結婚挨拶。 彼女の父が激怒!?結婚挨拶、言ってはいけないNG言葉はコレだ!! | 結婚ラジオ | 結婚スタイルマガジン

緊張の結婚挨拶!これで安心完璧マニュアル!

結婚挨拶

もくじ• 彼氏の親へ結婚挨拶に行く前に!準備しておきたいコト 結婚挨拶で「彼の親に会うのは初めて!」という女性は緊張していることでしょう。 「彼の両親とは顔見知りで仲がいい」という女性であっても、人生の節目を迎える大事な結婚挨拶!当日の結婚挨拶をスムーズに進めるためにも、 事前の準備が大事ですよ。 準備をしておくと気持ちにも余裕もできて、緊張を和らげることにもつながります。 1.自分の情報を、彼から親に伝えてもらおう 女性に比べて男性は自分の両親との会話が少ない人が多く、結婚相手の情報も詳しく話してないかも。 最低限、以下の内容は彼からご両親に伝えておいてもらうと、初対面でも自己紹介しやすいのでオススメ!• 名前と年齢• 出会ったきっかけ、交際期間 2.彼の両親のことも聞いておこう! また、結婚挨拶当日の会話に困らないためにも、 彼の両親の趣味などをリサーチしておきましょう。 手土産を準備するのにも、相手の両親の好みは知っておきたいですね。 両親の名前と年齢• 趣味・性格・食べ物の好み• 結婚挨拶の時に避けた方がいい話題• 家族構成 3.2人の今後のことを話し合っておこう 結婚挨拶に行ったら、彼の両親からいろいろと質問されることはまちがいなし! あらかじめ2人で答えを用意しておくとスマートな印象を与えられますよ。 付き合ったキッカケは?• 地元はどこ?• ご家族は?ご両親は何をされてるの?兄弟はいるの?• 仕事は何をしてるの?• 結婚をしたら仕事は続けるの?• 趣味は?休日は何をしてるの?• 結婚式はいつ?どこで挙げるの?(実家が遠方の場合)• 子どもは欲しい? みんなの体験談 彼の両親から質問攻めに! 彼の両親からは、「仕事は何をしてるか、生まれはどこか、親は何歳でどんな仕事してて、どこにいるのか、スポーツはしているか」など、いろんなことを聞かれました。 さらに、ご挨拶の後にみんなで焼肉に行ったら、「お酒は飲むのか、一人暮らししたことあるのか、両親の健康状態について、兄弟何人で何してるのか」など、さらに質問攻めにあいました(笑)。 第一印象が大事!結婚挨拶の流れと例文(言葉) 玄関での挨拶から、退出するまでのセリフを用意してみました。 参考にしてみてくださいね。 1.玄関で、自己紹介と挨拶 彼氏の実家に着いたら、 約束の時間ちょうどか、3分前くらいにチャイムを鳴らして。 5分以上遅れる場合は、わかった時点で必ず電話をしてください。 彼と一緒に行く場合も、彼から連絡をしてもらって。 コートなどの上着は玄関前で脱いで腕にかけておき、玄関の中に入ったら きちんと扉を閉めてから挨拶するのがポイントです。 ポイント! 手土産のNGワードとは? 「 つまらないものですが…」「 たいしたものではありませんが…」は、せっかく選んだ手土産の印象を下げてしまいます。 よく聞く言葉ですが、そこまで謙遜する必要はないでしょう。 むしろ相手のことを思ってちゃんと選んだ、という気持ちを伝えるようにしてみて。 3.緊張のフリートーク!事前に準備した会話ネタで和やかに 手土産を渡して着席をしたら、彼に会話をリードしてもらい、場の空気を和らげてもらいましょう。 まずは当たり障りのないような内容で会話をスタートしてみるのもオススメ。 「会話のない時間が苦痛で、緊張のあまり自分のことをしゃべり過ぎてしまいました」という花嫁もいますが、 彼との話題を会話の中に盛り込むのも忘れないでくださいね。 ポイント! 彼やご両親の呼び方は? 相手の両親の前で、 彼の名前をあだ名で呼ぶのは控えて!普段呼び合っている名前ではなく、 「〇〇さん」と呼ぶようにしましょう。 相手の両親の呼び方は、一般的には結婚相手の名前を前に置いて「 〇〇さんのお父さん」「 〇〇さんのお母さん」と呼ぶのがマナーです。 「まだ結婚を許したわけではないので、『お義父さん』『お義母さん』と気安く呼ばないで欲しい」と思われる両親もいる一方、「『お義父さん』『お義母さん』と呼ばれて、悪い気はまったくしないよ」という両親もいます。 4.結婚挨拶を切り出すのは彼でOK。 