奥原信也。 自由民主党広島県支部連合会 → 県会議員

自由民主党広島県支部連合会 → 県会議員

奥原信也

昨年7月の参院選広島選挙区を巡る買収事件で、公選法違反(買収)容疑で逮捕された前法相の衆院議員河井克行容疑者(57)と妻の参院議員案里容疑者(46)の買収対象者とされた94人の中に、元広島県議会議長の奥原信也県議(77)が含まれていることが24日、関係者への取材で分かった。 受け取った疑いのある額は200万円で94人の中で最高額とみられる。 広島県三原市の天満祥典市長(73)も含まれ、受領額が150万円とみられることも判明。 94人のうち、約20人は現金を複数回受け取った疑いがある。 一方、94人の中には、検察の調べに対して現金授受そのものや、現金を受け取っていても案里議員への票の取りまとめという趣旨だったことは否定している人も複数いるという。 奥原県議は24日、報道陣の取材に検察の事情聴取を受けたことを認めた上で「捜査が進んでいるので、現段階ではコメントを控える」と話した。 天満市長はこれまでの取材で、現金授受を否定し、検察による任意の事情聴取にも同様の説明をしたとしていた。 24日の報道陣の取材には「(現金授受は)ない」と話す一方、「捜査中のことで、弁護士と今後の対応を相談していく」とも述べた。 事件は東京地検特捜部と広島地検が捜査。 克行前法相と案里議員は昨年3~8月、地元県議ら94人に、票の取りまとめを依頼するなどして計約2570万円を配った疑いで逮捕された。 (共同).

次の

広島県議会

奥原信也

広島県議会棟で報道陣の取材に答える奥原県議 河井克行容疑者と妻の案里容疑者から現金を受け取ったと認めた奥原信也広島県議(77)=自民議連、呉市=は、県議会議長や自民党県連幹事長の要職を歴任した県政界の重鎮の一人だ。 夫妻は奥原氏が地盤を築く呉市での選挙経験が乏しく、ある自民党県議は「負けられない戦いで重鎮を頼ったのだろう」と推し量る。 「『参院選での応援を頼む目的』と言われれば、そう受け止められても仕方がない。 それまで、夫妻が金を持ってきたことはなかった」。 奥原氏は24日、中国新聞の取材に明かした。 昨年4〜6月、3回にわたって計200万円を両容疑者から提供されたという。 昨年の参院選では、自民党県連選挙対策委員会のメンバーとして、広島選挙区で改選2議席を独占する「2人擁立論」を唱えていた。 ただ、意中の候補者は愛知県の参院議員だったとして、案里容疑者には「表立った支援はしていない」と強調。 支援者の一部を案里容疑者の後援会に入会させるにとどめたと説明した。 1975年に県議に初当選し、現職最多の当選12回を数える。 98年には自民党新人として参院選広島選挙区に挑戦。 別の自民党新人や野党系の無所属新人との激戦となり、3位で涙をのんだ。 党内には分裂選挙のしこりが残り、次に広島選挙区で2人を公認したのは案里容疑者が初当選した昨年7月の参院選だった。 党県連幹事長だった2007年には、藤田雄山前知事の後援会の政治資金不正事件に絡み、元秘書が97年の知事選で金を渡したと供述した県議10人の1人として名前が出た。 別の自民党県議は「検察には、河井夫妻が金を持参した経緯を解明してほしい」と話した。 昨年4月1日に克行容疑者から50万円、同5月下旬に案里容疑者から50万円、同6月下旬に克行容疑者から100万円を受け取った。 いずれも私の呉市の事務所に持ってきた。 昨年4月は私の県議選期間中で、陣中見舞いと考えた。 昨年5、6月も政治活動の資金として受け取ったが、参院選が迫っている。 「選挙の応援を頼む目的」と言われると、そう受け止められても仕方がない。 検察の事情聴取でも同じように答えた。 昨年5、6月に受け取った分は、関係する自民党支部への寄付として政治資金収支報告書の収入に記載した。 昨年4月の50万円は後から分かったので処理していない。 反省している。 検察の捜査に全面的に協力しており、今は申し上げる段階にない。 将来的には進退を含めて考えないといけない。 起訴されたりすれば考えないといけない。 あなたにおすすめの記事.

次の

奥原信也の経歴・学歴WIKI

奥原信也

検察当局による事情聴取でも、同様の事実関係を説明したとしている。 奥原氏によると、克行容疑者からは4月1日に50万円、6月下旬に100万円を受け取った。 案里容疑者からは5月下旬に50万円を提供された。 授受の場所はいずれも、呉市の自身の事務所だった。 このうち50万円は使い、150万円は自身の政党支部に対する寄付として扱う手続きをした。 奥原氏は取材に「夫妻が持ってきた。 検察当局の捜査には全面的に協力している」と述べた。 奥原氏はこの日、県議会棟で報道各社の取材に応じた。 「将来的には進退を含めて考えないといけない。 起訴されたりすれば考えないといけない」と語った。 奥原氏は1975年に広島県議へ初当選し、当選12回。 県議会議長を89年から1年余り務めたほか、自民党県連幹事長の要職を2002〜10年に担うなど、地元の呉市を中心に県政界で影響力を持つとされる。 案里容疑者が初当選した03年以降、県議会会派で同じ自民党議員会に所属。 15年に自民議連へ移った。 98年の参院選広島選挙区(改選数2)では自民党新人で立候補。 別の自民党新人や野党系の無所属新人との激戦となり、2位の当選者と8996票差で落選した。 案里容疑者が初当選した昨年7月の参院選広島選挙区では自民党が党公認で2人を立てたが、2人の擁立はこの98年以来、21年ぶりだった。 克行容疑者は今月18日、案里容疑者を当選させる目的で昨年3月下旬〜同8月上旬ごろ、94人に投票や票の取りまとめを依頼し、その報酬として121回にわたり計約2570万円を渡したとして逮捕された。 このうち5人については案里容疑者と共謀したとされる。 既に、三原市の天満祥典市長(73)が克行容疑者から複数回にわたり計100万円以上を受け取った疑いがあることが、関係者への取材で判明している。

次の