考えられます。 熨斗をつける際の注意点ですが、古希の祝いは一生に一度しか無いため、水引には結びきりを選んでしまいがちです。 しかし、実はこれは間違いです。 長寿の祝いの席は何度あっても良いことなどで、水引は蝶結びなどを選ぶようにするように気をつけましょう。 古希の贈り物選びに困ってしまった際に、選んでおけば間違いない人気のプレゼントを幾つかピックアップしていこうと思います。 男性向けの人気アイテムや女性向けの人気アイテム、さらには夫婦で楽しめる品物などをピックアップしたので、本人に一番合いそうなものを選ぶと良いでしょう。 飾っておけばいつでも眺めることができ、可愛らしいデザインなので女性の方や夫婦向けのプレゼントとしてオススメです。 「花なまえの詩」は、本人の名前で詩を作ります。 そして、その周辺に家族や仲間を動物などのキャラクターに置き換えて、本人の長寿を祝う色紙としてプレゼントするものです。 イラストには本人の趣味や嗜好に合せてキャラクターの衣装などが変わる演出がありますし、色紙と一緒に額縁の購入もできるので、気軽に部屋に飾れるようになっています。 世界に一つしかない古希の贈り物になるのです。 実際に「花なまえの詩」を送られた人からは喜びの声がたくさん届いています。 贈り物に迷ったときには「花なまえの詩」を選んでおけば間違いないでしょう。 本人の似顔絵に本人のネームポエム、そして背景に思い出の風景を合せた色紙を作成して贈り物に仕上げてくれます。 「似顔絵ポエム」も部屋に飾れるようになっていますし、男性にも女性にも夫婦にもどのようなケースにも対応できるので、間違いのない古希の贈り物の一つです。 オーダーの仕方も簡単です。 本人の写真と希望する背景風景を伝えるだけでm鮮やかな色紙を作成してくれます。 もちろん色紙を飾る額を一緒に購入することも可能ですし、メッセージカードや熨斗も加えることができるようになっています。 そのため、感謝の気持ちを伝えやすい古希のお祝いと考えられます。 希望があればペットなどの似顔絵も一緒に描いてもらうこともできるようになっています。 そのような方たちにオススメをしたいのが「写真から作るマイフィギュア」です。 これはその名称からもわかるように、本人の写真を送ることでそっくりのフィギュアを制作するサービスです。 似顔絵では表現が難しい躍動感が出しやすい点が「写真から作るマイフィギュア」の人気の秘密です。 例えば、スポーツに打ち込んでいる写真であれば、格好よくて若々しくしいフィギュアを作ることができるでしょう。 制作は3Dプリンターなどを使用して行うのではなく、専門の技術者が一つ一つ手作業で作っています。 味のある品物が出来上がりますし、保証も整っているので安心して古希のプレゼントとして贈ることが可能です。 そのような場合に特に古希のプレゼントしておすすめなのが「Made In Japan with 日本のおいしい食べ物」というカタログギフトです。 こちらのカタログギフトは、雑貨と食べ物の両方からプレゼントを選ぶことができます。 受け取った本人は、2冊のカタログギフトの中から好きな方の1冊を選択できる点が特徴的です。 「メイドインジャパン」のカタログには、日本の伝統技術などを活用してできた品物などが多数掲載されています。 どの品物も長く使えるものばかりです。 また食べ物カタログも全国の美味しい食品が多数掲載されている点も魅力ですね。 人気の高い温泉宿や体験型の商品が多数掲載されている点に特徴があります。 もちろん夫婦二人で利用することも可能です。 旅行へ行く場合には予約や準備などを億劫に感じてしまう人も多いでしょうが、「旅のカタログギフト」では、電話一本で予約が完了します。 インターネットなどの扱いが苦手な場合でも問題ありません。 また、日帰り型のプランを選択した場合には、タオルやアメニティグッズなどはすべて施設側が用意をしてくれます。 古希を迎えた本人は何も用意せずに旅行へ出かけることができるというわけです。 全国の200を超える温泉施設の取り扱いがあるのも大きな特徴です。 色紙などに似顔絵を描いてプレゼントするサービスは多数ありますが、こちらはお酒の桐箱とラベルに本人の似顔絵を描いてプレゼントできる商品となっています。 お酒好きに人には、たまらない贈り物でしょう。 