続いて話そう 結婚報告の挨拶は、女性の実家でも男性の実家でも、男性から先に切り出します。 女性は、男性の挨拶の後に、自分の言葉で挨拶しましょう。 どうぞよろしくお願いいたします。 5.承諾を得られたら、きちんとお礼を 彼の両親から、「おめでとう」「よろしくお願いします」と承諾を得られたら、 「ありがとうございます」とまずお礼を。 本題が終わると、結婚式の日取りや会場、結婚後の住まいなどについて聞かれる可能性があります。 すべて決まってなくてもいいのですが、答えられることは答え、両親に相談が必要な件があったらこの機会に話し合うようにしましょう。 両家顔合わせや結納、結婚式について 両親の希望を聞いておくのもポイントです。 この時に、彼のご両親とメールアドレスや電話番号、ラインIDの交換などをしておくと今後の連絡がスムーズ。 ポイント! 料理ができるまで何もしないのはNG! 食事をご馳走になることになったら、彼の母親に「何かお手伝いすることはありませんか?」と申し出て! 断られたら、「遠慮なさらずに何でもおっしゃってください」と伝え、それでも「いいですよ」「今日は座っててください」と言われたら、手伝わないことがマナーです。 手持ち無沙汰にならないように、彼のお父さんとお話をしましょう。 7.1時間~2時間程度でおいとまを 訪問時間は、 1時間半~2時間半ぐらいを目安としましょう。 女性から「 そろそろ失礼します」と切り出すのは難しいので、事前に彼と打ち合わせをして、彼の方から「そろそろ送っていくよ」「じゃあそろそろ帰るよ。 今日はありがとう」などと切り出してもらうようにしましょう。 帰るときは、ご両親にもう一度お礼を伝えましょう。 スリッパを整える、玄関を出る時に扉の方を向いてしっかりと締めるなど、最後の最後まで気を抜かないように! <例文> 〇〇です。 先程帰宅しました。 本日は本当にありがとうございました。 楽しいお話をたくさん伺えて、うれしかったです!今後ともよろしくお願いいたします。 よりていねいで好感を持たれそうです。 「感じのいい女性だな」と思ってもらえるようなポイントを解説します! 手土産は、両親の好みを聞いて選ぶ! 結婚挨拶に伺う時に忘れてはならないのが、 手土産。 彼の両親から、「手土産はいらないよ。 手ぶらでおいで」と言われたとしても、正式な挨拶の場なので準備しましょう。 彼からの情報収集で、 両親が喜んでくれそうな手土産を選ぶのがポイントです。 手土産として人気なのは、 日持ちのする焼き洋菓子や和菓子ですが、「お酒が好きとわかっていたので、彼の両親が好きな日本酒を持参しました」という花嫁も。 好みがわからない時は、 縁起のいいお菓子とされている、バウムクーヘンやどら焼きを候補にあげてみてはいかがですか? また 自己紹介を兼ねて、自分の好きなお菓子や、 自分の出身地のお菓子を持参するのもアリ!会話のネタにもなりますよ。 逆に 避けた方がいいのは、ケーキなど 日持ちがしないお菓子や、 煎餅などの割れやすいお菓子、それから羊羹やロールケーキなど 包丁で切って食べるお菓子です。 スカートが苦手な女性は、 パンツスタイルでも大丈夫ですよ。 白・薄ピンク・水色など明るい色を選ぶと、顔色もパッと華やかに見えるのでオススメ。 シューズは、 脱ぎ履きが大変なブーツやスニーカーは避けたほうが無難。 玄関先でもたもたした姿はあまりみせたくないですよね。 もちろん、 夏でもストッキングは必須!裸足でお家にあがるのは避けましょう。 その他、こまかい身だしなみにも気を配るとGOOD!• 靴を磨いておく• ハンカチは折り目をつけておく• 香水は控えめにつける• お化粧は ナチュラルメイクで 清潔感のある服装とは…。 先輩カップルたちの中でも、二人の結婚の意思を伝えるために「婚約指輪をしていきました」というカップルもいれば、「結婚の許しをもらうために挨拶に行くのだから、まだつけていかない」というカップルもいます。 もし心配な場合は、 結婚挨拶をして承諾を得られたあとに指輪のお披露目をするといいでしょう。 彼の両親に結婚挨拶に行く前に、自分の情報を両親に伝えておいてもらう• 手土産を準備して、服装もチェックを• 挨拶に行った時、質問されそうなことに対し答えを用意しておく• 結婚挨拶は、男性の家でも女性の家でも男性が先に• 彼を立てることが大事.

