リザードン ハイパーリーグ。 ハイパーリーグ感想 #ポケモンGO|つくしなづな|note

【ポケモンGO】リザードンのハイパーリーグ最適技と対策ポケモン:ほのお技が環境に刺さる!|ポケらく

リザードン ハイパーリーグ

ポケモン 技 解放技 ギラティナを先頭に配置したパーティ あまえるを覚えるフェアリータイプやハガネール以外のポケモンに対して比較的安定して戦えるギラティナを先頭に配置したパーティ。 レジスチルはフェアリー対策 1体目のギラティナが不利なフェアリータイプに対して有利なレジスチルを採用。 また、3体目は相手の控えにいるラグラージやレジスチル対策としてニョロボンを採用している。 相性によって控えと交代 基本の動きは初手のギラティナで有利な状況を作りつつ、苦手なポケモンが来たらそれぞれレジスチルとニョロボンで対応する。 ギラティナとニョロボンはあまえるを覚えるポケモンに弱いため注意が必要。 ギラティナを軸にしたパーティ3 ポケモン 技 解放技 ギラティナを先頭にしたパーティ 初手のギラティナは技の種類と耐久で様々なポケモンと対等に戦うことができる。 ギラティナは ハガネールとあまえるを覚えたポケモンには不利なのでアーマードミュウツーと交代しよう。 レジスチルはフィニッシャー レジスチルはギラティナが苦手なあまえるを覚えたポケモンに強い。 ラスターカノンもきあいだまも等倍以上の相手にはHPの半分は削れることが多いため、フィニッシャーとしての役割が向いている。 アーマードミュウツーも幅広く活躍 アーマードミュウツーも等倍以上の相手にはかなりのダメージを与えられるサイコブレイクを主な技として戦う。 このパーティは様々なポケモンに広く戦える3匹で構成されているため、 何を使えば良いのか迷った時におすすめ。 レジスチルのラスターカノンには注意しよう。 ラグラージは汎用性が高い ラグラージは汎用性が高く、みず・くさ・ドラゴンタイプの相手以外に対しては等倍以上のダメージを与えられるハイドロカノンが強力。 またレジスチルに対しても有利に戦えるのも魅力。 アーマードミュウツーは等倍同士に強い アーマードミュウツーは耐久性能が高く、ゲージ技の種類も豊富なためゲージ技を読まれにくい。 ゴースト技構成のギラティナやあくタイプの相手との相性は良くないが、 等倍同士の場面などで大いに力を発揮するぞ。 ギラティナはレジスチルとの相性がいい 初手のレジスチルが不利なラグラージ、ニョロボン、ほのおタイプなどに有利に戦えるギラティナを2体目に配置。 初手の不利な対面を返すことが主な役割。 技は相手のシールドを剥がすために、ゲージを貯める速度の早いシャドークローを採用している。 メガニウムは汎用性が高い 3体目のメガニウムは幅広く戦えるポケモン。 みずタイプにはもちろん、レジスチルに対して効果抜群のじしんや耐久力の高さが強みとなっている。 弱点を突かれるほのお、かくとう、じめんタイプには不利だが弱点を突かれなければほとんどポケモンに対応可能。 タイプ相性を覚えて ラスターカノンときあいだまどちらを打つか瞬時に判断できるかが重要。 ピクシーはギラティナ対策 対ギラティナ対策がメイン。 はがねタイプとどくタイプ以外には対等以上に戦うことができる。 ゲージの貯まる速度が遅いためシールドを使うタイミングに注意。 ラグラージははがね対策 ピクシーの不利なはがね対策がメイン。 ゲージ技のハイドロカノンとじしんの両方を今ひとつで受けられるポケモンが少なく、有利な状況を作りやすい。 初手のギャラドスはメルメタルなどのはがねタイプとあまえるを覚えるフェアリータイプ以外には対等に戦える。 交代しても不利になりにくい 1体目のギャラドスを交代をしても不利になることが少なく、不利な相手が少ないギャラドスは交代することが少ないため立ち回りが安定する。 レジスチル・ラグラージは相性がいい レジスチルとラグラージは相性補完が良い。 初手のギャラドスで1体目を倒す・シールドを消費させられるため、 残りの2匹で有利なポケモンを当てられる可能性が高く安定して戦える。 解放技はハイドロポンプを採用し、少ないエネルギーで発動できるかみくだと使い分けて発動しよう。 バクフーンはレジスチル対策 レジスチルなどのはがねタイプ対策としてバクフーンを採用。 通常技はひのこではなく、 ゲージを貯める効率のいいシャドークローを採用している。 メガニウムはじしんを覚える メガニウムはみずタイプの対策以外に、じしんを覚えるため、でんきタイプやはがねタイプに対しても有利に戦える。 バクフーンが倒されてた後でもレジスチルに対して攻めることができる。 技構成はギラティナの弱点をつけるドラゴンテール、かみくだくを採用しているぞ。 リザードンはレジスチル対策 ハイパーリーグの環境で使用されるレジスチルなどのはがねタイプに対して強く出れるリザードンを採用。 はがねタイプのメルメタルはいわなだれを覚えるため、リザードンの弱点をつかれる可能性があるので注意しよう。 フシギバナはみずポケモン対策 ハイパーリーグで使われやすいニョロボン・ラグラージ・スイクン・カメックスなど水ポケモンの対策として有効だ。 フシギバナは弱点がほのお・こおり・ひこう・エスパーの4つのため、れいとうビームなどのこおり技に特に気をつけよう。 ニョロボンを軸にしたパーティ ポケモン 技 解放技 ニョロボンを先頭に配置したパーティ 初手のニョロボンはみずタイプだがゲージ技はこおりタイプとかくとうタイプの技を採用。 環境に多いレジスチルにかくとう技、ギラティナにこおり技で効果抜群を取れる。 アローラベトベトンはギラティナ対策 ギラティナ対策がメイン。 また、ニョロボンが苦手なフェアリータイプとくさタイプにも有利に戦える。 そのため ニョロボンと3匹目のジュカインとの相性の補完が良い。 ジュカインはみず対策 アローラベトベトンがラグラージやニョロボンなどのみずタイプに負けてしまうため、そのカバーする役割。 また、アップデートによりタネマシンガンの上方修正が来たため、 以前より早くゲージ技を打てるようになった。 シュバルゴを軸にしたパーティ ポケモン 技 解放技 シュバルゴを先頭に配置したパーティ 先日強化されたドリルライナー、クレセリアやアーマードミュウツーなどのエスパータイプの弱点をつけるメガホーンと優秀な技構成のポケモン。 また、弱点がほのおタイプのみとなっている点も魅力だ。 2匹目にクレセリアを採用 2匹目のクレセリアもくさむすびの習得と、ムーンフォースの強化により、 シーズン2から使用者が増えているポケモン。 また、シュバルゴで出し負けた際の交代先として優秀。 ラグラージははがね対策 クレセリアが苦手なはがねタイプの対策として採用。 高火力で必要なエネルギーの少ないハイドロカノンはもちろん、じしんも等倍以上で当てれば相手の半分以上のHPを削れる高火力技となっている。 ポケモンGOの他の攻略記事.