しかし、桐箱とラベルにイラストが描かれているため、お酒を飲み終わった後に瓶を捨てにくいと感じる人がいるかもしれません。 その点もフォローがしっかりとしており、ラベルや桐箱に描かれたイラストやメッセージと同じものが描かれた似顔絵入りフォトフレームも付属しているのです。 お酒を飲みほした後も余韻に浸ることができます。 こちらはワインのラベルに本人の似顔絵を入れてプレゼントできます。 更には、似顔絵入りの卓上フレームも同梱されています。 そのため、飲み終えた後も色褪せることなく思い出を残すことができるのです。 ペアでの注文にも対応してるので夫婦二人に贈るのにも適しています。 高級感を出したい場合には、金箔の似顔絵ワインや金箔の名入れワインなどの取り扱いもあります。 ニーズに合わせて様々な種類のオーダーが可能というわけです。 古希のお祝いということでお洒落で大人っぽいものを贈りたい場合に最適です。 そのような男性に贈るのに最適なのが「名入れ焼酎サーバー」です。 サーバーに焼酎を入れることで、焼酎が熟成されてより深い味わいのものになるというわけです。 焼酎が熟成されるまでには数日程度の日数を要するのですが、「名入れ焼酎サーバー」は飲む量に合わせて三種類からサイズ選択ができます。 頻繁に飲む人もたまに飲む人にも贈りやすい贈り物となっています。 金の文字で本人の名前やメッセージを入れることができるので、世界に一つだけのオリジナリティを出すことが可能です。 ギフト包装や古希のメッセージカードも無料で付帯しています。 プレゼント用の花の中でも、最も高級感があり喜ばれるのが蘭です。 蘭は比較的サイズの大きい種類であるため、人によってはプレゼントされても管理に困ることが考えられます。 その点、「ミディ胡蝶蘭」は一般的な蘭よりもサイズが小ぶりです。 そのため、家庭で管理がしやすく、鑑賞するのにも最適な品種と言えるのです。 色も豊富なので、部屋に飾るだけで華やかな雰囲気を作り出すことができます。 価格も比較的手頃となっています。 予算や花を飾る場所などを考慮しながら、ぜひ古希のプレゼントして選んでみてはいかがでしょうか。 ブランド食器は末永く利用できる上に実用的な品物でもあります。 贈った後は日常的に使ってもらえる可能性が高いです。 シンプルなデザインのお皿からヨーロッパの情緒があふれるカップなど、様々な種類から選択できるようになっています。 そのため、本人の嗜好に合せた商品選びがしやすいのです。 男性への贈り物にも女性への贈り物にも、そして夫婦二人への贈り物にも便利な古希祝いと言えるでしょう。 たち吉は創業から250年以上が経過している京都の老舗の和食器ブランドです。 上品でモダンな和食器を数多く取り扱っています。 夫婦二人で利用するのに便利な湯のみや、朝ごはんを食べるのに適した容器が一式になったセットが人気です。 あらゆるライフスタイルの人への贈り物に利用できるのが嬉しい点です。 夫婦二人へ贈る場合にも、女性に贈る場合にも、男性に贈る場合にも、オススメの商品です。 また予算別や贈りたい食器の種類別に商品検索ができるので、手間を掛けずに商品選びができる点もメリットです。 そのため、何を贈り物にしたら良いのか困ってしまう人も多いと考えられます。 基本的に古希のお祝いは、本人が好きなものや希望するものを贈るのが一番と言われています。 しかし、それがわからない場合には、今回紹介したものの中から本人の趣味や嗜好に合うものを選んでみてはいかがでしょうか。 そして、贈り物以上に大切になるのが、できるだけ多くの親族が集まり、素敵な時間を提供することです。 特に夫婦だけで暮らしている場合や、一人暮らしをしている場合には、親戚が大勢集まって賑やかに過ごすことを強く待ち望んでいることが考えられます。 贈り物は楽しい時間を過ごしたことを思い出すツールです。 贈り物を大切ですが、まずは楽しい時間を古希の記念で共に過ごすようにしたいものですね。

次の

【古希】70歳のお祝い♪気持ちを伝えるおすすめプレゼント10選

古稀 プレゼント