次の

【結婚報告】会社の上司・同僚・友人・親族への失礼のないタイミング&伝え方|ゼクシィ

結婚挨拶

ふたりの間で結婚の意思が固まったら、次のステップは「親への結婚挨拶」! そこで、挨拶の時期やどちらの親へ先に挨拶に行くかといった順番についての疑問、さらに挨拶の場所や食事をするのかしないのかなど、当日に向けて準備しておくことを解説します。 親への挨拶の時期は、結婚すると決めてから1カ月前後が目安です。 親元から離れて暮らしているという場合は、メールやチャットなどではなく、電話でもいいのでまずは話して伝えることが順番としても大切です。 交際期間が長い場合はすでに彼・彼女を親に紹介済みというカップルも少なくないと思いますが、結婚と決めたのであれば、けじめとしての挨拶が必要です。 とはいえ、女性の実家が遠方にある場合など必ずしも順番通りに進められないことも。 その場合は男性の親への挨拶が先になっても問題ありません。 大切なのは双方の親から結婚の了解を得ることです。 "順番=礼儀"という意識を持つことは大切ですが、そこにこだわり過ぎず誠意を持ってフレキシブルに対応しましょう。 まずは、親の都合に合わせ、訪問2週間~1カ月前を目処に挨拶の日取りを決めます。 午後2時からなど食事時間を避けた時間にし、滞在時間は2~3時間ほど。 訪問時間や滞在時間、食事をする・しないなど、当日のおおまかな流れを事前に親へ伝えておくとスムーズです。 親が遠方の場合をはじめ、さまざまな事情から家以外の場所で挨拶を行うこともあります。 その場合の場所選びで押さえておきたいポイントは「分かりやすい場所」「駅から近い」「繁華街や人の多い場所は避ける」ことが重要です。 これさえ気をつけておけば、親が遠方から出向いてくる場合でも道に迷うといったことは避けられるでしょう。 たとえばホテルなら、駅から近くの分かりやすい場所にある場合が多く、館内にはゆったりと会話ができるラウンジやティールームなどの施設も充実しています。 親への挨拶の際は食事の時間を避けるのが一般的ですが、ティールームなどで挨拶を行った後、和やかなムードで"これから食事でも...... "という流れになった場合にも、ホテルなら館内にレストランも完備されているので、食事をする場所探しに慌てずに済みます。 親に結婚したい相手を会わせるというのは、誰でも少なからず緊張しますよね。 それでも"移動が負担にならない場所はどこか" "挨拶の後はどうするのか"など、挨拶の前後にも想像力を働かせてダンドリすることが、円満な結果につながることが多いもの。 心配りを忘れずに、ふさわしい時期に日取りが決まったら、当日の流れや順番を念頭に置いて準備や場所選びを進めると良いでしょう。 親へ結婚相手のことを話しておきましょう 相手の家族や仕事、趣味、家族構成、人柄などプロフィールを事前に伝え、親しみを感じてもらえるようにしましょう。 また、結婚相手が初婚か再婚か、妊娠している・していない、年齢差が大きいといった具体的な情報も話しておくことが大切です。 結婚相手には親の仕事や趣味、人柄を事前に伝えるなどしておきましょう 「親への挨拶」は両家顔合わせの前に行うのが一般的です。 双方の親同士がまだ会う前でも、人柄や趣味、食事の好みや好物、住んだことがある場所など、それぞれの親同士に共通点があると、話題にもしやすく親近感がわくものです。 そのため相手の親への挨拶の前に、自身の親について改めてリサーチするのも大切な作業となります。 それぞれの"親のプロフィール"を前もって準備し、お互いで共有しておきましょう。 訪問の目的="結婚の承諾"を忘れずに! 訪問の目的はあくまで結婚の承諾です。 女性の親のもとに出向くときも、男性の親のもとに出向くときも話を切り出すのは男性からと心得、"緊張して肝心な話題を忘れてしまった"などということがないように心を落ち着けて訪問しましょう。 念のために、話を切り出すタイミングや台詞を事前にふたりで考えておくとより安心です。 結婚式・住居・仕事など、今後の予定を結婚相手と話し合う 結婚式の時期や結婚式場選び、和装にするかウエディングドレスにするか、結婚式の食事や引き出物は...... などなど、結婚式を挙げるまでには準備すべきことがたくさんあります。 ふたりの希望どおりの結婚式を挙げられるのが一番ですが、 準備段階で親と対立したりしないように、まずは順番として親の意見をしっかり聞き"なんでも勝手に決めてしまう"と思われないようにしましょう。 また、結婚後の住まいはもちろん、女性なら仕事は続けるのか、あるいは子どものことなど、親が気にしそうな事柄については、結婚挨拶のときに話題になりやすいもの。 事前にふたりで話し合い、聞かれたらすぐに答えられるように準備しておきましょう。 手土産を準備する際のポイント 3,000~5,000円程度の手土産を準備します。 準備する際に、親の好物や郷里の銘菓などを選ぶと、初対面でも話題が広がりやすいのでオススメです。 また、手土産を準備する際、日持ちのしない食べ物を避けるのはもとより、訪問先の家から近い場所で当日購入したりするのはNGです。 相手の親に"準備もなくやって来た"と思われてしまうかもしれないため、前日までに購入しておきましょう。 詳しくは下のリンクをチェックして。 身だしなみのポイント 服装は第一印象を決める大切な要素です。 そのため、清潔感のある身だしなみを心がけましょう。 季節や時期などに関係なく、男性ならスーツまたはジャケットにネクタイ着用がオススメ。 女性なら品の良いワンピースやスーツなどがふさわしく、メイクや髪型、アクセサリー、ネイルなど派手な印象になるものは避けましょう。 男性・女性に共通して言えることですが、足元も見られているので、靴もしっかり磨いておくことをオススメします。 また、当日の朝になって着る洋服を決めるのではなく、天気なども考慮して前日には準備しておくと良いでしょう。 詳しくは下のリンクをチェックして。 結婚の承諾を頂きたく、ご挨拶にまいりました」など。 「お嬢さんをください」は定番のようですが「娘は物ではない」と反感を買いがちなので注意が必要。 自分の言葉で挨拶の内容を準備しておくと安心です。 また、結婚の挨拶はもちろんのこと、帰り際の挨拶でも時間を取ってもらったことへの感謝をていねいに伝えることも忘れずに。 最後まで気を抜かないようにしましょう。 また、結婚の挨拶に行ったつもりでも、場の雰囲気や流れで、相手の親と一緒に食事をすることになるケースも多くあるようです。 そのため、食事のマナーについてもこの機会に見直しておくと良いでしょう。 たとえば、和食なら箸の持ち方はもとより、刺身や天ぷらの食べる順番。 洋食ならナイフ・フォークの使い方や使う順番、ワイングラスの持ち方など、マナーは食事のジャンルによっても異なります。 相手の親と食事をするというのはとても良い機会なので、改めて食事のマナーについても見直せばカンペキですね。 詳しくは下のリンクをチェックして。

