アマゾンコロナ。 アマゾンの新型コロナウイルス対策が、中小の事業者にとって大打撃になりつつある

アマゾン孤立部族に新型コロナの死者、その危険性

アマゾンコロナ

楽天市場との連携を通じて、ショッピファイは何を目指すのか。 日本のカントリーマネージャーを務めるマーク・ワング氏にその真意を聞いた。 日本では、自社ECサイトはもちろん、FacebookやInstagramを通じた販売、Google Shopingなどにもすでに対応している。 ただそうした中、唯一欠けていたのが大手マーケットプレイスとの連携だった。 今回の連携によってショッピファイを利用するEC事業者は、われわれのシステムを通じて自社サイトと楽天市場の情報や在庫を一元管理できる。 つまり、ショッピファイを使えば管理の負担を増やさずに、(自社サイトと楽天市場の)両方で販売できるようになるので、より大きな価値をEC事業者に提供できるようになったと考えている。 また、越境ECにおけるショッピファイのプレゼンスを高めることもできそうだ。 アメリカでは何十万というEC事業者がショッピファイを利用しているが、その中には、売上の50%以上を日本で稼いでいるという事業者も少なくない。 そうした事業者が楽天市場を販売チャネルに加えられれば、日本でのさらなる成長を目指せる。 日本に進出していない事業者にとっても、世界で4番目に大きなEC市場である日本に楽天市場を通じてモノを売れるようになる。 われわれの考えを理解してくれたのが楽天だった。 正直なところ、ショッピファイという企業やサービスを知らない日本の企業も非常に多い。 ショッピファイが日本での事業を自分たちだけで拡大していくのは難しい。 一方で楽天は、日本の消費者や事業者からいちばん信頼されているブランドだ。 その楽天と協業することで、そうした日本の伝統的企業にもアプローチしていきたい。

次の

新型コロナによるパニック、南米アマゾン最奥地にも到達 ブラジル 写真5枚 国際ニュース:AFPBB News

アマゾンコロナ

ソーシャルネットワーク上のユーザーアカウントを通じてスプートニクのサイトでユーザー登録および認証を受けたという事実は、本規約に同意したことを意味する。 ユーザーは自らの振舞が国内法および国際法に違反しないようにしなければならない。 ユーザーは議論の他の参加者、また読者や、当該記事の題材となっている人物に対し尊敬をもって発言しなければならない。 サイト運営者は記事の基本的内容に用いられている言語とは異なる言語でなされたコメントを削除できる。 sputniknews. comの全言語バージョンで、ユーザーが行ったコメントの編集が行われる可能性がある。 以下に該当するユーザーのコメントは削除される。 記事のテーマにそぐわないもの• 憎悪を煽り立て、人種・民族・性・信教・社会的差別を助長し、少数者の権利を迫害するもの• 未成年の権利を侵害し、倫理的損害等、何らかの形態の損害を未成年に与えるもの• 過激主義、テロリズムを内容に含み、または、何らかの非合法活動を教唆するもの• 他のユーザー、個人ないし法人に対する中傷や脅迫を含み、その名誉や尊厳を傷つけ、または社会的評判を貶めるもの• スプートニクを中傷し、または貶める発言• プライバシーや通信の秘密を侵し、第三者の個人情報をその人の許可なく拡散させるもの• 動物への虐待・暴力シーンを描写し、またはそうしたページへのリンクを張ること• 自殺の方法に関する情報を含み、または自殺を教唆するもの• 商業的目的を持った発言、適切でない広告、違法な政治的宣伝または、そうした情報を含む別のサイトへのリンクを含むもの• 第三者の商品またはサービスを、しかるべき許可なしに宣伝するもの• 侮辱的ないし冒涜的表現およびその派生的表現、またはそれら表現を匂わせる字句の使用• スパムを含み、スパムの拡散やメッセージの大量配信サービスおよびインターネットビジネスのための素材を宣伝するもの• 麻薬・向精神薬の使用を宣伝し、その作成法や使用法に関する情報を含むもの• ウィルスなど有害ソフトウェアへのリンクを含むもの• そのコメントが、同一または類似の内容を持つ大量のコメントを投下する行動の一環をなす場合(フラッシュモブ)• 内容の稀薄な、または意味の把握が困難ないし不可能なメッセージを大量に投稿した場合(フラッド)• インターネット上のエチケットを乱し、攻撃的、侮辱的、冒涜的振舞を見せた場合(トローリング)• テキストの全体または大部分が大文字で又は空白無しで書かれるなど、言語に対する尊敬を欠く場合 サイト運営者は、ユーザーがコメントの規則に違反した場合、または、ユーザーの振舞の中に違反の兆候が発見された場合に、事前の通告なしに、ユーザーのページへのアクセスをブロックし、又は、そのアカウントを削除する。 ユーザーは、にメールを送り、自分のアカウントの復元、アクセス禁止の解除を申請することが出来る。 手紙には次のことが示されていなければならない。 件名は、「アカウントの復元/アクセス禁止解除」• ユーザーID• 上記規則への違反と認められ、アクセス禁止措置が取られる理由となった行動に対する説明 モデレーターがアカウントの復元とアクセス禁止の解除が妥当であると判断した場合には、アカウントは復元され、アクセス禁止は解除される。 再度の規則違反があり、再度のアクセス禁止が行われた場合には、アカウントは復元されず、アクセス禁止は全面的なものとなる。 モデレーター・チームと連絡を取りたい場合は、電子メールアドレスまで。