特別な日の特別な贈り物、世界に一つのこだわりグッズ• せっかくの古希のお祝いには、ちょっといつもと違った贈り物を・・・。 長年、お誕生日のお祝いをしてきたから、普通のものじゃちょっと・・・そんな時には、名入れグッズの贈り物はいかが?メッセージ入りのフォトフレームや、名前入りのマグカップ、お酒好きなおじいちゃんには、ネーム入りボトルも喜ばれます。 自分の為に作ってくれた世界でたった一つのプレゼントを、大切に大切に使ってくれるでしょう。 特別な長寿のお祝いだからこそ、喜びと敬意をはらい、これからもずっと健康でいてほしいという家族の思いも伝わる贈り物です。 平均相場: 5,000円• クチコミ総合 : 5. 0 いつもありがとう。 古希を迎える両親へ贈りたい旅行券。 1.お世話になったご両親へ祖父母へ、ゆっくりくつろいでもらえる旅行券は素敵な贈り物です。 2.数えで70歳をお祝いする長寿のお祝い、古希。 「今までありがとう。 これからも元気でいてね」という思いを込めて、ご両親や祖父母に旅行券を贈ってみてはいかがでしょう。 日頃の忙しい日々を忘れて、素敵なひとときを送る旅行はリフレッシュのひと時になってくれるはず。 3.旅行券は、毎日のストレスで疲れた体を、温泉や美味しいグルメでゆっくりと癒してもらえるプレゼントになります。 人気なのは、カタログから宿泊先がチョイスできるエリア別旅行券。 予算に合わせて選びましょう。 平均相場: 59,400円• クチコミ総合 : 5. 0 どんなシーンでも華やぐオールマイティープレゼント• プレゼントにはやっぱりお花。 華やかでどんなシュチュエーションでも映えるので、人気の高い贈り物です。 古希のお祝いには紫の色のものを、と言いますので、お花のアレンジに紫の花をあしらってもさりげなくてオシャレですね。 もちろん、紫にこだわる必要はありません。 お誕生日を迎えるおじいちゃん、おばあちゃんの大好きなお花を花束やブーケにしても素敵。 きっと、美しい花を手に、若々しい笑顔が輝くことでしょう。 また、プリザーブドフラワーは、色褪せることなくずっと傍に置いておけるので、ここ近年大変人気があります。 是非チェックしてみましょう。 平均相場: 9,500円• クチコミ総合 : 5. 0 心地よさで実感、家族のあたたかい想い• 優しく体を揉みほぐしてくれる、マッサージ器。 古希のお祝いにいかがでしょうか?毎日を元気に過ごしてほしいから、体を労わる嬉しい贈り物です。 70歳と言えば、まだまだ現役。 マッサージ器で優しくほぐされた体は、ますます若々しさを取り戻すことでしょう。 体の血行を良くするフットバスやマッサージチェア、足つぼマッサージも人気があります。 また、女性には美容を気遣う美顔マッサージや美肌グッズもいいですね。 何歳になっても喜ばれる贈り物です。 おじいちゃん、おばあちゃんの健康を考えたマッサージ器は、家族の思いが伝わるプレゼントと言えるでしょう。 平均相場: 10,100円• クチコミ総合 : 4. 0 70歳から始まる、新しいスタイルの食事• 食器を新しくすると気分も一新、お料理の盛り付けも楽しくなります。 もちろん、食事も更に美味しく感じることができ、食欲もアップ。 是非、古希などの長寿のお祝いに贈ってみてはいかがでしょう。 まだまだ現役の70歳。 お孫さんたちへの手料理に腕を振るう機会が増えるかもしれませんね。 洋食器や和食器、グラスやお湯のみなど、おじちゃん、おばあちゃんのライフスタイルに合った素敵な食器を探してみましょう。 食事は舌だけでなく、目でも楽しむもの。 新しい食器での食事が楽しみなひと時となり、今後の活力ともなってくれるでしょう。 平均相場: 7,900円• クチコミ総合 : 5. 0 普段より少し派手目がちょうどいい、ハンカチの贈り物• どんなシーンでも贈り物として喜ばれる、ハンカチ。 毎日使う使う物だから、何枚あってもいいですね。 古希などの長寿のお祝いに贈る場合は、普段より少し華やかなものを選んでプレゼントしてみましょう。 これからも益々元気でいてほしいお祖父ちゃん、お祖母ちゃん。 だからこそ、気分も明るくなるようなオシャレなハンカチをチョイス。 きっと、自分の大切な人が自分の為に選んでくれたハンカチを、気に入って使ってくれるに違いありません。 ポケットから取り出した時にいつでも思い出してもらえる、そんな身近で温かい贈り物と言えるでしょう。 平均相場: 3,700円• クチコミ総合 : 3.

