ジップ ロック 空気抜き。 かさばる荷物を「ジップロック」で上手にパッキングしよう YAMAYA

【ヤナギ】激安ビニール袋販売(送料無料)と日本製チャック袋(業務用)専門

ジップ ロック 空気抜き

大サイズで梅1kg漬けが基本。 【粗塩】 海水を煮詰めて結晶化させたものが粗塩。 粒子が粗く、しっとりとしているので梅にからみやすく、早く梅酢が上がるのでかびにくい利点がある。 【焼酎】 殺菌を兼ねて、梅を湿らせて塩のなじみをよくする目的で使う。 ほぼ無色無臭になるまで蒸留した甲類35度が適当。 黄色く熟し、触ると弾力があり、梅の香りが強い「黄熟」のものをつかう。 黄熟のものはアクぬきの必要がない。 【大きさ】 重量によってM 17g ~4L 45g まであるが、概して大きいものほど熟度にばらつきが少なく、梅酢もよく上がるので扱いやすい。 おもしをしない袋漬けの場合、揚がる梅酢の量は少なめなので、できれば2L 30g 以上を選ぶ。 【品種】 梅干し用に改良が重ねられた南高梅が最高級品種ですが、長年さまざまな条件で実験した結果、有名品種でなくとも黄熟さえしていれば上手に漬かることがわかったので、地元で手に入る品種で試してみて。

