セクシー ゾーン 何人。 セクシーゾーンのメンバーの呼び方は何?ファン総称ってどういうこと?

セクシーゾーンの魅力とは何か。

セクシー ゾーン 何人

私はファンミには参加してないので、5人でいる姿、5人だけで話す空間にいるのも本当に久しぶりで、とっても楽しくて幸せなライブでした。 そしてセクシー達も楽しそうで、代々木では特に名残惜しそうに帰っていたのが印象的でした。 クー、可愛い子たちだわ。 さて、5人体制に戻ったお祝いムードの曲、ライブはここまで。 これからが勝負になると思います。 そこで改めて考えたいのは 「セクシーゾーンの魅力とは何か。 」 個人的な欲望強めになりそうですが、私の求めるセクゾの姿を考えます。 彼らはほんとーに、この言葉がぴったりだとらおもう。 みんなお顔が整っている。 ここまで全員が整っているジャニーズグループは他にいないように思う。 (そして加えて若い。 セクゾはもう5周年に入るのにまだまだみんなピチピチである。 ) 彼らの成長のためには、まず自分たちが 「俺らのグループが顔面偏差値東大級で、ジャニーズで一番顔が整っているんだ」 と認めてほしい。 (笑) イケメンという事を意識しない人は普通の世の中ならモテモテかもしれないけど。 ジャニーズとして、アイドルとして考えたら、無自覚なイケメンではもったいないと思う。 イケメンでキラキラで若かったから薔薇が似合ったんだ。 美しいものに人は感動し、癒される。 グループとして、素晴らしい個性であると思う。 彼ほど整っていると、それを妬む人、羨ましいと思う人も多くいると思う。 なので、彼はきっと世をうまく渡るために「自分の顔が好きじゃない」と言い(勿論本人は実際そう思っていると思うが。 )、そのように振る舞っているのではないか? しかし、セクゾが大きくなるためには君も自分が一番顔が整っているんだともっと認める必要がある。 なぜかって? ghostのは、本当に奇跡ように美しく素晴らしいと思うから。 つまり、、、 勝利含むこの美少年たちには「作り込まれた世界観」がとびきり似合うのである。 ポポロという雑誌があるが、ポポロの作り込んだ撮影に一番無理なくマッチしているのはセクゾかと思う。 例えばアリス、例えばフクロウ、例えばセクシーショット、、、(笑) 一見ビックリするような設定や小道具もセクゾだと比較的違和感なく、そして美しさが増す。 それらを踏まえて、 私はセクシーゾーンの曲、そしてアルバム、さらにコンサートは入念に世界観やコンセプトを作り出したものにすべきだと考える。 例えば、曲は嵐のmonsterのような、テーマがあるもの。 それを表現するような歌詞、ダンスが良い。 そしてふまけんシンメで押して、ハモって!歌いましょう。 やっぱりふまけんは圧倒的だよ。 実際見て思ったよ。 (そしてちびーずもふまけんがデビューした年齢に追いついてきました。 んー、一回聞くと曲の感じがつかめるし、分かりやすいんですが。。。 もっと複雑な曲が良いな) そして、アルバムは壮大に行きましょう。 一度も聞いたことはないのですが、例えばのLエルというアルバム。 波乱の人生を送った一人の女性エル。 「愛」をテーマに、その人生を綴った壮大なストーリーと絡み合うコンセプトアルバムなんだそうです。 す、すごい。 あと、ジャケットね。 彼らの魅力であるビジュアルを出し惜しみしないで下さい。 ポポロだってフクロウ連れてきたんだよ。 例えば、世界旅行! リオもドバイも、どいつも(ダンケシェーン)行けちゃいます!(笑) 例えば、ディズニーの世界。。。 うーん、読むだけでワクワクしてきますよね。 この文のディズニーのところををセクシーゾーンにしてもぜんぜんありだなって思うんです。 キャラクターごとにカラーのクリスタルがあってそれぞれにいろんな願いが込められてるんですよ。 その世界観を参考に、、 「これは、セクゾが自分たちのカラーのクリスタルを探す航海に行くライブ。 勝利は人々にパワーを与える勇気のレッドクリスタルを、 健人は人々に驚きを与えるブルークリスタルを 風磨は人々に知識を与えるパープルクリスタルを、 聡は人々に安らぎを与える癒しのグリーンクリスタルを、 マリウスは人々に愛を配るピンクのクリスタルを、 5人は5つのクリスタルを探す旅にでます。 さあ、一緒に行こう!」 思いつくままに書いたんですが、何かめっちゃ壮大で楽しそう!!(笑) 真似しろっていってる訳ではないんですけど、ディズニーに行くと、セクゾのライブと似ている所があるなって思います。 ディズニーの世界観の作り方ってジャニーズ、セクゾとも相性が良いと思うので。 ディズニーのこと夢の国というけど、そういうキラキラした瞬間をジャニーズにも同様に求めているんですよね。 こないだ、夏のソロコンのDVDを初めて見たのですが、やっぱりふまけんの魅せる力って本気ですごいと思うんだよ。 私はもっとその力をセクゾに活かして欲しい。 やっぱり今はまだ、セクゾあってのソロだ。 ステージの魅力が、ソロ>5人となるのは変だ。 焦らなくていいけど、ちゃんと5人のステージをもっと固めてほしい。 ライブのストーリーや世界観はケンティーマリーが、構成はふましょり、実際の曲の振り付けはそうちゃんが、って役割分担してもっと自分たちでやっていったほうが今以上に素晴らしいものになるんじゃないかな。 セクゾたち自身も、自分たちをどう見せたいのか、自分たちの価値を、魅力をもっと考えて見つけて欲しい。