次の

古希のお祝い|人気の高いプレゼント11選のご紹介!

古稀 プレゼント

1 古希祝いについて知る 「そもそも古希祝いってなに?」という方のために、まずは古希について知っておきましょう。 古希とは、数え年で70歳の時に長寿を祝う風習です。 長寿を祝い風習としては、還暦の次が古希になります。 元々、中国から伝わってきた風習です。 中国の詩人・社甫の「曲江詩」の中の 「人生七十古來稀」に由来しています。 中国の唐の時代は今から1,000年以上前になるため、 当時は70歳まで生きる人が稀でした。 現在は、70歳以上生きる人が当たり前になっており、長寿を祝う習慣として還暦と同様に根付いています。 ただ、多くの人が還暦祝いは行いますが、古希祝いを行なわないことがあります。 そのため、実際に行う場合どうしていいのか分からない方が増えています。 古希祝いは還暦祝いとほとんど同じだと考えて構いません。 唯一違う点といえば、お祝いの際の「色」が違うという点です。 還暦祝いといえば「赤色」がキーカラーとなります。 一方古希祝いは 「紫色」がキーカラーとなっています。 「紫色」は古くから最上の地位を表す色として使われてきました。 例えば、僧侶の世界では紫の衣を着られるのは最高位の僧侶だけでした。 このように 「紫色」は品位を感じさせる色として親しまれてきました。 そして、現在の古希祝いではこの「紫色」のプレゼントを渡すのが一般的となっています。 できるだけ、「紫色」に関係したアイテムを選ぶようにしましょう。 2 古希祝いの予算 祝い事で気になるのがプレゼントの予算感です。 古希祝いのプレゼントを選ぶ際に、どのくらいの金額のものをプレゼントするのが最適なのか悩みますよね。 実は、古希祝いのプレゼントの予算は決まっているわけではありません。 還暦祝いと違って古希祝いでは、子供からプレゼントを贈る場合が多いです。 還暦祝いでは、上司や先輩に贈る場合もありますが、70歳の場合退職していることが多いので、基本的に両親に贈ることになります。 子供から両親への古希祝いの予算は 10,000円から50,000円ほどが相場です。 個人差のある予算なので、兄弟や姉妹で出し合う場合はまた相場が変わります。 また、家族で食事会を開く場合は、こちらの予算に関しても同時に考えておきましょう。 古希祝いの場合、ご自宅で祝いという方も多いので、この場合はプレゼントのみで十分です。 他にも、旅行に行って祝うという場合もあるので、 それぞれのケースによって予算が大きく変わってきます。 予算はあくまで目安となるものなので、気持ちが一番伝わると思うプレゼントを古希祝いに贈りましょう。 3 古希祝いの選び方と注意点 予算の相場について知ったところで、古希祝いの選び方について知っておきましょう。 基本的に、選び方に決まりはありませんが、 年齢を意識させるプレゼントは控えましょう。 例えば、老眼鏡や補聴器などは一般的にNGです。 これからの健康や長寿を願う古希祝いに年齢を意識させるプレゼントはふさわしくないので、 できれば気持ちが明るくなるようなプレゼントが望ましいでしょう。 次に、男女共通で注意したいプレゼントを紹介します。 まず、贈ってしまいがちなのが「ハンカチ」です。 日常的に利用しやすいため、選んでしまう方は多いですが、漢字で「手巾 てぎれ 」と書くため印象が悪いです。 他にも、「お茶」に注意しましょう。 「お茶」は弔時などで利用されることが多く、「死」を連想させます。 また、パッケージがシンプルで地味なものが多いため、もし「お茶」をプレゼントするなら、できるだけ紫色の入った華やかなものがおすすめです。 全体的に注意したいのが「色」です。 古希祝いでは前述した通り「紫色」がキーカラーとなっています。 基本的に「紫色」のプレゼントを贈るようにしてください。 