次の

【ポケモンGO】ハイパーリーグにおけるシュバルゴの育成論について

リザードン ハイパーリーグ

2月11日(火)よりバトルリーグがハイパーリーグに切り替わりましたが、皆さんどのようなパーティを使われていますか? 僕はとほしのすなとふしぎのあめのふところ事情を見比べ、パーティを組んでいたらいつの間にか ギラティナを絶対倒すみたいなパーティになってました。 今回はこんなパーティになった経緯とパーティ紹介をしようと思います。 技2は出が早い ドラゴンクローを採用。 相手より多くゲージ技を打つことを考えていたらいつの間にかドラゴン技でギラティナ対策になっていました。 マンムーは弱点がかくとう・はがね・ほのお・みず・くさと多いため、役割が限られるポケモンです。 技開放もしてないため、 完全にドラゴン特化型です。 あくタイプのポケモンの中で一番ロマンを感じたのが621匹のポケモン中8位の攻撃力を持つ ダークライ。 威力が高いという理由だけでゲージ技は シャドーボールを選択。 結果的にギラティナへの打点を持つことになりました。 戦法としてはリザードン初手でこちらの弱点持ちでなければドラゴンクローを打ち、シールド枚数で有利になるよう交代しながら調整。 あとは何かの間違いでダークライの高火力のシャドーボールに相手がシールドを使わないことを祈るだけ。 さてこんなパーティでは、フェアリータイプはサーナイト以外に勝てない、ラグラージにシールドなしで勝てない、アローラベトベトンもきつい、ニョロボンもきつい。 こんな急ごしらえの弱点大盛パーティではじめてハイパーリーグをやってみました。 まさかの五連勝 まだレートが1800代なのでこれでも勝てるらしい。 ただその後、調子に乗っていたら3連敗かましました。 初手でラグラージとリザードン対面がとにかくきつい。 対面した場合、リザードンを切る判断でシールド1枚使用でブラストバーンを打つのが計算上は一番いいようです(相手1枚使用で7割削れる。 相手の使用なしでギリ倒せる)。 そんな判断できずに交換してしまうし、ドラゴンクロー打ってしまうよ……。 水鉄砲なら問答無用で倒されます。 その後、まだ育ち切れていませんが、マンムーをこの子に交換したら弱点が減ったので少し安定しました。 ギラティナへの殺意マシマシ 何度も負けてますが、今のところギラティナを倒せなかった試合はさすがにないです。 もっと勝ちを狙うならアローラキュウコンで完全にギラティナは受けれるので、ダークライをフェアリー対策でベトベトン・アローラベトベトン、もしくはラグラージ対策で草技を覚えるポケモンにしたほうが安定しそうです。 どうすっかな、本当に。 育てるほしのすなが無いんだよ。 あとハイパーリーグで今のところ、20戦しているのですが、いまだにレジスチルと当りません。 レート1800代の僕と同じPVP始めたての人は、レジスチルをcp2500近くに育てて技開放するのはコストが高すぎるってことなのでしょうか。 その分、コストの安いラグラージさんが多すぎます。 勘弁してください。 僕もキュウコンのレベルをマックスにし、技開放して、ダークライも技開放したいので、ほしのすなが30万、ふしぎなあめが52足りないです。