次の

最年少グループSexyZoneが紅白出場決定!決め手は労働基準法?

セクシー ゾーン 何人

ケンティー、お前もか Sexy Zoneメンバーが交代でパーソナリティを務めるラジオ『Sexy ZoneのQrzone』(文化放送)。 4月20~23日の放送回に、中島健人とマリウス葉が登場。 中島が「ガチでタイプ」という女優の名前を告白する場面があった。 22日の放送回で「最近通販にハマっているのですが、みなさんは店舗で買う派ですか? 通販サイトで買う派ですか?」と質問が届くと、通販派だというマリウスは「特に結構、今はこの時期だからこそ、外出できないから通販で買う方は多いんじゃないかな」とのこと。 また、「海外のものとか。 海外まで行って買わないといけないとか。 それだと通販になるかもね、僕は」と、海外から取り寄せることも多いという。 一方「ケンティーは?」とマリウスに聞かれた中島は、「第92回アカデミー賞」作品賞を受賞したポン・ジュノ監督の韓国映画『パラサイト 半地下の家族』(2019)に登場する「奥様が食べてるヌードルあるじゃない? あれ通販で買いたいよね」とコメント。 これには、マリウスも「あれ買えるの? あれ何か(通販に)ありそうだよね。 あれ、食べたい。 あの牛肉のやつでしょ? あれおいしそうだよね~」と好意的な反応を示す。 しかし、中島はそこまでヌードルには興味がない様子なのだ。 というのも、中島は「ごめんなさい」と先に謝ると「『パラサイト』のさ……すげぇタイプなんだよね、あの奥さん」と言い、ヌードルよりも女優のほうに興味がある様子。 そして、マリウスから「あぁいう奥さん欲しいんだ?」と聞かれると、中島は「もうめちゃくちゃ可愛くない? チョ・ヨジョンさん。 めっちゃくちゃ好き」と告白していた。 さらに「じゃぁ年上が好きなんだ?」と聞かれた中島は「俺ねぇ、姉さん大好き」「上品な姉さんを上品じゃなくなるようにしたくなっちゃう。 上品じゃなくしたいんだよね」と言い出し、「(スタッフも)頭抱えてますよ、みんな」とマリウスも呆れ気味。 それでも「上品な人を崩したくない? 上品な人ほどあるじゃん、なんか。 上品を下品にしたいわけじゃないよ?」と中島の暴走トークは止まらず、マリウスまでも「わかるよ。 上品な人ほど、結構、変態度が高い」と言い出す始末。 これに「そうなんですよ。 そう、そう、そう!」とうれしそうに反応した中島は、「だからちょっと品をね、なくしていきたいんですよ。 そういう姉さん方には、ちょっとそういう願望がある」と、ちょっと特殊な願望を明かしていたのだった。 するとこの放送に「年下はダメですか? 年下に何か求めませんか?」「メンタルやられる。 いつも年上ばっかじゃん……。 ケンティー年下にも興味持ってよ?」「私、年下。 終わった……」と、年下ファンからの悲痛な叫びが続出。 」と敏感に反応するファンが多かった様子。 中島にとっては何気ない一言でも、複雑な乙女心を持つファンにはショックが大きすぎたようであった。

次の

セクシーゾーンのメンバーの呼び方は何?ファン総称ってどういうこと?