この他の色のプレゼントでも構いませんが、 「白」や「黒」といった「死」を連想させる色は控えましょう。 あくまで「白」や「黒」の単色を控えるべきで、他の色が入っていれば問題ありません。 できるだけ華やかな色合いが好まれます。 また、女性の古希祝いで注意するべきは「クシ」です。 その名の通り、「苦」や「死」を連想させる点、さらに「クシ」の歯が欠けることは縁起が悪いという点で避けるべきです。 このように、古希祝いのプレゼント選びには注意点があります。 しかし、古希祝いは両親へプレゼントする場合が多いため、そこまでこだわる必要がありません。 本人の趣味や嗜好に沿ったものがあれば、それらをプレゼントしてあげた方が喜ばれやすいです。 その際に、しっかり感謝の言葉を伝えれば、どんなプレゼントでも問題ないです。 両親以外の方の古希祝いのプレゼントの場合は、最低限の注意点を守りながらプレゼントするようにしましょう。 贈る側と贈られる側の関係性が重要なので、その中で最適なプレゼントを渡すようにしてください。 4 古希祝いにおすすめのプレゼント7選 -男性編- それでは、男性の古希祝いにおすすめのプレゼント7選を見ていきましょう。 男性の場合、趣味や嗜好に合ったプレゼントが喜ばれやすいです。 ・お酒 祝い事の定番品といえばお酒の存在。 古希祝いでもお酒をプレゼントする方は多いです。 お酒のプレゼントは贈る時にはサプライズ感があり、古希祝いに来てくれた人と一緒に楽しむことができるためお祝いムードをより高めることができます。 日本酒や焼酎、ワインなど好みに合わせて選ぶことが可能です。 お店によって、古希祝い用のお酒を用意している場合があります。 日本酒や焼酎のボトルが紫色になっているため、古希祝いのプレゼントとして渡しやすいです。 お店によっては包装も紫色に統一してくれるため、古希祝いの贈り物として最適。 また、 ラベルに名入れをすれば、さらに特別感を演出できます。 ラベルに自分の名前やオリジナルのメッセージ、記念日などが書かれていることに驚かれる方は多く、飲み終わった後も記念品として手元に残して楽しむ方が多いです。 ただ、お酒を渡すだけじゃなく、こうした特別感があると贈られる側としても嬉しいですよね。 ・食器 消耗品のプレゼントではなくて、長く利用できるものを贈りたい、という方におすすめなのが食器です。 特に、普段から利用する湯飲みやグラス、マグカップなどがおすすめ。 古希祝い用の食器の多くは紫色を使っているため、上品なデザインになっています。 他にも、縁起物であるフクロウや富士山が書かれたデザインのものもあり、バリエーション豊かです。 もし、お酒を嗜むお父さまの場合は、お酒とお猪口をセットで渡すと喜ばれます。 二つ合わせても10,000円以下で収まるので予算的にもプレゼントしやすいです。 ・財布 古希祝いで70歳を迎え、新たな門出という意味を込めて財布をプレゼントする方は多いです。 特に、男性の方の場合、財布を長い間愛用していることが多いので、70歳を機にプレゼントすると喜ばれます。 財布を選ぶときは 以前使っていたデザインと似たような形がおすすめです。 さらに、古希祝いなので内側が紫になっているデザインなどがいいでしょう。 古希祝い用の財布は少ないので、 一部紫を取り入れている財布をプレゼントすることをおすすめします。 ・筆記用具 もし、お父さまが普段ものを書いている方なら万年筆がおすすめです。 古希祝い以外の長寿祝いにも 万年筆をプレゼントする方は多いです。 名入れをしたり、メッセージカードを付けたりできるので、古希祝いならではのプレゼントが可能です。 万年筆によっては紫色のものがあるため、古希祝いのプレゼントにぴったり。 他にも、青系や茶色系などが定番となっています。 ・家族旅行 古希祝いで人気があるのは家族旅行。 