次の

簡単にジップロックから空気を抜いてパックする方法

ジップ ロック 空気抜き

グッズの収集家にとって、保管方法というのは永遠の課題。 如何に効率よくきれいにしまえるかが、その人の腕の拠り所と言える。 そんな俺も抱き枕カバーの保管については、今までちょろちょろネタにしてきたが…。 一つ困った問題があって、どうしようか迷っていたんだよね。 「袋詰めしたカバーをボックスに入れたいが、思ったよりも袋内の空気が抜けなくて場所をとる!」 と袋の空気を抜くことに。 なので今回、大量の袋詰め抱き枕カバーを限りなく真空にしてぺったんこにしてやろうと思った。 袋に入れて。 密封保管している方にはぜひとも試してもらいたい。 ジップロックはそのままだと空気が入って抜きづらい Omochiはね、がかなり好きでよく集めているよ。 本記事投稿時点で、数えたら60枚ちょっとのカバーを所持しているのだ。 新しいものを見つけると、すごい勢いでテンションが上がっていくのは枕erならではといえる。 しかしそれだけ集めていると、さすがに全部を使うわけにもいかない。 使わない分は、なるべく適切な方法でコンパクトにしまいたいわけ。 普段やっているしまい方は、こちらの3記事を良ければ参考にしてもらいたい。 この画像を見てもらいたい。 このボックスに袋詰めした抱き枕カバーを、これでもかと詰めている。 頑張れば20枚ほど入るのだが…。 すっごいぎりぎりな感じで、内部はぱっつぱつでぎっちぎちなんだよね。 しまえないことも無いけど、めちゃくちゃ無理やりに押し込む感じ? 保管する際に詰め辛いことこの上ないので、何とかならないかと思って考えた結果…。 「これ、一つの袋当たりの体積を減らせばいいんじゃね?」 と思いついた。 そんなことを思ったので、試しに袋内の空気を思いっきり抜いてみることにした。 空気抜き用の電動ポンプを購入したので、使い勝手を確かめるとともに実際に空気を抜いてみたよ。 当然だけど、自分の手だけで抜くより圧倒的に楽だった! 空気を抜いておかないと、無駄にかさが増えて邪魔だからね~。 似たようなことが、抱き枕カバーを袋詰めしたときにも言えるのだ。 カバーをそのままジップロックに入れると、余分な空気が入って膨らんでしまう。 そうすると、余計なスペースを取ってしまうのが容易に想像つくよね? 保管場所のドライボックスも、できるだけ多い枚数を入れて保管しておきたいので…。 空気で場所をとるっていうのは、あまりにもあほらしい。 先に見せたボックスの画像のように、元から結構キツキツな感じで詰めているので…。 ちゃんと空気を抜いておかないと、ボックス内に非常にしまいづらいのだ。 そういうわけで、何としても空気を抜く方法を考えていたわけ。 電動ポンプに空気を吸ってもらおう さて、ここから具体的にジップロック内の空気を抜いていく作業を。 先に言っておくけど、今回の方法は食品以外をジップロックに詰めたときにやってね。 下手すると、空気を吸い込むと同時に内容物まで吸い込む可能性があるから。 今回使うのは、こちらの小型の電動ポンプだ。 Amazonから2,000円前後くらいで売られている。 説明書がたどたどしい日本語だったので、恐らく中国製だろう。 写真の奥に映るのが本体で、上向きと横向きに口がついているよね。 上向きの口は空気を吸引し、横向きは逆に空気を吐き出す。 空気を抜くのも注入するのも、これ一本でできるシロモノ。 手前に映るのが、それぞれ大きさが異なるノズル。 質感は非常に安っぽいプラスチック製で、3つともつながっている。 使いたいサイズのノズルを本体の口にはめ込んで、スイッチを入れると使えるよ。 予め、ジップロックに詰めておいた抱き枕カバーを用意しておこう。 