アダル と サイト ブロック iphone。 Google セーフサーチの設定!オフにできない対処法や無効となる原因は?

子どもに見せたくないコンテンツをブロックする「Googleのセーフサーチ」 意外に穴が多い?

アダル と サイト ブロック iphone

私たちはたいてい、インターネットを当たり前のように使っています。 だから何か問題が起きると(たとえばが動かなくなったとか、上司に会社での使用を禁止されたとか)、ショックのあまり何も手につかないということになりかねません。 でも、お気に入りのWebサイトが開かないとか、何回アクセスしてもエラーメッセージが出るという場合でも、絶望する必要はありません。 次にご紹介する方法(ブラウザやWindowsに関するお役立ち情報を発信しているブログを参考にしています)を試して、原因を探し出し、解決方法を見つけましょう。 原因を考える Webサイトが開かないのにはいくつかの理由が考えられますが、さほど苦労せずに解決できる場合もあります。 あなたがアクセスしようとしているサイトは、 トラフィックが多すぎるとか、コーディング・エラーなどの理由でつながらなくなっているのかもしれません。 サイバー攻撃という可能性もあります。 そうしたことが原因なら、2〜3分待ってから試してみれば、問題が解決することもあるでしょう。 一方で、原因があなたの側にあることも考えられます。 そのサイトがお使いの セキュリティソフトのブラックリストに載っているとか、使っているブラウザ拡張機能が問題となっているなどのケースです。 その場合は、自分のパソコンを調べてみて、一時的にセキュリティソフトを無効にする必要が出てくるかもしれません。 別の可能性としては、そのサイトがお使いの インターネットプロバイダーやWi-Fiネットワーク、あるいは政府の検閲によってブロックされているケースが挙げられます。 それらが原因ならば、何にブロックされているにせよ、アイデンティティを隠して回避する方法がいくつかあります。 以上のことを念頭において、詳しく見ていきましょう。 1,000円 問題を診断する 何よりも先に、問題のサイトがだれに対しても開かないのか、それともあなたに対してだけなのかを確認しましょう。 それを調べるサイトはたくさんあります。 を試してみましょう。 TwitterやRedditでサイト名を検索して、何が起きているのかを調べるのもいいでしょう。 サイトが本当につながらないのなら、おそらくいろいろな人がネットで文句を言っているでしょうから。 問題があなただけに発生している場合、何が原因なのかを見つけ出す方法はいくつかあります。 まず、 別のブラウザを使ってみるか、シークレットモード(通信内容や関連データを記録しないモード)でサイトにアクセスしてみましょう。 それでも開かないなら、セキュリティソフトを一時的に無効にしてみてください。 それでも開かない? では、あなたのパソコンのHostsファイルを確認してみてください。 Hostsファイルはあなたのコンピューターのアドレス帳のようなもので、訪問したサイトを次々と記憶していきます。 そこを見れば、特定のWebサイトが開かない理由がわかるかもしれません。 こちらのページでならびにでHostsファイルをチェックする方法が解説されています。 対処法 最後にご紹介するのは、を使う方法です。 『Wayback Machine』は、探しているサイトの古いバージョンを閲覧できるインターネットのアーカイブです。 「Webサイトが実際にダウンしている」あるいは「削除されてしまった古い記事やページを見たい」という場合に便利です。 どっちみち、インターネットにあるものが完全に消えることはないのです。 Image: via Lifehacker US Source: gHacks(, ), , Jacob Kleinman - Lifehacker US[] 訳:浅野美抄子/ガリレオ.

次の

【6月版】オススメは?動画見放題サービス(VOD)を徹底比較!配信タイトルや金額、内容や特徴で比べてみた。おトクに契約する方法 ≫ 使い方・方法まとめサイト

アダル と サイト ブロック iphone

実際にURLを入力したサイトに行き、このような画面が出たら終了です。 再び見れるようにするためには、URLを左にスワイプして【削除】を選択する必要があります。 この設定をしていると、普通のサイトも見れなくなることがある上に、一部のアプリが正常に機能しない可能性があります。 その場合は【コンテンツ制限】の【常に許可】の箇所に、見たいサイトのURLを入力します。 そうすれば見たいサイトがブロックされる可能性がなくなります。 【スクリーンタイム】の項目が見つからない場合 iPhone本体を更新していない可能性があります。 その場合でも特定のサイトをブロックして見れなくするのは可能なので、やり方を記載しておきます。 ホーム画面から[設定]のアプリを開いて、その中の[一般設定]の項目を押します。 両方とも歯車のマークが目印ですね。 この設定の注意点 使ってみて気になる所があったので、まとめていきます。 設定を解除するとき 機能制限を解除してしまうと設定が全て失われてしまいます。 なので、もう一度設定し直そうと思ったら、また1から全てやらないといけません。 URLを入力する時 中央にある[常に許可]のところに入力しないでください。 もしここにURLを入力してしまうと文字どうり、アクセスを常に許可することになり、サイトをブロック出来ません。 Safariを消した時 iPhoneの一部の機能やアプリが正常に作動しない場合があります。 具体的に書くと、純正アプリの『メッセージ』を利用している時、リンクが正常に機能しません。 SafariはiPhoneの根幹をなすアプリのようです。 消してから不具合が多発して正常に使えなくなるようでしたら、Safariを元の状態に戻したほうが賢明です。

次の

無料有害サイトフィルタリングソフト一覧

アダル と サイト ブロック iphone

実際にURLを入力したサイトに行き、このような画面が出たら終了です。 再び見れるようにするためには、URLを左にスワイプして【削除】を選択する必要があります。 この設定をしていると、普通のサイトも見れなくなることがある上に、一部のアプリが正常に機能しない可能性があります。 その場合は【コンテンツ制限】の【常に許可】の箇所に、見たいサイトのURLを入力します。 そうすれば見たいサイトがブロックされる可能性がなくなります。 【スクリーンタイム】の項目が見つからない場合 iPhone本体を更新していない可能性があります。 その場合でも特定のサイトをブロックして見れなくするのは可能なので、やり方を記載しておきます。 ホーム画面から[設定]のアプリを開いて、その中の[一般設定]の項目を押します。 両方とも歯車のマークが目印ですね。 この設定の注意点 使ってみて気になる所があったので、まとめていきます。 設定を解除するとき 機能制限を解除してしまうと設定が全て失われてしまいます。 なので、もう一度設定し直そうと思ったら、また1から全てやらないといけません。 URLを入力する時 中央にある[常に許可]のところに入力しないでください。 もしここにURLを入力してしまうと文字どうり、アクセスを常に許可することになり、サイトをブロック出来ません。 Safariを消した時 iPhoneの一部の機能やアプリが正常に作動しない場合があります。 具体的に書くと、純正アプリの『メッセージ』を利用している時、リンクが正常に機能しません。 SafariはiPhoneの根幹をなすアプリのようです。 消してから不具合が多発して正常に使えなくなるようでしたら、Safariを元の状態に戻したほうが賢明です。

次の