自分だけプレゼントをもらうのが申し訳ないと感じている方にとってぴったりのプレゼントです。 家族で旅行に行き、その場所で食事会を開くことで古希祝いを行えます。 古希を迎えた方の多くは 家族と一緒に過ごしたいと考えています。 そのため、家族全員で楽しめる旅行は最も適したプレゼントと言えるでしょう。 古希祝いの家族旅行で特に人気があるのが 温泉旅行です。 のんびり温泉を楽しんだり、おいしい食事を楽しんだり、温泉街で食べ歩きを楽しんだりと楽しみ方が多くあります。 古希を迎える頃には体調に不安を感じている方も少なくありませんので、 近場の温泉地を選ぶのがおすすめ。 旅館によっては長寿祝いプランを用意している場合もあり、プロに写真撮影をしてもらったり、ちゃんちゃんこをレンタルできたりとさまざまな特典があります。 旅行地への移動距離やプラン、料金などを比較しながら旅行の計画を立てましょう。 ・食事会 家族旅行より手軽に古希祝いを行いたい方に可能なのが、食事会を開くことです。 こちらも 家族だけの時間を楽しめるため喜ばれやすいプレゼントです。 できれば、 お父さまの好きな食べ物があるお店を予約するなどして楽しみましょう。 また、ご自宅で食事会を開くという方も多いです。 赤飯やちらし寿司など定番のお祝い料理を用意するといいでしょう。 家族旅行にしても食事会にしても、主役の古希の方に楽しんでもらうことが何より大切です。 体に負担をかけるようなスケジュールは避け、古希の方の体調や気持ちに合わせて場所や日程を調整しましょう。 ・洋服 最後におすすめなのが洋服です。 古希祝いらしく 紫色の洋服をプレゼントすると喜ばれます。 紫は品のある色合いなのでどなたにでも似合いやすいです。 夏場は、ポロシャツがおすすめです。 Tシャツの場合はカジュアル過ぎるため控えた方が賢明です。 冬場はベストやカーディガンなどがいいでしょう。 普段使いできるので長い間利用できます。 古希祝いを行う時期に合わせて、季節に合った洋服を選んでみましょう。 退職後もスーツを着る機会がある方はネクタイがぴったり。 いろいろなデザインがあるので、似合いそうなものを選びましょう。 5 古希祝いにおすすめのプレゼント7選 -女性編- それでは、女性の古希祝いにおすすめのプレゼント7選を見ていきましょう。 女性の場合、紫色を基調とした華やかなものが喜ばれやすいです。 ・花束 女性の古希祝いにぴったりなのが花束です。 特におすすめなのが紫のバラ。 花束にしてメッセージカードを添えるととても素敵なプレゼントになります。 赤いバラとはまた違った雰囲気なる上に、紫のバラ自体が珍しいので喜ばれること間違いなしです。 また、生花でもいいですが、より楽しんでもらいたいなら ブリザードフラワーがおすすめ。 こちらは枯れることがないので、長い期間花の美しさを味わってもらえます。 生花の場合は花屋さんで見繕ってもらい、ブリザードフラワーの場合は専門店で依頼するのがおすすめです。 ・小物・アクセサリー 古希祝いでアクセサリーをプレゼントする方は多いです。 古希のキーカラーは紫色なのでアクセサリーとの相性は抜群。 特に、 アメジストやアイオライト、サファイアなどは紫系なのでおすすめです。 他にも、紫色のマフラーやストールなども人気が高いです。 どんな方の服装にも合わせやすい色合いなので、一緒に買い物して選んであげるというのも喜ばれるかもしれません。 また、日常的に使いやすいバッグをプレゼントする方も多いです。 小物・アクセサリーは選択肢が幅広いのでお母さまの好みに合わせたものをプレゼントしましょう。 ・洋服 小物・アクセサリーと同じく、おすすめしたいのが洋服です。 特に、 紫色のカーディガンやセーターは上品で合わせやすいので喜ばれます。 冬場ならコートなどを選んでもいいでしょう。 また、小物・アクセサリーと一緒にプレゼントするのもおすすめです。 