次の

【結婚報告の挨拶】職場や会社の朝礼で言うことになったら【解説】

結婚挨拶

いつ伝える? 結婚後も同じ会社や職場で働く場合は、式の3カ月前までを目安に報告を。 退職の予定がある場合は会社の就業規則にのっとり、引き継ぎなどで迷惑を掛けないようタイミングを見計らって。 なお、式の前に婚姻届を提出する場合は、社内手続きなどが発生するので、その時点で速やかに伝えましょう。 結婚報告はプライベートなことなので、できるだけ就業時間を外すのがマナーです。 上司の元へ出向き、「お時間のあるときに私的なことでご相談させていただけますか?」ときちんとアポを取った上で、指示を仰ぎましょう。 どんな順番で伝える? 1.直属の上司 2.その上の上司 3.同じ部署の同僚 4.他部署の人たち 休暇や結婚に関する諸手続き、仕事のやりくりなどが必要になってくるので、最初の報告は直属の上司から。 派遣で働いている人は、「派遣元(派遣会社)」が雇用主ですから、まずそこの担当者に報告するのが筋です。 会社の上司への結婚報告文例 いつ・どこで伝える? 式に招待する予定の友人たちには、日取りが決まって招待状の発送準備をする前に報告を。 できれば食事やお茶を兼ねて直接会って伝えられるのが理想ですが、難しい場合は電話などで早めに報告しましょう。 どんな順番で伝える? まず報告すべきは、親友など特に親しい人。 その次に式に招待しようと思っている人に。 遠方に住んでいたり、疎遠気味だったりして呼ぶ予定のない人には、SNSや式後の「結婚報告はがき」などでサラリと伝えましょう。 友人への報告で気を付けることは 友人への結婚報告で避けたいのは、自分が報告する前にうわさとして耳に入ってしまうこと。 「私だけ後回し?」ともやもやさせないよう、せめて同じグループの友人たちには同じタイミングで。 状況的に難しい場合は、先に伝える人たちに「自分の口から直接報告するから黙っていてね」と頼んでおくことをお忘れなく。 友人への結婚報告文例 SNSはさまざまな人の目に触れることを意識して 多くの人が使っているFacebookやTwitter、Instagramは不特定多数の目に触れる可能性があるので、公開設定や個人情報の管理に注意しましょう。 またSNSを使う場合、友人への報告が終わってうっかり公表してしまうと、「彼の方の報告がまだだった……」という場合もあるので気を付けましょう。 Caution! LINEなどのグループチャット、ここに注意 「すでに結婚報告を受けた人・まだこれからという人」がSNSでグループを作っている場合、うっかり結婚の件でトークが始まると、あっという間に伝わってしまいます。 先に伝えた人には、みんなに報告するまでオフレコにしてもらえるよう口止めしておきましょう。

次の