次の

【ポケモンGO】ハイパーリーグおすすめパーティ!流行・定番型から出し負け対応・能力ダウン戦略編成を紹介|ポケらく

リザードン ハイパーリーグ

実は毎晩、フォロワーとハイパーリーグの対戦をしている。 対戦相手が一人しかいないから『メタ環境』と呼べるほどのものではないにせよ、そこそこ貴重な話だと思うので役に立つはず。 よく使われるポケモン ハッサム: 弱点が炎だけで スペシャル技の回転効率が高い。 対策必須。 後述のジュカインやミュウツー、メタグロスに強く、厄介。 ギャラドス:電気・岩タイプの層が薄いぶん、 弱点を突きづらい。 耐性の多さに加えて、 攻撃技も豊富(水、竜、悪)。 リザードン:専用技の ブラストバーンの火力・回転効率が厄介。 ドラゴンクローで伝説対策にもなる。 エレキブル: 貴重な電気タイプ。 技も耐性も単調なので、たぶんもっといい代替案がある。 げんしのちからで耐久されると厄介かもしれない。 カイリキー:無難かつ手強い格闘タイプ。 ヘビーボンバーがあるのでフェアリーでも安心できない。 ( いわなだれもそれはそれで強そう) よく使うポケモン ジュカイン: スペシャル技の回転効率がずば抜けている。 しかし炎と ハッサムに弱く、草技の通りも良くはない。 フシギバナ: 毒タイプの需要がないうちは、ジュカインの劣化かなあ。 しかし当の ジュカイン相手には善戦できる。 リザードン:省略。 ドラゴン、 ハッサム対策になる。 ギャラドス:省略。 ドラゴン、 ハッサム対策。 ヒードラン:耐性も多いが、弱点も突かれやすい。 スペシャル技の回転が悪い。 ハッサム対策。 ドラゴン相手にもそこそこ戦えるはず。 ラグラージ:冷凍ビームこそ使えないものの、原作通り強い。 ハッサム対策。 トドゼルガ:ドラゴン対策。 最大CPが2500に届くフェアリーは少ない。 氷タイプも多くはなくてなぁ……。 グランブル: 貴重なフェアリー枠。 通常技はかみつくorバークアウトのみ。 複合タイプがないので余計な部分で弱点を突かれづらい。 そこそこハッサム対策になる(虫が半減)。 CP2500に届くフェアリータイプは グランブルの他に トゲキッスと サーナイトくらいしかおらず、しかも フェアリータイプの通常技はひとつも実装されていない。 ドラゴンのみならず ハッサムの対策にもなる。 スペシャル技はやや不遇(大技と低火力技の両極)。 マンムー:弱点が多い……。 耐久不向きな本体と原始の力の相性は良くない。 ラティアス:(ギラティナとミュウツーの悪いとこ取りか?) メタグロス:いちおうは鋼タイプ……。 ハッサムに強くない。 最大CPの暴力としての側面が強く、 マスターリーグ向き。 ミュウツー:ハッサムに弱い。 耐久力がない。 メタグロス同様、 マスターリーグ向き。

次の