洋服は喜ばれやすいので、似合うデザインのものをプレゼントしましょう。 もちろん、紫色でなくても構いません。 その代わり、古希祝いなのでメッセージカードなどを添えて想いを一緒に伝えると喜ばれやすいです。 ただのプレゼントにならないように、食事会などで渡すようにしましょう。 ・置き時計 古希を迎える頃には会社を定年退職し、自宅でのんびり過ごしたり、自宅でガーデニングなどの趣味を楽しんだりという方が多くなります。 自宅にいる時間が長くなるため、自宅で時間を確認する頻度も多くなるでしょう。 そこで、古希祝いには置き時計が人気です。 古希祝い用の置き時計にはメッセージや写真をデザインできるので、他にはないオリジナルの置き時計をプレゼントできます。 時計を見る度に贈られた時のことを思い出すことができるので、長い間プレゼントを楽しんでもらえます。 他にも、 置き時計にブリザードフラワーが入っているタイプもあるため、好みに合わせて置き時計を選んでください。 すでに置き時計があるなら、腕時計も候補に入れるといいでしょう。 あらかじめ好みを聞いておけば、喜んでもらえるプレゼントができます。 ・食器 実用的で人気が高い食器。 特に、古希祝いのキーカラーである紫色の入った食器は人気が高いです。 食器の中でも定番なのが 茶碗や箸、湯飲み。 お茶碗やお箸などの食器は食事の時に使う頻度が高いため、「これからも健康的に楽しく食事をしてほしい」という願いを込められるアイテムとして人気があります。 日常的に使えるので贈られた側も嬉しいプレゼントですよね。 食器によっては名入れができるので、この世でたったひとつの食器をプレゼントできます。 さらに、 両親へペアでプレゼントすることも可能なので、まとめてプレゼントするのもおすすめですよ。 お茶碗やお箸のほかにも、お酒好きならお猪口やグラスがおすすめです。 こちらも名入れできるものが多いので、喜ばれやすいです。 ・ワイン もし、お酒を嗜むお母さまならワインがおすすめ!赤ワインやスパークリングワインなら食事と合わせて楽しめるので、食事会の際にプレゼントしてもいいでしょう。 お店によってはワインに名入れすることが可能なので、古希祝いだけのオリジナルワインをプレゼントできます。 ワインの種類も赤、白、スパークリングなどお店によって豊富に用意されているので、お母さまの趣味に合わせて選べますよ。 ワインの他にも日本酒や焼酎などもあるので、どんなお酒が好きなのか知っておけば喜んでもらえるプレゼントができます。 ・フルーツ フルーツが好きなお母さまにはフルーツの盛り合わせをプレゼントしましょう。 古希祝いということで、 ぶどうなど紫色のフルーツを中心に盛り合わせて贈れば喜んでもらえます。 見た目が華やかなのでもらった際に嬉しい上、 フルーツは食べやすいので贈っているという方も多いです。 また、フルーツはビタミンCが豊富に含まれており、美肌効果や免疫力の向上、老化防止効果などが期待できますので、これからの健康や長寿を願うのに最適です。 近年では、 フルーツに名前を入れることができるものやお花がセットになっているものなど華やかなフルーツセットが人気があります。 古希の方の好みのフルーツや見栄えの良さなどを意識しながら選んでみましょう。 6 古希祝いのプレゼントまとめ 古希祝いにおすすめのプレゼント7選を紹介しました。 まずは、本記事で古希祝いについて、予算、選び方や注意点を知って準備をしましょう。 その後、おすすめのプレゼントを参考に、両親の古希祝いのプレゼントを選んでみてはいかがでしょうか?古希祝いの決まりも大事ですが、一番大事なのは感謝伝える気持ちです。 メッセージカードなどを添えるとより想いが伝わります。 古希祝いのプレゼントに迷っている方は、ぜひ本記事を参考にしてみてください。

次の