最低限ノズルが差し込めるくらいの隙間を空けつつ、他の部分は全て閉めておく。 写真の状態になったら、スイッチをオン。 するとすごい爆音とともに、ジップロック内の空気が吸われていく! かなり音がデカい 普通の掃除機並みにうるさい ので、やる時間帯に注意してくれ。 加えて取説には、 「20分以上の連続稼働は禁止」と書いてある。 妙に強力だからか、本体がちょっと熱くなりやすいためここにも注意な! 袋の厚みを比較すると地味に差がつく 1枚当たり、どれくらいぺったんこになるのか比較してみたよ。 左が自分の手で頑張って圧縮させたカバー。 右は電動ポンプで空気を抜いたカバー。 横から見た断面図だと、さしたる違いは正直ない。 内部のパツパツ感が分かりやすいようになるかと思い、袋ごと半分に折ってみた。 厚みはやっぱりほとんど変わりがない。 しかし、カバーのお尻の部分を見てほしい。 左のモノより、右のモノのほうが垂れさがって見えるのが分かるか? 袋の中って内部の空気量に応じて、手を押し返す反発力が変わってくるよね。 すると 手で圧縮したほうは空気が多いからか、反発が強めでお尻が浮いているんだ。 ポンプで空気を抜いたほうは、その反発が弱いからか垂れ下がっているというわけ。 これは実際にやってみると、見た目以上に変化がよくわかるよ。 ボックスに納める20枚分だとまずまずの違いに さっきボックスに入れるのは、最大で20枚だと言ったでしょ? 手で圧縮した20枚と、ポンプで圧縮した20枚だとどこまで差が出てくるか気になるでしょう。 両者を用意して、写真に収めたのでみていこう。 コチラが手で圧縮したバージョン。 見た目から言及すれば、平積みはともかく縦置きしたカバーがぐにゃぐにゃだよね。 袋に空気が抜け切れていないからか、上手く自立してくれないのでふにゃっとしてしまう。 詰めてみた感触は、やはりかなりぎっちぎちだな。 平積みのカバーを手で押すと、かなり強い反発力が手に帰ってくる。 その状態で蓋をしようとすると、若干閉めるのに難儀する…。 お次は電動ポンプでしっかり空気を抜いた20枚を、ボックスに詰めるよ。 御覧のように、横からボックスを見た時の断面図が違うよね。 特に縦置きしたカバーは、余計な空気を抜きまくると自立してくれやすくなる。 袋内のカバーの状態が固定化しやすくなり、袋を振っても中身がシャカシャカ動かなくなる。 一枚当たりの厚みも減り、ドライユニットを入れる隙間もできやすくなった! 加えて平積みのカバーを上から押しつけても、空気が抜ける音はほとんどしない。 蓋を閉めようとすると、明らかにさっきの状態よりスムーズに閉めやすく感激した! 素晴らしいじゃないか…。 省スペース化には袋の空気を抜くのは非常に大事! 思いっきり袋内の空気を抜くと、当然余分なスペースを取りづらい。 確かに一枚ずつで見れば、本当に小さな差でしかないが…。 十数枚と数を重ねれば、その差はだんだん大きくなっていく。 よってボックス内にしまう際にも、見た目上はともかく感覚でいえば結構な違いを感じ取れるように。 カバーに限らないが、やっぱり袋をたくさん使うならできるだけ中の空気は抜いたほうがイイ。 袋内の空気を抜く方法は、これだけでなく他にもいろいろある。 水につけて水圧の差で空気を逃がしたり、ストローで空気を吸ったりとね。 ただ手動だと、毎回用意するのも大変なのでおとなしく機械の力に頼ってみたよ。 こういう時、自動で動くものは本当に強いと思ったぞ…。 今回はここまで。 メッチャクチャぱっつぱつだったドライボックスが、いくばくかましになってよかった! ただそれでも20枚が本当に限度なので、しまう際にはお気を付けください。 抱き枕カバーもガッツリ真空パックにしたれ!.