次の

アマゾンの新型コロナウイルス対策が、中小の事業者にとって大打撃になりつつある

アマゾンコロナ

[画像のクリックで拡大表示] アマゾン川流域に孤立して暮らす先住民に、新型コロナウイルスによる死者が確認された。 彼らは感染症への抵抗力がきわめて弱い。 ブラジルの政府高官や人権擁護活動家は、惨事が間近に迫っていると警告する。 ブラジル北部ロライマ州の医療従事者は、4月9日、先住民ヤノマミの少年が新型コロナウイルス感染症(COVID-19)により死亡したと発表した。 少年は最初に症状が現れてから3週間の間に、友だちや近くに住む数十人に病気を拡散させた可能性があるという。 少年の行動範囲には、外部の金鉱労働者が数多く違法に立ち入っており、どこで誰から感染したかは特定できていない。 ブラジルでの先住民の死亡はこれで2人目。 同国の先住民ではこれまで7人の感染者が確認されており、その居住地はアマゾン川流域の3つの州に散らばっている。 うち4人はブラジル西部アマゾナス州で暮らすコカマ族の親族で、現地で医療活動にあたる医師から感染した。 この医師はブラジル南部で開催された会議から最近戻ったばかりで、自主隔離規則を守っていなかった。 [画像のクリックで拡大表示] 北部のパラ州では、87歳のボラリ族の女性がCOVID-19によって死亡していたことが死後検査で確認された。 3月下旬に行われた葬儀には、女性が恐ろしいウイルスに感染していて病気がうつるとは知らない大勢の人が集まった。 この数百名の参列者から今後多くの発症者が出れば、すでに危機的状況にある同地域の医療体制が崩壊するのではないかと案じられている。 「ジェノサイド(集団殺害)の危険性」 「アマゾン川流域では、もともと州をまたいだ人の移動が多いうえに公共政策も欠如するなど、COVID-19が急速に広まる条件が揃っています。 短中期的に大きな災難が生じるおそれがあります」とロンドニア州ポルトヴェリョの大司教であるホキ・パロスキ氏は言う。 ブラジルの検察に当たる連邦公共省は4月8日、先住民を新型コロナから守る対策を怠ったとして、国立先住民保護財団「FUNAI」に対し「ジェノサイド(集団殺害)の危険性」があると警告した。 そしてFUNAIで孤立部族を管轄するリカルド・ロペス・ディアス氏を直ちに解任するよう再度要求した。 FUNAIは数十年にわたる懸命の努力によって、アマゾンに暮らす孤立部族が28あることを確認しており、ほかにも80ほどあるのではないかと推測している。 1987年以降、孤立部族が暮らす地域に外部の人間が入ることは連邦政策により禁止されている。 これは主として、外界との接触がなかったため免疫がほとんどない、あるいはまったくない人びとを感染症から守るためである。 しかし批評家らは、宣教師や営利組織がこうした部族の保護区に侵入することをディアス氏が黙認するのではないかと考えている。 一方のディアス氏は、この主張を否定し、彼の部署は、孤立部族が暮らす土地との接触を管理する21の出先機関を維持すると言う。 「このような人びとを保護するというFUNAIの責任に変わりはありません」と、ディアス氏はナショナル ジオグラフィックに対するメールで述べている。 「保健当局のガイドラインに従って、この世界的な健康危機に可能な限り最善の方法で対処するための措置を講じています」.

次の