セクシー ゾーン 何人

私はファンミには参加してないので、5人でいる姿、5人だけで話す空間にいるのも本当に久しぶりで、とっても楽しくて幸せなライブでした。 そしてセクシー達も楽しそうで、代々木では特に名残惜しそうに帰っていたのが印象的でした。 クー、可愛い子たちだわ。 さて、5人体制に戻ったお祝いムードの曲、ライブはここまで。 これからが勝負になると思います。 そこで改めて考えたいのは 「セクシーゾーンの魅力とは何か。 」 個人的な欲望強めになりそうですが、私の求めるセクゾの姿を考えます。 彼らはほんとーに、この言葉がぴったりだとらおもう。 みんなお顔が整っている。 ここまで全員が整っているジャニーズグループは他にいないように思う。 (そして加えて若い。 セクゾはもう5周年に入るのにまだまだみんなピチピチである。 ) 彼らの成長のためには、まず自分たちが 「俺らのグループが顔面偏差値東大級で、ジャニーズで一番顔が整っているんだ」 と認めてほしい。 (笑) イケメンという事を意識しない人は普通の世の中ならモテモテかもしれないけど。 ジャニーズとして、アイドルとして考えたら、無自覚なイケメンではもったいないと思う。 イケメンでキラキラで若かったから薔薇が似合ったんだ。 美しいものに人は感動し、癒される。 グループとして、素晴らしい個性であると思う。 彼ほど整っていると、それを妬む人、羨ましいと思う人も多くいると思う。 なので、彼はきっと世をうまく渡るために「自分の顔が好きじゃない」と言い(勿論本人は実際そう思っていると思うが。 )、そのように振る舞っているのではないか? しかし、セクゾが大きくなるためには君も自分が一番顔が整っているんだともっと認める必要がある。 なぜかって? ghostのは、本当に奇跡ように美しく素晴らしいと思うから。 つまり、、、 勝利含むこの美少年たちには「作り込まれた世界観」がとびきり似合うのである。 ポポロという雑誌があるが、ポポロの作り込んだ撮影に一番無理なくマッチしているのはセクゾかと思う。 例えばアリス、例えばフクロウ、例えばセクシーショット、、、(笑) 一見ビックリするような設定や小道具もセクゾだと比較的違和感なく、そして美しさが増す。 それらを踏まえて、 私はセクシーゾーンの曲、そしてアルバム、さらにコンサートは入念に世界観やコンセプトを作り出したものにすべきだと考える。 例えば、曲は嵐のmonsterのような、テーマがあるもの。 それを表現するような歌詞、ダンスが良い。 そしてふまけんシンメで押して、ハモって!歌いましょう。 やっぱりふまけんは圧倒的だよ。 実際見て思ったよ。 (そしてちびーずもふまけんがデビューした年齢に追いついてきました。 んー、一回聞くと曲の感じがつかめるし、分かりやすいんですが。。。 もっと複雑な曲が良いな) そして、アルバムは壮大に行きましょう。 一度も聞いたことはないのですが、例えばのLエルというアルバム。 波乱の人生を送った一人の女性エル。 「愛」をテーマに、その人生を綴った壮大なストーリーと絡み合うコンセプトアルバムなんだそうです。 す、すごい。 あと、ジャケットね。 彼らの魅力であるビジュアルを出し惜しみしないで下さい。 ポポロだってフクロウ連れてきたんだよ。 例えば、世界旅行! リオもドバイも、どいつも(ダンケシェーン)行けちゃいます!(笑) 例えば、ディズニーの世界。。。 うーん、読むだけでワクワクしてきますよね。 この文のディズニーのところををセクシーゾーンにしてもぜんぜんありだなって思うんです。 キャラクターごとにカラーのクリスタルがあってそれぞれにいろんな願いが込められてるんですよ。 その世界観を参考に、、 「これは、セクゾが自分たちのカラーのクリスタルを探す航海に行くライブ。 勝利は人々にパワーを与える勇気のレッドクリスタルを、 健人は人々に驚きを与えるブルークリスタルを 風磨は人々に知識を与えるパープルクリスタルを、 聡は人々に安らぎを与える癒しのグリーンクリスタルを、 マリウスは人々に愛を配るピンクのクリスタルを、 5人は5つのクリスタルを探す旅にでます。 さあ、一緒に行こう!」 思いつくままに書いたんですが、何かめっちゃ壮大で楽しそう!!(笑) 真似しろっていってる訳ではないんですけど、ディズニーに行くと、セクゾのライブと似ている所があるなって思います。 ディズニーの世界観の作り方ってジャニーズ、セクゾとも相性が良いと思うので。 ディズニーのこと夢の国というけど、そういうキラキラした瞬間をジャニーズにも同様に求めているんですよね。 こないだ、夏のソロコンのDVDを初めて見たのですが、やっぱりふまけんの魅せる力って本気ですごいと思うんだよ。 私はもっとその力をセクゾに活かして欲しい。 やっぱり今はまだ、セクゾあってのソロだ。 ステージの魅力が、ソロ>5人となるのは変だ。 焦らなくていいけど、ちゃんと5人のステージをもっと固めてほしい。 ライブのストーリーや世界観はケンティーマリーが、構成はふましょり、実際の曲の振り付けはそうちゃんが、って役割分担してもっと自分たちでやっていったほうが今以上に素晴らしいものになるんじゃないかな。 セクゾたち自身も、自分たちをどう見せたいのか、自分たちの価値を、魅力をもっと考えて見つけて欲しい。

次の