次の

ジップロックの空気の抜き方(真空)

ジップ ロック 空気抜き

焙煎したコーヒー豆は、 とても変質・変化しやすいものです。 そのため本当ならば、毎回必要な量だけを購入して、 その都度飲み切ってしまうことが理想です。 とはいうものの実際には、ある程度の量を購入し、 何度かに分けて飲むのが普通ですよね。 だからこそ、いつでもおいしいコーヒーを飲みたいと思ったら、 コーヒー豆の鮮度を保つことは必須になってきます。 コーヒー豆の鮮度を守ってしっかり保存できる 当サイトおススメのキャニスターを紹介します。 目次 1. 1-1. 水分 湿度 1-2. 酸素 空気 1-3. 温度 1-4. 光 紫外線 2. 3-1. EVAK イヴァーク エアタイト フードストレージ 3-2. Oxo コーヒー&ティーポップコンテナ レクタングル 3-3. &カリタ キャニスター 角型 3-4. 開花堂 真鍮ミル缶 3-5. ホーロー製コーヒーキャニスター 3-6. ハリオ密閉式キャニスター 3-7. 【吉祥寺 CINQ(サンク)】オリジナルコーヒー缶 3-8. 桐CUBE コーヒーキャニスター 3-9. セラーメイト 密封びん 3-10. NALGENE ナルゲン コーヒービーンズキャニスター 3-11. 番外編 チャック付きアルミバッグ ガス抜きバルブ付き 4. コーヒー豆の鮮度を落とす4つの要因 コーヒー豆の鮮度を落とす主な要因は、 『水分 湿度 』『酸素 空気 』『温度』『光 紫外線 』です。 焙煎したコーヒー豆は見た目からは、 新鮮なのか悪くなっているのかが見分けがつきにくいです。 これはコーヒーのプロでも簡単にはわからないものなので、 私たちがわからないのは仕方がないこと。 ですので、購入してから何日経っているかを目安にし、 上記の4つの要因を管理しながら保存していくことが大切です。 1-1. 水分 湿度 コーヒー豆は焙煎した状態だと、 内部にたくさんの小さな穴ができます 多孔質 出典 このたくさん穴があるため、 空気中の湿気やにおいを吸着しやすくなってしまいます。 コーヒーを淹れた後の粉を脱臭剤代わりに 生ごみの袋に入れたり冷蔵庫に入れたりするのは有名です。 ですので、湿度の低いできるだけ乾燥した状態を 保つことが重要になってきます。 1-2. 酸素 空気 焙煎した豆は空気に触れることで酸化していきます。 ですので、できるだけ空気に 触れさせないようにすることが望ましいのです。 空気に触れさせない方がいいと聞くと、 真空パックを思い浮かべる人も多いと思うのですが、 実はコーヒー豆は真空パックができません。 というのも、焙煎直後は炭酸ガスを発生するため、 真空パックしたとしてもすぐに膨らんできてしまい、 真空ではなくなってしまいます。 ガス抜きバルブのついたアルミ袋が、 コーヒー袋に多用されるのも この炭酸ガスを排出させるためです。 それでは最近よく見かける、ポンプで内部の空気を抜いて、 真空にするタイプの真空パックタッパーはどうなの? と思う人もいるかも知れませんね。 出典 しかしこのタイプだと、 今度はコーヒー豆の外側が真空になることにより、 豆自体の成分が内部からにじみ出ることで、 品質が落ちてしまうことが考えられるため、 コーヒー豆の保存方法としてはおすすめできません。 このような理由から、空気に触れることを 少しでも減らすためには押し込み中フタ式 内容量に合わせて、 中まで押し込むことのできるタイプの中フタ。 茶筒によく使われる の容器で隙間を減らす、 またはコーヒー用の 脱酸素剤を一緒に入れることをオススメします。 1-3. 温度 コーヒー豆は高温を嫌います。 ですので、気温の下がる冬場は常温保存でもよいのですが、 気温の高い夏場や冬場でも暖房が効いた部屋で保存する場合は、 できるだけ気温の低い場所を選んでください。 冷蔵庫や冷凍庫での保存もオススメです。 正し冷蔵庫や冷凍庫での保存において、 これだけは外せない絶対に守るべき条件が一つだけあります。 それは、必ず密閉容器を使用すること。 コーヒー豆のことを調べると、 冷蔵庫や冷凍庫での保存実験の資料は結構出てきますが、 このときに使用する冷蔵庫や冷凍庫の条件が、 一般家庭と違っていることが多いです。 それは何かというと、庫内の食品の有無。 実験に使われる冷蔵庫や冷凍庫は、 コーヒーしか入っていない場合が多いです。 ですので、実際に自宅の冷蔵庫で試してみました。 その結果、密閉できる容器以外だと、 どうしてもほかの食品の臭いが、 移ってしまうことがわかりました。 冷蔵庫は特に もし、お使いのキャニスターが密閉できない容器だったとしても、 容器ごとチャック付き保存袋に入れておけば、 臭い移りを緩和できますので試してみてくださいね。 また粉の場合もそのまま使用しましょう。 1-4. 光 紫外線 コーヒー豆は光にも弱いです。 保存するときには光を防ぐ 遮光性の高いものがオススメです。 金属や木製、陶器やホーローなどの不透明のものか、 ガラスやプラスティックなどの容器であれば、 遮光製の高いものを選びましょう。 また、透明のものを使う時は保存場所を暗い場所にして、 直接太陽光や電灯の光などを当てないようにすれば大丈夫です。 それでは、 コーヒー豆保存に関する基礎知識はここまで。 ここからは、いよいよ キャニスター選び実践編になります。 上手なキャニスターの選び方 ここまでの4つの条件を考えながら キャニスターを選んでいきます。 キャニスターを選ぶときに 一番重要なのはデザインです。 「あれ?え!何? じゃ、今までの前振りは全然意味なかったの?」 いえ、冒頭の保存に関する知識はとても重要ですので、 完全に覚える必要はありませんが、 頭の片隅にはおいておいてください。 というのも、コーヒー豆は、 長く保存することを考えるのではなく、 いかに早く美味しいうちに飲み切るかが大切なのです。 そういう考えで保存するのであれば、 最低限『温度を下げる、光に当てない』を守れば、 2週間から長ければ1ヶ月はさほど味が落ちることはありません。 ですので、キャニスターは、 好みのものを自由に選んでも大丈夫なのです。 コーヒー専用のものが好ましくはあります そして、なぜデザイン重視で選ぶのが良いかというと、 それにもちゃんとした理由があります。 コーヒーを一番おいしく飲むために一番大切なのは、 コーヒーを淹れること、コーヒーを飲む時間を 心から楽しむことだと考えるからです。 そのためには道具を気に入るということはとても重要です。 それはデザイン面しかり、機能面しかり。 お部屋やインテリやとの相性などもあるでしょう。 ですので、ここから紹介するキャニスターやそれ以外からでも、 ご自身の感性に一番マッチしたものを選んでみてください。 きっとこれからのコーヒータイムが、 より楽しいものになっていきますよ。 当サイトおススメのキャニスター 3-1. EVAK イヴァーク エアタイト フードストレージ フタを押し下げるだけで中の空気を抜くことができるうえ、 フタの位置を自由に決められるので、 内容量の増減に合わせた調節がとても簡単にできます。 出典 3-2. Oxo コーヒー&ティーポップコンテナ レクタングル ワンタッチで密閉できるうえに、 コーヒー豆が苦手な『光』も遮断。 UVブロッカーとカラーリングで、 光線遮断効果のある容器が有害な光から中身を保護します。 出典 3-3. &カリタ キャニスター 角型 ホーロー製、木製フタ付き、 コーヒー豆250g入ります。 出典 3-4. 開花堂 真鍮ミル缶 使い込むうちに変化していく真鍮の質感がたまりません。 熟練の職人による手作りの逸品。 お値段はそれなりにしますが、 一生ものとして付き合うならこれはオススメです。 内容量200g、中フタ、スプーン付 3-5. ホーロー製コーヒーキャニスター 深い緑色のホーローが独特の存在感を醸し出す密閉式で、 機能性は十分のキャニスターです。 キッチンに飾っておいて、 インテリアとしても抜群のデザインです。 出典 3-6. ハリオ密閉式キャニスター 耐熱ガラス製、コーヒー粉200gと300g入りの2タイプ シンプルで飽きの来ないデザイン。 サイズ感もよく、フタの開け閉めが容易なので使い勝手が非常に良い。 反面、若干密閉性に欠けるため冷蔵庫に入れておくと、 少し匂いが漏れることもあるので、 あまり長期の保存向きではないかもしれません。 出典 3-7. 【吉祥寺 CINQ(サンク)】オリジナルコーヒー缶 手元に届いたときにはツルツルピカピカのブリキ製コーヒー缶です。 それが使い込むうちに写真のような表情になり、 こういうのがお好きな方にイチオシのキャニスターです。 フタに書かれた手書きの「coffee」の文字が可愛く、 中フタ付きで湿気からコーヒーを守ってくれます。 出典 3-8. 桐CUBE コーヒーキャニスター 桐製品は密閉性が高く、 コーヒーの保存に向いています。 さらには桐には緑茶に含まれているものと同じタンニンが含まれています。 このタンニンが内部から染み出すことにより、 桐製品は表面が次第に茶色くなっていきます。 長年使われた桐ダンスが、 何とも言えずよい色になり味が出るのはこのため。 このタンニンは弱アルカリ性でコーヒーを酸化から守ってくれます。 200gのコーヒーが入ります。 出典 3-9. セラーメイト 密封びん シンプルでいてしっかり密閉でき、匂いが漏れません。 お値段も安く、冷蔵庫保存などに使い勝手が良いのでおススメです。 出典 3-10. NALGENE ナルゲン コーヒービーンズキャニスター デザインもかわいらしくいい感じなのですが、 フタにパッキンもなく少し不安な印象を受けます。 ですがもともと、研究用の容器として使われていた実績があり、 ナルゲンボトルは独自の密着リング成形になっているので高い密閉性があります。 150gの豆を保存することができ、家で保存するのにもいいですが、 キャンプなどに持って行く用として最適です。 アウトドアでもおいしいコーヒーを淹れたい、飲みたいあなたは必携ですね。 3-11. 番外編 チャック付きアルミバッグ ガス抜きバルブ付き キャニスターではないのですが、 保存の時に場所をできるだけ取りたくない人向きの袋です。 光の当たらない涼しい場所で保管すれば、 10日~2週間程度はあまり風味を損なうことなくコーヒー豆を保存できます。 そのままジップロックのようなチャック付きビニール袋に入れてしまえば、 狭い冷凍庫内でも場所をとりません。 1枚100円程度から手に入るうえに、 結構高機能なので、かなりおススメです。 出典 4. 最後に 一言に保存容器といってもいろいろなデザイン、 材質、色、大きさのものがあります。 コーヒー豆の保存に関してはたくさんの人がいろいろなことを言っていますが、 それはひとえにコーヒーに対する愛情の表れなのです。 あなたも愛する人に対していい加減な扱いはしないでしょうし、 愛情を持って接してくれた相手に対しては一生懸命、 愛情を返そうとするはずです。 ちゃんとした知識を持って、愛情をこめて保管してあげれば、 コーヒーだって美味しくいてくれます。 この記事を読んでくださったあなたのコーヒーライフが、 より豊かになるとうれしいです。 最後までお読みくださり、 ありがとうございました。 あわせて読みたい.

次の